四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:四事の瓦版( 292 )

凄い額

910は、凄い。



「米富豪ロックフェラー家の銀行家、故デービッド・ロックフェラー夫妻の美術品を売却する競売がニューヨークで今月開かれ、主催者の競売会社クリスティーズは11日、落札総額が約8億3260万ドル(約910億円)に上ったと発表した。同社は個人コレクターの収集品の競売としては過去最高額としている。

 AP通信によると、フランスの世界的服飾デザイナー故イブ・サンローラン氏の遺産の落札額4億8400万ドルがこれまでの最高額だった。

 競売にはアンティーク家具や絵画など約1500点が出品され、ピカソ作の「花かごを持つ少女」は1億1500万ドルで落札された。」




凄い額、絵より、価値なのかもしれない。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-05-13 07:06 | 四事の瓦版

はめられた、違うのか。

考えると、夜、記者よひだし、はめられたのか、はめそこなったのではないか。



「財務省の福田前事務次官のセクハラ問題をめぐり、麻生副総理兼財務大臣は衆議院の財務金融委員会で、女性に「はめられたという可能性は否定できない」というみずからの発言を撤回し、セクハラをめぐる一連の発言で批判を受けていることに対して「以後注意したい」と述べ、陳謝しました。

福田前事務次官のセクハラ問題をめぐり、麻生副総理は先月、女性に「はめられて訴えられているのではないかという意見もある」などと発言し、11日午前中の委員会で、改めて「そういう可能性は否定できない」と述べました。

麻生副総理は午後の委員会の質疑の中で、午前中の発言は撤回すべきだと、ただされたのに対して「撤回させていただきます」と応じ、発言を撤回しました。

また、「セクハラ罪という罪はない」と述べたことなど、一連の発言が批判を受けていることについて、「単純に刑事罰はないという話をしたと記憶しているが、不用意な話で、セクハラを軽んじていると疑われるということなので、以後注意したい」と述べ、陳謝しました。

首相「被害者の立場になって」

安倍総理大臣は、フジテレビの番組で、「セクハラはあってはならない。麻生副総理兼財務大臣自身も『セクハラであればアウトだ』と述べ、財務省としてセクハラがあったと認定し、福田前事務次官を処分した。麻生副総理の発言で被害者の方は相当心に傷を負うと思うので、その人の立場になって考えなければならない。だから麻生副総理も撤回したのだと思う。そういう意味で、われわれは極めて言葉にも慎重でなければならない」と述べました。

官房長官「受け取られ方などに問題」

菅官房長官は午後の記者会見で、「麻生副総理兼財務大臣は、かねてより『セクハラは被害女性の尊厳や人権を侵害する行為で、決して許されるものではない』と発言している。ただ、何回かの発言の中で、受け取られ方などにいろいろ問題があったということなんだと思う」と述べました。

また、記者団が一連の麻生副総理の発言を政府として問題視しないのか質問したのに対し、菅官房長官は「麻生大臣は副総理であり、政府を代表する方だ。その麻生大臣が答えていることだ」と述べました。

立民 枝野代表「時代に取り残されている」

立憲民主党の枝野代表は、東京都内で記者団に対し、「『セクハラは社会的に許してはいけない』となったのは、残念ながら、ここ数10年の間に共有されてきた問題だと思うが、麻生副総理兼財務大臣は、それを理解していないので、みずから2次被害を作り出すような発言を繰り返している。セクハラ問題に対する社会の共通認識を理解できていないという意味で時代に取り残されているのではないか」と述べました。」




人は、はめられたのか、はめそこなったのか。
紙一重ではないか。
人生は、最後は、罠をかけて、その上に、罠があるものだ。

軽率な人は、罠は、罠で失敗する。
ほっとくけば、自滅するが、策士策に溺れる。
お惚れる破滅する。





[PR]
by 2nnn2 | 2018-05-12 06:34 | 四事の瓦版

いいな。20年か。

知らなかった。新しくなるのか。



「20年春から運行へ 新宿-伊豆急下田間で

 JR東日本は8日、静岡・伊豆エリア向けに観光特急列車を新造し、2020年春から運行すると発表した。

静岡・伊豆エリア向けの新型観光特急列車=JR東日本提供 © 毎日新聞 静岡・伊豆エリア向けの新型観光特急列車=JR東日本提供

 新型車両は8両編成で定員164人。定期列車としては国鉄、JRを通じて初の全車両グリーン席となる。1号車のプレミアムグリーン車は1列2席の構造で、2、3号車は家族やグループ向けの個室、5~8号車は1列3席となる。4号車にヌードルバーを設け、カウンターとボックス席で麺類を楽しめる。

