四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今後は、視聴率が問題

面白い記事だが、現実は。
視聴率のいい、テレビ局ならば、わかる。
低視聴率のテレビ局。
大変なことだろう。
フジテレビ、以外で、視聴率とれる、タレントなのかと、問われることだろう。




「昨年の9月末でフジテレビを退社した平井理央。今年からは、姉の平井真央が代表を務める事務所「dejaneiro(デジャネイロ)」に所属して活動することが明らかになった。平井は昨年の7月に同局のディレクターの男性と結婚、6年半にわたってメインキャスターを務めた『すぽると!』などを降板して寿退社。その後は所属先が注目されていたが、姉妹で再スタートを切ることになったわけだ。

 しかし、フリーとなった女子アナの所属先として有力なフォニックスではなく、個人事務所を選んだことになる。フォニックスは、多くのフリーアナが在籍するセント・フォースと共同テレビジョン、それにフジテレビの3社が共同で設立した芸能事務所。フジテレビの先輩である高島彩や、滝川クリステルなどの人気アナが所属している。平井より一足先に、昨年7月に退社した中野美奈子もその流れに乗ったばかりだ。

「八木亜希子や小島奈津子などのフジ出身者が多く所属していることで知られていて、平井も当初はセントフォース、もしくはフォニックスに移籍すると見られていただけに意外でした。通常なら大手プロダクションの後ろ盾がほしいのが当然ですが、『dejaneiro』は彼女がフリーになってから設立された事務所で、平井が第1号タレント。社名も平井の名前である『理央』と『リオデジャネイロ』をもじったものという、個人色の強い事務所ですからね。もっとも、内田恭子は夫が吉本興業ということで資本関係のあるドワンゴ関連の子会社「CELL」、政井マヤは夫が所属している「オスカープロモーション」と、それなりの理由がある場合もありますが…」(同)

 その理由について、現在発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が報じている。平井がフォニックス入りを断った背景には、中野美奈子との不仲があるという。2006年3月、『すぽると!』のメインキャスターを務めていた内田恭子が寿退社する際、中野は自分がその後釜におさまると信じていたようだ。しかし、実際は後輩の平井に決定。平井は上司に“営業”していたともいわれ、それ以降、平井を目の敵にした中野は飲み会や打ち上げでは一切口を聞かずにに無視したという。

 これが本当なら社内イジメともとれる行為であり、
中野の所属するフォニックスに行きたくないという心情も理解できる。
しかし、この2人は慶應義塾大学の先輩後輩という間柄でもあり、
中野はミス慶應という栄冠にも輝いているだけに、もう少し鷹揚に構えてもいいと思うのだが…。」



結局、タレントのアナは、最後は、タレントで終わる。
これで、車の事故でしたら、もう、使えない。

フジテレビも、視聴率の上げるタレントは、他から拾っても、低視聴率。


一種も、官僚の天下りのような、フジテレビの退職すると、行く場所が、
元のアナの事務所も、フジテレビの利益があるから、できる。
現実は、どうかである。

今後、テレビは、どこが見ているのか、
報道、生放送のでき、元のアナは、いるのかと問われる。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-31 10:02 | 暇つぶし批判

考えてしまう

 どうも、悲しいことだ。
死んでも、生きても、一族は、大変なこと。




「8月22日に都内マンションから飛び降り自殺した歌手、藤圭子さん(本名・阿部純子、享年62)をめぐり、関係者の愛憎関係が浮き彫りになっている。とりわけ、藤さんの実兄が週刊誌で元夫の宇多田照實氏(65)を批判したことは、波紋を広げそうだ。

 「とても長い間、精神の病に苦しめられていました」。娘のシンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(30)が明かした藤さんの病気。この病気が理由の1つなのか、晩年、藤さんが自ら距離を置いたり関係を断ち切ったりした人は照實氏はじめ実母や恩師といった人たちに及んでいる。そして藤さんの兄、三郎氏もまた、照實氏側とコンタクトが取れない環境になっている。

