四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

思い、気合

名言、珍言。

「発見を妨げる最大の障害は、
無知ではなく、知っていると錯覚することである。」


  ダニエル・J・ブアスティン


勝手な解釈
勘違いで、失敗する。
知恵があるから、策謀する。
無知は、知らないで、崩壊。
考えすぎた、知恵者は、崩壊。
まずは、体験して、知る、そして、何か考える。
================

名言、珍言。

「百病は皆気より生ず。病とは気病む也。
故に養生の道は気を調うるにあり。」
                               

貝原益軒


すべての病気が「気」から起こる。

病は気からであり、養生の方法は気を調整することであると説く。
「気」は生命、精神、心の動きで、自然の「気」にも通じる。
心身の健康と長寿を保つための養生法を説いた『養生訓』の一節。

(1630~1714 江戸時代の儒者)


勝手な解釈
気である。自分の問題、生命の原点は、自立する予防。
治癒力がないと、人は、死ぬ。
すべては、生きるのは、大変ではなく、
気が、大切である。
どんな場所、不運でも、気が、どうかである。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-31 04:30 | 名言、珍言

面白い

面白い、赤字でも、給料は出る。出す。
配当がなくても、給料は出す。 
社員は、首か、配置転換。
株主も、大変だ、怒るだろうな。



「東京商工リサーチの調べによると、単体決算で2014年3月期決算が最終赤字ながら1億円以上の役員報酬を支払った企業は10社。このうち、対象役員が複数人に上ったのは、日本板硝子(4人)、ソニー(2人)、東京エレクトロン(2人)の3社となっている。ちなみに、1人の企業はレンゴー、ホシデン、ユニデン、タカタ、日本通信、アドバンテスト、栄電子の7社となっている。
 また、株主配当なしの無配にもかかわらず1億円以上の役員報酬を支払った企業は日本板硝子、日本通信、栄電子、シャクリー・グローバル・グループ、オリンパスの5社。赤字かつ無配の日本板硝子は4人に1億円以上の役員報酬を支払ったが、日本人役員2人は昨年の株主総会で取締役を退任しており、積み立てられていた退職慰労金の分だった。
●日本板硝子、グローバル企業への転換頓挫で赤字、無配
 日本板硝子による英ガラス大手ピルキントンの買収は、海外企業買収の失敗例として取り上げられることが多い。同社は06年6月に6160億円を投じ、年商規模で2倍のピルキントンを買収した。「小が大を呑む」と産業界を驚かせた。日本板硝子の当時の海外売り上げ比率は20%程度だったが、この買収で売り上げ、従業員数ともに80%が海外というグローバル企業に大変身した。

 買収の立役者は藤本勝司社長(当時)だ。藤本氏は2人の外国人社長を招いたが、相次いで辞任し、経営が混乱した。日本板硝子は買収後、経営を全面的にピルキントン側の外国人に託す戦略を採り、「日本人(の役員)には外国人をコントロールできる人材がいない」として経営を丸投げした。加えて、実権の線引きが十分ではなかったため、日本板硝子側とピルキントン側の衝突が起こり、ピルキントン側から就任していた社長が早々に退任するという事態に発展した。

 日本板硝子はピルキントン買収で買収額の約8割を転換社債など外部資金で賄ったが、転換社債の償還期限が迫ってきても資金がなかった。昨年3月、メインバンクの三井住友銀行が主導する銀行団から協調融資を受けて、ようやく資金ショートの危機を乗り切った。結局、銀行から協調融資を受ける代わりに、ピルキントン買収を主導した藤本氏は昨年3月31日に会長を辞任し、同年6月の株主総会で取締役を退任した。

