四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

美味いとは

名言、珍言。

「美酒佳肴{ びしゅかこう} 」


●意味:大変美味しいご馳走のこと。


勝手な解釈
美味いのは、何か、ご馳走も、
ただで、食べるのが美味いのか。
自分で、稼いだので、食べるのが美味いのか。
そこには、食う仲間の人が、違う。

同じ食でも、違うのは、感じ方。
偽装の食材で、高利益、上げた、ホテル。
あれば、食べている人々は、美味いの勘違いしていたのか、
味知らないのか、高いから、美味いと、感じるのか。
安い食と、高い食の美味さを値段でしか、考えない。

結局は、塩のさじ加減で、うまかが変わる。
それが、食かもしれない。

アニメのトリコの小松シェフではないが、
入らない食材を手に入れるから、美味いものが、できる。
あるものを応用して、美味いものに、変える。
それが、高いか、安いか、客の判断。
応用する、料理人が、大切である。

===============

名言、珍言。

「行動を起こす前に退路を考えろ。


アラブの格言<アラブ>


勝手な解釈
失敗は、ある。失敗した後の始末まで、考えるか、
考えないか、考えると、なるというが、
現実は、撤退のできないものは、二度と、成功の道は、ない。

山に登るも、登った後の下山が、地獄である。
毒キノコを食べても、知らなかったでは、すまないのが、
後の病状になる。
あの時、食べてことの後悔より、今も、現実の対処は、
食べる前に、考えるのは、よく調べることしかない。

旅ても、行先と、帰り考える、そして、その後が、問題。
病気の感染しているとか、警戒も、必要な後。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-31 05:03 | 名言、珍言
名言、珍言。

「善人なをもちて往生をとぐ、いわんや悪人をや。」
                               

 親 鸞


善行を積んだ人間は往生するというのだから、
まして悪人は往生できないことはない。

悪人とはこの場合自分を悪人と自覚できる人のことで、
悩みをかかえ悲しみおののく人間こそが
仏の慈悲にかなうという。

浄土真宗を開き絶対他力を説いた親鸞の『歎異抄』の中の言葉。

(1173~1262 鎌倉時代の僧)



勝手な解釈
正しいこと、して、生きる。
悪いこと、していると、生きる。
同じ生き方で、生きるは、生きるが、
後の行為が、往生と、先の世界が、どうかである。

==================

名言、珍言。

「論より証拠(ろんよりしょうこ) 」

 物事を明らかにするには、あれこれと
議論するよりも証拠を示す方が正確で早いということ。
江戸系いろはがるたの一つ。
刑事訴訟法にも「事実の認定は証拠によらなくてはならない」旨の明文がある。


勝手な解釈
現実は、見る。
語るも、現実しらないと、無理。
すべては、現実。
いいことは、悪いことは、現実見てないから、解らないから、
起きるものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-30 04:25 | 名言、珍言

何をしているか

名言、珍言。

「人に百歳の寿なく、
社会に千載(せんざい)の生命なし。」

徳富蘇峰『吉田松陰』


勝手な解釈
生きるも、寿命がある。
だが、人の歴史、宇宙は、人の寿命は、対した時間ではなく、
日々、時間が過ぎる。
人は、自分の捕らわれていると、些細なことも、解らない。
流れ、時間で見ること。
そして、自分が何しているかと、問われる。

===================

名言、珍言。

「持ったが病
(もったがやまい) 」

 持たなければいいのになまじ持ったがために、
それに関わる面倒なことに悩まされること。


勝手な解釈
何か、得た、持ったら、それは、いいのか、悪いのか、
それから始まり、災難もある。
人は、何かの原因で、起きるのが、
不運、幸運は、原因は、何かを持つたら。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-29 08:02 | 名言、珍言

怠惰

名言、珍言。

「私は年をとるにつれて、
幸福の反対を不幸だとは思わなくなった。
 幸福の反対は怠惰というものではなかろうか。」
                              

亀井勝一郎


形のあるもの、形のないものに限らず、
幸福は何かを生み出すが、怠惰からは
何も生まれず不毛である。

その意味で対照的であるといえよう。

『大和古寺風物誌』『愛の無常について』などを残した亀井勝一郎が、
豊かな思索から得た興味深い感想である。

(1907~66 昭和時代の評論家)


勝手な解釈
怠惰が、現実が、老後の姿。
正しい仕事していると、永遠に仕事がくる。
どんな社会でも、老人が仕事しないと、
それは、誰が、老人を養うのか。
国でも、家族でもない。
自立とは、日々、自分で、稼ぎ、その日の金で、
明日を暮す。
いつから、年金で暮らす老人が多くなつたのか。
年金制度が、崩壊しているか、足りないのに、
仕事も、見つけないで、ただ、怠惰の生活で、死ぬも、人生は、
そんな甘い最後ではない。
仕事するが、本当の最期の人間の本心である。
=================

