四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

最後の始末は

名言、珍言。

「身から出た錆
(みからでたさび) 」

 自分の悪行がもとになって、自らが苦しむこと。
江戸系いろはがるたの一つ。
自業自得の悪行を刀身自体から生じた錆にたとえる。
錆は銘刀をも侵し、
やがては「抜けば錆散る赤鰯あかいわし」と化してしまう。


勝手な解釈
人は、勝手なことすると、最後は、その行為で、自滅。
何もしないでも、さびがでる。
無知ても、賢い人ても、何一つしないと、
使えないことだ。
自分の怠慢が、身を滅ぼす。


ただで、金を国からもっらている公務員も、
もともと、国の金を使う職が、高額と天下りで、生活が維持することができると思うのか。
庶民は、増税するたび、税金払わない対策する。
最後は、ものは、売買しないで、居座る、払わないような、思考になり、
税金を払うより、公務員から処分が、現実、組織改革か、現実になるものだ。
金、稼ぐ人が減れば、公務員の廃止が現実になるものだ。
最後の始末は、自分。

=============-
名言、珍言。

「尻馬に乗る」

    
よく考えずに人の言動に同調し、軽はずみな行動をとること。


勝手な解釈
人の運は、わからない。
才能も解らない。
ただ、いいと思った人についていくと、職も、組織も、幹部になるかもしれない。
問題は、人物選び、人の失敗は、出会いではなく、人の選び方。
道、見つけるのではなく、どんな人物に、付いていくかである。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-31 04:36 | 名言、珍言

最初の

名言、珍言。

「馬に乗るとも口車に乗るな」

 
ことわざ
   
うまい話や巧みな言葉にうっかり乗ると、ひどい目にあう。


勝手な解釈
人の判断は、最初が問題。
言葉で、信用して、自滅。
よくよく、見方を学ぶ。
馬ではないが、人も、口元が、大切かもしれない。
会話、言葉が、よくよく、警戒することだ。

============

名言、珍言。

「読書尚友(どくしょしょうゆう) 」

●意味:書物を通じて昔の賢人に親しむこと。


勝手な解釈
読書は、過去みる。
どんな本ても、過去の話であり、現実は、始まっている。
昔、考える、反省するも、読書である。
現実は、生きていること、現実であり、それを正当化するのか、
読書の書物。
残るのは、何か、問われる。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-29 03:14 | 名言、珍言

知る

名言、珍言。

「 ある一人の人間のそばにいると、
ほかの人間の存在など、
まったく問題でなくなることがある。
それが恋というものである。」
                             

ツルゲーネフ


ロシアのリアリズム文化を代表するツルゲーネフは、
心理観察の面でも優れていた。

ここでは、恋する者には相手の存在がいかに大きいかを指摘している。

(1818~83 ロシアの小説家)


勝手な解釈
他人が見えない、世の中が見えない、それが、恋愛か、
勘違いの恋愛か。
度が過ぎると、それは、最後は、嫉妬か、犯罪者に代わる。
性欲、恋愛、性格、人は、解らない。
関係をもってしる、苦悩もある。
災難も、結婚、恋愛からが現実である。

出会いは、いいが、最悪の出会いも、あることを知ること。

=================

名言、珍言。

「一押し二金三男(いちおしにかねさんおとこ) 」


《意味》
女性を口説くには、第一に押しの強いこと、第二に金があること。
男前は三番目の条件にすぎないということ 。


勝手な解釈
時期ではなく、強気の行動、それが、
運、女性の確保できる秘訣。
問題は、期待した、女性ではなく、酷い勘違いもある。
いろいろ、試みて、金使い、わかる、
美人局か、悪女か、聖女が、わかるも、
金を使って、解るのかもしれない。


女性は、男前と、結婚するも、苦労があるのかもしれない。
金も、試みもない、男は、それは、最後は、養う覚悟。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-28 04:35 | 名言、珍言

自分

名言、珍言。
 
「我なくば無である。」
                              

 安倍能成


旧制一高の校長や学習院の院長を歴任した安倍能成は、
実践哲学の哲学者としても有名。

人間を離れて現実は存在しないということを
『自己の問題として見たる自然主
義的思想』の中で説いた。

(1883~1966 明治~昭和時代の教育家・哲学者)

勝手な解釈
自分しだい、自分の思考と、行動が、生き方を変えていく。
すべては、自分。
==============

名言、珍言。

「嫁の三日誉め
(よめのみっかぼめ) 」

 嫁も嫁いできた当座は嫁をほめるが、
それはほんの短い間に過ぎないということ。
嫁いびりが始まるまでには、
「よい嫁が来た」と持ち上げられる猶予期間があった。

勝手な解釈
最初だけである。
最初が、問題ではなく、後々である。
原点は、後々。
結婚は、相手と、その一族、親戚が、
後々、影響する。
よくよく、外見で見ない、一族を見るも、大切。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-27 07:17 | 名言、珍言

