四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

面白くない話。
巨人も、横浜も、考えるは、選手の解任と、トレード。
勝たない原因は、何か。
それも、知らないのが、プロ野球。
客が入らないで、赤字なのかは、知らないのは、選手であり、
高い金を貰うか、FAで、移籍するは、それだれ、誰かは、首か、
はみ出す。
容量、金の額は、限界がある。
そらないのは、FAする人で、
今に、移籍が、遺跡になる後の残すだけである。




「「優勝争いがしたい」との理由で、横浜DeNAから巨人にFA移籍した村田修一内野手(31)。巨人はアレックス・ラミレス外野手を自由契約にしたことで、村田にはがぜん4番打者としての期待が懸かる。
 今季、巨人の4番を打ったのは主にラミレスだが、他に4番を打ったのは小笠原道大内野手、首位打者の長野久義外野手あたり。小笠原は故障と統一球に対応できなかった影響もあって不振だったが、すでに38歳で、シーズンを通して、4番の働きを求めるのは酷だ。また、長野は中距離打者で4番タイプではない。そうなると、これまでハマの4番を務めてきた村田がやはり最有力候補となる。

 ところが、村田を4番に据えることに不安を覚える向きもある。「確かに村田を4番に据えるのは、巨人にとっては自然の流れでしょう。しかし、チャンスに弱い村田の4番にこだわると優勝を逃してしまうかもしれません。弱い横浜で気楽に打ってあの数字ですから、プレッシャーのかかる巨人で、果たしてどれほどの成績が残せるのか疑問です。ここ数年の低迷も気になります」(某スポーツ紙記者)

 実は今季、全144試合で4番を務めた村田の得点圏打率はわずか.196なのだ。これは規定打席に到達したセ・リーグの打者24人のなかで最低。もっといえば、両リーグ51人のなかでワースト。村田の今季打率は.253だったが、得点圏にランナーがいると、率が一気に5分以上も落ちるのだ。セ・リーグのおもな他の4番打者の得点圏打率を見ると、和田一浩外野手(中日).252、畠山一洋内野手(ヤクルト).253、ラミレス(巨人=来季は横浜DeNA).302、新井貴浩内野手(阪神).305、栗原健太内野手(広島).333で、いかに村田がチャンスに弱かったか明白。全試合4番を打って、打点70というのもさびしい限り。「優勝争いしたい」と言うのはいいが、横浜のダントツ最下位の元凶のひとつが、ほかならぬ村田なのだ。

 また、07年に36本、08年に46本を打って、2年連続で本塁打王に輝いた村田だが、ここ数年は低迷。故障で93試合の出場にとどまった09年(25本塁打)はともかく、昨季、今季と2年連続で本塁打20本台、打率2割5分台に終わっているのも不安要素だ。

 今季、巨人で高い得点圏打率をマークしたのは、坂本勇人内野手.361(リーグ1位)と長野.344(リーグ2位)。坂本は通算打率(.262)より、得点圏打率が約1割も高い勝負強さを見せた。残念ながら、2人とも4番タイプではないが、村田でダメなら、4番に起用してみるのも、ひとつの手かもしれない。結果が出ればいいが、出なかった場合、原辰徳監督が“4番村田”にこだわるようなら、巨人の優勝は遠のいてしまうだろう。」



野球選手は、個人商店なのだろう。
売れないのは、首と同じ。

公務員も、野球選手のように、容量、金の限度、隔離し、その中で、分捕り合戦が、必要かもしれけない。

すべては、金の限度は、いくらか、必要なことだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-30 19:31 | 暇つぶし批判

疑わし

名言、珍言。

「疑わしきは何もするな」

相場格言

目先に疑わしい材料があったり、
見通しが利かないときは相場に手を
ださずじっくりと様子を見るのが得策であろうという格言です。
いつでも疑わしいのが相場という気もしますが、
弱材料が多い時などは無理に買いつけせずに、
チャンスが来たら参加するというように、
投資は慎重に慎重を重ねたいものです。

勝手な解釈
疑う、疑惑があると思うのは、しないこと。
疑惑は、怪しく思うと、すべてが、疑惑になる。
いいと思うと、いい方に、見える。
商売は、営業は、人間性が一番、
信用を得るのは、疑うことをしない。
信頼のない、ことは、しないことだ。

