四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

先は、課題

名言、珍言。

「私の最大の光栄は、
一度も失敗しないことではなく、
倒れるごとに起きるところにある」


 ゴールドスミス


勝手な解釈
失敗は、ある。
失敗の度に、何する。
それが、できないと、また、失敗。
人生は、失敗の先が、問われる。
成功の先は、破滅。
失敗の先は、改善と、反省。
先は、課題が多いのが人生。

=========

名言、珍言。

「悪銭(あくせん)に身につかず」


意 味
悪いことをして手に入れたお金は、むだに使って、結局なくなってしまうということ。


勝手な解釈
物事は、得るも、苦労して、得たものは、軽率に、使わない、よくよく、考える。
人は、心情は、最後は、難しく、得たものは、大切な使い方、育て方する。
一円の苦労しているものは、軽率な使い方は、いない。
金、人も、見てると、最後は、生き方が見えるものだ。
金の得たこと、金の使い方で、人生は、変わる。
=============

勝手な名言

「悪魔の囁き」

勝手な解釈
些細な余禄、不正で、得たのは、一つのテストかもしれない。
神か、悪魔が、試験している。
どうすると、そして、不正すると、不正の不正、最後は、
騙されたものが悪い、処罰する国が悪い、そして、死刑になるも、
自分の行為は、悪魔の仕業と思って、死ぬ。

人生は、必ず、不正の囁きがある。
正しく、金使い、潔白な身支度していれば、悪魔の囁きは、消えるものだ。

金は、自分で稼ぐことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-28 03:23 | 名言、珍言

望む後は。

名言、珍言。

「人間は今だかつて結婚に満足したことがない。
たとえ結婚する当人同士が満足していても、
他の人間が満足しないのである。」


サーバー


勝手な解釈
不満があるのか、現実。
望みは、あるが叶うと、不満。
最後は、忍耐が、消去。
人生は、結婚は、墓場だというが、
現実は、望む後は、地獄かもしれない。


============

名言、珍言。

「自分にとって大切なことは、
他人が自分のことをどう考えているかということではなく、
自分が彼らのことをどう考えているかということだ。


ブリヤン

勝手な解釈
自分は、考えるから、解る。
他人のことで、他人のが考えるのでない。
自分は、どう考え、参考か、見ている。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-27 03:58 | 名言、珍言

明るい窓

名言、珍言。

「名人は人を謗らず
(めいじんはひとをそしらず)」

 名人と言われる人は、他人をけなしたりしない。
名人は、自分の力に自信があるから他人のことは気にしないし、
他人の長所を認める余裕もある。
だから、他人の短所や欠点を批評したりしないということ。


勝手な解釈
人は、批判すると、自分の批判。
自分の行動で、最後は、自分で自滅。

ます、自分の今の状況しり、反省して、
他人の失敗も、参考にする。
人は、見て、知り、学ぶ、自分の過ちのように、失敗しないこと、
考える。

相撲も、高校野球も、どこかの家具屋の失敗も、
豊洲市場の問題、小学校の誘致、国有地の払い下げ問題。

見ていることで、知る、馬鹿なものが、省にいると、経営にいると、
トップにいると、酷い組織になる。
勝手に、コケていく。

============

名言、珍言。

「明窓浄几
(めいそうじょうき)」

 明るい窓と清潔な机。転じて、清潔で整頓された書斎のたたずまいをいう。


勝手な解釈
ものの時代でなく、断捨離の時代てもない。
ゴミ屋敷の問題でもない。
必要なものと、いずれ、使えるものと、最後は、日々、使うもの。
消耗品と、判断するのは、自分。
快適に過ごすは、断捨離でなく、
消耗品、賞味期限のある品、作るも、売るも、時代は、残らないものだ。
最後は、自分の処分されるのが、此の世。

生きているのは、物欲では、生きれない。
必要なものは、変わっていくものだ。

明るい窓、清潔のある生活は、変わらない。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-26 03:13 | 名言、珍言

免許は、食えるから免許

名言、珍言。


「毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。
そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。」




ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)


勝手な解釈
明日は、ないと思うと、真剣に行き、寝るのは、死も覚悟。
一日が人生。
人は、勘違いする、怠慢は、明日、生きれると思うから、怠慢。


人は、何を今をして、寝るか、それが、現実である。
明日、起きていたら、感謝と、昨日の反省するかもしれない。
それか、失敗しても、先があるものだ。
明日、あの世に行くも、あの世で、此の世の反省は、できるものだろう。
寝る時、今日は、なにしたのか、知り、寝ることかもしれない。
起きたは、昨日の記憶で、反省する行動。
失敗しても、明日、起きていれば、幸運である。

