四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

考えると、

アメリカは、よくないのかもしれない。
ドル高は、経済を悪くするのかもしれない。
考えると、日本は、酷い、20年だったのかもしれない。
10年か。



「米商務省が29日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、年率換算で前期比0.7%減となり、速報値の0.2%増から下方修正された。当初の推計より貿易赤字が大きく、企業在庫が少なかったことが主な引き下げ要因だった。市場予想は0.8%減だった。

第1・四半期は異常な大雪やドル高が経済活動の足かせとなった。

市場は第2・四半期のGDPを約2%増と予想しており、今年上半期の成長率は2011年以来の低い水準にとどまる見込みだ。

ただエコノミストは、軟調な数字を額面通り受け止めない方が良いと指摘する。第1・四半期は一時的な要因で経済活動が落ち込んでおり、季節変動を調整する計算方法にもゆがみがあると主張している。

支出面に着目したGDPがマイナスに沈んだのに対し、所得面から経済活動を把握する国内総所得(GDI)は1.4%増となった。

第1・四半期は、西海岸の港湾労働争議やドル高の影響で貿易赤字が拡大。速報値では貿易赤字がGDPを1.25ポイント引き下げたと試算されていたが、改定値では1.90ポイントとなった。

企業在庫高は速報値の1103億ドルから950億ドルへ下方修正され、GDPへの寄与度は0.74%ポイントから0.33%ポイントへ改定された。

第1・四半期は、原油安でシュルンベルジェ やハリバートン(HAL.N: 株価, 企業情報, レポート)など石油関連企業が設備投資の削減を強いられ、エネルギー業界の企業投資は急減した。そのほか、エコノミストは、例年にない厳しい冬の気候が、GDP伸び率を少なくとも1%ポイント引き下げたと試算している。 」




いろいろ、政策しないと、
大変だろうな。

ドルのかえるのか、一番の庶民。


「異常な大雪」は、理由がないか、つけた話かもしれない。
例年、雪はふる、金がないから、買わないか、市場が、悪い。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-30 03:58 | 四事の瓦版

不安

地震の前兆現象なのか。千葉県富津市沖の東京湾でここ数日、野生のシャチの群れが目撃されている。関係者が「これまで聞いたことがない」と口をそろえる珍現象だ。最も凶暴な海の生き物としても知られるシャチは、なぜ突然現れたのか。専門家は「過去にも大地震が起きる前に海中で生物の異常現象が起きている」と
前兆かもしれない。
見に行きたいものだ。


「指摘するだけに見過ごせない。

 「シャチを含む鯨類は相模湾の沖にはかなりの数が生息しており、コククジラやセミイルカは時折、東京湾までやってくることがある。ただ、シャチは前代未聞だ。エサを追いかけて入ってきてしまったのだろうか」

 横浜・八景島シーパラダイスで20年以上にわたり獣医を務める大津大(だい)氏は驚いたようにそう話す。

 最初に確認されたのは25日午前10時ごろ。第三管区海上保安本部の巡視艇が、千葉県富津市の金谷(かなや)港西方約6キロの海上で数匹のシャチの群れを見つけた。海上保安本部の担当者によれば「乗組員もこうした光景を見るのは初めて」だという。

 翌26日の午前11時ごろにも、ほぼ同じ海域で釣り船の乗務員から「シャチが3~4頭泳いでいる」と通報があり、27日午後には、フジテレビの取材スタッフが5頭ほどの群れを確認した。

 周辺は大型タンカーや漁船などの航路になっており、衝突すれば大惨事になる。海上保安本部は船舶に注意を呼びかけているが、金谷港の関係者は「26日にはシャチのニュースを見た若い女性が2人、港まで様子を見に来ていた」と、その余波を口にする。」


注意して、船の運航も、大変かもしれない。
事故ないこと祈りたい。
そして、地震、津波が、どうか、不安だ。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-29 04:25 | 四事の瓦版

素直、出る

名言、珍言。

「幸福を感じるのには童心とか、無心とか、
素直さとか言うものが必要である」

 武者小路実篤

勝手な解釈
素直、考えすぎない。
素直に、生きるのは、難しい。
悪行を考えると行動にでる。
善行考えると、行動にでる。
生きているは、謙虚に判断して、
行動する。
些細なことで破滅するのは、素直でなく、策謀。

素直は、出る。
人生に、出会いに、出る。
災難も、不運も、素直に考え、生きるしかない。
==============

名言、珍言。

「売買は五分高下にてならすべし、
乗も同じく五分高下なり」

相場格言

 売買ともに新たに商いを仕掛ける時、あるいは買い乗せ、
売り乗せする時には5%の上下動をメドにして売買しろという教え。


勝手な解釈
儲けすぎるな、ほどほどの欲。
それ知らないと、破滅する。
欲望は、果てしないが、どこで、失敗するかでなく、
自尊心、謙虚に利をとること。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-29 03:48 | 名言、珍言
名言、珍言。