今年は、地震、災害、放射能汚染で、
疑惑が、増幅、最後は、増税となんで、
復興のできないのか、瓦礫がまだ、70%解決しないのか、
増税もないものだ。
家は、崩壊しているのに、税金払えとは、
酷い高利貸しである、野田内閣である。

========================
名言、珍言。

「もし乗っている飛行機が突然、
地面に向かって急降下しはじめたら、
あなたは誰の名前を呼ぶだろうか?」


                
ブラッドフォード・キーニィ

勝手な解釈
安全な生活、不運な出来事で、死ぬとき、
自分の行動と、所業で、反省するのか、
誰に、恩を感じるのか、最後に、誰に感謝して、死んでいくか。
最後は、解らないが、恩人を感謝で、死んでいくのが、一番だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-30 04:40 | 名言、珍言

129人は、多い

悪政の政治は、すべてに、経費を使い込む。
死刑は、廃止ならば、わかるが、民主党の政治で、
生残るのは、死刑囚と、官僚のいい思いした、人だろう。
あの、数年前の百人超えると、死刑執行は、何だったのだろう。
死刑は、問題であるのか。




「死刑が今年は1件も執行されないことが28日、確定した。平岡秀夫、江田五月新旧法相がいずれも執行に慎重だったことが要因とみられる。年間を通じて「執行ゼロ」は1992年以来19年ぶり。

 刑事収容施設法は、年末年始の29日から1月3日までは死刑を執行しないと規定している。2010年7月28日に千葉景子法相(当時)が命令したのを最後に、1年以上執行されていない。
この結果、未執行の確定死刑囚は27日時点で戦後最多の129人に上る。

 今年1月、法相に就任した江田氏は、
死刑制度の在り方をめぐる法務省の勉強会が続いていることを理由に、死刑執行を行わなかった。また、平岡氏も9月の就任以来、慎重な姿勢を繰り返し表明。
27日の記者会見でも「人の生命を絶つ極めて重要な刑罰であり、慎重な態度で臨む必要がある」と語っていた。 」




129人の維持費は、大変だろう。
江戸時代ならば、半年で、処刑される、老中の承認で、決まる。
法務大臣が、怠慢だと、死刑のないのかもしれない。

129人も、その中に、悪質な、犯罪者もいるだろう。
拘置所も、大変だ、刑務所のが、まだ、教育になるが、
来年も、犯罪者が増える、今に、民主党政権が維持されてと、200人になる。
でっちあげの事件と、死刑囚もいるだろうが、多いことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-29 08:51 | 暇つぶし批判

撤退の後

名言、珍言。


「引かれ玉は投げよ」

相場格言

損切りしなさいよ!という意味の格言です。
損切りは自分のとったポジションを否定することになるため、
なかなかできない投資家が多いものですが、
深みにはまる前に思い切った行動を取ることも時には大切です。

勝手な解釈
撤退、侵攻、繰り返して、生き延びる。
撤退、逃げ出すことを知らないと、成功もない。
夜逃げではないが、最悪の中で、逃げ出すのでは、もう、終わりである。
逃げ出す前に、撤退、やめることだ。

織田信長、豊臣秀吉でも、敗北・撤退を経験している。
徳川家康でも、信長、秀吉に仕えて、撤退経験。
撤退の後の戦略が、恐ろしいのは、力があるからだろう。

====================

名言、珍言。

「軽裘肥馬
(けいきゅうひば)」

 富貴なひとの外出のいでたち。
また、富貴で豊かなさま。「裘」は獣の毛皮の服。

勝手な解釈
外出で、人の姿で解る、人格、身分、生活の基盤。
服装と、態度と、すべて、人格がわかるものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-28 03:40 | 名言、珍言

行動で、道は、

名言、珍言。

「解らなくてもやれ。
可能なことをいくらやっても、才能は開発されない。」
                               

鈴木健二


司会者・解説者などとして、
その博覧強記ぶりが親しまれている鈴木健二の言葉。
数学でも基本問題ばかりやっていたのでは
難しい応用問題を解く力は身につかない。

困難に挑戦することが、その人の可能性を広げるのである。

(1929~ 現代の評論家)


