四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

世の中を

名言、珍言。


「千慮の一得(せんりょのいっとく)」


《意味》
たくさんの考えの中には、一つや二つくらい良い考えがあるだろうということ。


勝手な解釈
いろいろ、考えろ、経験したら、解る。
いいことと、悪いこと、知る。
見ている、経験する、そして、人生は、バカな人にならない。
酷い人生にならないのは、いろいろ、考えて、行動するしかない。
貧しい貧しいと、考えないで、くらせれば、貧しい。
美味くない、美味くないと、食べている人より、美味いところの噂を聞いで、
近くで、見て、働く、食うのが、理想。
金は、繁栄する地域に行かないと、食えない。

=========

名言、珍言。

「あーあ、やんなっちゃった、あーああ、驚いた」

牧伸二


勝手な解釈
人は、驚くのと、いやけがさす、世の中を見ては、
考える。
それが、庶民の思考。
間違いは、世相しらないと、破滅する。

驚くも、、嫌気がさすも、世の中知ること。
世の中しらないと、常識が消える。

四月29日は、牧伸二氏の命日だ。
世の中をみている、漫談が消えた。
批判と驚く。嫌気がさす。ことが、知らないで、
世の中を知らない。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-29 04:35 | 名言、珍言

失敗から、何を

c0094071_359515.jpg名言、珍言。


「失敗したことそのこと自体は不名誉なことではない。
失敗してダメになるなら、それが不名誉なことだ」

蔦文也


勝手な解釈
成功したら、いいのか、失敗は、ダメか。
最後は、どうする、その後の経過は、
何か、得たもの、失敗した経験が、人生の変える。
反省、謙虚と、人格も変わるものだ。
よくよく、自分の望みは、よくよく、自己みて、
反省することだ。
失敗したもの。成功したものも、失敗したから、解る。
===========
名言、珍言。

「そんなことやったら、いつまでたっても徳商に勝てんぞ」


蔦文也

勝手な解釈
日々、口癖のように、目標もって、
行動すると、軽率なこと、ない。
目的、希がないから、怠慢になる。
行動は、自分の意志、人生も自分の思考で、変わる。
日々の自分の心情が、問われる。
=========
名言、珍言。

「山あいの町の子供たちに一度で
いいから大海を見せてやりたかったんじゃ」

蔦文也

勝手な解約
希は、何か、自分の利己主義では、成り立たないものだ。
自己犠牲は、何のためにするのか、自分の欲では、
成し遂げられないのが、この世の法則かもしれない。
誰かのために、するから、無欲で、いろいろ、するのかもしれない。
布施、支援の原点は、自分の欲望でなく、自己犠牲は、誰のためにするか。


四月28日は、蔦文也氏の命日である。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-28 03:55 | 名言、珍言

決意

名言、珍言。

「成功の秘訣は断固とした決意にある。」
                            
 ディズレーリ


当然のことだが、現実に実行できる人は少ないであろう。
ディズレーリはイギリス・ビクトリア朝時代の首相をつとめた人で、
対外政策に力をいれ、イギリス帝国を隆盛に導いた。

(1804~81 イギリスの政治家)

勝手な解釈
決意、意思で、全てが、決まる。
苦労も、幸運があると思う、意思。
決意するとは、深刻な自分の苦労を覚悟。
成功するには、決意。
=============


名言、珍言。

「肉食妻帯(にくじきさいたい) 」

 肉を食べ妻をもつこと。在家(一般人)の生活。出家は逆に菜食独身であった。


勝手な解釈
結婚して、死が早くなる。
結婚しないと、長生きかもしれない。
人生は、生活の中で、生きるが、
現実、いい食事、取ると、それは、早死。
僧侶の生活で、日々は、それは、長生きする。

人生は、健康は、結婚生活が問われるのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-27 04:23 | 名言、珍言

事故中心に死ぬな。

名言、珍言。

「人間は、それぞれ考え方や、
ものの見方が違うのが当然である。
その違いを認め合い、
受け入れられる広い心を持つことが大切である。」


 新渡戸稲造(農学者、教育者、倫理哲学者、前(D号券)五千円紙幣の肖像)


勝手な解釈
批判、判断、そして、憎しみ。
勘違いから、悪魔になっていく。
人生は、勘違いが多くなると、犯罪か、富を作るか。
人は、自分以外の見方、知ることが、大切だ。
知らないから、自己中心になり、事故中心で死ぬ。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-26 03:05