 ちなみに藤本氏はピルキントンとの買収交渉を進めている最中の05年11月、結露防止のエコガラス「真空ガラススペーシア」のイメージキャラクターに、娘でタレントの千秋を起用したが、東証1部上場企業トップとしては異例の振る舞いに対し、批判が上がった。
その藤本氏は昨年度、1億1100万円の役員報酬を得ていたが、日本板硝子は「07年6月の役員退職慰労金制度廃止までの期間に積み立てられた退職慰労金の支払い」と説明している。
 グローバル企業への転換につまずき、赤字、無配が続く日本板硝子の株主総会が6月27日に開催されたが、吉川恵治社長の取締役選任への賛成票割合は85.69%と低かった。

【赤字・無配企業の高額役員報酬ランキング】
※以下、社名、役員名、報酬額(前年同期報酬額。「――」は開示なし)。なお、▲印は赤字かつ無配の企業

ソニー、平井一夫、3億5900万円(2億100万円)
シャクリー・グローバル・グループ、ロジャー・パーネット、3億4600万円(1億3300万円)
▲栄電子、染谷英雄、2億7000万円(――)
タカタ、高田重久、2億600万円(2億1200万円)
ソニー、ニコール・セリグマン、1億9400万円(1億4400万円)
▲日本通信、三田聖二、1億8100万円(1億5100万円)
▲日本板硝子、マーク・ライオンズ、1億6100万円(――)
▲日本板硝子、阿部友昭、1億4200万円(――)
ユニデン、藤本秀朗、1億3100万円(――)
東京エレクトロン、佐藤潔、1億2700万円(1億600万円)
東京エレクトロン、東哲郎、1億1900万円(1億700万円)
▲日本板硝子、クレメンス・ミラー、1億1400万円(――)
▲日本板硝子、藤本勝司、1億1100万円(――)
ホシデン、古橋健士、1億1000万円(1億700万円)
オリンパス、笹宏行、1億1000万円(――)
レンゴー、大坪清、1億700万円(1億1600万円)
アドバンテスト、丸山利雄、1億円(1億600万円)

※東京商工リサーチ調べのデータ(7月10日時点)に基づく。」


面白い、いろいろ、効果は、広告、俳優・女優で、変わる。

面白いのは、赤字と、株主、会社員は、いいものだ。
問題は、赤字は、社員の配置転換と、処分が、必要、最後は、経営者の交代。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-30 07:30 | 四事の瓦版

今までの所業の成果

日刊ゲンダイは、いい。
正しい見方と、普通な思考。



「NHKの記者らが理研の小保方晴子氏(31)に全治2週間のケガを負わせ、図らずも放送前から世間の注目を集めた「NHKスペシャル」。取材対象者に対して強引な追跡取材をした揚げ句、負傷させてしまうという由々しき事態を引き起こしたが、負傷事故からわずか4日後の27日夜、NHKはNスペの放送に踏み切った。「少し前まで次週放送予定の知床のヒグマの生態に迫った番組を放送する予定だった」(関係者)ところ、放送日を繰り上げたのはテレビ局として話題性を重視した結果であろう。

 番組HPの告知では「史上空前と言われる論文の捏造」「執筆者の小保方晴子研究ユニットリーダーは徹底抗戦」といった文言を並べ、最終的に「調査報告 STAP細胞 不正の深層」と強気かつ過激なタイトルを打った。小保方氏には謝罪済みで事故当日のVTRは流さないとしながらも、ハナから不正と決めつけてかかった番組だ。

 その中身はSTAP騒動を巡るこれまでの報道を丁寧に総括。そこに今回Nスペが独自に取材をした上で明らかになった「新要素3点」を組み入れた構成だった。その要素とは――小保方氏のSTAP論文で理研の調査委員会が不正画像と認定したのは2つとの指摘だったが、Nスペが依頼した有識者らによると全140の画像のうち7割で疑義が生じたり不自然であったこと。その論文を掲載したネイチャー誌編集長がカメラの前で取材に応じたこと。そして、小保方研究室の冷蔵庫から発見された「ES細胞」を作製した元留学生の存在を突き止め、本人に電話取材したことだ。