勝手な解釈
やること、何もしないと、才能、幸運も来ない。
何をするかも、まず、考えることより、行動して、考える。
道は、開ける。

================

名言、珍言。

「通功易事(つうこうえきじ)

●意味:品物を互いに流通させて、分業の成果を上げること。

勝手な解釈
売買、流通は、分業である。
コスト、下げることも、分業と、必要なときの分業の投資。
一つで、行いと、こけると、破滅。
分業は、別の道が見つけられる。
統合の破滅、分業の生き残る知恵。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-26 05:15 | 名言、珍言

恐れて、戦う

名言、珍言。

「恐れながらも
 たちむかっていくのか……」

            
 塔矢行洋

  『ヒカルの碁』第3巻、集英社、P167より
       (原作/ほったゆみ、漫画/小畑健)


勝手な解釈
この世は、運命があるという、不運があるという。
だが、生きているのだから、乗り越える。
死んだら終わり、戦いながら、扱かれ、進化していく。
恐れながら、戦う、それを知らないと、
破滅する道に繋がる。

今年の東日本大震災で、あんなに、不運であると、思うのが、
原発の事故は、人災であった。
自衛隊の原発に、みずかけの行為は、馬鹿馬鹿して、行為だった。
菅内閣の馬鹿さを露呈した話であった。
あの防衛大臣は、無知だったのが、疑問である。

福島原発は、津波が来て、何で、電源を止めた東電の社員、
犯罪である。
恐れながら、戦いことを知らない。
電源が切れて、初めて、究極の場で、考える思考がない。
マニアルが、酷いのか。
電源をきった人は、犯罪者である。
その後の菅内閣の誤魔化しと、視察が、官僚の天下り、
無知な原子炉を知らない者の破滅であった。
2011年漢字は、絆というが、
現実は、誤りか、怠慢が本当ではないか。
原発の電源、止めなければ、水素爆発もなく、電源の確保の発電車で、
放射能汚染と、東電の天下り組織は、存続したものだ。
一手の過ち。
原発の無知さが、原因である。


===========

名言、珍言。

「道心堅固(どうしんけんご)」

●意味:道義心を堅く守ること。


勝手な解釈
道の心、道徳、世の中の常識ではなく、
人の心の経過の心根。
人は、哀れしるとき、恩を知る。
苦悩しると、恩人、しる。
教えられるのではなく、体験して、知るのかもしれない。
道の心。
とくにか、歩いている、この世が過ぎて、
三途の川まで、行くのが、人の人生の終わり。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-25 04:07 | 名言、珍言

今まで、

管制官は、楽な服装でいいのか、今までが可笑しい。
軍隊みたく、警察官みたく、制服の服装が、本当だろう。
鉄道の職員・運転手でも、制服の服装。
酷い話。
だから、ミスするのだ。




「業務中に居眠りをするなど航空管制官の不祥事が相次いだことを受けて、国土交通省は、管制官に公私のけじめを自覚させるため、現在は自由となっている服装を改め、男性はワイシャツにネクタイ、女性はブラウスなどの着用を基本とする服装のガイドラインを定め、年明けから適用することになりました。

航空管制官を巡っては、羽田空港の管制官がアメリカの大統領専用機の飛行計画の画像をインターネットのブログに掲載したり、那覇空港の管制官が業務中に居眠りをして旅客機の発着が遅れたりするなど、去年からことしにかけて不祥事が相次ぎました。これを受けて国土交通省は、管制室への私物の持ち込みを禁止するなどの再発防止策を実施していますが、さらに、管制官に公私のけじめを目に見える形で自覚させるため、現在は規定がなく、自由になっている服装のガイドラインを定めました。具体的には男性管制官はワイシャツにネクタイ、スラックス、
女性管制官はブラウスにスカートやパンツなどを着用するとしています。
また、靴も革靴やパンプスなどビジネス用のものを履くことを求めています。一時は制服を導入することも検討されましたが、予算の面から難しいとして見送られたということです。管制官の服装のガイドラインは年明けから適用されます。」



野球選手、掃除の人でも、服装で、人間の意識が、変わる。
怠慢なことは、起きるのは、服装かもしれない。


学校も、服装の徹底が必要かもしれない。

自衛隊の制服・服装のように、制服・服装は、考えることかもしれない。
国会議員も、赤い服とか、緑の服とか、考えることかもしれない。
普通の服装、色が、本当ではないかと、考える。

