四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

面白い。

岐阜新聞は、面白い。

「 岐阜市教育委員会は26日、金華山麓の岐阜公園で発掘調査をしている戦国武将織田信長の居館跡から、最大規模の庭園跡が見つかったと発表した。庭園の周りに高さ3メートル以上の石垣を築くなど、近世の城郭技術の基盤が随所に見られる。市教委は「この時代に大きな庭園の造成に石垣を用いたのは珍しく、当時の最高水準の技術が集まっていたとみられる」と話している。

◆金華山麓、石垣と落差35メートルの滝

 市教委社会教育課によると、本年度調査したのは、金華山ロープウェー乗り場の東側約1500平方メートル。全容が明らかになった庭園は5カ所目で、石垣や岩盤に囲まれた広さ約1100平方メートルに、池や展望用の建物が建っていたとみられる。

 池の面積は約400平方メートルで、これまでの調査で見つかった2カ所の池の約8倍。高さ約35メートルの岩盤から流れ落ちたとみられる2本の滝の底には、石を敷き詰めた集石遺構が見つかった。池の南北の端には、四阿(あずまや)とみられる建物の跡があった。

 庭園は、金箔(きんぱく)瓦を使った居館の中心建物と谷川を隔てた場所にあり、居館に渡る橋の跡も確認された。橋の長さは推定20メートルで、中央に四阿を設けた亭橋(ていきょう)のような造りだった可能性があるという。また、橋の下から庭園に上がるための幅約3メートルの石組みの階段も見つかった。

 庭園は、周囲を囲うように石垣を築き、長さ約34メートルに達する部分もあった。この時代に石垣を造成に活用する技法は珍しく、滋賀県立大人間文化学部(日本城郭史)の中井均教授は「石垣で囲った居城の中に庭を持つ発想は画期的。丁寧に石垣が積まれており、近世の城郭技術は既に完成されていた」と評価。同課は「当時の最高の技術を取り入れることで、天下布武の意気込みを示したのではないか」と推測する。

 信長は上洛(じょうらく)後、二条城(京都市)の築城や西芳寺(同)の庭の再興に関わった。居館の庭園の一部に銀閣寺(同)の庭園の配置を取り入れるなど京都の建築、造園の技術にも詳しかったとみられる。今回のように岩盤の滝を庭園に取り入れているのは、鎌倉―室町時代の禅僧夢窓疎石の手掛けた永保寺(多治見市)が有名だが、夢窓疎石の手掛けた西芳寺の庭園は、銀閣寺の造営にも影響を与えたと言われる。同課は「信長が、永保寺の庭園に何らかの影響を受けていた可能性があるのではないか」と話している。」

信長は、色々世のために、後世のためにしていたのか。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-27 23:40 | 四事の瓦版

名言、珍言。


「水を節約しろ」といわれた途端に、誰もが水を飲み始める。」

アラブの格言<アラブ>


勝手な解釈
人の真理は、逆であり、なくなると、使う。
現実、正しくしていると、食えなくなるものだ。
節約するより、先を読むのが人の心。

増税も、増えると思う、浅はかな、官僚、公務員の思考、
庶民は、消費税が、3%5%と、学んでいる。
だけが、税金を払いたいと思うか、経済も悪い。
消費税が上がれば、給料は、目減りする、
それでなくても、復興税もとられ、年金、光熱費も上がり、
増税で、四月から、外出も、使うも、考えるのは、遅い。
もう、始まっている、金を使わない生き延びる方法。

必要ものしか、買わない時代。
無駄な企業は、廃止の時代がくる。


==============-

名言、珍言。

「哲学というものは、たしかに、結構なものだよ、
ひとが若い年頃に、
ほどよくそれに触れておくぶんにはね。
しかし、必要以上にそれにかかずらっていると、
人間を破滅させてしまうことになるのだ。」


プラトン『ゴルギアス』



勝手な解釈
真理は、知りすぎると、存在が問題になる。
ほどほど、知ること。
難しいのは、若いとき真理は、居るが、経験していくと、
新しい真理ではなく、見る方が、変わっていくのもしれない。
難しいのは、追求も、難しい。

浅田真央選手を見ていると、五輪の失敗と、復活のフリー。
哲学ではないか、考えすぎたのが原因かもしれない。
人は、一つの教訓になるのかもしれない。
他の考え、行うのも、必要かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-27 02:46 | 名言、珍言

