四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大義名分が


名言、珍言。

「歴史を読むのは楽しい、歴史を作るのは更に楽しい」


始皇帝?

勝手な解釈
歴史は、読み、知る。
学ぶ、中に、自分で、試みる。
知らないで、学びもしないで、夢も、語るな。
現実は、何したかは、夢ではなく、
何を学び、作り出すか。
人生は、作り出すのが、人生。


====================
名言、珍言。

「西洋にも東洋にも欠けているものを、我々は補いたい」

始皇帝?


勝手な解釈
人は、応用と、補したい。
出来るのは、無からではなく、学んだ中、
応用と、足りないものを作り出す。
無から有は、難しいが、応用と、足りないのは、補足できる。


======================
名言、珍言。

「我々が、加わりたいのは、唯一、平和の陣営だ。
そして、この陣営には、多くの国が加わるべきだ」

始皇帝?

勝手な解釈
勘違いするか、しないかではなく、
自分の信念は、得るのは、富ではなく、大義名分。
なぜ、平和が必要か知るから、戦うに得る。
統一した意味は、自己の問題ではなく、平和。

考え方は、自己の欲では、人は、動かない。
大義名分と、損失を覚悟の行動。
敗北すれば、処分。


自分の欲は、考えない大義名分。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-30 04:21 | 名言、珍言

先がある

名言、珍言。


「私は、消費者の選択がきびしくなればなるほど、
私の商売はますます発展すると信じている。
なぜなら私は品質向上に最大の努力を払い、
それを成し遂げたのだから。現代の商品は、品質の勝負だ。」


              (竹鶴 政孝 ニッカウヰスキーの創業者)

勝手な解釈
最善、尽くしているから最高のものが、できる。
日々、新しい進化は、最善の行為。
怠慢、これでいいと、思うと、それまで。
先に先に、打開策が、出す。
苦悩、成功も、先がある。
================

名言、珍言。

「内典外典(ないてんげてん) 」

 仏教の書とそれ以外の書。また、国内の書物と外国の書物のこと。

勝手な解釈
区分けが必要かもしれない。
自分と、他。
いや、必要なものと、他。
其の区分けが、人生を左右するかもしれない。
風俗、俗世と、自分。
世の中と、自分。
まだ、自分の価値は、問われる。
経典ではないが、何を主か。
他は、何か。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-29 03:49 | 名言、珍言

自分で、する

名言、珍言。

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」

 井上靖


勝手な解釈
何もしないで、恵んでもらうも、待っているも、
自滅していく。
何かして、得る。
労働して、得る。何しないで、愚痴ばかりいうのは、
最後は、犯罪者の道。
人の金、利用して、富も、最後は、自分の金でないが、
怠慢になる。
自立とは、自分出稼ぎ、税金払い、暮す。
消費税は、税金ではない、買いたい人が払い。
経済がいいと税収が入るが、
買わない、売らないと、税金は、ない。
それは、間違いの税金。



本当は、自分で稼いで払う。
労働、商売すれば、税金が問われるものだ。
普通である。
いつから、税金、食い物にする公務員が増えたものだろうか。
ハローワークは、税金使うのでなく、払うものだ。
JT、JRのように。

公務員が、会社組織になる、税金、払うと、
国は、税収が、使い方が変わる。
==============

名言、珍言。

「人の行く裏に道あり花の山」

「人の行く裏に道あり花の山」は、
相場の世界で最も有名な格言。
お花見で人が大勢いるところを避けて裏道を行くと、
花がたくさん咲いている場所に出られたという例え話が由来。


勝手な解釈
人は、同じこと考えるが、違ったこと、考えると、
別の世界に変わる。
道も、裏もあれば、わき道もある。
本道路が、いいと、思い込むとそれしか知らない。

百円シッョプみたいなものだ。
価値が、高いと、勘違いしていと、百円の価値だった。
液晶テレビ、携帯電話、スマホも、同じこと。
高いと、勘違いして、電話、使えば、料金が、払ってもらえば、
機種など、二束三文である。
日々の毎月、利があれば、それは、継続の利益が、永遠にでる。
型が、大量に照れば、安くなる。
売れると、安くなるのが、現実である。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-28 03:17 | 名言、珍言