 先頭車両は丸みを帯びた形状で、天窓と大型の車窓から採光と景色を楽しめるよう工夫した。車体は伊豆の海と空を象徴する紺碧(こんぺき)色に、白とグレーを配した。

 16両を新造し、新宿-伊豆急下田間で運行する。新車投入に伴い、現行の「スーパービュー踊り子」は廃止される。」


20年は、五輪の年。

観光にもいい。都内の五輪と、伊豆の旅行。

海外の金持ちは、乗るだろう。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-05-09 13:56 | 四事の瓦版

ありそう、他の県でも。

一度、税金、考えるというより、調べることかもしれない。

兵庫県は、怠慢だ。


「兵庫県は8日、2018年度の自動車税の納税通知書で、432台の課税額計約1000万円分を誤って高く算定していたと発表した。

 誤りがあったのは17年4月~9月末に新車登録された自動車のうち、座席など一部を改造した福祉車両など。低燃費などの基準を満たしていれば「グリーン化税制」の対象となり、50%か75%の軽減措置が受けられるが、県税システムでは、これらの車両が軽減対象から漏れていた。

 自動車登録情報の提供を受けた地方公共団体情報システム機構から、データに誤りがあったとする通知を受け取っていたが、担当職員が必要な補正作業をしなかったのが原因という。」



車の税金は、兵庫県だではないのではないか。

公務員の怠慢と、いろいろ、あるそう。


[PR]
by 2nnn2 | 2018-05-09 13:52 | 四事の瓦版

党を作れ。

いくら、会見しても、何しているのかと、問われる。

自分の政党か、国民民主党に入るしかない。

よくよく、本当は、一つの派閥くらいの組織つくり、野党というより、一つ政党つくれ。




「希望の党と民進党が合流して7日に旗揚げした新党「国民民主党」。昨年の衆院選で分裂した民進系勢力の再結集を図る動きだが、希望、民進系の千葉県選出国会議員5人のうち、新党への参加は2人にとどまり、参加・不参加で二つに割れた。民進系会派「無所属の会」の野田佳彦前首相は新党に参加せず新たに政治団体を設立する意向を示しており、地方議員も今後の動向を注視している。

     「政権交代可能な政治を実現するためには、新党に参加するよりは無所属という立場で野党を結集することに力を注いだ方がベター」。党本部に離党届を出した野田氏は7日午前、千葉県庁で会見し、新党に参加しない理由をこう話した。新しく設立する政治団体は、国民民主でも立憲民主党でも県選出の国会議員や県内の地方議員が広く参加できると説明。選挙の候補者調整の支援や勉強会を開催する予定で、「緩やかで包み込むような動きにしたい」と語った。4月末ごろ、県選出国会議員や民進県連幹部らに意向を伝え、理解を得たという。

     野田氏は昨年10月の衆院選で、小池百合子東京都知事と希望を結成した細野豪志元環境相を念頭に、「先に離党した人の股をくぐる気は全くない」と述べ、無所属で出馬。この日、国民民主については「(このタイミングでの結党は)わかりにくい形になってしまったなという気はする」と指摘した。

     野田氏と同じく7日に民進を離党した小西洋之参院議員も取材に「千葉と国政の両方で野党の橋渡し、結集のために働きたい」と話し、野田氏の政治団体で事務局を務める意向を明らかにした。また田嶋要衆院議員は無所属として静観する構えで、取材に「同じ方向で動いている人たちで話し合いもしていきたい」と話した。

     一方、新党には、民進の長浜博行参院議員、希望の奥野総一郎衆院議員の2人が参加する。奥野衆院議員は取材に、比例復活した昨年の衆院選を「希望の党への期待は中道のきちんとした党を作ってほしいということだった」と振り返り、「国民民主に衣替えしても、その期待に応えていきたい。大きな塊の中道政党を作りたい」と意気込みを語った。

