四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

冷静、

名言、珍言。

「温和勤勉(
おんわきんべん )」

●意味:穏やかで優しく、何事にもよく勤め励むこと。


勝手な解釈
焦らず、かかっかしない。
冷静に、そして、優しく、事する。
難しいことだが、当たり前。
感情出すと、失敗する。
よくよく、考えるも、冷静に、一晩考える、
翌日、朝に、なんだ、と笑い話になのが、
冷静。
自分の今、見つめることが、冷静と、数秒、別の事、考え、また、
戻る思考。


==========

名言、珍言。

 ある人は十銭をもって一円の十分の一と解釈する。
ある人は十銭をもって一銭の十倍と解釈する。
同じ言葉が人によって高くも低くもなる。」


                    
 夏目 漱石


勝手な解釈
人の価値、価値観の違いで、人生は、酷いか、天国か。
生まれ、育ち、そして、価値観が、問われる。

貧しき者は、幸いである、一円の価値が、凄い価値と、思う。
江戸時代など、一両、見たことない、庶民も多い。
価値は、生活に密接する。
私生活が、問われる、金の使い方、投資、そして、
支援する行為。

国の金、自分の金のように、使う官僚、大臣は、最後は、
地位が消えると、ただのの生活が終わる。
自腹で、苦労する。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-30 03:41 | 名言、珍言

三度

名言、珍言。

「何かを始めるからには
とことんやらねばならない。
途中でやめれば中途半端に終わったことが
脳裏から離れなくなる。」
                   
チョギャム・トゥルンパ(詩人)


勝手な解釈
最後は、何した。
人は、後悔するのは、あの時、あれをすれば。
人の最後は、後悔ではないか。
死ぬ間際まで、行為は、ある時、あれすれば。
だからできるのは、とことんする。
そして、できたことで悔いること。
===========

名言、珍言。


「男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、
それでどうにかならなかったときはあきらめろ。」




小津安二郎


勝手な解釈
女性と男性の中で、口説くは、そうかもしれない。
期待しても、無理のは、無理かもしれない。
一度、二度、三度。

これは、営業、人間関係でも、
同じかもしれない。
一度、二度と、信用するが、最後の三度で、
バレていく。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-28 02:41 | 四事の瓦版

できるまで、

名言、珍言。

「私は実験において失敗など一度たりともしていない。

これでは電球は光らないという発見をいままでに、
2万回してきたのだ。」


                        
 トーマス・エジソン


勝手な解釈
できるまで、するから、できる。
できないと、諦めるが、終わる。
できると、また、先が見たい、したいものだ。

人は、失敗と、思うから、惨めになる。
できないから、できるまで、する。
=============

名言、珍言。

「自分は努力だけはして来た」

松本清張


勝手な解釈
遊んでいるものは、敗北する。
何もしないで、怠慢な生活は、何一つ、生まれない。
人は、何かするも、実りのある行為しないと。
浪費するも、怠慢な生活も、最後は、そのつけがくる。
何していた、浮浪者でも、食う努力するから食えるところに行く。
頭を使うことも、努力である。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-27 03:26 | 名言、珍言
名言、珍言。

「豚に念仏
(ぶたにねんぶつ)

 その身を思って有意義なことを話しても、
何の効果もないこと。
「豚に念仏犬に経」のように対句の形でも言う。」


勝手な解釈
いくら言っても、無駄こともある。
人は、物事は、分からないと、分からない。
自分の身に晒されると、知る。

自分で、考えないと、行動して、しらないと、
身につかないものだ。
バカに言っても、賢い人に言っても、
分からない。

現実に、自分の影響したとき、知る。


=========
名言、珍言。

「人というものは、
はじめから悪の道を知っているわけではない。
 何かの拍子で、小さな悪事を起こしてしまい、
それを世間の目にふれさせぬため、
また、つぎの悪事をする。
 そして、これを隠そうとして、
さらに大きな悪の道へ踏み込んで行くものなのだ」

