四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

自分の

名言、珍言。

「自分に正直に生きるということは
最も望ましい生き方である」

 フロイト

勝手な解釈
腐敗、不正は、正直でなく、些細な誤魔化し、妬み。
人は、自分の不遇を人に転化して、いい方にする。
現実は、自分の不正で破滅すること、知るのは、
大きな失敗、死刑になるまで、解らないこと。
人を殺せば、亡霊が出る。
いいことすれば、忘れていることも、知らないで、
いい人に出会う。
人は、自分の所業で、人生が決まる。

===============

名言、珍言。


「人間は負けたら終わりなのではない。
辞めたら終わりなのだ。


リチャード・ニクソン

勝手な解釈
生きていれば、なんてか、食える。
なんとか、這い上がる。
辞めるは、死ではなく、反省して、転職して、
改善すること。
生きているは、経験の中に、過ちくり返さない。
生きていることが奇跡では、先は、飲んだ暮れと、飲酒で、
肝臓がんで死ぬ、それも、五十代で、消えるのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-30 03:54 | 名言、珍言

未練残すな

名言、珍言。

「もはや愛してくれない人を愛するのは辛いことだ。
けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっと不愉快だ。」

ジョルジュ・クールトリーヌ

勝手な解釈
片思いも、問題だが、現実、どこまで、貫くか、
犯罪になるかもしれない。
偏った行為。
いい方に変わると、諦め、新しく、試みる、人を選ぶ、経験。
難しいことでなく、だめならば、次に行くことかもしれない。
未練残すな。

==============

名言、珍言。

「噛みつけない手には接吻しておいて、
後で骨が折れるのを祈れ。」


<アラブ>


勝手な解釈
人は、表と、裏がある。
忍耐するのは、苦悩とは、敗北して、奴隷のように、支配されるとき、
始めて、自分の過ちと、自分の行動の失敗がわかる、もう遅い。
苦悩の中で、地獄の中で、生残るは、
内面の悪魔のように、策持たないと、将来は、変わらないものだ。
組織で、個人で生残るも、屈した後に、死か、奴隷か、覚悟する行動。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-29 04:18

空腹を知る、断食しると

名言、珍言。

「飢えては食を択ばず
(うえてはしょくをえらばず)」

 飢えている人は食べ物をえり好みをしないものだ。


勝手な解釈
美味い物を食うなというのでなく、断食して、しる。
美味さ。どんな食べて物も、空腹だと、美味い。

人は、空腹しらないと、断食しらないと、最後は、
点滴で、生活して、死での旅。
空腹することが、人生かもしれない。
美味い料理は、決まって、塩も、油もある。
最後は、美味いとは、何か、勘違いしていく、
空腹と、断食しると、私欲に、何か、味ではない。
高額な食材ではない事知る。
パン、ご飯は、一番の美味さしる。
==============

名言、珍言。


「人間は負けたら終わりなのではない。
辞めたら終わりなのだ。


リチャード・ニクソン

勝手な解釈
できることする。
できないことするからやめる。
継続も、続くも、何かの要因の先。
同じこと、繰り返して、失敗するのは、
同じことするから。
できることは、日日変化する、
辞めるとは、何一つ諦めか、目標に到達か。
それでも、先がある。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-28 03:56 | 名言、珍言

三、8

名言、珍言。

「物も言いようで角が立つ
(ものもいいようでかどがたつ) 」

 同じことでも言い方一つで、相手の感情を害して不快にさせることがある。
口のきき方には十分に注意せよということ。


勝手な解釈
人により言葉、言い方も、姿、態度で、
違う。
それは、天分。
人は、言葉で、人の評価というが、自分の姿、形が、言葉がすべて、
人生を決める。

===================
名言、珍言。


「桃栗三年柿八年
(ももくりさんねんかきはちねん) 」

 桃と栗は芽を出してから三年、柿は八年で実を結ぶということ。
結果を急ぐことを戒めるたとえとして使うことが多い。


勝手な解釈
時間がかかる。
価値は、時間がかかる。
怠慢も、時間がかかると自滅。
8年で、できないのは、無理なこと。
三年で、何かできないと、できないものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-27 07:37

そうかも。

違和感がある。
ソニーも、問題だろうに、CMも、かえるも。
何か、疑問。


「ソニー損保の新CMが25日から全国で放映を開始した。これまで、同CMのイメージキャラクターを務めてきたのは女優の瀧本美織(23)だったが、新シリーズでは新人女優の唐田えりか(からた・えりか/18)が、新鮮な魅力を振りまいている。

 現役女子高生らしく、ブレザーの制服を着た唐田が黒板の前に立って、自動車保険の見直しを促す「授業参観」篇と、ショートパンツから長い脚を伸ばして街中を全力疾走しながら自動車保険を宣伝する「早く知らせたい篇」からなる最新CM。今作がCM登場となる彼女の初々しい姿に、「この子誰?」と早くも気になった視聴者も多いことだろう。