 三郎氏が激白したのは29日発売の「週刊文春」。元歌手でその後は飲食店を経営し、現在は隠退生活を送っているという三郎氏は、「なぜ、血を分けた兄である私が、妹の遺体に会うことさえできないのでしょうか」と照實氏の方針を批判。「宇多田君はこれまでも圭子と家族を切り離し、会わせないようにしてきました」「藤圭子後援会の人もシャットアウトされていました」とコメントしている。

 藤さんと家族の断絶は、実の母で浪曲師の竹山澄子さんでも同じだった。藤さんと、2010年11月に80歳で亡くなった竹山さんとは、1990年ごろから金銭トラブルで絶縁状態に。竹山さんの葬儀に藤さんが足を運ぶことはなかった。

 恩師で今年3月に腎臓がんで亡くなった作詞家、石坂まさを(本名・澤ノ井龍二)さん(享年71)が99年、本紙に連載していた「宇多田ヒカル 奇跡のルーツ」を書籍化した「宇多田ヒカル 母娘(おやこ)物語」には、藤さんと竹山さんとの関係について、《純ちゃんは、母の執念に培われて栄光の座を掴むが、母と娘の戦いも猛烈だったに違いない》と明かしている。

 その石坂さんとも藤さんは晩年、関係が悪化していたという。」



結局、藤圭子さんの人生見ていると、最後まで、
迷惑の事件で、終わる。
何か、演歌歌手で、死んでも、親族の争い。

離婚も、結婚も、その子供も、
結局、海外の芸能人みたく、
ファンに、墓参り、いろいろ、曲まで、聞けるような、後世に残るのは、
難しいことかもしれない。

死んだら終わりではなく、その後の一族が、問題かもしれない。


歌で、演歌で、熟れた歌手は、勝手に売れたと、思っているのかもしれない。
糧は、庶民が、歌、支援したからではないか。

消えていくことが、神・仏の支援かもしれない。
考えさせられる。
葬儀も、その歌の収入も、ファンではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-31 09:48 | 暇つぶし批判

食うものが、

名言、珍言。

「よい中から養生(よいうちからようじょう)」

●意味:健康なうちから養生するのが最良の健康法である。


勝手な解釈
外見より、中身。
健康は、食べるものから、すべては、
何も食べないと、死ぬ。
健康に害のあるのは、それは、病気になる。
食べ物、飲み物が、問題だろう。
==============

名言、珍言。

「 贔屓の引き倒し(ひいきのひきだおし) 」

●意味:贔屓しすぎると、かえってその人のためにならないということ。

勝手な解釈
自立も必要、支援の必要、見ているのが、一番の支援者である。
タニマチは、見ている姿に何をするべきか、考えている。
ファンとは、本当は、見ている、支援している。
それ知らないのが、本人かもしれない。

歌手でも、昔歌手でも、自殺するのは、
本当は、いい、タニマチが、いなかったのかもしれない。
人は、支援者を軽視すると、
それは、誰も、助けないものだ。

寂しいのは、自分の能力は、自分だけと思うから、自滅する。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-31 09:32 | 名言、珍言

継続は、改善、

 名言、珍言。


「私は実験において失敗など一度たりともしていない。
これでは電球は光らないという発見を、
今までに、2万回してきたのだ。」


                    
 トーマス・エジソン


勝手な解釈
失敗と、いうのが、行動いうのか。
問われるのは、継続して、失敗していく過程に、
発見がある。
改善、進化は、毎日、変化するものだ。

====================

名言、珍言。

「人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、
真に向上するのは不運の時である。」

                        
シラー

勝手な解釈
災難、不運から、いろいろ、考える、改善する知恵が生まれる。
生きるとは、苦悩の連続で、乗り越えるのが、生き残り、
乗り越えられないのは、死がある。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-30 07:06 | 名言、珍言

寝る

名言、珍言。

「神はこの世における心配事の償いとして、
われわれに希望と睡眠を与え給うた。」
                             
 ボルテール


生きている限り、心配事は絶えない。
ボルテールはバスティーユ牢獄に投獄されたり、
著書の『哲学書簡』が焼却されたりして波瀾の多い生涯を送った。
しかし、希望(そして睡眠)のおかげで後世に影響を
及ぼすような活動ができたのであろう。

