四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

いいことだ。

面白い。



「来年4月末までの国会改革の実現を目指す超党派の議員連盟(会長・浜田靖一元防衛相)が28日、発足した。自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が主導したもので、国会内で開いた設立総会には自民、公明両党のほか、国民民主党の古川元久幹事長や無所属の細野豪志元環境相ら野党議員も含め約100人が出席した。

 議連の名称は「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」。新元号が施行される前までと期限を区切り、実現性を持たせる考えだ。事務局長を務める小泉氏は総会後の記者会見で「国会改革は合意されても実行されない歴史を繰り返してきたが、一つでも前に進めたい」と訴えた。

 総会では、議員配布資料のペーパーレス化▽党首討論の開催時間を夜に変更▽質問通告の提出期限を徹底して順守-することなどを改革のテーマとするよう求める意見があがった。議連は今国会会期末(7月22日)をめどに議論の論点を整理する。

 国会改革をめぐっては、平成23年にも超党派の勉強会が党首討論を夜に開くことなどを提言したが、与野党間で具体的に議論されずに終わっている。小泉氏は28日の会見で「改革は与党が前のめりになってはいけない」と述べ、野党の協力を重視する考えを示した。


菅義偉官房長官は28日の記者会見で、小泉氏らの議連について「国会で十分に議論することが大事だ」と理解を示した。(奥原慎平)

  

 超党派議連の役員人事は次の通り(敬称略)【会長】浜田靖一(自民)【会長代行】佐藤勉(自民)、古川元久(国民)【副会長】御法川信英(自民)、伊藤渉(公明)、馬場伸幸(維新)、細野豪志(無所属)【幹事長】泉健太(国民)【幹事長代行】柴山昌彦(自民)【事務局長】小泉進次郎(自民)



派閥だろう。正当な派閥。

いいことだ。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-29 04:02 | 四事の瓦版

忘れない、忘れる。

名言、珍言。


「天勾践を空しうすることなかれ、
時に笵蠡なきにしもあれず

(てんこうせんをむなしうすることなかれ、
ときにはんれいなきにしもあらず) 」


 天は勾践(こうせん)を見捨てはしない。
時が至れば笵蠡(はんれい)のような忠臣が現れないとも限らないではないか。
勾践は春秋時代の越の王。会稽の戦いで呉王夫差(ふさ)に敗れたが、
忠臣笵蠡を得て、艱難辛苦の末に呉を滅ぼした。



勝手な解釈
人生は、富、地位、身分ではない。
最後は、出会いである。
悪人に出会うと、それは、悪人になる。

奴隷でも、下っ端でも、出会いで、天下もとれる。

勾践は、敗北した将軍、国王だろう。
奴隷でも、生き抜いた中に、いい目がでる。
人と、出会いで、災難か、幸運が、分かれる。

津波でも、逃げない避難で、死んだ人。
逃げる人と、出会うと、逃げたものだ。

人生は、出会いである。

===========

名言、珍言。

「私は決して拒絶しないし、
決して反対しない。
忘れてしまうことは時々ある。」



ディスレーリ


勝手な解釈
破滅の人生は、忘れること、しない。
いいことは、思うから、破滅するのかもしれない。
人生は、反省することしか、残らないかもしれない。
忘れてしまうのは、いいこと、反省することは、忘れない。

予習より、復習のが、忘れないかもしれない。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-29 03:20 | 名言、珍言

知恵者の組織に。

名言、珍言。

「僕たちは最高のチームになれる。
ただ、みんなの力を合わせれば良いんだ。」


  (映画 モンスターズ・ユニバーシティより)

勝手な解釈
才能は、めいめいない。あるのは、何か、知恵、考えは、
組織でいるしかない。
弱いものは、弱い組織には、ならない。
弱いものが、集まれば、才能を出すものがあるものだ。
組織で、勘違いすると、破滅する組織。
女王がいいのか、部下がいいのか、問われるは、
知恵者を見出すものが、いないと、終わる。
バカの人でも、生き残るは、知恵者の組織にはいるから生き残る。

大店で、番頭のが、偉くないと、崩壊するものだ。

========

勝手な名言。

「バカは、死んでも、あの世で生きれない」


勝手な解釈
あの世は、行ったことないから、あるか、分からない。
この世で、死んでも、あの世にどんな世界がわからない。
生きているのは、バカでも、死んだ人より、先が賢くなる。
死んだは、バカも、利口も、はいそれまで。
だから、バカは、バカなりに、賢くなる努力。


=========

名言、珍言。


何かをしようとすれば、
失敗を避けることはできない。
逆に言えば、失敗せずにできるようなことは、
たいしたことではない。」


                 
(ジェフ・ケラー アメリカの作家)


勝手な解釈
失敗こそ、人生。
成功こそ、怠慢、不正、不祥事かもしれない。

失敗の中に、這い上がるか、それで終わるか、
個人の思考しかない。
恋愛でも、仕事、職でも、失敗して、まだ、探すしかない。
反省することしかない。

転職も、失恋しない者が、生き残る意味が、分からないものだ。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-28 04:12 | 名言、珍言