私服は、違うことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-24 07:49 | 暇つぶし批判
日本の女性もあるのか。
胸のない人が、あるようにするのは、大変だ。
ある人も、維持するのに使われているのか。
フランス製が、良くないのかもしれない。



「フランスの企業が製造していたシリコーン入りの豊胸バッグが体内で破れる恐れがあるとして、仏保健省は23日、除去手術を受けるよう勧告した。対象は仏国内だけで約3万人に上るとみられるが、AFP通信によれば、日本を含む65カ国以上で販売されていたという。
 問題のバッグは、昨年倒産し清算手続き中のポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社が製造。
医療用でない工業用シリコーンを使い、発がん性を指摘する声も出ていた。
 保健省は声明で、このバッグを使用した女性が「他の女性と比べ発がんリスクが高いわけではない」としながらも、体内で破れて炎症を起こす恐れがあるため、予防措置として除去を勧告した。 」



倒産の企業は、安く、出ているのかもしれない、品。
知らないで、低額の手術は、不安なことが、将来あるのかも、しれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-24 07:41 | 暇つぶし批判

闘志

名言、珍言。


「闘志が他人に向いてしまう人はそこまで止まり。
自分の中に意識を集中させることが不可欠。」

            

カウンセラー・シンクロ銅メダリスト
    田中・ウルヴェ・京

勝手な解釈
自分の中での問題。
他人の敵対するより、まず、自分の戦いであり、
最後の自分の貪欲さの戦いである。
人の運は、他人任せではない、自分の判断と行動と、闘志。

===========

名言、珍言。

「行く水にも淵瀬あり、人の世に窮達なからめやは。」
                              
 樋口一葉


水の流れにも深い所と浅い所があるが、
人生にも貧乏と富貴がないことがあろうか。

明治の女流作家樋口一葉は、貧しい生活の中で病魔と闘いながら、
明治の社会
の暗い谷間に生きる女性を描いたが、
そこには作者自身のかなしい投影があった。

(1872~96 明治時代の小説家)


勝手な解釈
貧しい生活、裕福な生活、人の人生には、ある。
問題は、どうするが、判断は、水の流れではないが、
周りの環境で、天変地異で、考えることだろう。
動くのは、水だが、判断も水、自分である。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-24 03:39 | 名言、珍言

その時期を

名言、珍言。

「花はさかりに、月は隈なきをのみ見るものかは。」
                              
 兼好法師


「桜の花は満開のときだけを、月はくもりのないときだけを見るものであろう
か(そうではあるまい)」という意。
自然の魅力はあらゆる状態の中に見いだすことができる。
しかし、それには人間の側の感受性が大切なのである。
                     (『徒然草』第137段より)

(1283頃~1350? 鎌倉・南北朝時代の随筆家)


勝手な解釈
時期、満開、満月のときが、旬と考えると、
それを中心に、見方、考え方がある。
そのときの見方ではあるが、時期の状態で、考えるも必要。
美人も不美人になる、不美人も美人になる、時期が、推測することが、
必要である。
人の心も、態度も、その人間の旬か、過ぎたのか、知ることを見ること。
================

名言、珍言。

「礼煩わしければ即ち乱る
(れいわずらわしければすなわちみだる)」

 儀礼の数が多く、こみ入ってくると、かえって混乱して守られなくなるものである。
礼は出来るだけ簡素な方が良いということ。

勝手な解釈
組織が、拡大していくと、組織の運用しか知らない者がでてくる。
現場しないものが、組織、運用して、誤魔化ししていく。
礼儀で、食べてる組織、役職が、妬まれることが、多いものだ。
官僚も、経営の事務方も、組織の下からを知らないと、破滅する。

NHKの忠臣蔵の秘話の話、見たら、吉良は、儀式で食べていた家柄、
大名は、天皇の接待、江戸城の接待にために、吉良から聞いては、
行う、それを妬み、恨み感じたことが、
江戸城の松の廊下の刃傷沙汰になった。
儀式、礼儀、儀礼は、人に、聞かないと、解らないことでは、
事件が起きるものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-12-23 04:17 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2