四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

恥じ知らず

名言、珍言。

「恥知らずに唾を吐きかけてやると、そいつは「雨が降っている」という。」



<レバノン>


勝手な解釈
難しいかもしれない、人は、恥知らずに、批判するか、
何もしないで、見ているか。
問われるのは、災難は、自ら起きることではなく、
天が下すのかもしれない。
義理、人情、無視するのは、其のときは、いいが、最後は、
天が判断することかもしれない。

野垂れ死にになるのは、恥じ知らず者だろう。


===============

名言、珍言。

「馬革に屍を裹む
(ばかくにしかばねをつつむ) 」

 戦場で討ち死にすること。
中国では昔、戦死した者の死体を馬の皮に包んで送り返したことから。


勝手な解釈
生きるのは、勝ってだが、最期は、始末は、必要。
最期の始末には、何かいるのか。
それは、死んだ人は、勝手に死んでいるが、現実は、
始末は、大変ことだ。
儀礼、儀式、葬式、葬儀の必要なもの、問われるのは、
最期の火葬場まで、その後の墓に入るまで、
続く、大変なこと。
死は、自分で、死ぬも、後の始末が、大変。
義理、人情、恩、親族には、影響がある。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-08 04:03 | 名言、珍言

自分の考えで

名言、珍言。

「幸福は行為である」

 アリストテレス


勝手な解釈
勘違いすると、待つことが、幸福。
不幸は、待つことか、行動するかから、不幸か。
人は、生きている時点で、動いている、だから、行為がでる。
難しいのは、行為は、間違えると、淘汰される。
生きているのは、行動に責任取るのが、幸福の道。

バカでも、賢くても、行動で、変わっていく。
一つの汚点も、成功も、行動、自分の考えで、行動。

================

名言、珍言。

「盗人が盗人に盗まれる(ぬすびとがぬすびとにぬすまれる) 」


《意味》
上には上があるということ。


勝手な解釈
人は、勘違い、自分の一番と思うと、
先には、上がある。
自然の摂理。
生きているのは、幸運というのが現実。
人の才覚の上、行くのが出てくる。
それが、進化である。
人間は、弱いものは、最期は、犠牲になるが、強いものも、犠牲。

人を殺せば、その上のものが、死刑する。
不思議であるが、現実。
国から金貰っているものが、国が消えれば、廃業。
淘汰とは、安全なことはないと、日日、危機管理である。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-07 03:37 | 名言、珍言

努力かも、平常心は。

名言、珍言。

「平常心を保っていくことができる人は、
上手くいかないことを
「人のせい」にはしません。
「他人が悪いから」でもなく、
「自分が悪いから」でもない
と考えます。

「人のせいにする」のではなく、
もっと現実的に
「上手くいかないのは、
どこに問題があるのか」
ということを考えます。」

(平常心のコツ、植西聰)


勝手な解釈
考えると、人のかかわりで、自分の自滅か、成功か。
つまりは、自分の判断、思考で、人生が変わる。
平常心は、日々の生活で、知る。
同じこと、繰り返すと、習慣になり、それをかえるは、大変こと。
だから、日々の生活に、悪いことしないで、平常心、普通の冷静な生活する。
軽率なことで、自分の死に追いやることが多い。
天変地異、危険な場所に行くも、まず、冷静に見る、それは、
日々の訓練、生活で、すること。

人を助けたいならば、まず、剣道、合気道、空手、学び、そして、
野宿でも、数ヶ月生きる、訓練のできる、兵隊の訓練しないと。
そして、金儲けして、資金、蓄えないと、失敗する。
平常心は、日々の生活で、訓令が必要かもしれない。

戦って、飯、食いたいならば、殺し合いの中に、身を置く、それは、他国軍に入り、行い。
それでも、体力のないのは、無理な話。
タニマチは、本当は、支援者は、苦労して得たものを支援する。
ノーベル賞のように。
国の金で、賞もない。
人を助けるもない。
賞で、売れるように、広告でない。

