四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

見る、環境に適用して

名言、珍言。


「幸運な男をナイル川にたたき込めば、奴は魚をくわえて浮かびあがってくる。」


<アラブ>


勝手な解釈
災難も、不運は、生きていれば、なんとか、打開策がある。
人は、もともと、災難があるものだ。
その中で、這い上がるものが、生き残る。
這い上がることも知らないのは、破滅して消える。

人生は、どん底で、何をするかで、決まる人生。
不運は、死ぬだけ。

============
名言、珍言。


「片目の人たちのあいだでは片目をつぶれ。」


<アラブ>


勝手な解釈
世の中しらいなと、敵対される。
知らないは、見てないか、怠慢。
自分の違うならば、違う分は、知り、見せるな。
それが、後々、世の中の事、見ることになる。


by 2nnn2 | 2017-01-31 03:58 | 名言、珍言

食える場所に

名言、珍言。


「青春ほど死の翳(かげ)を負い、死と背中合せな時期はない。」


坂口安吾


勝手な解釈
生きるも、死ぬも、経験がわかる。
危険なところに、いるは、後からわかる。
人は、若いときに、知らないことが、晩年の同じことするのは、
人生、なにしているのか、問われる。
若いとき、職のない、生活が、晩年の職の生活か。
一つの職しか知らないのが定年して、職を探せないで、死んでいく。
人生は、老後も、若いときも、経験の苦労が、この世。
===========

名言、珍言。

「大企業病に陥りかけている。
グローバル競争の中でもう一段上を目指すには、
従来の延長ではダメだ。」


澤田 道隆 花王社長


勝手な解釈
人と、経済と、世の中、この三つが、
生き残る方法かもしれない。
金しらないと、金で苦労。
人を知らないで、自分勝手にすると、人の失敗が降りかかる。
世の中は、変わるのに、知らないで、昔のことしかないと、
簡単に、処分。
人生は、世の中、人の中で、経済は、成り立っている。
食える場所に生活することだ。
by 2nnn2 | 2017-01-30 04:01 | 名言、珍言

良い一族は、外戚

名言、珍言。

「妄想するよりは活動せよ。
疑惑するよりは活動せよ。」



後藤新平

勝手な解釈
何する、しないで、人生が、変わる。
想像、妄想も、いいが、現実、何している。
生きるとは、食うために、何している。
明日は、解らないから、今食うために、何をする。

===========
名言、珍言。

「金銭を残して死ぬ者は下だ。
仕事を残して死ぬ者は中だ。
人を残して死ぬ者は上だ。」


後藤新平


勝手な解釈
生きるは、勝手なこと。
死んだら、消える。
死んでも、生きることは、
人材。
一族は、崩壊するも、人の無知、馬鹿で決まる。
どんな、成功するも、最後は、親族で、一族で、破滅。
中国の皇帝の歴史、いろいろ、国が変わる、
その中で、外戚が、一番の国を左右する。
側室、正室、その一族が、どうか。
日本も、外戚で、天下が、消える。
人は、女性の一族が、左右する人生かもしれない。
いい女性得るは、いい一族、得ることかもしれない。

by 2nnn2 | 2017-01-29 03:14 | 名言、珍言

自分を知る、今。

名言、珍言。

「長期戦(ちょうきせん)」



長い戦い

勝手な解釈
人は、食うために、戦い。
生きるために、戦い。食えないと、死ぬ。
病気で死ぬも、動けないから死ぬ。
生きているは、戦いに勝っているから生きている。

生き延びるのは、何をする。
飯、食うも、いい、安全な食、えるから生きる。
毒ても食うと、死ぬ。
老人で、同じことばかり、言うは、
昔の自分の良かったことしか、覚えてない。
最後は、自分知らないで死んでいく。
現実は、いま、何をして食うかが、解らないで、
死んでいくものだ。
自分の事は、過去のことしか、しらないて、惨めな、
老人、死は、近い。

===========

名言、珍言。

「首実検(くびじっけん)」



実際に会ってみて本人かどうか確かめること。


勝手な解釈
この世は、みな、人物の評価は、みないと、解らない。
現実、知らないで、いると、失敗するのは、実際に見いないから起きる。

人生は、日々、自分の実験が、見られている。
一つの行動で、知る、無知か、利口か、
そして、判断するは、他人。

馬鹿でも、部下になりたいというのは、実際みるから。
賢い人でも、部下になりたいと思う人がないのは、酷い実態。

大統領も、皇帝も、最後は、庶民から、試験されているものだ。


by 2nnn2 | 2017-01-27 04:03 | 名言、珍言

チャンス

名言、珍言。

「汝は汝たり、我は我たり。」
                               

吉田松陰
(1830~59 幕末の志士)