===========

名言、珍言。

「免許皆伝
(めんきょかいでん)」

 師が芸術・武術などの奥義を残らずすべて弟子に伝授すること。


勝手な解釈
価値は、仕事がある免許。
価値のないのは、仕事ない。
食えるから、免許。
食えないは、免許でなく、
タダの行為。

人は、教えるも、食わすための育成が大切。
食わせる、食うには、何を学ぶか、それが、
人生の免許かもしれない。

仕事も、選び方、将来、適用する能力、ソレか問われる。
それが、教えることかもしれない。
弟子があるとしたら、師とあるとしたら、食わせるように、
教える。
売れない、絵、書いても、食えない。
売れる絵を書くが、弟子がつく、師が、できる。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-25 03:13 | 名言、珍言

名言、珍言。

「恩知らずは上着をやったら裏地もねだるものだ。」

アラブの格言

勝手な解釈
恩知らず、よくよく、みると、解る。
今に、自分の破滅の原因は、恩知らずの人かもしれない。
恩知らずと、付き合うな。
恩知らずと、結婚すると、最後は、殺されるかもしれない。
==============
名言、珍言。

「売りは迅速、買いは悠然」

上昇相場は、高値まで上り詰めるまで、
日数がかかるのでじっくり熟考してから取引しても遅くはない。
しかし、相場が下げ始める時は短期間に速いスピードで崩れるものなので、
すかさず売ってから考えれば良いという意味です。

じん‐そく【迅速】 [名・形動]物事の進みぐあいや行動などが非常に速いこと。また、
そのさま。「─な報道」「─に処理する」

ゆう‐ぜん〔イウ‐〕【悠然】
物事に動ぜず、ゆったりと落ち着いているさま。悠々。

勝手な解釈
思ったら売る。
買いは、焦って買うな、ゆとりと、じっくりと、見る。
人生も、同じ、焦る時期は、売る時期。
焦らないのは、自分に自信を持つ努力したか。
最後は、時の運ではなく、自分の判断。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-24 03:53 | 名言、珍言

災難は、どちら

名言、珍言。


「男がもっとも情を込めて愛している女は
必ずしも一番愛したいと思っている女ではない。」



アンリ・ド・レニエ


勝手な会解釈
男も、女性も、最後は、
自分の本心は、違うのかもしれない。
維持、欲と、そして、義理になるかもしれない。
養うと、義理になるか、災難になるのは、どちらか。




=========
名言、珍言。

「汝自身を知れ」
 
相場格言

『敵を知り己を知れば…』と同様に、自分の資金量、知識を知れと教えている。

勝手な解釈
自分知るも、世の中知るも、仕事して知る。
底辺の仕事、いろいろな仕事で、解る。
経験とは、学ぶこと。
自分知るのは、不遇の環境、好転する環境は、
いろいろ、経験しないと、分からない。

豊臣秀吉が、今川にいたのも、徳川家康にいたも、最後は、
織田信長に使えるも、そして、真坂、
徳川家康は、自分の部下に、天下取られるとは、最後は、
秀吉が死ぬまで、何一つ出来なかった。

知るは、経験である。


「はじめ木下藤吉郎(きのした とうきちろう)と名乗り[注釈 10]、今川氏の直臣飯尾氏の配下で、遠江国長上郡頭陀寺荘(現在の浜松市南区頭陀寺町)にあった引馬城支城の頭陀寺城主・松下之綱(加兵衛)に仕え、今川家の陪々臣(今川氏から見れば家臣の家臣の家臣)となった。藤吉郎はある程度目をかけられたようだが、まもなく退転した[注釈 11]。
なお、その後の之綱は、今川氏の凋落の後は徳川家康に仕えるも、天正11年(1583年)に秀吉より丹波国と河内国、伊勢国内に3,000石を与えられ、天正16年(1588年)には1万6,000石と、頭陀寺城に近い遠江久野城を与えられている。」

この話は、面白い。
松下之綱に、使えるも、徳川にも、関係したことかもしれない。

人の繋がり、部下、上司の境のない、環境が大切だ。
松下之綱という、上司を知ったから、成功する道が開く。
人生は、転職と、人望と、人材である。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-23 04:40 | 名言、珍言