「私が直接(小保方氏に)渡したものではない」と話す元留学生の言葉のあと、「私たちは小保方氏にこうした疑問に対し答えて欲しい」というナレーションは、結果的に“暴走取材”に至った言い訳にもとれたが……。上智大教授の碓井広義氏(メディア論)が言う。

「調査報告と題し、番組最後のクレジットもプロデューサーほか制作者個人の名前も記さなかったことからも、あくまで報道番組として手がけたであろう制作陣の意図を感じます。ただし『不正の深層』と加えることで、NHKの旗幟を鮮明にした。笹井芳樹教授の存在にフォーカスした視点で展開することで、当初は複数の科学誌から掲載を却下されていた論文の変貌を視聴者が理解しやすいようにもなっていた。負傷事故はあるまじき失態ですが、速力のある番組がつくれるのは国内ではNHKをおいて他にはない。取材を蓄積し続報を期待したい」」


怪我させたのは、何か、問題だが、解らない。
結局、だんだん、経過が立てば、解るのかもしれない。
臨床実験、実験の成果である。

問われるのは、今までの、所業の成果である。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-30 07:23 | 四事の瓦版

面白い記事だ

面白い記事。
アサヒ芸能は。


「大ヒットドラマの続編に異変発生である。キムタクの横には松たか子がいるはずだったのに。本人たちの心身をヘロヘロにさせる男女スキャンダルの数々には圧倒されるばかり。個性的なバーテンダーならずとも「あるよ」とつい興奮してしまいそう‥‥。

 7月14日に放送された、木村拓哉(41)の主演ドラマ「HERO」(フジテレビ系)の初回が26.5%という高視聴率でスタートした。01年に第1作が公開された、破天荒な検事が活躍する大ヒットドラマの続編である。当時、最終回では36.8%という驚異の視聴率を記録。07年に公開された映画版でも興行収入81億円という好成績を残している。ファンが待ちに待ったシリーズが復活したのだから、話題を呼ぶのも当然だろう。

 とはいえ、好調なスタートとは裏腹に、今作に違和感を覚えるファンも多いはず。というのも、シリーズを通じてヒロインを務めてきた、松たか子(37)が出演していないのである。

「続編を制作するにあたって、キムタクサイドの意向も松の出演が第一条件だったんです。当初は4月スタートで企画されていたのですが、スケジュールが合わせられないということで松が断った。そのため7月へと時期をズラして再びオファーしたのですが、表向きはやはりスケジュールを理由にして蹴ったといいます。それなら続編はお蔵入りとなってもよさそうなものですが、視聴率低迷で何とか大ヒットシリーズを放送したいフジテレビのゴリ押しもあって、7月スタートでまとまった。松に断られたキムタクサイドは、06年に放送された特別編でも登場した、お気に入りの綾瀬はるか(29)を希望したのですが、こちらも断られた。結局、“代打の代打”でヒロインは北川景子(27)になりました」(広告代理店関係者)

 それにしても気になるのが「表向きはスケジュールが合わないことを理由にした」という表現である。ある意味では、スケジュールについては表向きどころか、松の本音も見え隠れしているというのだ。

「キムタクの共演者は彼のスケジュールに合わせなければいけないため、振り回されるんですよ。撮影期間中、別の仕事を入れようにもキムタクのスケジュールが優先されてしまう。松は続編の出演オファーに『なんで、あっちのスケジュールに合わせなきゃいけないの!?』と吐き捨てていたそうですよ」(芸能プロマネジャー)

 本人が理不尽な要求をしているのではなく、あくまで周囲が天下のキムタクに気を遣うあまり、共演者らとの折り合いが悪くなる状況が生まれてきたというのだが、前出・芸能プロマネジャーはこう続ける
「台本の手直しが多いですね。出来上がった初稿段階で変更される時はまだいいですが、撮影が進んでも、キムタクより目立ちすぎる共演者が出てくると、『なんで、この子のほうが目立ってるのよ』と台本を変更して撮り直させたことまであった。今回、松さんに限らず、阿部寛さん(50)や大塚寧々さん(46)など、前作出演者の多くが姿を消したのもそのためでしょう。一方で、キムタクも10年公開の『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)以来、主演ドラマの平均視聴率は20%を切っており、あまり共演者らに要求できる立場ではなくなったといいますが、それはすなわちキムタクと共演するメリットもなくなったということなのです」