鬼平犯科帳/殺しの波紋


勝手な解釈
善は、正しいが、悪に染まるは、些細な悪、猫糞から。
人は、不正するのは、些細な余録で、破滅。

賄賂も、公金横領も、人の騙すも、国の金のタダで使うも、
国の金で、海外留学、旅行するも、最後は、
余録の最後は、失敗なる。
タダ飯を食うのが、1番怖い犯罪の始まり。

税金で食う人ほど、税金の払うのが汚い。
そして、より、犯罪の始まり。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-26 04:34 | 名言、珍言

自分の行動が

名言、珍言。

「開雲見日(
かいうんけんじつ)」

●意味:暗雲を吹き払って、再び光明や希望を見出すこと。
疑惑や誤解が解けるたとえ。


勝手な解釈
生き延びるは、所業がすべて。
自分の行為が、人、物事が、どう、変わっていく。
一つ一つ、変化するのが、自分の判断の行為。

災難、不運もない、自分の何しているか。
欲に走れば、崩壊する。
善に生きれば、効能がある。
不思議なこと。
自分の行動が、謝罪なのか、恨まれるのか、感謝なのか。
==============

名言、珍言。

この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ
危ぶめば 道はなし
踏み出せば その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ 行けば分かるさ」


                      
  一休 宗純


勝手な解釈
人は、行為、言葉は、正しいが、それが、現実になると、
果たして、生きれるか。
権力者に楯突けば、死刑。
それでも、生きる、生きないは、自分のこと。
正しいとは、何か、災難は、何か。
人は、自分の行為で、自分に降りかかる。

軽率な行為では、死にたくないものだが、
軽視するものは、最後は、自分も、地獄に落ちるのかもしれない。
人は、災難は、自らも行動が、現実。

自分の言ったこと、行動は、最後は、責任を取る、
取らされるのがこの世の最後。



[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-25 02:34 | 名言、珍言

知るどうする。

名言、珍言。

「小さな英知はグラスの中の水のようなもの。
濁りなく透明で、純粋。

 大きな英知は海の中の水のようなもの。
暗く神秘的で、底が見えない。」


        (ラビンドラナート・タゴール インドの詩人・思想家)

勝手な解釈
小さく見るか、大海みるか。
人は、自分の知恵は、発展は、停滞は。

見るものすべては、思考と、師匠かもしれない。
環境とか、運とかいうのは、本当は、見るもの、どうする。
知るとは、どうする行動。

===============

名言、珍言。

外柔内剛(がいじゅうないごう)」

●意味:表面は柔和で穏やかそうに見えるが、
実は、意志が強くてしっかりしていること。

勝手な解釈
外見と違う。
本心は、分からないものだ。
人の判断は、外見ですると、失敗する。

不美人、美男子、不男、美人、判断は、簡単なのだろうか。
人の見方と、外見で、判断は、最後は、心情の問題だということが、
後々、分かるものだ。

人生は、見た目で見るな。
内心を知ることだ。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-24 02:56 | 名言、珍言

名言、珍言。

つむじ風はひと朝と続かず、
豪雨は一日と続かない。
これらを引き起こすのはだれか?
天と地である。
天と地ですらその力をこれ以上、
長くは示せないとしたら、
ましてや人間はもっとも無力だ。」

                           
 老子


勝手な解釈
考えると、一日、生かされるは、奇跡である。
事は、何しているも、居場所が存在するから、生きている。
無力な人間は、無能な人間は、
何しているか。
天は、勝手に変化させている。

その中で、地位も名誉も、富も、関係ない。
一時の気まぐれの天、神である。
人、処分するも、簡単なこと。
生きているものは、生かさせていること、知るのは、
死んでいく人を見て、知る。
無力であるから、残されたものは、何をするか。

=============

名言、珍言。

「動機が善であり、実行過程が善であれば、
結果は問う必要はない、必ず成功する。」
                 


 稲盛和夫(京セラ創業者)



