四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

最期は、自立

名言、珍言。

「この道を行けば どうなるものか
 危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし
 踏み出せば その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ 行けば分かるさ」


   一休 宗純

勝手な解釈
人生も、道も、ないならば、自ら歩む。
自分の行くのは、道が開かれているのか、人を利用して、歩くのか。
よくよく、考えること。
才能も、最期は、自立する努力がないと、
人のせいで、自滅する。

===============

名言、珍言。

「暗くならなければ、星は見えない」


                 C.A.ビアード


勝手な解釈
環境で、変わる。
見方から変わる、今を見て、よくよく、周りを見る。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-31 07:58 | 名言、珍言

働け

名言、珍言。


「時は、よく用いる者には親切である。」
                         

 ショーペンハウエル


生きようとする意志はさまざまな欲求の形であらわれるが、それらが阻まれる
ために人生は悲劇であると厭世哲学者のショーペンハウエルは説いた。

しかし、晩年は主著『意志と表像としての世界』が認められて名声を得たし、
思索と散歩を楽しむ生活もできた。

時をよく用いた生涯といえよう。

(1788~1860 ドイツの哲学者)


勝手な解釈
働け、休むな。
働く、動く人に、幸運がある。
何もしないで、生きるのは、ありえない。


=================

名言、珍言。

「人間はしばしば、他人の欠点をほじくることによって、
 自分の存在をきわだたせようと考える。
だが彼は、それによって自分の欠点をさらけ出しているのである。
人間は聡明で善良であればあるほど、他人の良さを認める。
だが愚かで意地悪であればあるほど、他人の欠点を探す。」


 トルストイ


勝手な解釈
自分のことは、たなにあげて、他人がの批判は、自分の批判に最期はなる。
難しいのは、批判より、改善案が、大切。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-30 08:54 | 名言、珍言
野村も、酷い企業に落ちたものだ。
経済の犯罪、いろいろ、犯罪は、
野村の退社した人、経営も赤字の企業も、野村にかかわっているのが多い。



「野村ホールディングス(HD)は26日、傘下の野村証券による増資インサイダー問題で、「社員から情報漏えいした可能性が高い複数の事例が新たに確認された」とする追加調査の結果を公表した。グループ最高経営責任者(CEO)は渡部賢一氏(59)が責任を取って31日付で辞任し、永井浩二野村証券社長(53)が8月1日付で兼務する。

 証券業界を代表する野村グループのインサイダー問題は、渡部氏の辞任で大きな節目を迎えた。

 グループ最高執行責任者(COO)の柴田拓美氏(59)も辞任。両氏は経営の一線から退くことで責任の所在を明確にする。」




いろいろ、負債もでるのは、
経営の酷さが原因。
経営が問題なのだ。

経営のできないで、安い証券会社の子会社化したら、
肝心な経営の本体が、酷いのに。
もともと、顧客に対してより、自分たちの生き残るしかないのかもしれない。
インサイダーない、ことが、証券会社の本当の秩序である。

普通に経営していれば、儲かる企業なのに、
できないのは、今の官僚組織と、似ているのかもしれない。

経営の能力がないのが、本当かもしれない。
人材がないのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-27 04:45 | 暇つぶし批判

厳しいことだ

惨めなこと。
処分されるのは、大リーグは、厳しい。
浪人していた人が、職にありつき、実績が出ないと、首。



「大リーグ、レイズは25日、松井秀喜外野手(38)に戦力外を通告したと発表した。
松井は今季、開幕後にレイズとマイナー契約を結び、5月末にメジャーに昇格。
34試合に出場して2本塁打だった。 」


己惚れたのかしれない。
職、得た、それも、3A、2Aでも訓練しないで、何か、実績がでるのか。
疑問こと。

数ヶ月で、二割は、チャンスに打てないと、無理だろう。

日本も、そろそろ、実績のない大臣は、処分である。

イチローも、そうだろうな。
成績が、悪いと、他の球団に行き、そして、松井のように、処分される。
最初から、3A、2Aから訓練がないから、他でも、生きれるか、問われる。

厳しいことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-26 04:59 | 暇つぶし批判

奇跡があることを

名言、珍言。

「私たちの生き方には二通りしかない。
奇跡など全く起こらないかのように生きるか、
すべてが奇跡であるかのように生きるかである。」

 アインシュタイン(ノーベル物理学者)