情は


名言、珍言。

「情が強い」


意地っ張りで、容易に人と妥協しない様子。
特に、女性について言う。
「彼女は情が強い人だから、
なかなか結婚相手が見つからないのだろう」


勝手な解釈
情は、いろいろ、意味がある。
感情でも、人情でも、人は、情。
情は、人間の本心かもしれない。
それが、態度と、思考、勝手な自己欲望。
性欲も、物欲も、最後は、情からくる。
自分の本心しらないと、後で、情が、恨みと、憎しみになる。
犯罪の原点は、情かもしない。
離婚、結婚の原因、要因は、情。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-25 03:33 | 名言、珍言
名言、珍言。

「白い花なら百合の花
人は情と男だて
恋をするならば命がけ
酒は大関  心意気」

小林亜星

勝手な解釈
生きているのは、心意気が最後。
どんなに、貧しくても、金持ちでも、
最後は、人の心意気である。
そのために、人は、情と、男だてである。
知らないのは、本心は、心意気のない、人間が多いと、
誰も、自分ばかりで、人の面倒、支援などしないで、
賄賂、悪党が、はびこるものだ。

考えたも、祭りの寄付する。
壊れた橋、建て替えすも、
金があるからでない、見るに見かねて、出す、
心意気。
地震も、震災の後も、復活、支援も、
人の心、心意気だろうな。
==============

名言、珍言。

「花と咲くもこの世なら
踏まれて生きる草だって
唄を唄って今日もまた
酒は大関  心意気。」

小林亜星

勝手な解釈
人は、運も、不運もある。
花の咲くも、踏まれる草もある。
人生は、人それぞれ、だが、
一日かあると、楽しんだこの世と、
今日は、悔いのないことすることだ。
心意気だけは、忘れない。


https://www.youtube.com/watch?v=CM4M6tEFvn8
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-24 08:16 | 名言、珍言

馬鹿だったの後悔は、

名言、珍言。

「効率性には3つの領域がある
1人間の時間に関する点である。
2貢献に対する責任や、経営に関する適切な知識、
3訓練、教育を自ら引き受けることだとする。
自らの「強み」について絶えず意識的に探求し、
そして、その強みをベースにした仕事を築き上げるという点である。」

ドラッカー名言録


 ドラッカーはかねてから、効率性を考える場合、
次の3つの大きな領域が存在するということを強調している。
 第1の領域は、人間の時間に関する点である。
一貫した観察を行い、時間を最高度に貢献させるためには正しく使用することが重要だ。
これにはどうしても、「優先順位(プライオリティ)」の決定を含む。
優先順位の決定を正しく下すまでは、われわれは単に「優れたプランを抱えている」にすぎないとドラッカーは言う。
 第2の領域は、貢献に対する責任や、経営に関する適切な知識、訓練、教育を自ら引き受けることだとする。すなわち、現代の企業においては、「現代の組織」という恐ろしいほど複雑な制度や構造を築いて発展させることが必要なので、どうしてもそれに対する主要なアプローチと訓練の方法を心得ていなければならないというのである。
 第3の領域は、ドラッカーが口を酸っぱくして説いていることなのだが、
自らの「強み」について絶えず意識的に探求し、そして、その強みをベースにした仕事を築き上げるという点である。


勝手な解釈
一言で、いうと、馬鹿であれ、馬鹿ではない。
それが、人間の本心。

1は、知識、知恵、学ぶこと、それは、最低でも、生き残る基本。
学歴でもない。
2は、責任、訓練、教育、経営の実務、知ること。
3は、才能のない分野に、いても、馬鹿は、馬鹿。
簡単にいうと、馬鹿は、何処にいても、馬鹿。
馬鹿であれは、賢いものは、見せないで、馬鹿の失敗しる。
そして、応用の勉強と、実験するものだ。

幼児期、少年時期、青年時期の初めに、何を学んだ、
人間の基本、それしないで、最後の老後まで、自分の馬鹿であれ、というより、
馬鹿だったと、後悔する人生には、ならないことだ。
===========
名言、珍言。


「彼女たちが私たちを愛しているとき、
彼女たちが愛しているのは本当は私たちではない。
しかし、ある朝、彼女たちがもはや愛さなくなるのは、
確かに私たちである。」


ジェラルディ

勝手な解釈
女性と、男性の愛情は、違うものだ。
性欲も違う。
だが、現実、愛されていると、愛されなくなるの堺は、
単純なことかもしれない。
自惚れから、現実みて、失望して、勘違いして、
愛情に探し、溺れるのが、人間の性だろう。
愛するは、できるが、愛されるは苦痛と、
拒否の思考、最後は、愛されなくなると、妬みの恩賞である。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-22 01:35 | 名言、珍言