ときは

名言、珍言。

「あわてる乞食はもらいが少な」



《意味》
うろたえて騒ぐことは、かえって失敗のもとになり逆効果になるということ。


勝手な解釈
人生も、職も、結婚も、言えるかもしれない。
目先と、いいと思うと、最後は、損で、人生。
浪人、浮浪者から、始まると、上がるか、死か。
富から始まると、没落が、維持。
人生は、差し引き、死んだとき、無縁仏が、墓に入れるか。
死んでも、墓があり、いまだ、屋敷も、墓の存在するのは、
人望と、人気。
考えると、人の価値は、死んでからあるかないか。
目先も、富で、判断すると、破滅。

子供がない、夫婦は、養子を得ること。
赤毛のアンではないか、子供育成が、墓が残ることかもしれない。
犯罪者にさせない、作らない、作ると、一族の破滅である。


===============

名言、珍言。

「時はその使い方如何によって金にも鉛にもなる。」
                               
プレヴォ


『マノン・レスコー』で名高いアンドレ・プレヴォの言葉。
生き生きと活気に満ちて使われた時間は、
金のように美しくきらめく。
だらだらと無目的に使われた時間は、
鉛のように重く灰色によどんでいる。

(1697~1763 フランスの小説家)

勝手な解釈
才能、無能も、使い方で、使えるものだ。
どんなに、酷い人間でも、使い方で、使える。
それども、酷いは、よほど酷い。

生きている時間が、価値がある。
しないも、価値か、するの価値か。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-27 03:41 | 名言、珍言

怖いことだ。

怖い、日光も、いろいろ、あるのか。



「栃木県の日光東照宮で、白い粉が20カ所以上にまかれているのが見つかりました。付近の防犯カメラには不審な男の姿が映っていました。

 日光東照宮によりますと、25日午後3時すぎ、職員が敷地内に白い粉がまかれているのを見つけました。粉に臭いはなく、参道や境内など20カ所以上にまかれていました。
 日光東照宮・大野房亮さん:「神様のお庭ということで、迷惑行為、絶対にやってほしくない」
 複数の防犯カメラに正午すぎ、不審な動きをする帽子をかぶった男が映っていたということです。警察は、粉の成分を調べるとともに、全国の神社などで相次ぐ油のような液体がまかれる事件との関連を調べています。」



白い粉は、なんだろう。

神社仏閣は、観光地は、いろいろ、怖いかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-26 18:34 | 四事の瓦版

人は、最後は、憩う

名言、珍言。

「憩う、とはただのんべんだらりと時を過ごすことではない。
余分なものをそぎおとして、素になるときこそが、憩いであろう」

杉浦日向子(『憩う言葉』本文より)

勝手な解釈
憩うは、時間、場所ではなく、旅でもない。
どこかにいったからではない。
空間の中に、漂う自分の居場所。
生きているのは、一休みしている時期が、あるものだ。
憩いのある時期、時。
人は、最後は、憩い、憩う。

===========

名言、珍言。

「神が病と治癒とをつくった。」

<アラブ>

勝手な解釈
人は、いいときも、わるいときも、ある。
不運と、思うのか、幸運と思うのか。
与えられた使命は、逃げられないのが、人の運命。
何をしていたかで、また、災難が、ぶり返す。
生き様が、問われる。
一つの食、職で、人生の破滅になるか、いろいろ、苦悩の結果、幸運になるか。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-25 04:38 | 名言、珍言

処分

名言、珍言。

「 真剣にやると、知恵が出る。
中途半端にやると、愚痴が出る。
いい加減にやると、言い訳しか出てこない。」


           第20代商青連会長  大脇 唯眞

勝手な解釈
何しないでいると、寄生虫。
誰かが、金をくれるか、横取りするのは、決まって、
怠慢な人。
勤勉で、努力していると、何かが得る。
成功も、失敗も、本当は、真剣に、今日の飯、食うために、
昨日、稼いだか。
一ヶ月前、どんな仕事して、成果だしたか。
賃金が安いというならば、高い賃金にするため、いい、職を探すか、
自分で、真剣に、仕事すると、努力すること。
契約社員から契約会社つくり、大きな会社を乗っ取る。
出来ないのか、不思議。
一万の契約社員がいたら、会社が出来るものだ。
不思議である。
契約社員で、生活できないというのは、
真剣に、契約社員の会社を作ると、
永遠に、職が、得られる。
===============

