四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

あるのか、プロではない。


「菅井七段、まさかの錯覚

 将棋は怖い。

 使い古された言葉ではあるが、本当に将棋は怖い・・・。改めてそうつぶやかざるを得ないような事件が、10月18日夜、関西将棋会館で起きた。トップクラスの棋士である菅井竜也七段が、なんと反則負けをしてしまったのだ。

 この日は東京と関西(大阪)の将棋会館にわかれて、B級1組7回戦の対局が一斉におこなわれていた。

 将棋界の根幹を為す順位戦制度では、ただ1人の名人(現在は佐藤天彦名人)を頂点として、その下に10人で構成されるA級が存在する。そのもう1つ下のクラスが、B級1組だ。A級と比較してもさほど遜色のない13人が一年をかけて、総当たりで対戦する。

 7回戦の中の一局では、橋本崇載八段(34歳)と菅井竜也七段(26歳)が対戦した。

 橋本八段は数多くの名パフォーマンスで知られる、将棋界の人気者である。かつてはA級に在籍していたことからもわかる通り、その実力は定評がある。

 一方の菅井竜也七段は、これからA級をうかがおうという若手。昨年度から今年度に至るまでは「王位」のタイトルを保持していた。今年度の七番勝負で豊島将之棋聖の挑戦を受け、フルセットの末に3勝4敗で敗れてタイトルを失ったが、それでも現在の将棋界のトップクラスであることに変わりはない。何よりも、現在当たるべからざる勢いの藤井聡太現七段を相手に、過去に2戦して2回とも圧勝していることからも、その圧倒的な技量の高さがうかがえるだろう。

 A級に昇級してもおかしくはない橋本、菅井の両者が、今期はこれまで1勝4敗と、やや不振な星取り同士での対戦となった。この一番に敗れた方は、上位2人の昇級枠から遠ざかり、逆に下位2人の降級枠に入る可能性が高くなってしまう。

 橋本ー菅井戦の詳しい棋譜については、「名人戦棋譜速報」(有料サービス)で公開されているので、ぜひそちらをご覧いただきたい。

 朝10時に始まった対局は、先手の菅井七段が得意の中飛車から穴熊に組んだのに対して、橋本八段も左美濃(ひだりみの)の堅陣に構える。

 駒がぶつかって中盤の難解な戦いが続いたが、菅井七段が巧みに指し回し、終盤に入ったところでは大きく優勢となっていた。

 持ち時間が互いに6時間の順位戦は、その戦いは深夜にまで及ぶ。108手目の時点で橋本八段が残り7分と切迫していたのに対して、菅井七段は残り3時間以上もあった。

 事件が起こったのは、109手目である。ここでは部分的な図面だけ示すが、以下のような駒の配置となっていた。

画像

 先手は角が当たり(次に取られてしまう)なので、それを受ける必要がある。ここでは▲6八角と、後手の「と金」(成り歩)を取っていたら、依然先手が優勢だった。しかし次の一手は▲4六角!

画像

 なんと、相手の駒(と金)を飛び越えて、ワープしてしまったのだ。普段の菅井七段からすれば、とても考えられないような落手である。飛車は縦横、角は斜めにどこまでも動かすことができるが、自分や相手の駒を飛び越すことはできない。それが鉄則である。

 将棋界の対局規定では、反則は指した方が即負けとなる。菅井七段はまさかの大ポカで、大きな一番を失ってしまった。まさに将棋は怖い、としか言いようがない。菅井七段がどうして反則をしてしまったのかについては、今後の続報を待ちたい。

将棋のプロでもミスをする

 将棋の反則にはいくつかのパターンがある。とはいえ、大駒が他の駒を飛び越えてしまうのは、実に珍しい種類の反則だ。プロ同士の対局であれば、なおさらである。わずかに2009年女流王位戦五番勝負第2局・石橋幸緒女流王位ー清水市代挑戦者戦で、終盤で必勝形だった石橋女流王位が、自分の歩を飛び越えて、角をワープさせてしまったことがあった。女流棋界の歴史を変えるような、大きな出来事だった。石橋女流王位はその期、タイトルを失ってしまった。