 千葉県にある有名観光スポット・マザー牧場で、アルバイトしていたところをスカウトされた唐田。まだまだ知名度は低いものの、前クールに放送された本田翼(23)主演の"月9"ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)にもゲスト出演。本田の高校生時代の同級生で、学校のマドンナ的な存在だった女子高生役を演じ、透明感あふれるルックスを披露した。

 同ドラマのプロデューサーは、唐田について「これからの時代を担う新しいスター候補」「人の心を掴む何かを持たれている方」と絶賛。来春、高校を卒業する予定の唐田は、その後芸能活動を本格化させると目されており、ソニー損保のCMはその足掛かりとなりそうだ。

 その一方で、CMから降ろされた瀧本にはファンから心配の声が上がっている。

 新CMの放映開始日に発表された瀧本の降板劇。唐突にも思える事態に、ファンからは「あのCM好きだったのに」「美織ちゃんの笑顔と歌声に癒されていたから残念」「テレビで見る機会が少ないから、CMが楽しみだったのに...」といった声が寄せられることとなった。だが、こうした状況はある程度予測できたという。

「今年6月に瀧本さんは、ジャニーズのアイドルグループ・Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん(28)との熱愛が報じられました。清廉さがウリの瀧本さんがジャニーズとの熱愛が発覚したことで、多少なりともイメージが変わってしまった。広告を出す企業としても、よりフレッシュな魅力にあふれた唐田さんのほうがふさわしいと考えたのでしょう。

 そもそも、2009年からソニー損保のCMに起用された瀧本さんも、当時はほぼ無名の新人でした。企業が新鮮なイメージを打ち出すために、新人を起用することはよくありますから、今回の入れ替えも妥当な判断だったのでは。…まあ、このところの瀧本さんといえば、『アナザースカイ』(日本テレビ系)のアシスタントMCが主な仕事で、ドラマなどへはゲスト出演ばかり。露出が減っていることは否めませんから、ファンはそうした現状に心配を寄せているのでしょう」(芸能ライター)

 ソニー損保のCMに起用され、世間的にも知られるようになった瀧本は、2010年の朝の連続テレビ小説『てっぱん』(NHK)のヒロインに抜擢され、一気に知名度を上げた。だが、その後さまざまな作品に出演するも、大きく飛躍することはできず。最近ではガールズバンド・LAGOON(ラグーン)のボーカルとしても活動しているが、一部のメディアには「迷走気味」と手厳しいコメントを添えて伝えるところもある。

 11月24日にスタートする連続ドラマ『わたしをみつけて』(NHK/全4回)で主演を務める瀧本。久しぶりとなる主演ドラマで存在感を発揮してくれることを期待したい。」




新人もいいが、売れる、売れないは、解らないが。
NHKの朝ドラから、売れてきた、女優、やめるのは、
いろいろな週刊誌のネタが原因かもしれない。

勿体無いのは、どちらか、女優が、企業か。
清潔さは、あるかもしれない。


ソニーは、失敗かもしれない。
違和感は、続くかもしれない。
CMで、売り上げが、変わるも、NHKの効果だった事、知らない。
今年は、朝ドラの女優の損害保険会社は、知名度が、上がるだろう。

ソニーは、ただの保険会社以下になるかもしれない。
赤字の企業は、損保で、儲けないと。
知らないのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-27 04:23 | 四事の瓦版

機会

名言、珍言。

「大きな成果を出す人は、
問題点に集中しているのではなく、
機会に集中している。」


                   
スティーブン・コヴィー

勝手な解釈
問題は、いろいろある。
人生には、難題がある。
問題は、成功する者は、
苦悩、苦悩と、思っていると、苦悩しか、解らない。
問題は、好機である。
チャンスだと、考え、事をすると、成功の道は、開ける。
いい方に考えることから、
機会は、好機、チャンスの始まりである。
================

名言、珍言。

「売りは迅速、買いは悠然」

相場格言

下落相場のスピードは早く短く、上昇相場は長いとされるのが一般的。

そのため、売りの場合はグズグズしていると、
仕掛けの機会を逃してしまいます。
一方、上げは下げより期間が長いとされているため、
チャンスを見極めてから仕掛けても遅くはありません。

勝手な解釈
売りは、早く、買いは、ゆっくり見る。
時期は、間違えるのは、買いも、売りも、
時間が問われる。
人生も、買いの時期は、よくよく、考える、職選び、結婚。
売りは、失敗と、思うと改善する。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-26 07:20 | 名言、珍言

できることを見る

名言、珍言。

『「できること」が増えるより、
「楽しめること」が増えるのがいい人生』

 斎藤茂太


勝手な解釈
出来る、出来ないではない、人生は、才能があるからいいのではない。
自分のできる事をそれを楽しむ。
無能でも馬鹿でも、楽しむから、より、先を見る。
明日は、楽しむ事ができると、思うから、馬鹿も、不安にならないで、
生きているものだ。
明日今日の出来事で、何か、楽しめるきっかけがでること、
見ること。