賢くみる

名言、珍言。


「人は妻によって立身出世する事もあり、
又妻によって人柄を下げることもある。」
                              
 徳冨蘆花


妻として女性がおよぼす影響は、
強いはずの男性の生涯を左右しかねないほど
大きいことを指摘している。

徳冨蘆花は、封建的家族制度が生んだ夫婦愛の悲劇を描いた小説『不如帰』の
作者として有名。


勝手な解釈
人は、結婚で、不幸も、幸福もある。
現実は、相手を知らないで、いると、
最後は、殺されるが、生かされるか。
出会いは、賢く見るしかない。

===============

名言、珍言。

「細くても針はのめぬ」


《意味》
小さくても見下すことはできないということ 。


勝手な解釈
考え方は、軽率に、考えると、怖い。
物事も、人も、針のようなものかもしれない。
一つでも、軽率にしていると、自分に刺さる。
最後は、刺さる針が、死ぬ。
どんなことでも、針が仕掛けられていると、
考えることかもしれない。
職、食事も、人の関係、安易に、口走りから、破滅する。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-25 02:07 | 名言、珍言

見える

名言、珍言。

「天才の道を行くべきか、
それとも努力の道かって考えてね…。
 結局、努力の道を選んだんだ。」


        (ロジャー・フェデラー スイスのプロテニスプレーヤー)


勝手な解釈
努力しないと、無理。
才能は、あるのは、解る、ない、
最後は、努力の評価。
馬鹿でも、無能でも、何かに努力すれば、
それが、一つの才能に見えるものだ。


===============

名言、珍言。

「たった一人でも、勇気を持ってすれば、多数派たらん。」


(トーマス・ジェファーソン アメリカの第3代大統領)

勝手な解釈
一人でも、勇気、信念があると、
最後は、多数の支持者、支援者が出る。
物事は、最後は、勇気と、継続。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-24 04:00 | 名言、珍言

あるものだ

名言、珍言。


「命長ければ辱多し。」
                              

 兼好法師


長生きすれば、恥ずかしい思いをすることが多い。

『徒然草』第7段の老いの生存欲、物欲のあさましさを述べた部分の一節で、
この言葉はもともとは中国古典の『荘子』からきたもの。

兼好は続けて、長くて四十にならぬ程度で死ぬのが無難だろうと言う。

(1283頃〜1350? 鎌倉・南北朝時代の随筆家)


勝手な解釈
悔しい、恥ずかしい、生きていれば、あるものだ。
それ知って、また、恥をかかないように、する。
それでも、まだ、失敗がある。
生きている限り、苦悩し、試練はあるものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-21 07:25 | 名言、珍言

現実

名言、珍言。

「予測するだけで絶望するのは恥ずべき話だ。」


        
 クインティリアヌス (ローマの修辞学者・教育家)


勝手な解釈
行動して、失望するのは、いい。
何もしないで、先みて、破滅していくのは、それば、
現実を無視。
結果みて、次に、判断。
日々、結果である。

増税も、年金の崩壊も、現実は、
公開して、国に税収が入らないと、
税金も、減らす、年金も、廃止が、理想ではないか。
すべては、年金も、増税も、現実は、使い込んだ役人の組織の処分からである。
不思議でならない。
毎年、税金、年金の金が、庶民から入る、
それが、運用と、企業に貸し出すだけで、、高額な利益がでる。
それができないのが、不思議である。
公共投資の回収が、できないのが不思議でならない。
=================

名言、珍言。

「悪い想像はどんな強気の人をも及び腰にし、
良い想像はどんな弱きの人をも積極的にします。」


                       
マーフィー

勝手な解釈
環境ではなく、自分の思考で、変わっていく。
悪魔の仕業ではないが、どんな、最悪、幸運の時期でも、
自分の心情は、大切なこと。
生きるも、生きられるも、最後は、自分の心である。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-19 03:25 | 名言、珍言

環境でしる

名言、珍言。

「兄弟の多い家族に育った者は、
子供のうちから「何でも自分の思った通りに
 はならないものだ」という悟りを得るようになる。
まわりで否応なしにそういう躾をしてくれる。」
                              