 今回は菅井七段に反則勝ちし、大きな星を拾った橋本八段も、反則に関しては、過去には苦い経験がある。2014年度NHK杯準決勝という大一番では、行方尚史八段を相手に、「二歩」(同じ筋に2枚目の歩を打ってしまう反則)で敗れたことがあったのだ。橋本八段はしばらくの間、色紙に「一歩千金、二歩厳禁」と揮毫していた。

 ミスをしない人間は、この世に一人も存在しない。将棋の名手によるまさかのポカは、その事実を改めて示すものと言えるだろう。」


とが見えないのかもしれない。

目が、おかしい。

プロも、深刻だ。

素人でも、将棋のしらいな人が、する。

オセロ、囲碁か。将棋だろう。

将棋のプロ制度は、廃止がいい。

すべては、下から、高校野球のように、予選から、勝手、一番のなるのが、いい。このような行為は、楽している組織だから、起きる。

予選で、何試合も勝っていくと、ミスは、このミスは、ない。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-19 03:06 | 四事の瓦版

悪妻に出会いは、辛い

名言、珍言。

「相手の力量を考えず自分の都合だけを述べるのは
「わがままな女」
相手の力量を把握したうえで自己の主調を述べられるのが
「魔性の女」」


                (春乃 れぃ コラム・エッセイスト)

勝手な解釈
魔性の女は、すべて、知っているから怖い。

わがままな女は、
自分の都合しかないの女性は、いずれば、
自分の行為で、自滅する。

人は、考えると、女性でも、男性でも、
先を見ている、相手、把握して、いるのは、
怖いことだ。
女性の手のひらに載っている、男か。

それとも、自分勝手な女性は、
男の自分のことにより、女性に振り回される男性、
結婚、離婚でも、多額の金、取られることだろう。

女性は、最後は、魔性の女か、我儘な女か、
2つに一つかもしれない、男の選択は。

悪妻に出会うのは、辛い、男の人生。

==========
名言、珍言。

「人間は、生まれた瞬間から死に向かって生きはじめる。
そして、生きるために食べなくてはならない。
なんという矛盾だろう。」


池波正太郎(鬼平犯科帳)

勝手な解釈
生きるために、暮らすために、食うために、
何をする。
問われるは、働く、稼がないと、食えない。
それを知らないで、天下、金は、降ってくると思うから、
不正と、余録、怠慢な生活で生きる姿になる。

生きているとは、自分で、稼ぐ、飯、食う。
明日死ぬも、飯を残すも、自分の墓ぐらい、稼ぐことだ。
明日の飯ぐらい、残せ。
明日死ぬも、数十年前に、死んだも、残る金は、
墓ぐらい居場所、作れ。

自分の始末とは、死の後ぐらい、始末してもらえ。

[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-19 02:55 | 名言、珍言

自分の行為は、

名言、珍言。

「670.イエスは仰せられる。

「わたしのために、家、兄弟、姉妹、父、母、妻、子を後にし、
 田畑を手放す人は、今この世では百倍を受ける。

 そのうえ、また後の世では永遠の生命を受ける」。

この世に、これほど寛大に報いる人がいるだろうか。」


             聖ホセマリア・エスクリバー『道』



勝手な解釈
この世は、試練、苦悩は、本当は、社会に貢献したか、しないかの差かもしれない。
自分勝手に、私利私欲で、人生を終わると、何一つ残らない。残るは、
酷い子孫ばかり、最後は、没落する。
人生とは、人とは、社会に貢献したかで、最後は、人に語られ、残っていく、
人生かもしれない。

欲にばかり、走るも、最後は、誰も、知らないで、死んでいく。
何か残すも、酷い子孫が、できると、没落の一族。
難しいのは、子供に、子孫に残すことより、社会、世相に、残すことが、
必要なことかもしれない。
金のないもの、金のあるもの、最後は、誰も、助けないで、
助けてくれは、ないものだ。