生き様

名言、珍言。

「永字八法(えいじはっぽう)」

 すべての字の書き方の基本が「永」の一字に含まれているとして、
運筆の八法を伝授する書法。

勝手な解釈
永は、基本かもしれない、
もし、漢字でも、肝心なことがある。
人生も、肝心なことが、あるものだ。
ソレ知らないと、破滅する。
永ではないか、知らないで、何かしていると、
失敗、失敗して、元の、白紙には、戻れない。
字も、人生も、大切なのは、知ること、謙虚に知る。
批判も、妬みもする前に、基本は、知ること。
永の漢字をしることのように、知る。
永さえ書けば、応用がある。
生活も、私生活も、職も、結婚も、永の基本、
基本は、人格であり、謙虚であり、生き方を知る。

============

名言、珍言。


「生きとし生けるもの、いづれか歌を詠まざりける」

古今集 仮名序

[訳] この世に生を受けているものすべて、
どれが歌を詠まなかったか、いや詠まないものはなかった。


勝手な解釈
生きていると、自分は、知る。
出来ることも、出来無いことも、自分の人生。
語るも、話すも、自分の体験が影響。
生きているから、何か、出来ることも、出来無いことも、
問題は、先のことでも、今までのことは、語られる。
反省するも、成功するも、語られることは、生き様。


悪いことしても、いうも、言われるも、残る。
記録の残るも、残らないのも、生き様は、記憶されるものだ。
馬鹿であり、馬鹿であると、死んでいくか、
貧しいものが、富を得て、死んでいくか。
自己犠牲で、一族、食わすか。
生き様は、問われる。
それは、和歌ではないが、残る行為だろう。
生き様。

東日本大震災で、酷いことすると、永遠に、その一族は、語られる。
熊本の地震も、どんなことで、語られるか。
支援するといって、募金活動するのは、貧しい人。
金があるならば、金出す。
人様が、寄付を願いは、僧侶が、多額の寄付のできない、労動で、
寄付する人である。

支援の言葉もいいが、金出さないで、他人の金で、寄付を願う。
酷い寄付は、銀行の振り込み手数料も寄付の人がする、寄付、そんなのあるのか、
銀行は、振り込みの手数料で、儲けて、寄付も何が、義援金の口座だ。

よくよく、考えると、寄付は、産業なのかもしれない。
銀行は、口座の振り込み手数料。
高額、人が多くなれば、手数料の利益は、復興もない。
これが猫糞商売だ。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-20 03:48 | 名言、珍言
名言、珍言。
名言、珍言。

「社会人としての義務

われわれお互いが、みずから進んで常識を豊かにしてゆくとか、
仕事の力をさらに高めてゆくということは、
もちろん自分自身のためではありますが、
それは同時に、社会に対する一つの義務でもあると思います。
たとえば、われわれの社会で、すべての人が一段ずつ進歩したとするならば、
社会全体も一段向上します。
ところが他の人がみな三段進歩したのに自分は一段も進歩しなければ、
社会全体の平均の段数は三段上がらないことになります。
自分ひとりのために全体の水準の向上が犠牲になるわけです。
われわれは、このような社会人としての義務をしっかり認識し、
日々努めなければならないと思います。 」


松下幸之助の一日一話

勝手な解釈
考えは、進化する。
先、見る、停滞するものは、消えていく。
必要のない組織は、消える。
消えないと、負債、不運。
進化するのは、
大切な、不運の解消すること。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-19 08:32 | 名言、珍言

人生は、自然だ。

名言、珍言。

「日が昇るから目を覚ます
目を覚ますから腹が減る
腹が減るから狩りをする
狩りをするから飯食える

飯食えるから金いらない
金いらないから働かない
働かないから時間がある
時間があるから遊んでいる
遊んでいるから不満がない
不満がないから喧嘩がない
喧嘩がないから気分がいい
気分がいいから眠くなる
眠くなるから日が沈む
日が沈んだら後知らない
だからアフリカは平和です
だから僕らはブッシュマン」

ブッシュマンの詩

勝手な解釈
人生は、自然である。
自然の生き方で、生きる。
目が覚めたら、何をする。
働く前に、食べる。
だから、昨日は、何を残した。

明日は、苦悩の日か、
楽しい日か、今日しだい。
昨日しだい。
死んだら、終わりだが、子孫がいれば、
託すことだ。
============

名言、珍言。

「女が衣服を身に着けるのは、それを脱ぐためである。」


ジョージ・ムーア

勝手な解釈
勘違いするのは、着るのにこだわるのは、見せかけであり、
現実は、脱ぐために、着るものがある。
体は、問題なのだ。

人は、人生は、逆の発想を考えることだ。
着るのにこだわると、体型が酷いと、評価も落ちる。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-04-17 14:15 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2