================

名言、珍言。

「物言う花(ものいうはな) 」

 言葉を話す花、つまり美人のこと。これに対し、草木の花を「物言わぬ花」と言う。


勝手な解釈
美人は、いるだけで、いい。
人の評価は、内容というが、外見と、そして、言葉で、評価。
外見は、美人ても、性格、内容が、酷いと、
誰も寄り付かない。
人は、外見でないというが、最初で、知る人の姿、そして、
言うことばで、怖さ。
悪女は、決まって、綺麗にみせ、取り込み、食う殺す、
イソギンチャクのように。

昆虫を食う植物は、綺麗と、いいにおいがするものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-25 05:07 | 名言、珍言

名言、珍言。

「私自身の一部分は恐怖と困惑ともって死をながめ、
他の一部分はまず好奇心から、
とりわけ美と愛が充実して現われるのをみたいとの渇望から、
死を望んでいる。」

G.ティボン

勝手な解釈
面白い事だ、人生、生きてる、死ぬで、本人は、彼の世に行くだけ、
生きているから知る、死んだら彼の世。
なにしても、死ぬ。馬鹿でも死ぬ、賢い人でも死ぬ。
知らないのは、死ぬこと、忘れるから、失敗。
生き様は、大切であり、死に場所が、人には、最後は、ある。
問題は、どこまで、行くかである。

死ぬは、あるのだ。彼の世に行くのは、時間の問題か、自分の軽率な行動で、
決まる。
いよいよ、先みて、考えるしかない。死後の後、自分の墓は、あるのかと、問われる。


===========

名言、珍言。

「濡れ手で粟(ぬれてであわ) 」

 何の苦労もしないで利益を得ること。
水に濡れた手で粟(あわ)をつかめば、
たくさんの粟粒がそのままついてくることから言う。



勝手な解釈
手も、濡れているか、乾いているで、得るのが違う。
問題は、自分の手、行動が、富を得るが損するか。
何もしないでいると、何一つ、得られない、損もない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-24 04:31 | 名言、珍言

名言、珍言。

「永遠に消えないもの

高野山にはたくさんの墓があります。
その中で一段と目立つ立派な墓は、おおむね大名の墓だそうですが、
その大名の墓も、今日では無縁仏になっているものもあるということです。
昔は相当の一家眷族を養い、
しかも明治になってさらに華族として財産も
保護されるという状態が長く続いたにもかかわらず、
そういう変化があったということを考えてみますと、
人間のはかなさというものを身にしみて感じます。
やはり世の中というものは形ではない。いくら地位があり財産があっても、
それはいつまでも続くものではない。
結局、永遠に消えないものはその人の心であり、
思想であり、この世で果たした業績である、そう思うのです。 」


松下幸之助の一日一話


勝手な解釈
墓でわかる、人生の最後、一族の継承。
偉い人、極悪非道の人も、墓があれば、それ見て、考えるのは、後後の人々。
儚いひとか、残るのは、何か。
彼の世に行って、解るのは、本人、
残された者たちは、どうするか、生き様の参考書が墓だろう。


===============

名言、珍言。

「働き一両、考え五両」

相場格言

 真面目に働くことは商売の基本だが、
効率の悪い仕事をただ一生懸命続けても稼ぎはよくならない。
大きく儲かる方法を考えることの価値は大きいということ。

勝手な解釈
無駄に働く、浪費すると、何一つ残らない。
老後の姿は、一つの参考書。
投資とは、老後のために、するのかもしれない。
目先で、損するが、先に、得るものが大きい。
遊んで浪費すると、何一つの残らない。
働けといいたいが、働くなくても、考えて、考えて、
生き抜くは、晩年たもしれない。
そのために、働くこと。
基礎は、得たものは、何を使うか、投資は。
投資もなく、働いたのを浪費していと、最後は、野垂れ死に。
春、夏は、来る、幸運の秋の収穫、冬がくるまで、何なんとか、生活の投資。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-23 04:40 | 名言、珍言

虎に

名言、珍言。

「用行捨蔵(ようこうしゃぞう) 」

 出処進退の態度が立派で巧みなたとえ。
自分が用いられるなら理想を追及して行動し、
捨てられるのなら、一時理想をしまいこんでチャンスを待つという態度。


勝手な解釈
忍耐と、理想、想像。
現実は、人質、奴隷でも、生きていると、チャンスがある。
信念があれば、成功。
日本には、成功者がいる。
歴史でみると、源頼朝、徳川家康だろう。
処分される寸前の人間が、生き延びるで、
這い上がると、軽率な失敗しない。

忍耐の勉強は、人生を決めるのかれしない。
悪魔に魂、うると、怠慢と、人搾取して、利出して、最後は、
破滅の道、この世も地獄もあるよも、地獄。
=================

名言、珍言。


「羊質虎皮(ようしつこひ) 」

 羊が虎の皮をかぶる。
外見は立派だが、実質が伴っていないことにたとえる。

勝手な解釈
見せ掛けの能力は、バメレ。
地位が上がれば、無能がばれる。
そのために、虎の勉強、弱いものは、学ばないと、生きれない。
知恵は、無能から始まり、食うために、何をすれば、虎のように、食える知ること。
一時でも、怠慢だと、虎の真似で、虎に殺される。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-09-21 03:20 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2