四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

自分の始末

名言、珍言。

「真剣にやると、知恵が出る。
 中途半端にやると、愚痴が出る。
いい加減にやると、言い訳しか出てこない。」


 第20代商青連会長 大脇 唯眞

勝手な解釈
文句もいい。
適当もいいが、最後は、自分の始末。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-30 08:46 | 名言、珍言

残す

名言、珍言。

「写真家はスリである。」
                               

土門 拳


社会的な問題を扱った『筑豊のこどもたち』や古代世界に思いをはせた
『古寺巡礼』など、幅広く作品を発表してきた写真家、土門拳の言葉。
スリは鋭敏な神経による敏捷な動きで、狙った獲物を逃さない。

写真を撮影するのも、ある意味でスリのような動きが必要だというのである。

(1909~1990 大正・昭和時代の写真家)


勝手な解釈
撮るのは、スリかもしれない。
人の姿、時代の姿。
残すも、必要なことかもしれない。
===========

名言、珍言。

「心地光明(しんちこうめい) 」

●意味:心が清く正しく、広いさま。
本心は徳の光のようで、少しも私心がないさま。


勝手な解釈
心がきれいは、光明、巧妙もあるかもしれない。
災難の回避するのは、心かけかもしれない。
正しいことは、心しだい。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-29 08:46 | 名言、珍言

名言、珍言。

「己に勝つを賢とし、己が心に負けて悩むを愚とす。」


                    
(鈴木 正三 江戸時代の僧侶)


勝手な解釈
人は、人と、争いながら、肝心なことは、
最期は、勝つ、負けるで、人生が変わる。
深刻に、考えることだ、人生の戦い。
最期は、他人事ではないが、人が、どう思うが、
人の評価より、己の生き様と、己に、勝つことだ。
どんなに、不況でも、不運でも、試練の時期でも、
負けるのは、他人のせいにしていると、それは、最期まで、
世の中に、恨み、何一つ変わらない。
自分で、する、そして、反省して、改善して、生き延びる方法を見つける。
何もしないと、食われてしまうのが、この世の中。

===========

名言、珍言。

「尾生の信(びせいのしん) 」

 (1)信義を尽くして約束を守ること。
 (2)馬鹿正直で融通がきかないこと。
 春秋時代、魯ろの尾生びせいという男が橋の下で女と会う約束をした。
大雨で川が増水しても、橋の柱につかまり流れに抗してそのまま待ち続けたが、
ついには溺れ死んだという。
『荘子・盗跖とうせき』『史記・蘇秦伝』『淮南子・説林訓』などに見える故事。


勝手な解釈
生き方は、正しい。
人は、守ることかもしれない。
言ったことは、また、誠実に行う。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-28 04:24 | 名言、珍言

持つ、持たない

名言、珍言。

「持ったが病(もったがやまい)」

 持たなければいいのになまじ持ったがために、
それに関わる面倒なことに悩まされること。


勝手な解釈
資産、結婚も、持つ、すると、それが地獄になるのかもしれない。
税金が上がるたび、税金で苦労。
物価が上がるたび、資産価値があがり、固定資産があがる。
持つだ、地獄。持たない地獄。
金も゜資産もないと、どこに住むもできない。

結婚も、相手とその親族で、苦労する。
災難は、結婚して、殺されが、早く死ぬも、
その一族のものか。
持つとは、大変な覚悟と、努力が、死ぬまで続く。

増税すると、それは、本当は、庶民の収入が減ること。
公務員の首切りがあることたろう。
増税分をとうやって、出すか、結局経費カットして、
増税分を買わないで、売買しないことが、得策。
売買しないのが、増税対策であり、金使わない時代。
普通の経済、経済を勉強した人、生活した人ならば、解る。
官僚、議員は、庶民の生活など、知らないのかもしれない。

庶民が稼ぐから、税収がある。
庶民が、稼ぐのをやめると、誰も、税金は、払わない。
赤字企業で、倒産なく、税金を払わないで、生き残るのは、
不思議でならない。
国の害であり、庶民には、金を稼ぐところではない。
働いたも、赤字の企業は、存在するのが問題である。
持たない、持つ、地獄は、あるものだ。


=============

名言、珍言。

「忍耐は仕事を支えるところの、一種の資本である。」
                             

 バルザック


バルザックの仕事ぶりは、深夜の2時から朝の6時まで、9時から昼の12時まで、
午後1時から6時までというすさまじいもので、これを20年続けた。

そして、その間に『人間喜劇』90編の小説のほかに戯曲や雑文も数多く書い
た。

まさしく、忍耐を資本として書き続けたのである。

(1799~1850 フランスの小説家)

勝手な解釈
耐え忍ぶ、忍耐、必要のは、目的があるのか、何で、苦労したのか、
問われるのは、内容であり、自分の失敗をしる。
日々、寿命は、ある。
だから、生きるには、いろいろな試練、乗り越えないと、
生きれないものだ。
失敗しても、成功しても、その後の災難があること、知ることだ。
その先が、また、何かしるのも、生き様である。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-25 03:42 | 名言、珍言