 庄野潤三


兄弟の少ない現代の家庭では困難になりつつあるしつけのありかたが述べられ
ている。(『あわれときびしさ』より)

(1921~2009 昭和・平成時代の小説家)


勝手な解釈
兄弟は、力の闘争であり、人、才能のある判断の見つけ方。
兄弟の仲で、切磋琢磨させることが、社会に適用するのかもしれない。
難しいのは、バカの家族、兄弟は、バカになっていく。
どこかの政治家見ていると、思うものだ。

まずは、社会で学ぶより、環境、教えるのが、子供の時期かもしれない。
公立小学校で、知るのは、最低の子供の教育かもしれない。

==================

名言、珍言。

「蛇を殺すときは、頭を粉々にしたかを確かめろ。」

アラブの格言<イラク>

勝手な解釈
確認するのは、絶滅させる。
悪性の、悪政の張本人は、其の一族は、破滅させる。
恐いが、後々、祟られる。


日本大震災の酷い政治で、罪もなく、のほほんと、しているた、
天下りの官僚、原発の甘い余禄を得た者は、処罰されてないで、いまだ、放射能が出ている。
あのとき、一手、間違えなかったら、名君、名大臣、名官僚である。

不祥事は、根絶させるには、見せしめでなく、悪、絶滅させる。

どこかの国も、将軍も、いまに、絶滅される行為が、あるかもしれない。
悪いことしていと、祟られる、頭は、粉砕することだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-17 04:42 | 名言、珍言
のんきなこと。
700円の価値がないから、行かない。
他のサービスがあるのか。
子供のおまけ、グリコのおまけのように、安くすることが、客寄せ。
それでも、近くにない、車で行く場所は、誰が、ついでに、よるのか。

ガストに、取られてしまったことだろう。



「2期連続の減収減益に苦しむ日本マクドナルドホールディングス。原田泳幸会長の下で「デフレの勝ち組」として業績を伸ばしてきたが、昨年の定番商品値上げ以来、客数がマイナス圏で推移するなど客離れに歯止めがかからない。2014年12月期は「ファミリー路線」にかじを切って既存店売上高の3期ぶりプラスを目指すが「中食需要」を奪い合うコンビニエンスストアも立ちはだかる。「回復には数年単位の改革が必要」(証券アナリスト)とする見方が根強い。

                   ◇

 ◆接客サービス改善

 「中食市場が伸び、マックの優位性がなくなりつつある」。中核事業会社、日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長は今月6日、13年12月期連結決算の会見で危機感をにじませた。

 昨年11~12月の既存店客数は前年比10%超のマイナス。通期の客単価を上げたにもかかわらず、売上高は6.2%落とした。昨年8月に社長に就任したばかりのカサノバ氏にとって、日本におけるマクドナルドの課題を突きつけられた格好だ。

 「100円マック」などの低価格商品で客数を増やし、高単価商品のキャンペーンで売上高全体を伸ばす-。それが04年の社長就任以来、8期連続で既存店売上高を上げた“原田マジック”の黄金パターンだった。

 しかし12年後半、季節限定商品の削減が裏目に出た。さらにハンバーガーなどの定番商品を値上げした13年5月の価格改定が、客離れに拍車をかけた。

 この間にコンビニ各社は、手ごろな価格のドリップコーヒーで集客し、サンドイッチなどの拡販につなげる戦略が奏功。全国の店舗数は5万を突破し、「業界の枠を超えてファストフードの客を奪いたい」(大手コンビニ幹部)と攻勢を強める。

 巻き返しを狙うカサノバ氏が打ち出したのは、家族連れの集客力を向上させることだ。今期は既存店への設備投資費を倍増させ、子供向け遊戯設備の新設や入れ替えを進める。家族客が多い店舗には、トレーを運ぶなどのサービスを専門にする店員を新たに配置し、小さな子供を連れた親の来店を促す。カサノバ氏は宅配サービスの強化なども挙げ、「どんな顧客に対しても最適な価格と価値を提供したい」と意気込む。

 ◆「定着まで2~3年」

 マクドナルドの新しい戦略について、いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員は「いわば原点回帰。まっとうで正しい路線だ」と評価する。家族客はマック全体の35%を占め、客単価も高いだけに業績回復の鍵となる。販促キャンペーンを多用した「原田路線」と比べ、接客サービスの改善は地味だが、王道といえる。