===========

名言、珍言。

一つも馬鹿なことをしないで生きている人間は、
彼が自分で考えているほど賢明ではない。」

ラ・ロシュフコー(著述家)


勝手な解釈
バカなこと、知らないと、バカから、賢いも、成長しない。
賢いは、比較するから、わかる。

物事は、底辺を知らないと、分からないのが、現実。
同じこと知ると、その先、知りたいのが、普通。
同じことしか、しないのは、知らないのが現実。

[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-18 01:18 | 名言、珍言

人生は、一人芝居


名言、珍言。

「ここが私の旅路の果てだ。

Here is my journey’s end.」

シェイクスピア

勝手な解釈
この世は、残酷だ。
バカは、死ぬも、知らないで、バカがいる。
最後は、あの世でも、バカかもしれない。
自分の寿命、果でも、バカは、知らないで、生きていると思う。

バカであるから、賢くなると、失望して、自殺する。
本当に自分の行為が、恥しると、生きていけない恥かもしれない。
知らないから、バカで、生きている。
最後の時ぐらい、バカも、馬鹿らしくも生きるしかないと、悟るかも。

過ちは、後悔し始めると、死ぬより辛いかもしれない。
=======
名言、珍言。


「この世界はすべて
これ一つの舞台、人間は男女を問わず
すべてこれ役者にすぎぬ。

All the world’s a stage,
And all the men and women merely players.」

シェイクスピア


勝手な解釈
自分の思うことが、現実の出来事と、一人の役者の自分。
生死は、死んだか、見せる演技がなく、最後は、所業の成果が残るか。
人生は、人間の一人芝居である。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-17 03:24 | 名言、珍言

熟成

名言、珍言。


「どれだけ人間が生まれて、合わない環境であっても、
そこで出会うものがすべて必然なんだと思って、
受け取り方を変えていく。
そうすると成熟していくような気がするのよね。
それで死に向かっていくのだろうと思う。
でも人間ってだらしないから、
あんまりいい奥さん、あんまりいい旦那さん、いい子供で楽だと、
成熟する暇がないっていうか」


樹木希林


勝手な解釈
成熟、熟成は、簡単にできない。
いろいな経験と、忍耐がないと、
すぐに、腐るものだ。
灘の酒が江戸で、旨いのは。
酒樽は、船で、揺られ、
そして、江戸についたとき、樽酒の香りと、
波に、揺られて、そして、酒が苦労して、熟成する。
何もしないで、倉庫にいるより、旨い酒は、江戸の樽酒というのが、
江戸。
酷い酒でも、樽に揺られると、旨くなる酒。

==========

名言、珍言。



「男は階段を駆け降りるような
ことはしてはいけない。」


山本周五郎


勝手な解釈
駆け降りるようなことは、成功者には、多い。
駆け上がると、すぐに、没落する。
人は、ゆっくり、行くのが大切。
軽率な行動と、谷底に落ちる。
塀の上にいるが、人かもしれない。
どちらどこで、塀が、消えるが、天変地異で、消えるか。
ゆっくり、塀の上、歩くしかない。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-16 03:40 | 名言、珍言

見て覚えるのが、

名言、珍言。

「羽が生えれば、親鳥を棄てるのが当たり前だろうが。」


「ベニスの商人」シェイクスピア

勝手な解釈
生きているのは、残酷だ。
自立させるのでなく、親は、子供、捨てる時期が、ある。
棄て去る事ができない、親は、最後は、自分の始末のできない。
生きているのは、自立させるのでなく、
子供、棄て去る事と、親から離れる。

酷い子供は、自分の始末する時期。

============= 
名言、珍言。


「私たち女にしても、気晴らしもしたいし、浮気心だってあります。
男の人と何ら変わりありません。
でも、教えて上げましょうか。
私たちが悪い事をするのは、みんな男のすることを見て、
覚えたのですよ。」