「一徹張りは貧乏神」
 
相場格言

相場は行きもの、変化するのが当り前。
柔軟な心を持ち、
接しなければ勝ち目はない。
万年強気や万年弱気は考えものだ。

勝手な解釈
偏った投資、市場しらないで、昔の思考で行くと、
破滅する。
時代は、変化して、適用。

日経平均が、2万になるのは、夢が、現実。
あの酷い、9000円は、酷い政治だと、思う。
あの東日本大震災の政治の酷さ、
知るは、時期。
何をして、食い、生きるか、経済は、死活問題と、
転職である。
どんなに、いい会社でも、時代にあわないと、倒産。
馬鹿な経営者だと、破産、赤字。
それを容認する、株主、社員は、共倒れ。
行けだすも、投資の変更も、普通の生き残る道。

=================

名言、珍言。

「「挑戦した結果の失敗なら構わない」というのが柿安の伝統です。」

赤塚 保正 柿安本店社長

勝手な解釈
馬鹿は、同じことの失敗、くり返す。
成功者は、失敗から、新しい道を見つける。
問われるのは、失敗ではなく、行動である。
責任は、自分。
構わないと、思うのは、経営者であり、投資家は、撤退する。
銀行は、資金を出すより、取り立てる。
失敗は、倒産と心得るのが普通。
何もしないでいるも、倒産。
人材選ぶも、倒産。

現実は、詰め将棋の一手で、死ぬか、別の展開で生き延びるも、一手。
利益出さない、経営者は、排除は、普通である。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-28 02:52 | 名言、珍言

怠慢で生きるなる

名言、珍言。

「青年時代は知恵をみがく時であり、老年はそれを実践する時である。」

ルソー『孤独な散歩者の夢想』


勝手な解釈
時期は、馬鹿でも、賢くなのは、晩年。
晩年、馬鹿になるは、若いとき、遊んでいたこと。
老人は、賢くなるか、馬鹿になるか、すべては、
今の経験の成果。
生きているは、考えて働くねできることしないと、
一生怠慢で、処分される。

=============

名言、珍言。

「寛大はすべての欠点を隠す。」

<アラブ>

勝手な解釈
生きているは、忍耐は、寛大になること。
地位、失い、奴隷になるものは、決まって、
忍耐が必要。
人質の扱いに人生の始まりの人物は、奮起して、
将軍、皇帝になると、怖い人物になる。
徳川家康、秦の始皇帝、前漢の武帝は、恐ろしい配下は、思っていたことだ。
下を知ると、人物が見える。
貧しきものは、幸いというが、忍耐が大切。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-27 03:19 | 名言、珍言

投資は、金がいる。

名言、珍言。

「えびで鯛をつる」



《意味》
少しのお金や努力で、大きな値打ちのあるものを手に入れること。


勝手な解釈
生きているのは、投資、生活費がいる。
何かするも、自腹で、金がいる。
生きているには、何かするも、金がいる。
大きな利は、大きな投資。
小さな利は、小さな投資。
生きているとは、何かに投資、支援しないと、何一つの報われない。
報いがあるのは、不良な投資、怠慢な生活と投資。

鯛で、海老は、釣れないが、鯛は、使える投資かもしれない。
==============

名言、珍言。

「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。」

                        ダーウィン

勝手な解釈
悪い環境でも生きるから、生き延びる。
楽したとこに、生きるが、最後は、破滅。
生き様は、経過。
どんな環境でも、生きる知恵は、経験と、思考と、
最後は、這い上がる信念。
成功者の破滅は、決まって、怠慢から。

うなき売れない夏に、売れる広告したものが、
人を自分の金とった思い、他人を殺して、
処刑される。
生活は、環境に慣れすぎて、怠慢と、偏見。

生きているとは、苦悩の中にして、軽率な苦悩の生活忘れない。

成功しても、自分の生活を忘れるな。
環境に適用する努力。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-26 04:33 | 名言、珍言

名言、珍言。

「人間性について絶望してはいけません。
なぜなら、私たちは人間なのですから。」


                    
 アインシュタイン

勝手な解釈
絶望すると、死。
生きていると、先があると信じる。
生きていることは、先先。
==================

名言、珍言。

「住めば都(すめばみやこ)」


《意味》
どんなに不便なところでも、
住んでみれば良いところだと思うようになること。

勝手な解釈
どんな場所で、生きている場所が、変化して、
よくもなる、悪くもある。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-25 04:12 | 名言、珍言