足りることを

名言、珍言。

「陽が昇るから、目を覚ます。目を覚ますから、腹が減る。
腹が減るから、狩をする。狩をするから、飯が食える。
飯が食えるから、金いらない。
金が要らないから仕事しない。
仕事をしないから、時間がある。
時間があるから、遊んでる。
遊んでいるから、不満がない。不満がないから、喧嘩がない。
喧嘩がないから、気分がいい。
気分がいいから、眠くなる。
眠くなるから陽が沈む。陽が沈んだら、後知らない。
だから、アフリカ平和です。
だから、僕らはブッシュマン」


ブッシュマンの宣言

勝手な解釈
昔、昔のアフリカであり、
今は、戦いのアフリカである。
内乱のアフリカ。
平和とは、狩をするにも、仕事をするにも、
収益は、何を出るかで、その国が、富になるか、
ただの貧しい国になるか。
考えると、平和の意味は、難しい。

足りること、知るのが、本当の生き方。
よくに溺れると、破滅するかもしれない。

============
名言、珍言。

「たどりきて未だ山麓。」
                             
  升田幸三


将棋棋士升田幸三は、昭和30年代の前半に第17期名人位をはじめ数々のタ
イトルを保持し、将棋界の頂点に立った。

その当時の心境を語った自伝『勝負』にある言葉。

頂上にたどりついてもまだまだこれからだというこの言葉には、
努力を重ねた
彼の人生がにじみ出ている。

(1918~1991 昭和・平成時代の将棋棋士)


勝手な解釈
将棋は、先の先は、何か、人格か、
他のことを知る。
将棋しかしらないで、人生を終わるのは、
将棋かないと、何一つない。
考えると、将棋の先は、仕事の先は、何か、
結局、この世で、生きた経験は、何かと、問われる。
愛人問題、金、敗北、人格も、庶民の思考しらないと、
何一つできないものだ。
難しいのは、偏った教育は、人材は、常識を失う。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-26 05:19 | 名言、珍言

時期

名言、珍言。

「見切り千両」

株の格言。

損切りをする勇気を持ちましょう。
買った株が下がっても思い切って投げられず、
仕方なく塩清けにして持っている投資家が多い。
やがて相場が戻ろだろうと思っている間、ずるずると下がっていく。
この格言はそのような投資家に対して、投げの決断を追ったもの。
判断を誤ることは正常なことだ、それを修正しないのが異常である



勝手な解釈
人生も、株も、間違ったという時期がある。
その時期は、じっとしているか、別の方向に行くか、
それが後々、自分の運に影響する。
「残るも地獄、行くも地獄」
自分が間違ったと思ったら、直ぐに、対策して、
損失を覚悟して損切りすることだ。

================
名言、珍言。

「パラを切る如く売るべし」

株の格言

これは「頭とシッポはくれてやれ」との格言の頭の部分だ。
グングン値上がりしている時売るのはつらい、
しかし下がりだしたらもっとつらい、
ほどほど儲けたら思い切って売りましょう。
バラも咲いてしまったら終わり、
その前に切って活けるのだ。


勝手な解釈
薔薇は、見ているだけで、時期が過ぎる。
時期は、薔薇のツボミの時期が、儲かる。
その時期が、利益があるか、他は、損失が出る。
商売も、人生も、欲深に行くと損失が多い。
一つ一つ利益、確保するのが、安全な生き方。

人生は、滅多に、高額な宝籤は、当たらない。
当たるために、損失を覚悟。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-25 07:51 | 名言、珍言

親の姿

名言、珍言。

「子供は父母の行為を映す鏡である。」
                             
 スペンサー


進化論を基礎に、人間の適者生存を唱えたスペンサーの言葉である。

親がどのように暮らし、どのように子供を育ててきたか、
それはその結果であ
る子供の姿が何より雄弁に物語ある。
親が真剣に正しく生きることが、
何ものにも代えがたい本当の教育となるのである。

(1820~1903 イギリスの哲学者)


勝手な解釈
子供は、酷いのは、親を見ているから、それを学ぶ。
過ちは、見て、反省するのではなく、
甘い汁、知ったときから、破滅の教育が始まる。
楽することを考える。

才能は、本当は、記憶ではなく、知ったこと、応用する。
同じ知ったことを応用も、悪事に走るのは、素質ではなく、
親の姿ではないか。
===============

名言、珍言。

「結婚するものも仕合わせだし、
しないものも仕合わせだ。
どっちにも人間としての喜びがある」

 武者小路実篤


勝手な解釈
生きているのがねいいこと、幸せなこと。
人は、どうか、解らないものだ。
人生は、最後は、生きていたことが、正しい。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-23 03:50 | 名言、珍言