ここでは個人主義を説いているわけではない。
それぞれの独立した人格を認めた上で、
「士道の講究」「恒心(つねにもって
いる正しい心)の練磨」にともに励もうというのである。
アメリカの軍艦で海外に出ようとして捕らえられた吉田松陰は、
獄中で同囚に講義した。
その記録がこの言葉の出ている『講孟余話』である。


勝手な解釈
環境が悪くても、教えがあるものだ。
伝馬町牢屋、牢屋の中で、囚人に教えていたというのは、
囚人になった人は、幸運なことである。
師とは、どんな環境にも、師がいる。

人は、全ては、今の環境の中に、師がいる。
その師から、学んで、最後は、自分は、何かを知ることだろう。

==============
名言、珍言。

「ボクシングにラッキーパンチはない!!
結果的に偶然当たったパンチにせよ、
それは練習で何百何千と振った拳だ。
その拳は生きているのだ」

はじめの一歩

『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、
森川ジョージによる日本の少年漫画作品。
1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。


母子家庭のいじめられっこであり、
釣り船屋を親子で支えている少年・幕之内一歩が、
後の世界チャンピオン鷹村守と出会いボクシングに開眼、
鷹村と同じ鴨川ジムに入門して
日本を代表する人気一流ボクサーとなっていく過程を、
周囲の者達との交流、ライバル達との戦いを通じて描いてゆく。
主人公のみならず脇役である
仲間やライバル達の戦いまでも詳細に描いている点が特徴的であり、
作者は「登場人物全員が主人公です」とコメントしている。

登場人物の多くにボクシングの歴史を
彩った人物の姿が投影されており、
一瞬の栄光を得ながらも世間的に
無名でありつづける彼らをフィクションで再現した功績は大である。
作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで
著名なプロボクサー達と親交があり、
『マガジン』誌上で若手を応援するコメントを載せるなどしている。


勝手な解釈
努力は、日々しない、肝心な時に、発揮できない。
楽していると、チャンスも、逃す。
日々の努力がチャンスが来た時、発揮する。

運も、幸運も、才能ではなく、日々の努力で、
チャンスの時期に発揮することだ。
チャンスは、一生に一度かもしれない。
チャンスを逃すのは、努力が足りないから逃すのだろう。
日々どんな努力をしているかだろう。
by 2nnn2 | 2017-01-26 03:52 | 名言、珍言

災難は、

名言、珍言。

「過ぎ去った恋の思い出は、
それが強く記憶にとどまっている時には、
恋をしていた時にも劣らず魂を奪うものである。」


ジャン・ルイ・ヴォイドワイエ


勝手な解釈
災難は、人生の最大の不運というが、現実は、
災難は、恋、恋愛だろう。
性欲も災難、不運。
人は、性欲で左右すると、後々、災難がある。
過去の恋愛、恋、片思いから、知るは、災難である。
生かされるは、災難を克服するのは、
まだ、恋愛なのかもしれないが、
反省と、中身が、試行錯誤して、初めて、
反省、改善する。

災難で死ぬは、決まって、軽率な恋愛、性欲、自分勝手な生活が原因。
火山の山に行けば、火山で、死ぬ。
津波が来ると、言われるも、逃げないで、いれば、死ぬ。
火災対策しないならば、大火で死ぬ。
すべては、恋愛と、恋の影響、自分の心体の影響。

癌の死ぬも、美味いものを食い、生活も飲酒、暴飲暴食すれば、死ぬ。
若い時に、飲酒、暴飲暴食、性欲に深ければ、
それは、災難は、晩年に死は、病気で死ぬ。

=============

名言、珍言。

「命は天に在り
(めいはてんにあり) 」

 運命は天の定めるところであるから、
人の力ではどうすることもできないということ。
『史記・高祖本紀』にあることば。
流れ矢に当たった漢の高祖(劉邦りゅうほう)は、
「命は乃すなわち天に在り。
扁鵲へんじゃく(名医の名)と雖いえども何の益かあらん」と言って治療を拒んだという。


勝手な解釈
天、神は、見ているのもだ。
災難は、試練の経験の教え。
生かされるは、何かの使命。
人は、勝手に生きているが、一つ判断で、死ねか、地獄に落ちる。
日々、自分の思考、判断を磨かないと、明日は、死出の旅。