消える。

名言、珍言。

「あまりうちとけ過ぎる人間は尊敬を失いますし、
気やすい人間はばかにされますし、
むやみに熱意を見せる人間はいい食いものにされます。」

バルザック『谷間のゆり』


勝手な解釈
軽率は、必要なのかもしれない。
知られることは、それが、続くと、バカにされる。
日々、尊敬は、難しいが、一時の見方で、変わる。
馬鹿は、バカで、消えるものだ。
==========

名言、珍言。

「芸は身を助く」


《意味》
身についた技術や芸があれば、
生活に困ったときそれが助けてくれるということ。


勝手な解釈
何事も、才能、訓練すると、何か、役に立つ。
どんな事でも、得る才能は、何かの生きた糧になる。
生きるとは、才能の発揮と、応用かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-22 06:33 | 名言、珍言

警戒

名言、珍言。

「ある事を真剣に3時間考えて、
自分の結論が正しいと思ったら、
3年かかって考えてみたところでその結論は変わらないだろう。」

F.ローズヴェルト

勝手な解釈
人は、考えるは、三かもしれない。
三年、三ヶ月、三時間。
よくよく、考える、時間は、長く考えるも、時期は、
考えるは、行動の結果も、三年は、わかる。

東日本大震災のあの時の酷いのは、
いまだ、三年過ぎても、4年でも、
後悔しているのは、庶民。
やっと、普通にもならない。
悪政は、一度の失敗は、中々、回復させられない。
原発の初動の失敗が、すべて。
津波の警戒の軽率な行動が、いまだ、失敗の後悔。
===============


名言、珍言。

「骨折り損の草臥れ儲け
(ほねおりぞんのくたびれもうけ) 」

 苦労しても何の効果も上がらず、ただ疲労だけが残ったということ。
くたびれたことが儲けだと揶揄(やゆ)して、「骨折り損」を強めて言う。


勝手な解釈
策謀は、欲望になると、損するもとだ。
無欲で、するから、後悔も、成功になる糧になる。
投資も、労働も欲で、生きると、堂々巡りで、
破滅するものだ。
儀がないと、大儀がないと、問われるのは、
目先、富でなく、生き様が、問われる。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-21 04:13 | 名言、珍言
名言、珍言。

「一言で国を滅ぼす言葉は「どうにかなろう」の一言なり。
幕府が滅亡したるはこの一言なり。」


                小栗 上野介 江戸時代末期の幕臣


勝手な解釈
組織は、一人では、破滅。
ワンマンの経営者の没落は、今日でもある。
組織とは、会社とは、派閥とは、無能でも、中にいれば、生きれるのではなく、
中で、這い上がる、利用したものが、生き残るのでもない、
才覚のある、人材が、管理しないと、淘汰させないと、幕末のように、なるものだ。
なぜ、江戸時代の初めのように、人材を投与して、必要ないのは、排除しなかった。

大老、老中の悪行が、国を滅ぼしたことになる。

桜田門外は、一つ、軽視の淘汰かもしれない。
賢い、老中がいたら、いまだ、江戸時代の組織だった。


賄賂も、儀礼も、必要な世の中、
普通なのは、力もないのが、賄賂貰い、私服を肥すが、国は、滅びる。
公共投資で、儲けた、商人は、いろいろ、寄付したものだ。
ただで、橋の改築した。
江戸時代の貧しい、長屋の住いの人に税金は、取らなかった。
所得がない人に、仕事与えた。
老後も、仕事して、生活していた、年金で、遊んでいる今とは、違う。
国から、貰い、五輪で、勝つも、いいが、働く、仕事して、
生活するのが、本来の人の道。

年金制度は、ないのに、老人は、働き、支援者が出る。
老人の仕事と、若い人の区分けがあったものだ。

公務員は、本当は、株の制度して、株買ったら、その配当で、給料出す、
同心の制度が理想かもしれない。

口入れ屋が、自由であるから、いい。
国で、ハローハークするから、酷い人材しか、出来ないものだ。

人材と、働かないから破滅。


==================

名言、珍言。

「魚は殿様に焼かせよ
(さかなはとのさまにやかせよ) 」

 魚は殿様のようにおっとりした性質の人に焼かせるのがよい。
魚はとろ火で、頻繁にひっくり返さずにじっくり焼くと旨く焼き上がることから言う。
一方、餅はせかせかと裏返しにして焼くと旨く焼けるとして、
「餅は乞食に焼かせよ」と続けて言う。


勝手な解釈
人は、才能など、解らないが、
環境で、変わっていく。
知らないことしる、見ているだけで、変わっていく。
親、親類など、その様相で、子供は、育つ、そして、地域で育つ。
貧しきものは、苦労しているが、軽率なことで、破滅。
金持ちの人は、成功した経験、維持していること、知るのは、
何か大切なしる。
知らないと、三代目で、破滅。

人材の育て方は、人生を決めるかもしれない。、
一族は、廃墟になるかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-05-20 02:22 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2