四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

考えるべきだ。

当然だろう。
死刑反対という人は、殺人を二人以上した人の支援でもすればいい。
きっと、再犯で、殺される。


「最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は29日、
愛知県内で交際相手の女性2人を絞殺し、
うち1人の遺体を切断して岐阜県内の川などに捨てたとして、
殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職兼岩幸男被告(53)の上告を棄却する判決を言い渡した。
死刑とした一、二審判決が確定する。

 一、二審判決によると、兼岩被告は1999年8月、愛知県蟹江町のパート従業員の女性(当時43)を自宅アパートで絞殺。
2003年5月には同県一宮市の会社役員の女性(同49)を絞殺したうえ遺体を切断し、
岐阜県柳津町(現岐阜市)の境川などに捨てた。 」



これは、病気だろう。
殺人の行動が、いいと思う、病気ではないか。
それとも、楽しみなのかもしれない。
殺しが。

今年も、死刑囚が、増えていくのだろう。
減ることは、ない。
執行しないから。


対策は、ないのだろうか。
再犯とか、殺人になる原因は、学校の先生の教育が、怠慢なのかもしれない。
死刑囚の生まれた、地域、学校は、反省することだろう。
その担任、先生は、資格ない気がする。

連座制というのがあるが、学校も、死刑囚をだす、中学、高校は、廃止が、処分が必要かもしれない。
小学生のときは、まだ、いいのだろうか。


対策が必要に思う。
犯罪したものは、体に、管理するチップでも、埋め込み、管理させることが必要だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-11-29 15:32 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2