 特に自分で主演を張れる俳優、女優にしてみれば、引き立て役にうまみを感じないのだろう。まして松は女優として人一倍プライドが高いことで有名だ。

「キムタクが出演するドラマにW主演はなく、主演はあくまでキムタク1人ですからね。今や主演女優として映画各賞を受賞している松には“ナンバーワン女優”という自負があります。『小さなおうち』(松竹)で共演し、銀熊賞を受賞した黒木華(24)や、『アナと雪の女王』(ウォルト・ディズニー・スタジオ)の吹き替え版で共演した神田沙也加(27)とも一緒に並ぶことを嫌がったほどです。また、松はヘビースモーカーでも有名ですが、現在、キムタクは禁煙中で、彼の前でタバコを吸うのはNGになっている。スケジュールや行動をことごとく制限されることに、トップ女優は耐えられないでしょう。途中の回でゲスト出演というオファーもあったようですが、それも断っています」」



バカげている。
庶民のことなど、ないのか。
ヒーローは、面白い、後世に残る作品。
軽率な自分本位で、出る、出ない。
馬鹿なこと。


今に、話題にならない、俳優、歌手になる。
老いても、作品がのこれば、資産、遺産。

勿体ないことだ。


「男はつらいよ」見習え、死んでもの残る。
酷いのは、作った監督は、主役が死んだ後、後世にのこる作品は、
「男はつらいよ」しかない。
出ている俳優、女優も、永遠残る。


俳優、女優は、作品ではないか、記事の内容が正しいと、
今に、仕事も減れ、誰も、支援もない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-30 07:09 | 四事の瓦版

自分のことは

名言、珍言。

「愚問愚答 (ぐもんぐとう) 」

●意味:くだらない問答のこと。


勝手な解釈
勝手な議論も、無意味こと。
集団的自衛権も、くだらない議論。
自己防衛は、自分でする。
誰も助けない。
自分の近くに、敵が着たら、他国に頼むか。
戦う前に、奴隷にになるのか、
日本民族は、なぜ、生き残ったか、
くだらない議論をしているより、実行である。

遣唐使で、学んだことは、進化していく、日本。
モンゴル帝国のフビライの恐ろしい戦いに、神風のお陰で、植民地されなかった。
原点は、防衛である。

自分のことは、自分でするしか、民族は、生きれない。
一族は、生きれない。
できないと、放浪の民になる。

==============
名言、珍言。


「人生は一箱のマッチに似ている。
重大に扱うのはばかばかしい。
 重大に扱わなければ危険である。」
                              

芥川龍之介


人生は平凡で、ごくありふれたものだ。

貴重品のように扱うのは愚かであるが粗末に扱うと取り返しのつかぬことにな
る、ということ。

芥川独特の機知による人生観である。(警句集『侏儒の言葉』より)

(1892〜1927 大正時代の小説家)


勝手な解釈
生き方も、考え方も、才能も、マツチ箱のマッチ。
今は、使い捨てガスライターかもしれない。
使わないと、消えていく、使うと、問題もある。
問われるは、置いて置くと、消えて、廃棄物。
老後の姿は、カラのライターかもしれない。
残るのは、何か、名誉、自慢でもなく、使い捨てのライターの器の素晴らしさ。
物事は、うまくいかないが、最期は、カラの姿に、何が残るかである。
光るカラのライターは、残るかもしれない。
人から語られる者は、一番のカラのライターかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-30 03:40 | 名言、珍言