==============

名言、珍言。

「安物買いの銭失い」


《意味》
安いものを買って得したように思えても、
品が悪く何度も買いかえることになり、結局損をしてしまうこと 。


勝手な解釈
価値が変わるから、二束三文。
二束三文でも、価値は、昔のものと、勘違いすると、使えないで、
損失。

経営も人生も、昔の価値ばかり、考える。
ものの価値、金の価値、これは、経済の原点。
日々、同じ値段で、売れるのは、ありえないものだ。
価値の感覚が、投資と、停滞の失敗になる。
倒産する企業は、勘違いの大量投資、偏った投資。
安いから投資は、自滅していく。
たが、安いのは、別の価値で、売れる。
それが、古着屋の商売、リサイクルの商売、他の分野の経済。
ものは、最期は、使えないと、排気処分である。
其の中に、貴重な鉱物があるものだ。
人も、物も、安い値段になるとき、初めて、無能としる。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-06 03:39 | 名言、珍言

最後は

名言、珍言。

「ケチな金持ちは、果実のつかない木。」


<アラブ>


勝手な解釈
投資とは、金がいるから、生活は、貧しい。
見栄もない。
原点は、ケチというのではなく、現実は、
投資している、金持ちになる、種も出てくる。
生き方は、猫糞、ケチは、使い道を知らないと、
恨みと、妬みと、最後は、処分される。

==============
名言、珍言。

「無理が通れば道理引っ込む
( むりがとおればどうりひっこむ ) 


【意味】 無理が通れば道理引っ込むとは、
道理に反することがまかり通る世の中なら、
道理にかなった正義は行われなくなるということ。


勝手な解釈
正しいのは、自分勝手だと、正しいと、なるが、
現実は、力が消えると、殺されるものだ。
生き様とは、正しい道していると、生かされる。
見せしめと、見世物は、決まって、
自分勝手な行動の結果。
悪魔とは、そんな人間を地獄の導くのかもしれない。
いい思いさせて、殺していく。

豚が、太らせて、殺す。
いい思いをしたものは、祟られるから、その怖さで、
支援することを知る。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-05 06:15 | 名言、珍言

食えない

名言、珍言。

「ネズミの正義より猫の暴政の方がましだ。」


<レバノン>


勝手な解釈
食えるか、食えないかで、判断するのが庶民。
いくら、いろいろなこと、言っても、食わさせないのは、それは、氾濫。

世の中は、才覚は、経済力。
知らないのは、天から金が、降ってくるというものには、
プライドしかない。
人を楽しませるのは、食わせることだ。
それが、暴君か、名君か、庶民は、食えない制度は、
氾濫が起きる。


経済知らない者は、破滅するものだ。
仕事は、いろいろ経験して、苦渋を舐めて、初めて、
出来上がる、暴君の下でも、生きれる。
豊臣秀吉は、立派、転職男である。
経済を知っていた。
織田信長より。
徳川家康より、豊臣の埋蔵金は、凄かった。


==============

名言、珍言。

「人に食べ物をやるときは、
満足するまでやれ。
殴るときは、徹底的に殴れ。」


<レバノン>

勝手な解釈
物事は、メリハリというのかもしれない。
よいと褒め、悪いと貶す。
問題は、質なのかもしれない。
恐いから従うのと、評されると、身を犠牲にする。
人は、単純なことかもしれない。
親から褒められる、怒られる。
それを怒るしかない親は、体罰で、子供が成長すると、逆に、親を殺しする。
人は、自らの行為で、最期は、自滅。

派閥も、夜盗も、長は、貧しいものだ。
自分の利益しかないのは、最期は、仲間に殺される。

イスラムの国も、内部の戦いの戦国時代にするのが、戦いかもしれない。
党派閥ではないか、一つの毒で、大量に死亡するような、
欲と、囁きで、廃滅。
豊臣秀吉のように、経済を利用して、下がないのは、織田信長のように、処刑。
シリアの地域を貿易の指し止めが、物価を上げ、なびく、長、見方にてれ、最期は、
兆本にも殺害して、平和して、徳川家康のように、外様の断絶策。
出来ることだろう。
経済を知っているものならば。
油より、食べ物のが、大切なのだ。
トルコが、出来そうな戦略である。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-04 04:05 | 名言、珍言