(1694~1778 フランスの文学者・思想家)

勝手な解釈
まず、悩んだり、考えることもいいが、
寝ることかもしれない。
希望の求めるには、寝て、夢でもみて、
記憶、整理する、記憶するのは、
寝ること。

そして、起きた後に、まだ、考える、より、考えが、変わっていくのが、
人の進化である。

=============
名言、珍言。
 
「どんな政治的自由があってもそれだけでは
飢えたる大衆を満足させない」
                               
レーニン


ロシアの共産主義運動の指導者であるレーニンは、
政治的自由とは人民が自分たちで全国民的、
国家的な問題を処理する自由だとした。
そして大地主や資本家の私有財産を廃止し、
働く人民全体に引き渡すときに労働者の貧しさは解消すると主張した。

専制政府下にあった当時、大胆な発想であった。

勝手な解釈
庶民は、食えないと、政治も崩壊。
食うさめに、生きている。
経済も、自由も、
現実は、庶民が食えないと、それは、暴動の世界。
勘違いしているのは、地位に上がると、独裁すると、
数年で破滅。

長い政権は、決まって、庶民が食えるから、
暴動が起こらない。
権力の維持は、富の分配に、異論があると、
国は、終わるものだ。
官僚・宦官・老中・宰相がのさぱると、国は、私物化して、最後は、
国の金は、自分の私服を肥やす道具に見えるのかもしれない。
最後は、官僚、宦官・老中・宰相のまれの果ては、
処刑が、殿中で、殺される。
庶民を食わせないと、管理者は、殺されることだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-29 04:04 | 名言、珍言

ボイジャ1号の浪漫

c0094071_3524496.jpg
我が地球から、178億kmの彼方へ・・・。
ボイジャー1号が太陽系の端っこから撮影した地球の姿は、ただの点。


昨日、NHKのラジオで、ボイジャーの業績、放送していた。
惑星、土星、木星、輪があること。
そして、地球と同じにの火山、衛星の中に、火山のある衛星がある。
そして、もう、二度と、地球を戻ることなく。
地球は、宇宙からみると、青白い姿で、光っていること、ボイジャーの最後の地球の写真。

人は、宇宙しらないから、狭い、思考で、自殺も、悪行もする。
だが、仕事しているのは、本当の仕事しているのは、
新しい天体に移住すること、考えると、
ボイ゛シャの仕事が、今後、どんな、宇宙人か、新しい天体に行くか、
せこい、考えは、消えていく。
ボイジャーを見習うことかもしれない。



「飛行距離[編集]

2006年8月、NASAはボイジャー1号が100AUの距離に到達したと発表した[6]。

2010年12月13日、NASAはボイジャー1号が観測している太陽風の速度がゼロになったと発表した。これは太陽圏の端に近づいていることを示しているとしている[7]。

2011年8月20日時点でボイジャー1号は太陽から約177億150万km(118.010AU)の距離にあり、地球から最も遠くに到達した人工物となっている。ボイジャー1号の速度は太陽との相対速度で17.056km/s(3.598AU/年)で、ボイジャー2号より約10%速い。ボイジャー1号は2011年現在特定の恒星をまっすぐ目指しているわけではないが、仮に太陽系に最も近い恒星系であるケンタウルス座アルファ星に向かったとしても、到着するまでには約8万年かかる。」



ケンタウルス座アルファ星に向かっているのは、浪漫である。
人間は、他に惑星に、移住すること、考えないと。
それまで、人類が、地球で、生きているのかも疑問。
約8万年、地球に人類がいるのか、
太陽系があるのか、問われるのは、人類は、戦争、争い、している場合でなく、
宇宙で、出る計画が、必要だろう。

宇宙戦艦大和ではないが、果てしない、新しい、道の天体に行くことが、
人類の使命ではないか。
そのために、何をするかである。
投資も、仕事も、すべては、目先ではない。
太陽光発電以外の発電が、大切なことかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-28 03:52 | 暇つぶし批判