人気

名言、珍言。

「門前市を成す
(もんぜんいちをなす) 」

 訪ねてくる人が非常に多いこと。
門の前には人だかりがして、
まるで市がたったような賑にぎわいだの意。


勝手な解釈
人は、人気、評価で、人がくる。
神社も、寺も、何か利がないと、
人は、来ないものだ。
人気とは、不思議。

テレビも、視聴率が悪いのは、視聴率の稼げる俳優がないから。
脚本も、演出も、最後は、主役。
「男はつらいよ」映画見る度、主役が、死ぬと、本当に
売れなくなる。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-28 07:22 | 名言、珍言

知ること、人の暖かさを

名言、珍言。


「悲しみの中からしか見えてこないものがある。
人のやさしさ、温かさ。
涙は悲しい時、悔しい時よりも、
嬉しい時の方が、
いっぱいいっぱい出て来るもののようだ。」
 
 
                     
 (大野 勝彦 詩人・画家)


勝手な解釈
見えないものが見える。
苦悩、災難のとき、人の心が見える。
欲望しかないもの、正しく生きているもの、
自分の不遇の中で、知る。

地獄は、地獄に行く前に、
必ず、死ぬ前に、神は、試練を与えるのかもしれない、
それが、死に対して、教訓と、この世の反省して、消えていく。
残酷なのは、神の天罰で、死ぬのではなく、自分の所業で、不幸が舞い込む。
なぜ、布施、支援するか、それを彼の世にいったとき、苦悩が覚悟するために、
支援、布施ぐらいすることが、彼の世に対しての功徳。


遺体がさらし者、死んでも、墓の場所は、消えるも、
本当は、自業自得。
人に、施したのか、知らないで、死ぬと、墓も、
廃墟になる。

=================

名言、珍言。

「チームへの愛情を育てれば、チームは強くなる。」
 
 
           (野村 克也 元プロ野球選手・監督・野球解説者)

勝手な解釈
失敗は、何か、温情がない。
人材が育たないのは、指導者の愛がない、将来の人材の見分け方が、知らない。
処分も、人のためにする。
自分の利で、処分すると、最期は、反感かって、最期は、反逆で殺される。
人は、人生は、人材の育成と、師を得る人生かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-27 03:38 | 名言、珍言

何かしてないと、処分

名言、珍言。

「人生は学校である。
そこでは幸福よりも不幸のほうがよい教師である。」
                              

フリーチェ


人は体験からさまざまなことを学ぶ。

その意味で人生は学校といってよいだろうが、
不幸な目に会ったときにこそ自
分の生き方を深く内省し、
多くの価値あるものを学びとるのである。
(1870~1929 ソ連の文学史家・芸術学者)


勝手な解釈
考えは、日々、生活が、教訓の日々。
学校など、単なる形式であり、生きている中に、
出会い、失敗、成功が、日々、出来事は、人間形成。

怠慢、悪いことするも、最初の甘い余禄、怠慢から。
すべては、今の行為の拡大が、自滅か、成功か。
何かしてないと、最期は、神から、処分さる。

===============

名言、珍言。

「欠点を告白した者は許される。」

アラブの格言<アラブ>

勝手な解釈
早く、反省して、改善すること。
それが、生き残る道。
反省、克服しいなと、最期は、破滅。

どんなことでも、失敗はある。
それを隠さないで、誤る、対処する、それが、遅れると、
最期は、獄問題に上がるものだ。
知らないで、犯罪を行うことは、ない、
必ず、余禄、甘い汁を得ていた。
災難も、些細な判断のミス。

思うは、東日本大震災、船の沈没は、人を信用しないこと、信じすぎるのではなく、
逃げる、チャンスが、あった、それは、日々、反省と、改善していれば、
津波、船の沈没は、逃げないと、死ぬものだ。
あんなに、時間があった。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-25 03:39 | 名言、珍言

見方、尺度

名言、珍言。


「「俺のパンはお前のより大きい」といわれたら「少しくれ」と言えばいい。」


アラブの格言<レバノン>


勝手な解釈
一度は、評価されるも、部下、仲間になると、欲しかないやからかいる。
自分の利しかないもの、それは、他人のものが、欲しがる、
羨む。
人は、自分すてて、ものをやるか、やらないかで、組織の維持ができる。
最期は、欲で、終わっていくのは、欲、与えて、消される。
派閥は、こんなやからの集団である。
だから、身銭を切る。