勝手な解釈
演じる人生か、現実を見て、失望する人生か。
人は、奇跡を信じて、生きると、楽しい。
奇跡などないと、今、失望していく生き方は、
明日は、もう、知っている人生である。

=================
名言、珍言。

「星火燎原(せいかりょうげん) 」

●意味:些細なことでもほっておくと、
手におえなくなるというたとえ。
小さな勢力が徐々に力を増し、侮れなくなること。

勝手な解釈
些細なことで、人生が破滅。
些細なことで、幸運が舞い込む。
日々、真剣に生きていると、一つの些細な失敗は、
地獄に陥るものだ。
いろいろ、破滅している人の人生みれば、わかる。
織田信長、豊臣秀吉、は、些細なことが、命取り。
慎重に、何度も、殺されかかった徳川家康は、
慎重さがあるからである。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-26 04:51 | 名言、珍言

今後、どうか、面白い。

 芸能界は、果たして、仕事があるのか、
結婚した女性で、才能もなく、タレントとして、
仕事をこなす。



「タレントの熊田曜子が17日、バラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、4月に同い年の一般男性と交際1年で結婚し、現在妊娠6カ月であることを発表。12月上旬に出産予定だが、今後も体調を見ながら仕事を続けていくという。

「今までよくバレなかったと思うが、裏を返せば、それほど注目されていない証拠。熊田は昨年引退した島田紳助の愛人疑惑報道もあったが、今回の発表でマイナスイメージを払拭。おまけに、同番組で独占発表したので、しっかりギャラも入るし、熊田にとっても所属事務所にとっても得なことだらけ」(女性誌記者)

 それにしても、芸能界を見渡すと、妊娠しながら仕事を続けているタレントが多い。

「黒木メイサ、長谷川理恵、長谷川潤、木下優樹菜、中澤裕子、東尾理子ら名前を挙げればキリがない。ひと昔前は、母親をしながらタレント活動を続ける『ママドル』が花盛りだったが、いまや妊娠中で仕事を続ける『妊ドル』が花盛り。すでに出産し復帰しているが、俳優・松山ケンイチの妻・小雪のように"妊婦ヌード"を撮影しておいて、出産後に発表するという稼ぎ方もできる」(同)

 "妊ドル"が増え続けている背景には、かつてと比べて、タレントと事務所の力関係がすっかり逆転してしまったことがあるようだ。

「10年前ぐらいだったら、売れっ子タレントがデキ婚するなんて考えられなかった。そんなことがあれば、よほど売れているタレントでもなければ、マネジャーの管理責任が問われ、芸能界引退に追い込まれてしまっただろう。ところが、いまや芸能界全体で昔に比べて有望な新人が世に出る確率が低くなっており、どの事務所も新人発掘に苦戦。そんな中、妊娠したからといって売れっ子を手放すわけにはいかず、本人が可能な限り出産寸前まで働かせるのが当たり前。出産後に『ママドル』として復帰すれば、これまで来なかったような仕事が舞い込んだり、子育てぶりを自分のブログでアピールしてさらに名前を売ったりと、子どもがいることでいろいろ"保険"が利く。そもそも、昔に比べて事務所もタレントのプライベートの管理が甘くなっているので、無計画に妊娠してしまうタレントが多いのだが」(芸能プロ幹部)

 出産までという期間限定ではあるが、今後、さらに妊娠しても仕事を続けるタレントたちが増え、"妊ドル"枠の争奪戦が激化しそうだ。」



子供がいるから、それが仕事に繁栄するのか。
事務所も大変だろう。
新人を売るより、ママさんのタレントに、どうやって、仕事とるか。

「黒木メイサ、長谷川理恵、長谷川潤、木下優樹菜、中澤裕子、東尾理子」も、子供、生んだ後と、
事務所が、仕事の面倒みるのか、それとも、旦那が食わすのか。
アナでも、経験があれば、司会もできる。
モデルも、果たして、仕事があるのだろうか。

ママさんの女優も、最近、NHKのドラマでもでないと、CMもない。

テレビ局も淘汰、タレントも淘汰の時代。
本当に、タレントの才能がないと、生きれないものだ。

女子ゴルフは、試合することで、生き残るかもしれない。
新しい、新人、AKB48が、ばら売りされていくと、仕事が激減することだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-25 14:08 | 暇つぶし批判
何か、呼び方に、疑問。
何か疑問な記事。
成功者は、一番上である。
其れが、現実。
本当に、27時間テレビ見ている記者なのか。
タモリ・さんま・たけし。
そして、鶴瓶。
今回でてない、所も、タモリの番組がないと、
人気が維持できなかったものだ。