ばれたら、

名言、珍言。

「知ったらしまい」

相場格言

勝手な解釈
知られてしまって、知ったら、直に、
かわっていくのか、自然である。
噂も、現実も、
知ったものが、先に、行き、得てくする。
知らないものは、永遠に無知で終わる。




別名、ばれたら、終わりというのが現実。
東日本大震災で、官僚、桂知事、関連業者、当時の権力者、管理者は、
そろそろ、知られていることかもしれない。
悪行。
東電も、水のタンクが、二年、も漏れ、何が、地下水の汚染か。
タンクは、壊れるのか、疑問でならない。
ポリダンクでも、数十年壊れない。
ガスタンクは、どのくらい持っているのか。
トタン屋根だて、二年で、壊れるのか。
福島原発の全体の写真、
見ると、タンクの場所が、作る場所がない。
結局、タンク強者の仕事えるために、もれる、タンク、売ったことになる。
東電の管理者は、馬鹿ではないか。
持ち運べる、タンク、巨大タンクにどうして、しなかったのか。
水のタンクに、強固して、地下深く、埋めることも、
ポリタンクの巨大か、浄化する場所にも、もっていけたことも、できる。


すべては、怠慢が原因と、原発は、崩壊しないと、怠慢だった。
防波堤の巨大にしなかったことが、一番の原因か、
もともと老朽化した発電所だったのかもしれない。
さあ、そろそろ、処罰が始まるのかもしれない。
神・仏は、隠すも、限界輪教えていくのかもしれない。
三年で、崩壊するのか、現実は。

=================


名言、珍言。

「死生命あり(しせいめいあり) 」

 人の生き死には天命で決まっており、
人の力ではどうすることもできないということ。


勝手な解釈
死ぬも、生きるも、本当は、自分の判断でするが、
その結果は、神・仏である。
どんなに、生きたいと思うも、死がくる。
死にたいと、思うのは自殺する。
それも、神・仏の仕業である。
人は、歓談に死ぬのは、死神が付いているのかもしれない。
それも、不運、不運、勘違いして、死神か、サタンの仕業である。
自然の中では、生きるも、死ぬも、
明日くるか、で、考えることだろう。

福島原発で、死ぬも、生きるも、それは、神・仏の仕業であり、
死神の取り付かれた結果かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-28 03:30 | 名言、珍言

空しさ

名言、珍言。

「世の人の心まどわす事、色欲にはしかず。
人の心は愚かなるものかな。」
                               

兼好法師


色欲以上に男の心を惑わす危険なものはない。
『徒然草』第8段で、色欲が起こるのは無理からぬことだが、
戒めなければならないと説いた部分。

(1283頃~1350? 鎌倉・南北朝時代の随筆家)


勝手な解釈
欲が、問題。
性欲も、問題。
だが、必要なことだが、難しい。
すべての犯罪は、欲、性欲で、犯罪者になっていくのかもしれない。
他人の妬み、恨み、自分の比較するのは、欲望。
欲望、どう、処理して、自分の見出すか、
それが、人生の課題かもしれない。
欲、捨てるとは、何か、底辺になっても、欲は、ある。
上層部になっても、欲が、ある。
悟るとは、その行為の中に、空しさと、生き方解るものだ。

=================

名言、珍言。

「上り一日下り一時(のぼりいちにちくだりいっとき) 」

 坂道を上るには一日かかっても、
同じ道を下るにはわずかな時間しかかからない。
物事を作り上げるには長い時間と労力を要するが、
壊すのはあっという間だというたとえ。


勝手な解釈
下がるは、簡単。
難しいのは、生きるの苦労。
生きているとは、難しい。
没落するのは、下り坂は、簡単に落ちるものだ。
一つの行為で、破滅していく。
上りは、一つの失敗も、下がるたけ、上がる努力。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-27 04:16 | 名言、珍言