     地方議員は新党結成を受けてどう動くか。

     民進県連は野田市議選(5月20日告示)前に県連の名前も変えて新党から推薦を出したい考えだ。天野行雄幹事長は野田氏の政治団体について「(国民民主と立憲の)間を取り持ってくれるのであれば両方にとってプラスになる」と歓迎しつつ、新党結成で「(地方議員でも民進を)離党する人は間違いなくいる」と想定。立憲民主県連代表の生方幸夫衆院議員は「地方議員には戸惑いもあるようだ。理念もはっきりせず前途多難だ」と厳しい見方を示す。自民県連会長の桜田義孝衆院議員は「野党は離合集散を続けていて、どういう性格の党になるのか見当も付かない。政局よりも政策論争ができるようにしてほしい」と要望した。」



    考えると、野党結集より、党つきり、派閥ぐらい、党員の作ることだ。

    なぜしないのか、元、総理大臣だろう。

    安倍氏に騙され、解散した失敗。


    党、作る、党員を作れ。



    [PR]
    by 2nnn2 | 2018-05-08 14:34 | 四事の瓦版

    いい。一つの涼風だ。



    「エンジェルス大谷 3勝目 7回途中まで2失点の好投

    大リーグで投打の二刀流でプレーするエンジェルスの大谷翔平選手が6日のマリナーズ戦に登板し、7回途中まで投げて2失点の好投で3勝目をあげました。

    大谷投手は先月27日に左足首をねんざした影響で今月1日に予定されていた先発登板が見送られ、6日に相手の本拠地のシアトルで行われたマリナーズ戦で5回目の先発マウンドにあがりました。

    1回は2番バッターからスライダーで空振りの三振を奪うなど3人で退けて、2点リードの2回はランナー一塁二塁とピンチを背負いましたが、8番からフォークボールで空振りの三振を奪い、得点を与えませんでした。

    3回もスライダーで空振りの三振を奪うなど再び3人で攻撃を終わらせて、上々の立ち上がりを見せました。

    大谷投手は相手の主軸バッターが2順目に入った4回も、この試合で好調だったスライダーでフライに打ち取ったり三振を奪ったりして、得点を与えませんでした。

    主軸バッターとの3回目の対戦となった6回もデッドボールでランナーを出した以外は打ち取り、相手を抑え込みました。

    しかし6点リードの7回、先頭の6番バッターにセンター前ヒットを打たれ、続く7番には甘く入ったスライダーをとらえられてツーランホームランで2点を失いました。

    大谷投手はさらに8番にフォアボールを出したところで交代、6回と3分の0イニングを投げてヒット6本で2失点、奪った三振は6つでした。

    試合はエンジェルスが8対2で勝ち、ピッチャーとしての復帰登板で好投した大谷投手が3勝目をあげました。

    大谷「制球はアメリカに来ていちばん」

    ピッチャーとしての復帰登板で、3勝目を挙げた大谷投手は「試合の序盤はしっかりと試合を組み立てていけたのでよかったと思います。ボールのコントロールは、アメリカに来てからいちばん思ったとおりに投げられて、体もよい感じで動いていました」と話し、ねんざした左足首に問題はなく、思いどおりのピッチングができたと振り返りました。

    7回にツーランホームランを打たれた場面については「特に疲れもなかったですけど、3ボール、2ストライクから、フォアボールを出してランナーをためたくないところで、ホームランを打たれてしまった」と悔やみました。

    そのうえで、ホームランの直後にフォアボールでランナーを出して降板したことについては、「ホームランも悪かったけど、いちばんよくないのは、そのあとのフォアボールだと思います。一方的にリードしていた中で相手にまだチャンスがあるかもしれないと思わせるような降板のしかたはいちばんよくないので」と反省していました。

    イチロー「大谷は特別な才能」

    マリナーズのイチロー選手は、大谷投手のピッチングをベンチ裏でトレーニングをしながら、テレビ画面で見ていたということです。

    イチロー選手は大谷投手について、「ちゃんとした、いいピッチャーだというのはわかります。なかなか欠点が見つけづらいかなと思います」と話していました。

    また、今回は実現しなかった大谷投手との対戦については、「対戦したいですよ。特別な才能ですからね。165キロのボールを投げられるし、単純に見てみたいというのはあります」と話していました。