少しやるが旨いのは、豊臣秀吉だったのかもしれない。
人材の見極めが、出来なった。
人材の見極めは、パンを上げることで、警戒する者は、徳川家康であり、
最期は、豊臣を裏切ったやからは、信用しないで、取り潰す。


見方、尺度が、わかるものだ。


===================

名言、珍言。

「随喜渇仰(ずいきかつごう) 」

●意味:喜んで仏に帰依し、深く信仰すること。


勝手な解釈
生き方は、解らない、不運も幸運も、難しい。
空しさだけが、あるねと、それは、病気か、と思うか。
現実は、もともと、無なのだ。
先祖の墓、居たところに、行ってみると、解るものだ。
生かされていることの意味は、仏、神に、支えられているから、
生かされているものだと、いうこと。
知らないで、先祖、子孫は、どこから、出てきたかしらないで、
余命、病気もない、知るチャンスが、時期であるものだ。
すべては、死ねば、神・仏になることを意味深く知ることだ。

火葬場で、棺おけに入り、燃えるときに、知るのではな、遅すぎる。
自分の生い立ちではなく、子孫の生い立ち知ることだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-24 04:34 | 名言、珍言

最後の

名言、珍言。

「近すぎて見えなかったものも、
遠ざかる時はじめてその形がよくわかる。」


                    
 銀色 夏生 詩人


勝手な解釈
見ているのは、どこか。
人は、視野が狭いと、老人になると、
自分のものに、終着で、人が取ると、勘違い、
それが、痴呆症の根本の最悪の始まり。
老いて、地獄、極楽があるものだ。
すへては、幼いときの、教育と、
視野の広い思考を身に着けるのが人生の教育である。
富は、得ても、捨てていくのか、老後、死での旅である。

人は、死ぬと、仏教ではないか、三途の川の河原で、はぎ取り婆さんがいて、
着ているもの、はぎ取り、自分の罪と、秤にかけるか、?
河原には、地蔵菩薩が、行き来している。
だから、お地蔵さんを敬うことかもしれない。

三途の川まで、49日か、閻魔大王に裁かれる日日か。
この世に未練を残さないのが三途の川の渡しかもしれない。
死んでみないと、誰も知らない。

この世も、あの世も、同じ。
問題は、行くまでが地獄かもしれない。
現実は、葬儀、葬式、罪人の処刑で、反省すること。
薬物、飲酒も、最後は、どんな、骨になるか、火葬場で、知る、人の骨。
綺麗な骨で、人生を終わりたいものだ。

近いものは、葬式、火葬場かもしれない。

==============

名言、珍言。

「人生意気に感ず 功名誰か復た論ぜん」
                               
 魏 徴


人はお互いの潔い気性に感激して仕事をするもので、
名誉や金銭の欲にかられてするのではない。

魏徴は中国唐の太宗に仕えた名臣で、
『随所』その他の正史の編集に関与した。(『述懐』より)

(580~643 中国の政治家)


勝手な解釈
欲、名誉で、何か残る。
最後は、墓に入る。
墓に入っても、誰も、墓参りなど、するものがないのは、
親族の崩壊、友人の消え、何を残したか、
不正ばかりしていると、墓の消え、無縁仏にもなれない。

雑司ヶ谷の墓地、見ていると。
有名な人物の墓がある。
いまだ、花が、絶えないのは、
夏目漱石氏の墓である。

人は、永遠に残る墓は、あるのかもしれない。
他の寺、鼠小僧の墓も、そうである。
でも、義賊は、必要かされる。

考えのは、事して、成果であり、
欲、名誉、金ではない。
使命感、いいことをしないと、無縁仏にも、なれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-07-20 02:46 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2