他人の教科書

名言、珍言。

「己の行く道は間違ってはいない。
むろん苦険道であるから時々へたばる時がある。
けれども己は歩兵のように歩む。」
                             

 斎藤茂吉


写生短歌を発展させ、「アララギ」同人として
数々の名歌を残した斎藤茂吉の歌論集『童馬漫語』の中の一節。

自分を信じて人生の道を歩む茂吉の決意が表現されている。

(1882~1953 大正・昭和時代の歌人)


勝手な解釈
歩兵、一兵卒、人は、自分で、考え、行動する。
組織でありながら、本当は、個人のことである。
己の失敗は、他人のせいにするのは、自分で、判断しないから。

結婚も、離婚も、職も、最後は、自分の顛末、天罰が、あるものだ。
職、食を得ているのが、何かの使命で、得ている、それが、地獄でも、極楽でも、
他人の教科書になることかも、生かされているのは、それ意味。
悪行も、善行も、その過程は、他人の教科書ではないか。
=============
名言、珍言。

「六日の菖蒲十日の菊
(むいかのあやめとおかのきく) 」

 時機に遅れて役に立たないこと。
五月五日の端牛の節句に用いる菖蒲あやめは六日では間に合わないし、
九月九日の重陽ちょうようの節句に用いる菊は十日ではもう遅い。


勝手な解釈
人は、忍耐しらないと、咲く時期は、一時。
セミも、植物も、一時の子孫繁栄の行為で、託す。
知らないのは、勝手に生きていると、考える人々。

時期と、冬、秋の忍耐知らないと、
一族は、消えていくのかもしれない。
世代交代とは、咲いた後かもしれない。
原発の事故で、津波の事故で、放射能汚染も、
浄化されるのは、一年、二年と、生まれ変わる行為。

時期は、淘汰から、生まれ変わる時期かもしれない。
原発の時代から、新しい発電と、発電所が自宅の時代。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-21 03:05 | 名言、珍言

良心

名言、珍言。

「何人も、その良心に反して、
武器をもってする戦争の役務を強制されてはならない。」



『人権宣言集』「ボン憲法基本権」(ドイツ)


勝手な解釈
良心が、問題。
どんなに、武器をもって、戦うも、最初の自分の思考、教員が、大切。
正しいこと、するのが、聖戦かもしれない。
何のために、戦うのか、問われるのは、良心。
=====

名言、珍言。


「他人の飯を食う」


《意味》
親もとを離れて、他人の間で苦労を味わい、社会の経験を積むこと。


勝手な解釈
自立とは、自分で、働き、自分で、飯の金を得て、食う。
親の金で、食べているのは、自立ではない。
最後は、親が死ぬと、何一つ、できないど、一族が崩壊。

本当は、官僚、公務員は、一度は、庶民の仕事を経験したものが、
公務員になると、解るのかもしれない。
公務員の契約社員が、本当かもしれない。
職に得るために、応募して、採用する。
職をやるとと、また、採用する応募。
ハローワークも、民営化して、自分の稼ぎで、職員を養うことかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-20 03:06 | 名言、珍言

現実

名言、珍言。

「偶像にふれてはならない。金箔がはげて手に残る。」

フローベール『ボヴァリー夫人』(下)


勝手な解釈
偶像は、現実になる前、消えてる。
ことによると、手が汚れるのかもしれない。

結婚も、職も、本当は、偶像で、考えてならないことだ。
現実みて、考える。
夢と偶像は、違うが、似ているが、最後の手につくのは、
困ったことになるのは、自分で、夢ではないと、感じる、偶像だったと、
思う。

増税で経済がよくないと、勘違いする偶像。
現実は、総理大臣が何人も首になる。
財務大臣、官僚の首切りが、現実である。
いい死に方しない。

偶像ではなく、税収上げるより、経費、減らす、
これが現実である。


=======
名言、珍言。

「両刃の剣(もろはのつるぎ) 」

 使い方によっては非常に役立つが、
一方では危険を招く恐れのあるもののたとえ。
「両刃もろは(諸刃)」は刀身の両辺に刃をつけたもの。

勝手な解釈
馬鹿でも、賢いでも、最後は、行為は、同じ。
問題は、使い方ではなく、場所、時期、判断である。
無知でいるのか、いいのか、賢い時期がいいのか。
戦で、使える人、財務再建に使える人、才能ではなく、
現実は、適用するのは、そのときの、行為が、自己判断。
[PR]
by 2nnn2 | 2014-01-19 03:19 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2