生活でしる。

名言、珍言。

「国防こそ大事、備えあれば憂いなし」


             
 <永山武四郎>

勝手な解釈
目先の欲は、意味のない、最後。
最後は、必要なのは、備え。
生活も、最後は、備えるものがないと、
最悪でも、暮らせることがないと、
死滅する。
一泊、300万のホテルがあれば、年収、250万で、生活する人もいる。
だが、突然、三百万が、得たものは、
軽率に、一年間の生活費用は、一日では、
使わなうものだ。

==========

名言、珍言。

時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」

マルコによる福音書 1章15節


勝手な解釈
残酷なこと、当たり前の事かもしれない。
悪いことしたら、逃れていても、最後は、死出の旅に行く前に、
改めると、いうのが、人生の終わりかもしれない。
年齢も、関係ない、死出の旅の準備があるのかもしれない。
突然の死も、一時の悔い改めることが、あるものかもしれない。

善人になる時期があるのかもしれない。
生死、知ると、それは、軽率な悪いことしないものだ。
明日死ぬと、考えると、今日は、軽率なことはない。
数年後に、消えると、思うと、真剣に、数年間、生きる。
人は、先が見える、見えないは、生死かもしれない。

[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-27 03:37 | 名言、珍言

何を得ていく

名言、珍言。

「逆境は嫌いじゃない。
それを乗り越えた先にある景色は絶対にいいはずだと信じている。」


    (羽生 結弦 平昌オリンピックフィギュアスケート金メダリスト)

勝手な解釈
逆境は、どんな場所でもある。
問題は、感じ方と、先見る。
現実は、私生活が問われる。
とんなにいい、生活しても、最後は、野垂れ死にするも、
者、物でなく、私生活は、自分の思考で、決まるものだ。
楽、富、得たから、いい生活とは、限らない。
性欲の生活で、楽しいのか。
禁欲生活のが楽しいかもしれない。
目的は、何を得ていくか。

========

名言、珍言。

資格というのは、ある目標をクリアするために
自分でセットしたハードルみたいなものであり、
それで飯を食おうとは思わないほうがいいのだ。」

大前研一(経営コンサルタント)


勝手な解釈
資格は、問われる。
資格あっても、最後は、経験と、先の判断。
資格では、食えないものだ。

最後は、技能が問われる。
才能は、磨くのは、資格を得たから先の疑問。
医者も内科医では、何一つ、先は、ない。
研究者でもなるのか。
医者も、飯が食えるのは、病院にいるしかない。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-26 02:49 | 名言、珍言

失敗して

名言、珍言。


「それまでに経験した失敗は、
人生観を見出すための月謝と思えば、安いものだ。」

堤康次郎(西武グループ創業者)


勝手な解釈
成功より、失敗の方が勝ちがある。
成功は、怠慢の始まりということかもしれない。
人は、失敗して、失敗して、生き残るは、まだ、
失敗して、そのあと、まだ失敗しても、生きてれば、
失敗しても、経験で、死なないこと、覚える。
一度も失敗もないのは、一度失敗すると、死滅するものだ。

恋愛も、試みて、失敗して、また、失敗して、残るは、
何か、自分の欠点、見出すと、わかる。
人は、勘違いから恋愛でなく、失敗もないで、ストカーなると、
それは、犯罪者になっていく。
一度、試みて、だめならば、また、違い道、相手にトライすることしかない。

失恋も、いろいろな失敗も、後々、成功した人みると、最後は、破滅というのが、
現実である。

富、得たら、失敗するものだ。
失敗して、失敗して、富得たら、なかなか、失敗を反省の日々に、見出す。


============

名言、珍言。


サッカーに限界など無い。限界が無いからこそ今の俺がいる。」


       (クリスティアーノ・ロナウド ポルトガルのサッカー選手)


勝手な解釈
時期は、ある。
使える時期、使えない時期、自分で判断するのでなく、
世の中と、場所で、変わっていく。
限界というのは、場所でなく、
与えられたところで、何しているかである。
いろいろ出会いもある。でも、することは、その場で、何したか。

明日は、解らないが、今、何をしていた。

[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-25 04:08 | 名言、珍言

考えは、今の心。

名言、珍言。



「幸福は、心の流れによって決まるもの。」


アリス・メイベル

勝手な解釈
自分の考え方は、日々変わる。
今の思考が人生が決まる。
生きているとは、心で、犯罪者にも、善人にもなる。
一つの判断で、決まる。

===========

名言、珍言。

「ものごとは心にもとづき、心を主とし、
心によってつくりだされる。
もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、
福楽はその人につき従う。
 -影がそのからだから離れないように。」


ブッダの真理のことば(ダンマパダ)


勝手な解釈
真理、心情である。
人は、最後は、生まれ、育ちではない。
心である。
本心は、本能は、最後は、心。
死ぬ間際まで、心が問われる。
災難で死ぬ、幸運の後、死ぬも、最後の最後が、
心が問われた。