「オセロー」シェイクスピア

勝手な解釈
知るは、見て、覚えた。
人は、最後は、学ぶには、人を見て、覚えたから、
悪の先の悪。

人は、見て、覚えたのが、出てくるのかもしれない。
不正は、不正した人みて、覚えるのかもしれない。






[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-15 03:37 | 名言、珍言

学ばないと

名言、珍言。

「他人に対して苛立ちを感じた時は、
自分について知るいい機会である。」


            カール・ユング(スイス心理学者)


勝手な解釈
生きているは、反省する日々。
自分の苛立ちも、自分知る行為。
軽率な生き方は、自分の行動も、知るのは、その後では、
遅い。
生きているは、行為の反省で、知る、自分の所業。
年齢で、分かるのでなく、反省しないから、分からない。

同じこと繰り返す失敗は、学ばないバカである。
==========
名言、珍言。

この道を行けば どうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せば その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ行けば分かるさ]


                  
 一休宗純


勝手な解釈
行かねば、道がない。
何もしないで、死んでいくか。
生きているとは、前に、進むしかない。
何もしないで、いると、それで、終る。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-14 06:54 | 名言、珍言

何かに、灯明見出す

名言、珍言。

「人の一生を決めるのは、生まれでも肌の色でもなく、

その人の持つ希望の大きさである。」

ジョン・ジョンソン(実業家)


勝手な解釈
希望があれば、生き残る、希望を求める行動を取る。
何一つ、希望もないと、生きている意味は、考えると、
死出の旅。
人は、何かに希望、灯明を見出すと、生き残る。
==========

名言、珍言。


人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、
深き思慮をもってなすべきだ。
軽率なことは言ってはならぬ。」


                        (上杉 謙信 戦国大名)


勝手な解釈
失敗、自滅は、決まって、軽率な言葉。
人生は、どんなに、富、地位、成功になっても、失敗するのは、
軽率な言葉、行動。
貧しきものも、生きる、死ぬは、軽率な言葉。
人生は、心がけで、生き延びる、幸運も、維持できる。
軽率な人にならないこと。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-13 02:52 | 名言、珍言

難しい情

名言、珍言。

「情なんか入ったら駄目。
俺の役割は、
1人ひとりに役割を伝えて選手を育てること。
機嫌を取ることじゃない。
チームを勝たせないと、そこが1番。」


                 
 (緒方 孝市 広島東洋カープ監督)


勝手な解釈
勝つは、難しい。
情は、難しい。
でも、生きるには、情がないと、
自分の先も、情で、生かさせる。
=================

名言、珍言。


明日になれば仕事があるし、コンビニに行けばごはんもある。
そんなにがんばらなくても生きていける。
その感覚が、本当の力を麻痺させているのかもしれない。」



栗城史多(登山家)

勝手な解釈
難しい、考えすぎると、死ぬ。
生きているは、気楽に生きるしかない。
明日は、明日のこと。
今は、稼ぐか、仕事するか、休むか、事探すか。

それで、明日は、飯が食えれば、いい。
金のある無しでない、食えればいい。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-12 03:02 | 名言、珍言

言葉で、

名言、珍言。


「冬至冬中冬始め
(とうじふゆなかふゆはじめ)」



意味
冬至は、暦の上では冬の真ん中に当たるが、
実際の冬の寒さは冬至以後に始まるものだということ。


勝手な解釈
自然、時は、流れていること、知るのは、
太陽と闇の違い。
生きているは、自然、宇宙は、動ているものだ。
知るは、所詮、宇宙の法則で、生かされているものだ。
太陽の影響が、問われる。


=============

名言、珍言。


「問うに落ちず語るに落ちる
(とうにおちずかたるにおちる)」

意味
人から聞かれると用心して漏らさないような秘密でも、
自分から話をしているときは、
ついうっかりして話してしまうものだということ。


勝手な解釈
人は、物事、していると、ばれる。
言葉で、解ってしまう。
不思議な事だ。
いや、人の言葉で、解っていく、
不正も、誠実も、言葉、語りで、解るものだ。

心が見えるのは、言葉である。
態度は、そのあと。


[PR]
# by 2nnn2 | 2018-10-11 03:20 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2