    一方、大谷投手は、イチロー選手からこのように評価されていることについて、「すごくありがたいです。もしかしたら、対戦できるかもしれないと思い、対戦すれば勉強になることがたくさんあると思っていました」と話していました。

    ソーシア監督「ボールがコースに決まっていた」

    大谷投手が3勝目をあげたことについて、マイク・ソーシア監督は「登板間隔が空いたが、ボールがコースに決まっていた。7回は少し疲れが見えたがそれ以外はすばらしかった。ねんざした左足首の影響はなく、勝利をもたらすピッチングをしてくれた」とたたえていました。

    キャッチャーのリベラ「全体的に非常によかった」

    大谷投手のピッチングについて、キャッチャーのレネ・リベラ選手は「きょうのピッチングは全体的に非常によかった。スライダーは相手にとっては嫌なボールで、カーブも効果的だった。試合前に相手の打線を分析した結果、この2つの球種を使った。速球も織りまぜて配球を組み立て、バッターのバランスを崩すことを狙ったが、それを実行してくれた」とたたえていました。」



    変な事件ばかり、ある。
    大谷選手を見ていると、一つの涼風に見える。
    結果も、解説も、事の出来の事も、いい。


    [PR]
    by 2nnn2 | 2018-05-07 13:37 | 四事の瓦版

    今後

    ハワイも、大変だ。

    火山の噴火は。


    「今月3日にキラウエア火山が噴火したハワイ島では溶岩が住宅地に流れ込んで、これまでに住宅26棟が焼けるなど被害が拡大していて、現地の防災当局は引き続き今後の火山活動に注意するよう呼びかけています。

    ハワイ島では今月3日、島の南部にあるキラウエア火山が噴火し、地面に生じた亀裂から溶岩が周辺の森林や住宅地に流れ込み、現地の防災当局によりますと、一部の地域では有毒ガスが検出されているということです。

    これまでにけが人の情報はありませんが、流れ込んだ溶岩によって少なくとも26棟の住宅が焼けるなど、さらに被害が拡大しています。

    現地からの映像では住宅の脇から大量の噴石が飛び出ているほか、溶岩が2台の車を飲み込むように流れ込み激しく燃えている様子が伝えられています。

    防災当局は、火山の周辺地域の住民およそ1700人に継続して避難命令を出すとともに、噴火が終息する兆候がみられないとして、今後の火山活動に引き続き注意するよう呼びかけています。

    4日には、火山活動の影響でマグニチュード6.9の地震が発生し、その後も地震が相次ぐなど地震活動も活発化しています。

    日本の外務省は、旅行を予定している人は最新の情報を入手し、安全の確保に十分注意するよう呼びかけています。」


    今後は、ハワイは、危険かもしない。
    地球に影響するか。煤煙が、いろいろあるかもしれない。


    [PR]
    by 2nnn2 | 2018-05-07 13:33 | 四事の瓦版

    チビ

    東京新聞のコラムはいい。
    チビの歌、か。


    「『山月記』などの作家中島敦はかなりの子煩悩だった。パラオに単身で赴任した際は毎日のように愛情のこもった手紙を息子あてにつづっている
    ▼『チビの歌』と題した短歌も残した。子育ての日々を<明方(あけがた)をわが床に来てもそくさとチビが這(は)ひ込むくすぐつたさよ>などとユーモアをまじえながら詠んでいる。幸福感がにじむ一方で、作家の三十三歳での早世を思うと切ない
    ▼しつけの悩みの歌も多い。<叱らでも済みけるものを後向(うしろむ)きてべそかきをらむチビ助よ許せ><わが父ゆわれの伝へし寝坊なればチビも嗣(つ)ぎけむ今朝も未(ま)だ起きず>
    ▼親といっても完全ではない。むしろ欠点だらけなのだけど、なんとか子供を正しい方へ、導きたい。そんな父親の思いと葛藤が、みえてくる。きっと、いい親子の関係だったのだろうと想像できるほほえましさもある
    ▼発達心理学の岡本夏木さんは著書『幼児期』で、しつけについて語る中で中島敦の子育ての歌を紹介した。欠点を抱えながらも、大好きな親が努力している姿を子供は手本に育つのだと説いている。親も努力しなければ早起きできないなどと知ることが子供の努力を支えると
    ▼悩みつつ泣き笑いの日々を送っているお父さん、お母さんは多いことだろう。今日はこどもの日。欠点だらけだから子供のいい手本になれる。そんなふうに子育てを見つめてみるのはいかがだろう。」