この世とは、残酷だ、地位、富を得ても、良い家族、弟子を得ても、
最後は、些細な心の悪魔で、破滅する。
人の策謀も、不安の最後は、心。

欲得て、欲の果は、欲で殺される。




[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-24 06:06 | 名言、珍言

白日の下

名言、珍言。

「青天白日
(せいてんはくじつ )」


【意味】
青天白日とは、少しも後ろ暗いところがない、
潔白な心のたとえ。無罪が明らかになること。


【青天白日の解説】

【注釈】
「青天」は青い空、
「白日」は輝く太陽のことで、
澄み渡った青い空に太陽が光り輝く様子から。

「白日青天」ともいう。
『韓愈・崔群与書』に「青天白日は、奴隷も亦其の清明を知る」とあるのに基づく。


勝手な解釈
天は、見ている、知られる。
正しいことしていば、不正の言いがかりもない。
あるとしても、潔白で、分かる。
心も、体、天は、見ているものだ。
後悔するのは、隠したことで、より犯罪者になり、
破滅、天は、見捨てる。


=========

名言、珍言。

「過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。」

ヘルマン・ヘッセ


勝手な解釈
後悔している暇はない。また、新しい判断が必要。
寝て、起きて、昨日の失敗、また、今日するバカはない。
反省して、打開策するのが今日。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-23 02:46 | 名言、珍言

考えると、犯罪。

不正だろうな。

調べるものが、問題。

勝手な仕事させて、支払いさせている。

不正が、多い、大阪。

仕事も、適当にするは、まだいいが、調べてないのではないか。




「地震で崩れたプールのブロック塀で大阪府高槻市立寿栄小学校4年の三宅璃奈さん(9)が亡くなった事故で、市教育委員会は22日に記者会見し、このブロック塀を検査して「安全」と判定していた職員が、建築士などの資格を持っていなかったことを明らかにした。

 市教委によると、2015年11月に同小学校で講演した防災アドバイザーが、ブロック塀の危険性を指摘。これを受け、校長が市教委に点検を依頼し、16年2月に同校を訪れた市教委学務課の技術職員が塀の検査を行った。

 職員は建築士などの資格を持っておらず、構造が建築基準法に違反していたことに気づかないまま、強度検査のみを実施。目視点検やハンマーで塀をたたく打音検査をした結果、ひび割れや傾きなどが確認されなかったため、学校側に「安全に問題はない」と口頭で回答していた。

 検査をした職員は、問題なしと判断したことから結果を記録に残しておらず、情報は市教委内で共有されていなかった。

 事故があったブロック塀は、基礎部分に上積みされて高さが約3.5メートルとなり、建築基準法の上限(2.2メートル)を上回っていた。「控え壁」という補強材も設けられていなかった。 」



誰が、調べたのか。

資格も、塀の内部の機械で見るとか、してないで、ただのただいて終る。


高速道路のトンネルの天井崩落と、似ている。

トンネルの崩壊の事故り、酷い人身事故だ。

誰が調べて安全の証明したのか、その現場と、責任者は、誰が、なのか。



[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-22 14:15 | 四事の瓦版

衝動の失敗。

人騒がせな事件。
犬に、覚醒剤は、あるのか、ないのか、ないだろう。
誰が考えても。
この事件は、初動捜査の失敗だ。
怠慢な警察。
和歌山県警は、最初の軽率な判断だったのではないか。
怠慢な警察官。



「和歌山県田辺市の酒類販売会社社長、野崎幸助さん(77)が急性覚醒剤中毒で急死したことに絡み、和歌山県警が死因を調べていた野崎さんの飼い犬の死骸からは覚醒剤成分が検出されなかったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。


 捜査関係者によると、犬は雌のミニチュアダックスフントの「イブ」。野崎さんが亡くなる18日前の5月6日に急死しており、県警は野崎さんの死亡との関連を調べるため、6月7日に死骸が埋葬されていた自宅の庭を掘り起こして外部の専門機関に鑑定を依頼していた。

 野崎さんは5月24日午後10時半ごろ、自宅で倒れているのを妻が発見し、間もなく死亡が確認された。遺体から覚醒剤成分が検出されたため、県警が詳しい経緯を捜査していた。野崎さんは女性との交際歴をつづった著書でも知られ、欧州の伝説の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれていた。」



誰が、覚醒剤を飲ましたか、入れたか。
問われるは、数人の人間の中にいるのか。
初動捜査の失敗は、祟られる。


なんで、葬儀もさせたのか。そして、遺体の保管も、調べるも、数か月かけて、調べなかったのか。
ビールの空きビンの調べるも、
薬物の調査も、後手後手で、最後は、証拠の消える。

自殺なのか、他殺なのかも、疑問の衝動操作。

結局、検視の怠慢と、警官の正しい、調べしないで、葬儀というのが現実ではないか。

調べた、警官の怪しいかもしれない。

一から、調べるものも、もう、証拠がない。
遺言書でも、見つけることが必要かもしれない。
用心深いの人は、遺言書は、あるだろう。

名探偵の推理でも、欲しい。

推理小説の作家でも、解説すると、犯人は、分かる。

もう、多くの推理小説の作家は、死んだから、解説できる作家は、いるのだろうか。



[PR]
by 2nnn2 | 2018-06-22 11:43 | 四事の瓦版

暇な時の言葉


by 2nnn2