「お笑い界ビッグ3のうちの2人、タモリと明石家さんま。タモリの方がさんまより年上ということもあってか、普段テレビでの2人の関係性を見るとさんまがタモリを立てている様子が窺える。しかし、ある番組の中で、以前からさんまがタモリに対してある疑問があると口を開いたのだ。

『カスペ!・プレタモリ』(フジテレビ系)で、今週末に行われる『FNS27時間テレビ』で司会を務めるタモリが、フジテレビの人気番組に出演交渉を行う為に挨拶回りを行った。この中で、久しぶりに明石家さんまとタモリが共演を果たした。ここで懐かしい思い出話に花が咲いた。

『FNS27時間テレビ』(当時は24時間)の第一回目の総合司会をしていたタモリとさんまの2人。その当時の話をしているとさんまが「何もなければ今でも『FNS27時間テレビ』の司会はタモリとさんまがしていた」と語った。その“何か”が気になったブラックマヨネーズの吉田敬が「何もなければということは何かあったから?」と聞いてはいけない疑問を投げかけてしまった。一回目の『FNS27時間テレビ』が好評だったため二回目もタモリとさんまに司会をしてほしいとフジテレビの幹部は思っていた。タモリに「さんまちゃんも出るって言ってるからタモリさん司会お願いします」とタモリにオファーをしにいったフジテレビの“ある人”。しかし、さんまは出ると言っていなかったのだ。さんまが出るならいいよとOKを出したタモリだったのだが、いざ蓋を開けて見るとさんまは出ないと言っている。タモリは自分が出ると言った後でさんまが断ったと思い込みショックを受けた。さんまに騙されたと思ったタモリは珍しく酒びたりになったらしい。“ある人”のせいでさんまに騙されたと思っていたタモリだが、実はその“ある人”に騙されていたのだ。このような経緯もあり、この年はタモリと鶴瓶が司会を行った(ちなみに、その翌年はさんまとタモリの司会が復活した)。

その後も昔の思い出話に花が咲いたのだが、ふとさんまが「タモリさんって、実は“さんま兄さん”って呼ばなきゃいけない」と口を開いた。周りにいた共演者一同がその言葉に驚いた。みんなタモリの方がさんまより先輩だと思っていたのだ。しかし実際はサラリーマン時代にテレビに出ているさんまを好きでずっと観ていたというタモリ。年齢が上というだけで、芸歴はさんまの方が上なのだ。芸能界では年下でも先に芸能界に入った方が先輩なのでタモリは“さんま兄さん”と呼ばなければいけないことになる。このことをさんまは鶴瓶と一緒に酒を飲みながら「タモリさんって俺達より後輩だから本当は“鶴瓶師匠”とか“さんま兄さん”って呼ばなきゃいけないのにいつもなんで“さんま”“鶴瓶”って呼び捨てなんだ」と語っていた。

世の中の多くの人がタモリの方が大先輩と思っているだろう。しかし、実際はさんまが1974年、タモリが1975年デビューで、さんまの方が少しだけ先輩なのである。だが10歳年上のタモリの方が先輩というイメージが強いのだ。やはり年上の芸人を後輩扱いするのは難しいのかもしれない。タモリがさんまや鶴瓶を呼び捨てにするのも先輩と言えども年下の2人にどのように接していいのかわからないからなのだろう。芸能界の上下関係は難しいものである。」



いいともの歴史見ていると、
いいともで、人気になり、一人立ちするか、できないで、消えるか。
その歴史、見ていると怖い番組である。

売れなくなると、他でも売れないのでは、才能がない。
さんま、鶴瓶、中居と、タモリの27時間の深夜の放送見ていると、
タモリが、番組作らないと、彼らは、消えたのかもしれない。
単なる、大阪の芸人で、今の続くものだ。

いいともは、芸能人を作り出す、生み出す番組かもしれない。
他のテレビ局では、できない「笑っていいとも」は、
最初に企画した人が、偉かったと思う。
横沢さんの偉大さが、死んでも残る人材排出の番組である。