現実

名言、珍言。

「女は二種類に分けられる。
結婚だけを夢見ている独身の女性と
離婚だけを夢見ている既婚の女に。」

ジョルジュ・エルゴジィ

勝手な解釈
夢は、あるが、現実みる。
段階だろう。
女性は、今の先は、ないと思うか。
今の対処が日々。
酷い男と、結婚したら、別れる算段。
いい男と結婚しても、別れる算段は、先でなく、今の現実。

人は、現実で、見ることが大切。
=========

名言、珍言。
「融通無碍(ゆうずうむげ) 」

 滞りのないこと。考え方や行動に差別やこだわりのないさまをいう。

勝手な解釈
現実は、今、あることで、判断。
名誉、地位ではなく、金ではない。
今、何を得ているそして、拘らない心。
難しいことか、簡単なことか、
心情だろう。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-22 03:41 | 名言、珍言

自分の行為

名言、珍言。


「冥土の道に王はなし
(めいどのみちに王はなし)」

 身分の上下にかかわらず、
誰も死を免れることはできないということ。
また、死後の世界では誰もが平等であるということ。


勝手な解釈

一度は、死んでいく身。
考えると、此の世は、一時の休みのようなものだ。
生かされれも、あの世に行く、ために準備。
速く、此の世から消えるも、此の世の所業。
最後は、死は、あるから、寿命は、解らない。
自分の行為で、決まる。

===========

名言、珍言。

幸福というものは、一人では決して味わえないものです。」


                        
アルブーゾー


勝手な解釈
生きているは、一人。
最後は、一人だから、何か、あるのは、関係した行為。
人は、最後は、一人だから、関係したことが、
後々、残ることがある。
人は、最後は、死ぬも、死ぬまでの行為は、何をしていたと
問われるのが、幸福の成果、他人に何をした。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-21 04:49 | 名言、珍言

自分の始末

名言、珍言。

「あちこち旅をしてまわっても、自分自身から逃れられるものではない。」


ヘミングウェイ


勝手な解釈
逃げる、逃避ではない。
日々、生きていることに、どうする。
旅も、普通の日々と、変わらない。
何を反省、学ぶか。
それが、日々。夜逃げしても、自分の環境変えても、
変わらないのは、今までの自分の始末。
==========

名言、珍言。

「生は寄なり、死は帰なり」


 =人がこの世に生きているのは、この世に一時的に身を寄せているのであって、死は本来の場所に帰ることである。揚子江を渡ったとき、舟が竜の背中に乗り上げて、同船の客が騒いだが、王はこの言葉を述べて少しも動揺しなかったという。「淮南子・精神訓」


勝手な解釈
生きているは、軌跡、
死ぬは、不運。
現実、死ぬは、天、神の命令と、この世が、消える。
知らないのは、生きているは、幸運と、知るは、死ぬとき。

なぜ、反省して、思考は、反省と、改善しなかったか。
問われるは、死ぬとき、知るのかもしれない。
あるとき、しなかったから死と、思うことの内容に、
日々、試みるしかない。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-20 10:28 | 名言、珍言
名言、珍言。


「明日のことがわからないということは、

人の生きる楽しみをつないでいくものだ。」


                    
 室生 犀星


勝手な解釈
目先で、見るな。今日失望して、死ぬと、
明日は、ない、ソレ知らないで、あの世があると思うのか。
死ぬの地獄、あの世に行くまで、遠い道。
今日は、何をしているで、明日があるかないか。
軽率な行動で、明日は、此の世から消える者が現実。
明日みるより、今、何しているかと問われる。
出来ることするしかない。

===============

名言、珍言。


ある人間を判断するには、
その人の言葉によるよりは、
むしろ行動から判断したほうがいい。
というのは、行動はよくないが、
言葉が素晴らしい人間が多くいるから」


                           
クラウディウス


勝手な解釈
言葉は、信用するか、しないか、行動。
嘘の言葉で、人は、騙される。
言葉でみのは破滅。

人生は、態度、心情は、言葉ではなく、行動。

行動をみて、知る。

人の運、不運は、言葉で信用するから、破滅するのかもしれない。
人をみれば、解るのかもしれない。

行動みれば、知る、人の評価。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-19 02:35 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2