四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

人を憎まないこと

名言、珍言。

「伸るか反るか(のるかそるか)」



●意味●
 どうなるか、やってみなければ結果はわからないとのこと。
また、思いきってやってみようとの意味。
前に伸びるか、
それとも後ろに反るかの身体からの形容。


勝手な解釈
生きているのだ、何でも、試みて、解る。
推測して、諦めるのは、何一つ物事ができるない。
試みることだ。
明日生きている事も、有り得ないのが、人生なのだ。

==============
名言、珍言。

「反対論がない場合には結論を出してはならない。
勇気と勉強に不足があれば反対論は出ない。 」


P・F・ドラッカー(米 経営学者)

 ☆誰も反対しないような無難な計画からは、
無難な結果しか得られません。
大きな成功のためには新しさや大胆さも必要です。

勝手な解釈
人間は、欲がある。
営利目的があるのが人間の本能。
反対のない事は、絶対主義か、どこかの国の将軍の権限で維持しているものだ。

人は、自分の事以外に興味がない者は、社会の勉強もなく、無知な国民になるものだ。

人は、反対する賛成する勉強できる人間に成る事。
賛成する事、反対する事も知らない人間には、成らないことだ。

===============
名言、珍言。

「にくむ心にて人の非を見るべからず、
仏も制することあれど、
にくむにあらず。」

『正法眼蔵』道元


勝手な解釈
人の憎むな。人の片寄った見方で、見るな。
全ては、善の心で見ることだ。
神、仏が、試練を与えていると思えば、
正しく従うものが、此の世の生涯の生き方。
憎まれる、善く見られるも、全ては、神・仏が、
生かされる事しているのだろう。
自分で、生きる事であって、本当、運命により、
導かれるのが、人生なのかもしれない。

人生は、人を憎まない悟りに達するには、
中々難しいことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-05-03 07:02 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2