名言、珍言。

「段々上がる時はここにて売りならしすべしと売り込む故、
自然金高成嵩み、後々は売り返しも買い返しも自由にならず、
大事に及ぶなり。」

本間宗久 相場三昧伝

勝手な解釈
時期は、今かもしれない。
日経平均は、2万になったとき、株価は、高い。
高いが売ると、もう、買えない。
物、経済とは、上がったら、売るが、もう、買えない。
下がると、買えるが、価値が消える。

生きているも、結婚も、価値がある、ないか、のかもしれない。
価値のある人は、価値が消える。
処分して、価値があるかと、後悔。

駄目男、駄目女と、結婚すると、いいのか、悪いのか。
ソクラテスではないが、悪妻がいたから、仕事しかない。

人は、見切る、処分、買い戻す時期があるのかもしれない。
リサイクルの時期がある。
処分と、価値が、消える時期を知らないでいると。
老いて、美人は、ありえない。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-23 04:37 | 名言、珍言

どちらか、

名言、珍言。


「この世で一番大切な事は、
自分が「どこ」にいるかという事ではなく、
「どの方向」に向かっているか、ということである。」


                
O・W・ホームズ (米・詩人、小説家)


勝手な解釈
生き金、死に金と、同じ。
人生は、浪費の人生である。
浪費して、何一つなく、無煙仏で消えるか。
何か、残すか。
人生は、生涯賃金は、1億があるという。
稼いで、使うも、貯めてで、残すも、投資して、賭博で失敗するも、
人生は、浪費。
損失がでると、犯罪に走るか、貧困で、苦労するか。
問われるのは、何をしていたかであり、
なにをしたかは、彼の世に行ったら、解る。
地獄か、極楽か、火葬場で、焼かれてと、初めてしる死、亡霊。
極楽の方向か、地獄の方向か。

==============

名言、珍言。

「酒に飲まれる」


《意味》
お酒を飲みすぎて酔いつぶれること 。


勝手な解釈
生き様には、必ず、苦悩と、試練、愚痴がある。
酒で、気分を変えるか、忘れるか。
酒とは、残ごくなものだ、飲みすぎると、破滅。
明日は、地獄の苦しみ。
飲まないと、何一つ、解らない。
人生とは、人間関係に例えると、
酒は、いい酒は、美味いが、後が、災難。
酷い酒は、飲みすぎること泣く、食べて物に、付随する。
人は、酒の選び方と、同じ、いいものばかりが、いい酒ではない。


人は、職も、結婚も、酒の選び方と、先の使い道かもしれない。
軽率に美人、美男子と、結婚すると、いいこという、男・女と、結婚すると、
酔いつぶれて、財産がなく、無煙仏にこの世を終わるかもしれない。

芸能人の結婚、離婚は、いい酒の違いと、酷い酒だと、二日酔いにならないで、
名優になるものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-22 02:53 | 名言、珍言

這い上がる

名言、珍言。

「神が貧しい人を幸福にしようと思ったら、
彼のロバを行方不明にして、
それからまた見つけ出すようにしてやればいいのだ。」


アラブの格言<トルコ>

勝手な解釈
災難、不運は、本当は、勉強、自立である。
生きているのは、奇跡と、思うか、当然と、思うかで、
後々、何か失い、始めて、しる。
経験とは、苦悩の経験の始まり。

怠慢な生活していると、突然、収入がないで、浪人。
浪人で、何を得て、食をえる。
同じことしかない、職は、いずれは、代わりのものがでる。
処分の時期。
年功序列は、残酷な、処分の仕方。
どんなに、才能があるも、年齢で、処分。
才能とは、見出すとは、自分で、ロバのような、ものを作り出す、飼育することだろう。
それが、消えると、また、作り出す。
生物の原点は、這い上がる一族が残る。
楽な職を選ぶと、処分が早い。