見ているだけで、知る

名言、珍言。

「考えることを知らない奴は、生きることも知らない。」

<アラブ>

勝手な解釈
知るも、知らないも、頭を使え。
労働も、食うために、どこで、住んで暮らすかも、
頭使えば、生きる道が開ける。

バカは、賢い者に、付くことだ。
そうすると、生き延びる。
組織は、バカでも、賢い者が、入れば、淘汰され、
別の世界が広がる。
一つの例が、山之内一豊かもしれない。
豊臣秀吉についていくだけで、城持ちになり、
秀吉が死んだら、家康に、付く、国替えと、試練。
それでも、戦の経験と、生き残る。

才能は、ないも、生きる道は、考えたものが、生きる残る。
人生は、いつも、テスト、試練かもしれない。
それを乗り越えないと、生き残れない。

==============
名言、珍言。

「挙一明三(こいちみょうさん) 」



 「一」を挙げて示せば、ただちに「三」を理解すること。非常に賢くて理解の早いたとえ。


勝手な解釈
環境かもしれない。
恐い生活の中に、自分は、何をできるか、出来ないと、殺される。
蜜蜂、蟻ではないか、働かないのは、排除。
女王でも、新しい生まれだ、女王と、戦い、殺し合い。
生きているのは、見ているたげで、知る、学ばないと、生きれない。

人を見て、会話して、言葉でしる。
無知か、バカか、賢いか、自分を制御できないものか。
人は、出会いだというが、勘違いしているのは、見方を間違える。

平和ボケしている、日本では、記者、外交官も、怠慢なのかもしれない。
いずれ、日本に戻るとか一時の左遷。
現実は、地域しり、それが、知りないでいると、同じように、腐敗も、悪魔も知らないで、
騙され、命を奪われる。
見ることで、知る、バカか、悪魔か、知る。

遺体を知らない、殺されることを知らないから、軽率なことする。
火葬場、葬儀屋、寺の近くに、住んでいるものは、日々の生死する。
人の人生は、火葬場で、知ることかもしれない。
人生の機微は、火葬場で、焼かれる時間に、誰か、考えるか。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-03 03:47 | 名言、珍言

何で食べているか

名言、珍言。

「神が貧しい人を幸福にしようと思ったら、
彼のロバを行方不明にして、
それからまた見つけ出すようにしてやればいいのだ。」


<トルコ>


勝手な解釈
苦悩を知らないものは、怠慢、堕落。
自分の生活は、問われるのは、
何で、飯を食べているか。
それしらないと、怠慢、天から金が降ってくると思うのが多いと、
それは、崩壊。

経験は、何か、怠慢、覚えると、それは、晩年は、
年金で、生活できると、怠慢に仕事しない。
もともと、自立とは、自分で、稼ぐ努力。
投資も、運用、仕事も、晩年も、若いときも、
関係ない。
何で、食べてる、食べられるか、知ることだ。
遊牧民ではないが、食えないならば、場所、移動して、
仕事える。


================

名言、珍言。

「知的な聾唖者は口のきけるバカよりまし。」

<レバノン>

勝手な解釈
賢いものは、身体に関係なく、使えるものだ。
馬鹿は、本当に使えない。
どんなにいいこと、言っても、馬鹿は、使えない。

人材と、何か、馬鹿の集団は、殺し合いで、淘汰される。
知恵者は、生き残るには、知恵を使う。

戦とは、戦いとは、戦略と、知恵の使い方で、末端に影響する。
馬鹿、採用すれば、破滅するのが、企業である。
学習の記憶は、いいが、応用は、できない。
無駄知識ばから、得て、金にならない。最後は、
国の金、当てにする生活になる。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-02 03:21 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2