四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

無知は、いいかも。知ることをしる

名言、珍言。

「発見を妨げる最大の障害は、無知ではなく、
知っていると錯覚することである。」


               
ダニエル・J・ブアスティン

勝手な解釈
知りすぎた、知恵、過信した、知恵が、破滅させる。
人は、無知ほど、賢い人はないのかもしれない。
頭がいい人は、崩落するのは、決まって、世の中と、他人の意見、無視する。
皇帝、上皇、将軍は、酷い政治をする人の共通は、
世の中を知らない、自分は、賢いと思うことが、過ちの始まり。
平成23年も、過ちのある時代になった。
軽率な自分は、頭がいいと、思うやからが、
地位について、勝手な政治したものだ。

===============
名言、珍言。

「何事をなすにも機会をとらえるということはきわめて大切である。
 もちろん、それはなかなかむずかしい。
 しかし、機会というものは真に熱意をもってことに当たれば、
随所にあるものである。」
                              
松下幸之助


とくに注意したいのは後半で、
熱意があればどこにでも機会は見いだせるという。
漫然と待っているだけでは、機会はめぐってこないのである。

(1894~1989 昭和時代の実業家)

勝手な解釈
機会は、あるが、問題は、蓄積がないものは、機会で、破滅する。
あんなにチャンスがあるに、そのチャンスで、破滅する。

今のパナソニックは、酷い赤字会社になったものだ。
教えしらない人が、経営者にいるのか。

松下の塾も、酷い学校が、社会の評価である。
経済、経営を知らない、政治のことしか、知らない、やからが多い。
普通は、経営の神様が、学校作ると、
いい経営者が、生まれ、それが、子会社、急成長する企業がある。
一つもない。
経営とは、何か、政治とは、何かより、
商売を知らないと、社会には、集り、ゆすりが、横行して、
賄賂、政治献金の社会になっていくものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-11-06 03:00 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2