    親は、親が、育てた結果。
    よくよく、考えると、母親は、大変なことかもしれない。


    [PR]
    by 2nnn2 | 2018-05-07 07:07 | 四事の瓦版

    のんきなことだ。

    ゴルフしている場合ではない。

    早く、辞職することだ。

    だんだん、忖度から、なんで改ざんするのか、セクハラする公務員かでるのか。

    大臣の怠慢と、内閣の問題。

    総責任者は、総理である。



    「安倍晋三首相は6日、山梨県富士河口湖町のゴルフ場で、友人の増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務らと大型連休中、2度目のゴルフを楽しんだ。首相は記者団に「天気も良くて気持ち良かった。(7日から)気を引き締めていく」と語り、連休明けの国会審議や外交日程への意欲を示した。6日午後に帰京した。

     首相は中東歴訪を終え帰国した3日から、休暇で同県鳴沢村の別荘に滞在。中国の習近平国家主席との電話会談のため首相公邸に一時戻ったほかは、友人との食事や温泉で英気を養った。」



    これで、また、事件ででくると、もう、最悪の内閣だろう。



    [PR]
    by 2nnn2 | 2018-05-07 07:01 | 四事の瓦版
    考えても、無理ことだ。
    海外から材木が安い。
    そして、国内は、高い。
    無理な話。



    「借金で木を育て、売った収益で返済する。そんな青写真で事業を続けてきた都道府県の外郭団体「林業公社」の廃止が近年相次いでいる。これまで公社を抱えていた39都道府県に朝日新聞がアンケートしたところ14府県が公社を廃止し、うち11県が森林資産の実際の価値を回答。計2200億円の債務に対し、時価評価額は100億円弱だった。差額の多くは税金での穴埋めになる。


     ほかに廃止した岩手、大分、京都の3府県は時価評価していないか時価を答えなかった。公社を維持している25都道県は帳簿上、森林資産の価値の合計額が債務を上回っているが、実際に木材の売却や、公社の廃止で時価評価した場合、損失が生じる可能性が高い。

     日本は国土の約7割(約2500万ヘクタール)を森林が占め、うち約3割は国有林。その他の民有林を対象に、1960年代に多くの公社が設立された。借金で民有地に木を育てた後、伐採して土地のオーナーと収益を山分けし、借金を返すのが主な仕組みだが、木材価格が下がり、売れても利益が出にくい実態がある。

     ただ各公社は業界団体の会計基準にのっとり、森林の価値は帳簿上、「育てるのにかけた費用と同じ価値がある」とみなしている。木を育てる経費や借金などの債務が膨らんでも、同時に森林資産の価値もその分、上乗せできる仕組みだ。実態は損失が増えても表面化しないため、対応の先送りにつながりやすい。

     朝日新聞が森林の実際の価値を都道府県にアンケートしたところ、公社を廃止し、時価を回答したのは福井や広島、青森など11県。うち10県は2010年度以降に廃止していた。これらの公社は、債務を上回る2407億円の森林資産があるとしていたが、実際の評価額は99億円余で、4%程度の価値しかなかった。

     公社を存続中と回答したのは兵庫や島根など25都道県で、16年度の債務総額は8437億円に達している。現行の会計ルールでは、計30万ヘクタール超の森林の価値は帳簿上、「9千億円超」あることになっている。」


    経営する事ができるのは、民営化するしかない。
    公社では、無理なことだ。
    無知の公務員か、その天下りで、組織では、無理。

    災害防止対策に、森林整備を使い、
    廃棄する材木、無償で、出ししてない。

    地域産業は、材木で、食うでなく、地域の関連産業で、食うしかない。


    [PR]
    by 2nnn2 | 2018-05-07 04:31 | 四事の瓦版

    暇な時の言葉


    by 2nnn2