勝手な解釈
悪か、善か。
最後は、善が、生き残る。
人生は、悪魔に心を売るな。
悪魔に加担するな。
善で、考えると、もともと、人は、白紙の無知。
知るは、動機は、善を知るから、善が、成り立つ。
良いことするかで、人生が、変わるものだ。
悪するかで、地獄に落ちるものだ。
単縦なこと。

良い物、食べてれば、病気になる。
善で生きれば、一汁一菜の生活。
それは、病気にならないは。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-23 04:29 | 名言、珍言
名言、珍言。

「幸福になる秘訣は、
快楽を得ようとひたすらに努力することではなく、
努力そのもののうちに快楽を見出すことである。」
                      


 アンドレ・ジッド(作家)


勝手な解釈
努力したものが、快楽、悦楽。
努力が楽しい、から快楽。
人生は、楽しくする、楽しめるような努力。

難しいことでなく、興味のあること、先、先で、できるような、
努力すると、楽しいことだ。
名人になるには、楽しいことの奥儀、極めると、楽しい日々。
===========

名言、珍言。

「問題の核の部分を捕まえないと、解決は致しません。」
                  
 加藤諦三(社会学者)


勝手な解釈
肝心なこと、しらないと、いつまでも、解らない。
人生は、外見、見ためで、判断するのでなく、
中、核心、知る。
世の中は、核心。
人は、中身、その核心をしる。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-22 13:20 | 名言、珍言

欲、価値、勘違いは

名言、珍言。

「今日は昨日の生徒である。」


フランクリン 「語録」


勝手な解釈
昨日の失敗は、有る、数ヶ月前の失敗もある。
その結果が、現実に今。

酷い人生が、今だとすると、
その原因は、数年前、生まれたときの失敗か。

人は、勘違いする。酷い人生は、自分でなく、世の中だと。
現実、親の生活で、子供は、影響する。
子供が生まれる、育てるは、子供の才能は、
本当は、親の生活で、決まるのかもしれない。


貧しき者ほど、子供に、投資する、そして、教える。
親のように、なることは、まだ、貧しい生活になると。


人は、投資するのは、自分の投資でなく、一族の投資が、必要。

酷い投資すると、一族が、消える。
=================
名言、珍言。



「安物買いの銭失い、
安物は高物、価値あるものがものをいう 」


相場格言



勝手な解釈
金の使い方は、2つある。
欲に、金使うか。
価値の勘違いで、金を使うか。
人は、欲望で、使うと、欲で、お惚れる。
価値の勘違いで、買うと、負債の生活。

物事は、価値、欲、抑えて、考え、偏った行為は、
身の破滅である。



[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-20 02:51 | 名言、珍言

花開くために、

名言、珍言。


「勝つは負ける日の初め、

 負けるはやがて勝つ日の初め。」


             
新・平家物語 吉川英治


勝手な解釈
人は、今は、いいが、先は、最悪。
最悪いいが、先は、幸運。
繰り返しているのが、この世の運。

知らないと、永遠に幸運と、勘違いして、
失敗する。
良いときは、一時、悪いときは、永遠にかもしれない。
人生は、蝉ではないか、花開くは、数週間。
地面にいるのは、七年いるかもしれない。

人は、花は開くために、努力するしかないのだ。

===========
名言、珍言。


「真剣にやると、知恵が出る。
中途半端にやると、愚痴が出る。
いい加減にやると、言い訳しか出てこない。」


            第20代商青連会長 大脇唯眞

勝手な解釈
バカのかいいのか、不運いたことが、いいのか。
貧しいのがいいのか、底辺知ると、変わることかもしれない。
真剣にすると、得るのは、大きいものだ。
怠慢は、決まって、不正と、愚痴と、最後は、妬み。

よくよく考えると、真剣にすると、人の事など、関係なく、
できるか、できないか。である。

生活で見える、自分の災難、不運。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-09-19 03:40 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2