名言、珍言。

「足が途絶える
(あしがとだえる)」


《意味》
まったく行かなくなること
まったく来なくなること。


勝手な解釈
商売の原点は、客が来るか、こないか、
それが、影響する。
物事は、人材は、出会うのは、できるが、
何度も、会うのは、偶然できなく、
何かがあるから、それが消えると、
誰も、寄り付かない。
難しいのは、出会いではなく、日々変化する人、世の中の世相である。

何度も、来てもらい、会うために、
努力するのが、信用かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-28 03:49 | 名言、珍言

生活ができないと

名言、珍言。


「川を渡り終わるまでは、ロバにだって「旦那様」というものだ。」


<ムーア>


勝手な解釈
人は、飯、食べさせてくれるときは、静かに、従う。
飯が食えないと、解ると、反乱する。
仕えるは、生活が大切であり、
何一つ、余禄のないのは、それは、誰も、支持しないものだ。
民も、庶民も、派閥も、組織も、生活ができないと、
破滅である。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-27 04:44 | 名言、珍言

よく

名言、珍言。

「功徳は驕りによりだめになり、慎みは欲によってだめになる。」
 
 
 
             
 (サキャ・パンディタ チベットの宗教指導者)


く‐どく【功徳】ツイートする Facebook にシェア 仏語。
1 現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行。善根。「―を施す」
2 神仏の恵み。御利益(ごりやく)。


勝手な解釈
功徳は、大切なのか、難しいことだ。
驕りになるかもしれない。
恵は、必要だが、相手と、自分が、怠慢になるかもしれない。
犯罪者になるかもしれない。
慎むも、欲が、出ると、できない。
難しいのは、人は、変化することかもしれない。
生活が、怠慢、楽になると、より楽、求める。

質素は、いいが、それで、進化もない。
問われるのは、功徳が問題なのかもしれない。


生活保護で生活、年金で生活、健康保険で医療援助も、
難しいのは、一度経験すると、それが、同然で、当たり前であり、
税金の払わないのが、貰うことしかない。
難しいのは、功徳、善意は、自活すること。
死活することになるのは、功徳の勘違いである。
===============

名言、珍言。

「同病相憐れむ
(どうびょうあいあわれむ) 」

 同じく苦しい境遇に置かれた者は、互いに深く同情し合う。


勝手な解釈
環境、苦労がわかるのは、憐れむ。
経験は、財産かもしれない、後の自分の不遇の時期に、必要な教科書。
楽した若い時の経験は、老いても、あの世に行っても、何一つ、
無駄な時間であると、感じることが、死んだとき分かるのかもしれない。
人に対する、憐れみは、その環境を経験したものが、
分かるのかもしれない。

一つ職、左遷、転勤のないものが、晩年に、何か、できるのか、
怠慢しか、経験なく、天下りで、生活することしかない。
同じ天下りのもの、しか、憐れまないは、
最後は、地獄の経験が、待っているかもしれない。
転職、左遷、も経験ない仕事は、同じことしているのは、
怠慢たげの残るのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-25 02:49 | とんとん拍子

回りより、自分

名言、珍言。

「自己の家庭で平和を見いだす者が
もっとも幸福な人間である」

 ゲーテ


勝手な解釈
他人のことより、自分の家庭。
人の批判より、自分の批判、反省。
物事は、自分の所業が酷いのに、他人の批判するやからが、
多すぎるから、最悪の事件が起きる。
自分の始末は、自分でする。
それが、この世に生まれた、人の定めである。
自分、家族、一族、親族、そして、友人と、広がるのが、
本当の幸福かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-24 05:07 | 名言、珍言

疑問

ホント、これが、庶民の本音である。
いいともが、司会者が、変わっても、休んで、休暇とっても、
続けてほしいものだ。
普段の昼の12日に、楽しみがないと、
庶民は、昼は、テレビ、見ないものだ。




「芦田愛菜のものまねなどでも知られるお笑いタレントのやしろ優が22日、来年3月に終了することが決まったフジテレビ系のバラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(毎週月~金曜 正午)への思いをつづった。

32年間続いた長寿番組の終了に、視聴者をはじめ、レギュラー陣や同番組に縁のあったタレントたちに衝撃が走った。やしろもその中の一人で、「めちゃくちゃ悲しいです」と残念がり、「いいともさんにはかなりお世話になりました」と同番組の思い出や、番組が存続することを強く望んだ。