名前の呼び方は、本当は、彼ら「さんま・鶴瓶」より、上であり、
尊敬される、人なのだと、感じるものだ。

NHKの紅白より、いいともで、レギラーになることの凄さと、悪いと、首の
凄さがある。

ネプチュー、クリームシチーウなど、テストされて、番組に出されて、
レギラーになれないというのは、面白い話もある。
すべては、タモリの番組の怖さなのかもしれない。
「笑っていいとも」の怖さである。

考えみると、昼の笑いなど、本当は、見ないものだ。
ニュース番組の時代。
それが、笑いの昼からするのだから、凄いことだ。

これに比べ、大損したのは、
今夜の最高のテレビ局の日テレ、継続していたら、まだ、凄い番組だった。
フジテレビに、タモリ、取られたのが、大きな損失である。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-25 04:31 | 暇つぶし批判
本当に知らなかったのか。
疑問。


「長野県警の巡査部長2人が車検証記載の個人情報を漏えいしていた事件で、
愛知県警に地方公務員法違反容疑で逮捕された長野県警巡査部長の石黒俊雄(60)、倉品宏(50)両容疑者が互いに相手の不正を知らなかったとみられることが24日、捜査関係者への取材で分かった。2人は同県警OBの探偵業、平林大生容疑者(60)から漏えいを依頼され、3人とも知人だったが、愛知県警は、平林容疑者が不正発覚を避けるため、
個別に情報入手ルートを築いた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、3容疑者は94年から4年間、長野県警松本署で勤務し親しくなった。平林容疑者は98年に県警を依願退職後、探偵業を始めた。車検証に基づく車両の使用者情報が07年11月、本人以外は原則取得できなくなったのを機に、不正な情報照会のビジネスを本格化させたとみられている。

 平林容疑者は当初は石黒容疑者にのみ依頼していたが、10年ごろから倉品容疑者にも依頼するようになったという。石黒容疑者が公休日で急な依頼に応えられない場合などに備え、別ルートとして倉品容疑者を協力者として取り込んだらしい。」



このようなこと、官僚など、している気がする。
いろいろ、週刊誌の暴露の記事は、
漏洩している公務員がいるから、出る。

疑問は、どうして、今の内閣の不祥事が出ないのか。
出ても、議員辞職もない。
着服と漏洩で、首なる公務員が、多い気がするが、出ないのが不思議。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-25 02:53 | 暇つぶし批判

書いてみる

名言、珍言。

「諸君が困難に会い、
どうしてよいか全くわからないときは、
いつでも机に向かって何かを書きつけるのがよい」

 小泉八雲

勝手な解釈
何か、書く、それは、考える、から、書く。
思考して、現実に見せるのは、まず、書いてみる。
現実と、その現実しり、その後の対策が、
浮かぶのか、浮かばないのか、思考のそうまとめである。

============
名言、珍言。

「命金には手をつけるな」

相場格言

命金(負ける余裕のない金)で、
トレードすると精神状態が不安定になるどころか、
必ず負けると言っていいでしょう。
相場は必ず余剰資金で行うことが肝心です。



勝手な解釈
浪費のために、金、使うから、破産、野垂れ死にである。
生活のできないのは、国が面倒見るから、安易の浪費に走る。
江戸時代ではないが、老後は、自分の貯蓄で、生活するのが、本当。
其れができないと、賄いでも、何でもできる能力を身につける。
生活費も、浪費する生活は、何を稼いで、暮したのか、
それも、知らないのかもしれない。

公務員も、芸能人も、若いときは、いいが、退職が、年を取ると、仕事がない。
何もできないで、浪費するしかない。
どんなことでも、生活できる、能力がないと、
生活費の意味も知らないで、老いたこと、売れなくなったこと、知らないで、
落ちぶれていくものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-25 02:39 | 名言、珍言

嫉妬

名言、珍言。

「男の嫉妬の本当のギリギリのところは、
体面を傷つけられた怒りだと断言してもよろしい。」


  三島 由紀夫

勝手な解釈
嫉妬は、最後は、憎しみ、態度にでてくる。
人は、最後は、嫉妬の最後は、憎しみ。
態度に出てくる。
嫉妬しないことだ。
================

名言、珍言。

「糟糠之妻(そうこうのつま) 」

●意味:貧しい時から、一緒に苦労をしてきた妻。

勝手な解釈
人は、夫婦で、一人前という。
浪費の人は、けちな人といるものだ。
それで、維持できる。
貧しいときは、何をするかではなく、その環境に、
どうするのか、共にいる人が、立派である。
[PR]
by 2nnn2 | 2012-07-24 05:10 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2