四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2011年 05月 22日 ( 2 )

70歳代

70歳代は、生死にあるのかもしれない。
長生きというのか、80歳まで、生きれるか。
病気も、若いときの遊びも、でてくるのが、老後かもしれない。

考えさせられる。年齢。
一人ひとり、違いが、寿命だが、老人になると、考える年齢は、70才代後半。



「「にあんちゃん」「豚と軍艦」などの映画やテレビ、舞台で軽妙な演技を見せ、故・南田洋子さんとのおしどり夫婦ぶりでも知られた俳優の長門裕之(ながと・ひろゆき、本名加藤晃夫〈かとう・あきお〉)さんが21日午後5時20分、肺炎による合併症のため都内の病院で亡くなった。77歳だった。

 京都市生まれ。俳優の沢村国太郎と女優のマキノ智子の長男で、俳優の津川雅彦さんは弟。祖父が映画草創期の監督・牧野省三、おじにマキノ雅広と加東大介、おばに沢村貞子という映画人の一家に育ち、「無法松の一生」などで子役を務めた。

 立命館大の学生時代に相次いで映画に出演したあと中退して東宝に入社、まもなく日活に移った。「七つボタン」(55年)を皮切りに、「銀(しろがね)心中」(56年)などでスターに。今村昌平監督作品での評価が高く、「にあんちゃん」(59年)では炭鉱で働く在日朝鮮人役の演技でブルーリボン主演男優賞を受賞、「豚と軍艦」(61年)でもこっけいなちんぴら役で観客を笑わせた。

 映画「太陽の季節」(56年)などで共演した南田洋子さんと61年に結婚。フジテレビ系の「ミュージックフェア」では夫婦で司会を務めた。向田邦子原作のドラマを舞台化した「阿修羅のごとく」でも夫婦で共演、全国を巡回公演した。

 85年に出版した「洋子へ」で、妻への告白というかたちで自身の女性関係を明かし、話題になった。その一方で、05年ごろから南田さんに認知症の症状が出てくると、09年に亡くなるまで介護し、その様子はテレビ番組でも紹介された。同年には、老老介護の日々をつづった「待ってくれ、洋子」を出版した。

 昨年秋に心臓の手術を受け、リハビリ中だった。 」



ご冥福を祈ります。
c0094071_2294457.jpg
[PR]
by 2nnn2 | 2011-05-22 01:58 | 四事の瓦版

過去は

名言、珍言。

「目先観で投資するな」

相場格言

株式投資で、二、三度成功するなど、経験を積んでくると、
味をしめて、目先観で相場を張る。
が、目先の損得にこだわっていては、失敗することが多い。


勝手な解釈
思い込みで、行うと、後々、失敗する。
結婚も、投資も、職も、今までの実績と、投資しても、
解らない。最初より、今の現在と、後々の予想、
過去は、問題ではない。

成功することを味しめて、悪に走るのは、
最初の成功が、誤魔化しで、行うと、実力もないのか、
後々、破滅していく。
日々、実力と、運があるのか、生き残る。
===============
名言、珍言。

「効率的な企業は、問題中心主義でなく、
むしろ機会中心主義である」

P.F.ドラッカー

勝手な解釈
人は、企業は、難題、不運、試練を見つけて、行うのではなく、
自分の試みで、機会を得て、変えていく。
他人の問題で、人生が終わるのではない。
生きるとは、選択、洗濯もあるから、
人は、選択して、不運、幸運が出会い、体・心を洗濯して、
自らを試みを変えていく。
道が二つの追われ道に来たとき、どちらに、いくかで、変わる。
不運で、問題して、道が変わっていくのではなく、
最初の二つの道の選択が大切である。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-05-22 01:38 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2