変化する組織

名言、珍言。

「知識においての真理は直(ただち)に
実践上の真理であり、
実践上の真理は
直に知識においての真理でなければならぬ。」

西田幾多郎『善の研究』


勝手な解釈
馬鹿は、馬鹿なのだ、されど、馬鹿は、生かすには、
馬鹿も、考え、生かされること、考えると、賢くなる。
知識があっても、自慢しても、何になる。
本があって、読まないならば、意味がない。
インターネツトで、新聞読むから、直に、理解する。
紙新聞で、古い記事読むから、世界から馬鹿にされる。
人は、真理は、日々、新しいものの、発見。

変な細胞の実験ノート、少ない、多いとか。
笑いたいのは、実験ノートとか、書いて、記憶する。
いまだ、酷い世界もある。
実験ノートは、映像か、パソコンの中の記憶のものではないか。
何で、実験ノートか、昭和の時代から、だから、発見がない。

応用の応用は、紙の実験ノートか。
人体の手術でも、機械とカメラで、内臓の悪性を敵失。

即席麺ではないか、チキンラーメンから、進化するも、
最後は、最初のチキンラーメンの応用が、カップ麺。
応用は、考えるのは、実験ノートではなく、味見と、思考。

真理は、変化する、組織ではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-24 04:57 | 名言、珍言

場所

名言、珍言。

「 「もし恐ろしいことが起きて、
一人の力ではどうしても止められない事が
わかっていたら君ならどうする?」
『困難だからといって逃げたりはしない。
父がよく言っていた
「地に足を据えしっかり立て、ただし、
立つべき大地は選べ」って。』 」
 
 
                  (映画 リンカーン 秘密の書より)

勝手な解釈
場所を選ぶ。
一番は、どんなことでも、逃げないことだが、
場所、居場所が問題。
いくら、踏ん張っても、酷い組織、場所では、無駄である。
職も、生活も、結婚も、場所、相手である。


================

名言、珍言。

「フットボールは実に単純だ。
シュートをすべて止めればチームが負けることはない。」
 
 
    (ジャンルイジ・ブッフォン イタリアのサッカー選手)
 
 勝手な解釈
守るから勝つ、攻撃しても、守らないと、負ける。
攻撃は、必要だが、自分の守るも、大切。
よくよく、守備がよくよく、見る。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-23 07:10 | 名言、珍言

不思議。

c0094071_7491634.jpg
疑問。
215人も、不明で、毎日、遺体が発見。
87人の遺体。
疑問でならない。
本当に、助けること、しているのか、死を待っているか。
船の引き上げに、待っているのが、クレーンの船が、待機しているのも、おかしいことだ。


「韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、海洋警察などの救助チームは21日午後、客室などから新たに23遺体を収容し、死者は計87人、安否不明者は計215人となった。政府は鄭ホン原首相が安否不明者の家族代表らと協議した上で、大型クレーン船による船体引き揚げ作業方法の検討など事前の準備を始めた。

 救助チームは事故当時に修学旅行の高校生が多数いたとみられる船内の食堂の捜索を試みたが、浮遊物が障害となり食堂のドアを開ける作業が難航した。

 事故6日目の同日は天候が良好で潮、捜索の進展が期待されたが、生存者の情報がなく、家族らは悲しみに包まれた。」



不思議なのは、船が沈没している、その目印に、ブイがつける、これも、おかしい。
沈没した、船に、すべては、ブイか、海底に、エアのドーム、作ればいいのだ。
結局、海底の船の底ではなく、上に、多くのエアを流れように、しないのか。
中にダイハーが入り、また、出てくるのこの時間は、船内には、10分だという話もある。
海底で、作業するには、海の上から、海の中間そして、底と、エアのドームのようなのが、本当だろう。

不思議でならない。

沈むも、見ているだけの、方法も、疑問でならない。
すべては、昔の救助に見える。
沈没した船は、内部に空気しれて、浮かし、引っ張って、浅瀬に、もって行くも、案。
船体が、あるのに、そのまま、沈没さして、何か、救助か。
不思議でならない。
それも、他国の国のこと。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-22 07:47 | 暇つぶし批判

ほっとくこと

韓国・珍島沖の客船セウォル号沈没事故で、海洋警察などは21日、修学旅行中の生徒が多く取り残されたとみられる食堂などへの捜索を試みた。ただ、韓国KBSテレビによると、食堂のドアを開ける作業が難航している模様だ。現場では24時間体制で捜索活動が続いているが、今のところ「奇跡の生還」はなく、死者は87
韓国のこの事故は、ほっとくしかない。
何か、言うと、日本の中古船のせいにする。

すべては、他国のこと。
ニュースも、異常ではないか。
まるで、日本の都道府県で、起きた事故にみえる。

ほっとくことが一番。




「人、行方不明者は215人となっている。
 安否の分からない檀園(ダンウォン)高(京畿道安山<キョンギドアンサン>市)の生徒と一般乗客の家族がこの日、合同代表団を結成。
幹部らが救助活動の続く現場を視察した。今後、この組織が政府などとの折衝にあたる。