やしろが初めてゲスト出演したのは、金曜日。「タモリさんをはじめ、金曜レギュラーの方が本当によくしてくださって」と思い返し、「生放送で時間が決まっててバタバタしているはずなのに、そんなことをお客さまや視聴者の方に一つも感じさせない、すっごくフレンドリーな場所でした」とつづる。そして、その後に出演した月曜日は、やしろが共演の機会を夢見ていたSMAP・香取慎吾がレギュラーを務めている。「『芸人になったら、香取慎吾さんと同じ舞台に立ってお話をする』という夢をかなえてくださった番組」とそのひと時を振り返りつつ、「だから、感謝でいっぱいなんです。だからなくなんないでほしい」と願った。

さらに、「とは言っても3月までまだあります タモリさんやスタッフの方やいいとものエライ人が、気が変わるかもしれません笑! 私はそれを待ちます!」と諦めきれない様子で、「タモリさん お願いします! タモリさんがいつも私に似てないって怒る、芦田愛菜ちゃんのマネ、タモリさんの前でやりませんから お願いします!」とまさかの"芦田愛菜"封印宣言まで飛び出した。

『森田一義アワー 笑っていいとも!』は、タモリが司会を務め、1982年に放送をスタートしたフジテレビ系のバラエティ番組。司会のタモリが22日の番組内で、来年3月に番組が終了することを発表した。」



タモリさんが、やめたいのだろうか。
それとも、上層部の命令か、一度は、一カ月、ぐらい、今年に、タモリさんが一カ月、休みをとって、
いいとも、継続して、そして、年末に戻るというよなことが、必要。

なんで、来年、3月で、終わるのか、
終わるならば、年内ではないか。
何が、未練たらしいこともある。

大きな社会問題だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-24 02:27 | 暇つぶし批判

期間で、

名言、珍言。

「大回り三年 小回り三月 」

相場格言

勝手な解釈
三年、三ヶ月で、経過、結果である。
一度は、試みて、その結果は、期間でわかる。
怠慢も、苦労も、経過する最期の結果は、
地獄が、天国になるか。
物事は、期間で考えること。
=================

名言、珍言。

「石に漱ぎ流れに枕す
(いしにくちすすぎながれにまくらす) 」

 負け惜しみが強く、
自分の誤りにうまい屁理屈をこねて言い逃れをすること。
晋(しん)の孫楚(そんそ)は「石に枕し流れに漱ぐ」というべきところ、
「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤って、
友人の王済にからかわれたが、
負けん気の強い彼は「流れに枕するのは耳を洗うためであり、
石に漱ぐのは歯を磨くためである」と言い返したという。


勝手な解釈
負け惜しみ、人は、頑固があるのかもしれない。
プライドか、何か、信念か。
自惚れか、最期の反省もなく、自分の失敗は、人、世の中のせいにするのは、
反省もないものかもしれない。
反省するのは、改善、改める事が、出来ないと、
地獄に落ちていくものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-23 03:37 | 名言、珍言

忍耐

名言、珍言。

「忍ぶときは、見栄や外聞を気にするな、
じっと忍耐しろ。
 尺取虫だってのびるためにはちぢまるじゃないか。」
                            
 松永安左ヱ門


松永安左ヱ門は生涯を電力事業に捧げた。

彼のつくった東邦電力は、
昭和14年に国家の圧力で日本発送電に吸収されたが、
戦後は電力会社の分割に力を尽くして「電力の鬼」と呼ばれた。
不遇な時期を送っただけに、忍耐を説く言葉は光彩を放っている。

(1875~1971 昭和時代の実業家)


勝手な解釈
苦悩、試練は、耐えるのは、じっと、していること。
することは、して、忍耐は、耐える努力。
時期を見るも、忍耐。
馬鹿のこけるも、見ているだけで、解る。
忍耐を知らないものは、何一つ見つからない。

==================
名言、珍言。


「憲法よりもいっそう上の法律がある。」
                              
 シーワド


国の最高の法律は憲法である。

しかしそれ以上のもの、たとえば「己の欲する所を人に施せ」という
キリスト教の黄金律や、
社会通念となっている道徳律などがあり、
それらが社会生活を
健全に保っている場合が多いのである。

(1801~72 アメリカの政治家)


勝手な解釈
法では、裁かれないことがあるのかもしれない。
人の噂と、評価は、悪政になれば、悪政の張本人の庶民は、隔離する。
人は、法で、裁かれるより、村八分の行為のが、恐いことだ。
生きるとは、正しい生き方は、法でなく、庶民の普通の常識である。
悪政の政治は、庶民が血祭りに上げるのは、法ではなく、
庶民の恨み、恨み買う、政治、企業は、破滅するより、
最後の断末魔が、恐いことだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-10-22 03:30 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2