 その半面、客足が戻るまでには時間がかかる。今期の業績予想は、既存店売上高を0~1%増と手堅く見積もる。鮫島氏は「ファミリー路線の定着には2~3年かかるだろう」と分析。「コンビニから客足を奪い返す手段とはいえず、分かりやすい短期的な施策も必要だ」と提案する。

 また、野村証券の繁村京一郎シニアアナリストは「目新しさで客を引きつけても長続きしない」と指摘する。そのうえで、今春の消費税率引き上げも念頭に「客足の回復が先決で、低価格志向への訴求は欠かせない」と強調する。

 今年1月のマックの販売実績は、セット価格700円前後の期間限定キャンペーンが客単価を押し上げ、既存店売上高が前年同月比3.4%増と7カ月ぶりに改善。しかし、客数は5.3%減となり、9カ月連続のマイナスに終わった。カサノバ氏の路線変更の成果が問われるのはこれからだ。」



朝も、昼も、夜も、定番がないから、売れない。
突然、メニーが変わるから、不安でならない店。
700円で、食べられるのかも疑問。
コーヒーの御代わりがないし、不味い、コンビニと、ガストの豆から、作るコーヒーが、美味いものだ。
知らないのかもしれない。
コーヒーの味。

時代は、機械で、豆から作るコーヒーがどのくらいで、安く飲めるか。


朝は、牛丼か、ガストの時代は、続くのだろう。
コンビニは、会社で食べる人。
消費税が上がると、コンビニの弁当が主力かもしれない。
700円ではなく、500円で、ポイントが付く時代。

誰か行くのか、小さい店が消えて、車で行くしかない店。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-15 20:44 | 暇つぶし批判

謙虚

風俗名言、珍言。


「虚栄心は、それが満たされる時でなければ道理を聞き分けない。」


                            
  ジュベール




自分を実際より優れているように見せたいという欲求が虚栄心であるから、
もともと道理にかなったものではない。

一度は満足したとしても、ふたたびとりつかれるであろう。

(1754~1824 フランスの哲学者)


勝手な解釈
欲求、欲望、自慢。
すべては、落ち目になったとき、分かる、過ち。
人は、自己満足が、一番も失敗。
謙虚に、生きるのが、善行の道である。
=================

名言、珍言。

「遊郭に行くのもまた仏道修行の道である」

好色敗毒散 元禄16年の浮世草子

勝手な解釈
人の道は、違う。
性欲か、善か、問われるのは、生きるとは、何か、
この世に生きる証が、この世に、学んだ空しさか。
生きているの最後は、わからない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-15 19:08 | 名言、珍言

謙虚

名言、珍言。

 「悪意をすてて、愛をとれ」

 リンカーン


勝手な解釈
愛は、難しいのか、わからないのか、それは、
子供のときの、親の姿、環境の布施。
自分本位で、生きるいると、何一つ、残らないで、
最後は、名誉も、行動の評価も語られない。

恩、感じたときは、遅かれ、来る。
それが、死の寸前、自分の死刑の前日では、遅いものだ。

謙虚に、反省して、感謝すること。

=============

名言、珍言。

「己を制し得ぬ者は自由人とはいえぬ。」
                              

ピタゴラス


「ピタゴラスの定理」の発見者として有名なピタゴラスの言葉。

自由をわがままと取り違えている人は多い。

真の自由は、自分のわがままをおさえ、
他人からも認められるものでなくてはならないのである。

(BC570頃~BC495頃 ギリシャの哲学者・数学者)


勝手な解釈
自己の行動、忍耐、反省、自重する心、
絶えられない心は、それは、最後は、処罰される。
性欲のふける、強欲のふける、最後の惨めな、死に方。

いい思うした、結果は、その祟りは、増大である。
そろそろ、官僚も、災難があるのではないか。
いい思いして、国の金使い、天下りで、国の使い果たし、
最後は、しるし首になる。

どんな時代で、、不正したものは祟られる。
去年、一年間もたなっかった、都知事の辞職、
五千万で、余禄で人生棒に振る。

官僚も政治家も、公的職に付いたものは、不正していると、獄門台に上がるか、
上がらなくても、一族は、破滅である。

不正、悪意は、しないこと。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-02-13 03:31 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2