 政府は家族から要請があれば、海上で待機する大型クレーンによる引き揚げ作戦に着手できるよう、準備を進めている。

 聯合ニュースは同日、捜査当局が、遺棄致死や水難救護法違反の容疑で、新たに1等航海士2人や機関長ら計4人の身柄を拘束したと報じた。1等航海士の一人は、事故発生時に管制センターと交信していた。

 一方、事故対策の主管官庁である安全行政省の監査官(局長級)が20日夕、行方不明者の家族らの近くで記念撮影をしようとして抗議を受け、
21日に辞職に追い込まれた。青瓦台(大統領府)の報道官は「家族の悲しみを察することができなかった。
一罰百戒の意味で辞表を即刻受理した」と述べた。

 韓国メディアによると当時、遺族や不明者の家族らは「一日一日、苦しい思いをしている中で、これは記念写真を撮るようなことなのか」と怒り、100人以上が一行を取り囲んで詰問する大騒ぎになったという。

 事故を巡っては、行方不明者数などが度々訂正されるなど、事故処理を巡る政府の不手際が目立つ。与党セヌリ党は、政府高官や政治家の無神経な言動で批判が高まり、6月の統一地方選で逆風となることを懸念。

 同党は、事故発生3日目の18日に若手党員との酒席に出席していたとして、6月の市長選で再選を狙う中部・世宗(セジョン)市の兪漢植(ユ・ハンシク)市長を「警告」処分にしている。

 一方、韓国紙・京郷新聞は21日、捜査関係者の話として、船長や航海士ら操船に携わる乗員15人のうち12人が、無線機を持っていたと報じた。自分たちだけで情報を共有し、乗客の救助をせずに脱出したとみられるという。15人は、全員が救出されている。

 また、聯合ニュースは20日、セウォル号が沈没する2週間前から操舵(そうだ)機に異常があった模様だと報じた。運航会社が今月1日に作成した「修理申請書」に操舵機の電源に関する異常が記され、修理を要請する内容だという。不良部分の修理が完了したのかは、確認されていないとしている。

 現場海域では、逮捕された女性3等航海士が操船を指示し、操舵士がかじを取っていた。操舵士は報道陣に「(いつも通り操作したのに)舵輪が普段より大きく、速く回った」と語っている。」



最悪も、最善も、他国のことである。
どうして、大きく事故を取り上げるのか。
それだけ、在日の韓国人が、日本に帰化した、人に多いのかもしれない。
日本の支援の断り、自力でするというのが本当だろうから。

災難は、高校生。
修学旅行は、韓国にもあるのかと不思議なこと。

日本の文化に見えるが。

何か、疑問な事故は、日本では、船に乗せる、修学旅行など、疑問。
飛行機か、新幹線だろう。

もともと、安全もなく、修学旅行も真似なのかもしれない。


また、日本の製造した造船所のせいで、訴えるか、金出させるか。
ことによりと、また、新しい船の要望を猫糞すること、考えているのか。


すべては、ほっとけと、いうことだろう。

日本の中古船も、韓国には、売らないことだ。
このような、改築して、事故、起こす船になる。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-22 07:31 | 暇つぶし批判

軽率に生きると

名言、珍言。

「 熱意は力なり。
必ず到着せんとするところを指せる、
一種の引力なり。」
 
 
                 
  (北村 透谷 明治時代の詩人)


勝手な解釈
熱意、気持ち、すべては、いろいろ、考えても、
志であり、真剣にする行動である。
軽率に生きると、死刑になるものだ。

===============

名言、珍言。

「私は冷(ひやや)かな頭で新らしい事を口にするよりも、
熱した舌で平凡な説を述べる方が生きていると信じています。
血の力で体(たい)が動くからです。」

夏目漱石『こころ』

勝手な解釈
志は、考えて、行動ではなく、
人は、原点は、生きていることが、大切。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-22 07:10 | 名言、珍言

子供は。

名言、珍言。

「子ゆえにこそ、よろずのあわれは思い知らるれ。」
                              

 兼好法師


人は子を持ってはじめて、人間の情愛というものがわかるものなのだ。
荒々しい東国武士の、姿に似合わない意外な言葉として記されている。
                       (『徒然草』第142段)

(1283頃~1350? 鎌倉・南北朝時代の随筆家)


勝手な解釈
子供は、親を見て、育つ。
親は、子供みて、苦労する覚悟。
子供を見て、親の親の有り難味をしる。
===============

名言、珍言。

「縁は異なもの味なもの


縁は異なもの味なものとは、
男女の結びつきはとても不思議なもので、
うまくできているということ。

勝手な解釈
出会いは、偶然か、生死影響する、運である。
どんなに、才能、無能でも、解らないのが、出会い。
悪魔に落ちる出会い。
善人のなる出会い。
難しいのではなく、自分の自己の問題である。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-04-19 07:18 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2