今日何を食うかで、明日、癌になるか、中毒で死ぬ。
今、この道、間違えると、あの世にいく道かもしれない。

よくよく、天の判断を感じる思考を持つことだ。


by 2nnn2 | 2017-01-25 03:26 | 名言、珍言

突然、魔が差すも

名言、珍言。

「死が老人だけに訪れると思うのは間違いだ。
死は最初からそこにいる。」


ヘルマン・ファイフェル

勝手な解釈
死ぬは、生き様の結果でない。
突然、ある。
自分の判断のミスか、行為で、死ぬ。
軽率な行為で、殺されるもある。
人は、経験で、馬鹿な事しないから、生き残ると思うのか。
突然、自分の判断ミスがあるものだ。
魔が差すことで、死出の旅。
===========


名言、珍言。

「死者も我々がまったく忘れてしまうまで、
本当に死んだのではない。」


ジョージ・エリオット

勝手な解釈
生き残るは、自分の事であり、
残るとは、自分の所業。
出来ることして、残るのは、自分の行為。
時期も、不運も、人は、何かの使命、価値がある。
それで、要らないと、思われると、死である。

by 2nnn2 | 2017-01-24 03:44 | 名言、珍言

自分の中心は、消える

名言、珍言。

「お互いに、素直な心になりましょう。
素直な心はお互いを強く正しく聡明にいたします。
そしてよき社会をつくり
自他ともの幸せを生み高めていくのです」

 松下幸之助


勝手な解釈
自分の幸せと、他の幸せ、それが、仕事、商売になると、
幸運なことかもしれない。
金、名誉、ばかり、考えると、
心は、最後は、神から、処罰。

最悪の政治は、決まって、
最悪の経営は、傲慢と、自分中心のことで、
消える。

===================


名言、珍言。

「もっとも深い真理は、
ただもっとも深い愛のみにひらく。」

ハイネ

勝手な解釈
愛は、欲望の果てではなく、
最後は、自分の心情の愛。
生きているは、結婚、離婚、は、軽率なことでなく、
試練の苦労しるために、行為。
愛情の本心は、問われる試練は、結婚、離婚、再婚でも、
まだ、結婚再婚、不倫は、最後は、出会いの判断のミスかもしれない。
人は、日々、恋愛であるが、愛情も、違うのが、あるものだ。
愛の深み、知るは、知るのは、経験しかない。

by 2nnn2 | 2017-01-23 02:52 | 名言、珍言

いうは

名言、珍言。
「なにが 君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのは いやだ!」

 「アンパンマンの主題歌」より

勝手な解釈
生きていれば、何とかなる。
いいことも、悪い事も、知る。
知らないのは、死んだら、終わる。
できることするも、しないも、生きているから。
日々、生死の狭間に、人は、考え行動して、最後は、死。

死んだ後も、彼の世で三途の川のあるのか、知ることだろう。
==========

名言、珍言。

「能無しの口叩き
(のうなしのくちたたき) 」

 口先だけで何の取り得もない人を言う。
何の役にも立たない人に限って余計なことをべらべらとしゃべることから言う。同じ考えを裏から言ったものに、「能ある鷹は爪を隠す」がある。

勝手な解釈
バカでも、生きれる。
正しいことしていれば。
利口でも、速く死ぬは、正しい事しないから。
文句も、改善も必要だが、できもしないこと、いうは、犯罪と、
いじめである、最後は、自分に帰ってくる。
恨まれるのは、決まって、いじめ、妬み。
いうは、地獄、その後の生死に影響する。
by 2nnn2 | 2017-01-22 04:12 | 名言、珍言

忍耐したものが、

名言、珍言。

「友人や会社の同僚による嫉妬や中傷、
嫌がらせなどはよくあることです。
こんな状態のときこそ、
もっとも必要なのが鈍感力です」

 渡辺淳一


勝手な解釈
鈍感力は、懐かしい言葉。
でも、必要なことだろう。
生きているは、恥、知る、それでも、忍耐しているが生き残る。
生きているば、日の目もでる。
嫉妬、恨みも、最後は、天罰ぐあり、忍耐してものが、
生き残る。

=========

名言、珍言。

「令狸執鼠(れいりしつそ) 」

 その人の長所・特技を生かして使うたとえ。「狸(野猫)に令して鼠を執らしむ」

勝手な解釈
欠点、長所は、紙一重である。
人生は、どこで、転じるか。
バカも、成功するのは、長所が、短所か。
逆も発想。

使えるのと、使えないは、その場ではなく、使える時期、
使えない時期がある。
バカの種類、賢い種類の差だ、決まるかもしれない。
使えるもの。
by 2nnn2 | 2017-01-20 03:44 | 名言、珍言