矢面に立つ精神


名言、珍言。

「沈黙は愚人の知恵であり、賢者の美徳である。」
                               
ボナール


巧妙な会話のできない愚かな人でも、
何も言わなければそれがわからない。
つまり、沈黙は一つの知恵ということになる。

逆に巧みに話せる賢い人が沈黙を守るのは、
自分の能力を見せびらかそうとしないわけであり、
それは謙譲の美徳といってよいというのである。

(1754~1840 フランスの政治家・思想家)


勝手な解釈
沈黙は、必要か、わからないか。
人の評価、信用は、すべては、
自分の無能も、知恵者、言葉、いうから、解るのかもしれない。
人は、外見では、判断できないのが、本当かもしれない。
言葉で、解る、人格。

==============

名言、珍言。


「矢面に立つ精神

 人間が大事に際して、その難局の「矢面に立つ」ということは、
人生としてはおそろしいことであり、大変に勇気のいることである。
スリルがあるとか、あるいはこれはおもしろいな、という人も、
今日の青年の中にはいるかもしれないが、ほんとうに腹を割ったところ、
あまり愉快ではないと思う。しかし、こういう場合に敢然として、
その矢面に立つことも男子の本懐と喜んで事に当たることも大切である。

 そしてそういう人こそ、大事において、うろたえず、
ものを決断することのできる人であり、
人多くして人なき社会において、
ほんとうの人物として立っていくことのできる人であるという思いがする。」


松下幸之助の一日一話


勝手な解釈
人は、働くことは、尊いというが、本当は、投資の尊いものだ。
株式公開して、だれても、買ってもらえる株価にすると、
いろいろな人が、株主になる。
すると、株式総会で、いろいろな庶民の意見が出る。
それを議長の社長、管理者が、数時間、聞いては、答える。
其れもできない、反省もない、経営者が、
来年、数年先が、倒産していくのが、現実。
経営が、悪いのは、株主が悪いのか、
経営者が悪いのか、働く者が悪いのか。
問われるのは、実績である。

東電も、松下電器、シャープも、一度は、倒産の意味を知ることかもしれない。
誰が助けるから、破滅していく。

株主が、酷いと、経営者も、株主総会を軽視して、怠慢に経営。
企業は、社員のために、利益出すのではなく、経営者のために、利益出すのではなく、
投資家に配当だすから、投資する。
投資がないと、それは、銀行から、経営してもらう最後に始末は、
銀行になるものだ。
庶民から、金を借り手、経営するのが、
本当の会社である。
株式総会で、改善と、弁解もできない、者は、
それは、経営者ではなく、ただの無能なものである。
金の借り手、経営しているのが、株式であり、株主総会は、その決算の時期である。

公開株もできない、企業は、それはいずれは、銀行の配下は、へいな投資家に乗っ取られることである。

「矢面に立つ精神」は、株式総会で、何時間かけても、説明して、反省して、
株主の意見、行くのが、最後は、好転する機会になるものだ。
いい、株主がいると、企業は、発展することだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-26 03:00 | 名言、珍言

正しく

名言、珍言。

「まず自分の行状を正しくし、
理非賞罰をはっきりさせていれば、
叱ったり脅したりしなくても、
自然に威は備わるものである。」
 
 
(黒田 如水 戦国時代の武将)

勝手な解釈
自分の言い分、正しくいうこと。
それができないから、恨まれる、憎まれる、
妬まれる。
処分されても、使われる人材は、
正しいことを言うのが必要。
どうしょもない者が、誤魔化して、
また、同じことを繰り返すから、処分される。


==============

名言、珍言。


「哀しみで自分をすり減らしちゃいけない。
死んだ人は死んだ人。
人生は生きている者のためにあるのだから。」
 
 
           (映画 愛と死より)

勝手な解釈
生きるとは、過去、捨てるのかもしれない。
参考にするのは、いい。
恩に感じるのはいいが、今がないと、過去は、語るだけである。
今は、何をするのか、過去ばかりみている、
「昔は、よかった」思うが、先は、後悔を反省して、
今があることを知る。
[PR]
by 2nnn2 | 2013-08-25 05:09 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2