===============

名言、珍言。

「相場は明日もある」
 
相場格言

株価がだんだん値上がりしているのを目の当たりにすると「この銘柄を買えば儲かる」と思ってしまいます。
そして「今すぐ買わなきゃいけない」と買い急いでしまいます。

「株価上昇=利益を上げやすい」とはかぎりません。
ここで深呼吸を、少し間を開けることで相場の過熱気味に気づいたりすることもあります。
もし途上の大局上昇トレンドだとすれば、このあとに何度も押し目を入れながら上昇していくものなので、買うタイミングをしっかり見極めていきましょう。

飛びつき買いはケガのもとです。


勝手な解釈
生きていれば、明日は、あるものだ。
身体に影響しても、生きていれば、明日は、なんとかある。
いやも死んでも、何かの役に立つのは、人の明日かもしれない。
犯罪者みて、処刑されて、どうみるか、
明日は、わが身か、あんな犯罪は、しないと、戒めか。
明日は、どんな生き方、死に方になるか。
生きていれば、明日はある。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-21 05:03 | 名言、珍言

何か違う。

 漫才は、衰退も、成功も、
本人たちの努力というが、脚本家が、問題。
書く人が、ないと、漫才ができない。
組織が大切と思うのは、関西の漫才見ていると、感心するのは、
作り手と、演じるものが、違う。



「お笑いコンビ・ナイツが19日、東京・下北沢の北沢タウンホールで行われたお笑いフェス『下北沢大興行』内のライブ『芸人遺産』に出演。2007年に史上最年少で漫才協会の理事にも就任するなど、浅草での活躍が目立つナイツだが、加入当初は「漫才協会が嫌で嫌で」「地獄だと思った」と当時の心境と苦悩を振り返った。

Wコロンが解散 それぞれがピン芸人へ

 2003年に漫才協団(現・漫才協会)の漫才新人大賞を受賞。加入は所属事務所の社長(当時)の意向で進められたといい、土屋伸之は「浅草は知らない人ばかりだし、地獄だと思った」と回顧。高齢者の多い寄席と、若手芸人が出演するライブでは客層が異なることから、舞台に合わせて漫才のテンポを変えるうちに「漫才がわからなくなっちゃった」と当時の心境を振り返った。

 当時は塙宣之の兄・はなわがブレイクしていた時期でもあり、塙は「先輩から兄を使えとアドバイスされてますます迷った」と苦悩するが、散々悩んだのちに「逆に、浅草はナイツだねって言われるくらい、とことん浅草に染まろうって思った」と話す。

 その後は多いときで年600本の舞台に出演するなど場数を踏み、2011年には『THE MANZAI』で準優勝。順風満帆かと思いきや、2012年から賞レースに参加をしなくなったことから時間縛りのない漫才作りを行うようになり、塙は「わけわかんない漫才ばっかりになっちゃって、どうやって作ればいいかわからない」と再び苦悩の時期を迎えていると苦笑。ライブでは2014年に作ったという漫才を披露したが会場の反応は薄く、共演した芸人たちからは「事故現場」「楽しそうじゃない」など心配する声が上がっていた。」


どんなに、いいのネタでも、古いネタで、売れるのは、
限度。

作るものの育成が、必要だと思う。
結局、アニメではないか、原作、超えて、生き残るのは、演じるのではなく、
サザエさんではないか、脚本家である。
ドラマの酷い視聴率も、脚本家と、演技のする俳優の失敗。
脚本がいいと、どんな、人間でも、面白いものだ。

不思議なのは、どうして、演じ方を増やすことはかないのか、
裏方、脚本の会社、大切、業界の維持。
面白い話、書く、演出するのは、脚本家。

その日の新聞の記事で、面白い、創作のできる、脚本家が、出てこないと、
それは、終わるのは、業界である。

ネタづくりが、大切な生き延びる道。
脚本家の育て方。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-04-20 04:41 | 四事の瓦版

暇な時の言葉


by 2nnn2