四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 48 )   > この月の画像一覧

読む、使う

名言、珍言。

「この世は一冊の美しい書物である。
しかしそれを読めない人間にとっては何の役にも立たない。」


ゴルドーニュ


勝手な解釈
本、ものは、持っているだけでは、意味がない。
使う、応用することが、大切。
何も、大袈裟では、なく、読んでいる、見ていると、
応用するものだ。
読まないと、何一つ、知らないで、買わないと同じ。

================

名言、珍言。

「英雄欺人
(えいゆうぎじん) 」

 才知のすぐれた人物は、
常人の考え及ばないようなことをして人の意表をつくという意。



勝手な解釈
優れた人は、なかなか、いない。
凡人ばかりである。
一番酷いのは、優れた人と、思い込み、才能もないのに、勝手な判断でする。
すると、破滅していく。

どこかの総理退陣と似ている。
自分で墓穴を掘っていく。
才能が、ないの思うならば、人材を見つけることしかない。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-31 03:31 | 名言、珍言

自分次第

名言、珍言。
 
「夢は逃げない。
逃げてしまうのは自分なんです。」


           
田中 トシオ(世界理美容選手権チャンピオン)

勝手な解釈
自分の行動しだい、夢は、適うが、適わないか。
すべては、自分。
人は、自分勝手なものだ。
できる、できないは、他人のことにしていると、
何一つ、自分の進化はない。
他人、当てにして、いくと、没落するも、他人の影響。

===================
名言、珍言。

「適者生存(てきしゃせいぞん)

●意味:生存競争の結果、その環境に適するものだけが生き残り、
他は滅びること。

勝手な解釈
生き残るは、適用である。
時期ではなく、自分が、世相にあわせる。
人の気持ちも、変わる、時代が変わる。
生き残るのは、自分の思考でなく、適用。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-30 06:22 | 名言、珍言

凄いことだ

c0094071_4195354.jpg凄い走りだ、涙が出る。


「陸上の世界選手権は第2日の28日、韓国・大邱スタジアムで行われ、男子四百メートルでは、
四肢のいずれかを失った選手で初めて出場した両足義足のランナー、
オスカー・ピストリウス(南アフリカ)が45秒39の5組3着で29日の準決勝に進んだ。
金丸祐三(大塚製薬)も3組4着で自身初の準決勝進出を果たした。
 ○…両足が義足のスプリンター、ピストリウスが歴史的な一歩を記した。
カーボン繊維製の義足でレースに臨んだピストリウスは男子四百メートル予選5組に出場。
スタート直後は加速がつきにくく、すぐに内側の選手に抜かれたが、バックストレートから次第に加速。カーブの曲がりが緩い8レーンも味方し、
3着で準決勝に進んだ。45秒39は全体では14番目のタイム。
終盤にスピードを緩めたところ、つまずきそうになる姿もみられた。
 義足がもたらす「助力」をめぐっては賛否両論あるが、
障害者スポーツの枠を超えて初の世界選手権出場を果たしたピストリウスは
「長年の目標で、うれしい。プレッシャーもあったが、今日のような走りを続けたい」と喜びを語った。」


人は、努力すれば、できるのだ。
軽率に、諦めているのが、問題なのかもしれない。

TBSは、もっと、この写真の試合、再放送して欲しい。
凄いことだと、思う。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-29 04:20 | 暇つぶし批判

運用の意味

名言、珍言。


「素人がプロに勝てるのは
時間である 」

相場格言

プロとは、昔は相場師のような人を指していましたが、
今日では、歩合ディーラーや投信の運用者などをいう場合がほとんどのようです。
昔の相場師は会社訪問などをして銘柄をじっくり研究し、
数年がかりで大相場に仕上げていましたが、
今のプロと称する人達は、比較的短期間に結果を求められることが多いため、
時間をかけて銘柄研究をするということが少なくなったかもしれません。
個人投資家は、企業説明会に出席したり、雑誌や資料等でじっくり会社研究をして、
これと思った銘柄には時間をかけて投資することが大きく儲けるこつであるという教えです。


勝手な解釈
投資とは、本当は、個人の財産を運用して、
それが、後々、国の収益になる。
原点は、目先の利益ではなく、時間をかけて、育てる人材、企業。
すべては、個人の思考が企業、国を育てるものだ。

人を支援、企業の育てるは、お客ではなく、庶民である。
国民が、酷いと、政治も、企業も、社会も酷い。
時間をかけて、利益だすのが、投資の原点。
国も、庶民も、運用する意味を考えることだろう。


======================
名言、珍言。

「同舟相救う
(どうしゅうあいすくう)」

 敵同士でも危難に遭えば互いに助け合うということ。
また、同じ境遇の者は互いに助け合うということ。



勝手な解釈
戦いしても、最後まで、勝利になるか、問題もいいが。
他の問題では、協力するのが、敵に敬意することかもしれない。

武田信玄と上杉謙信の戦いを思い出す。
敵に塩を送る話を、思い出す。
戦は、武士の戦いであるが人間の生命に影響することは、助け合う。
助け合うこともなく、敵を撃退していくと、
織田信長のように、恨みと、憎しみ、買う。

庶民に影響することをすると、名君が、悪行の君主になるか、
すべては、最後の人の生命線にかかわること、すると、
憎しみ、恨み、反逆者がでる。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-29 02:28 | 名言、珍言

先先

名言、珍言。



「強欲によって
食うに困るような貧乏から免れはするが、
概して小心になりすぎて金持ちになることはない。」


トーマス・ペイン『コモン・センス 他三編』

勝手な解釈
欲張る人は、目先で、富を得て、最後は、目先で、破滅。
先をみて、欲張るを押さえるのが、必要。
先は、あるか、ないか、それが、欲張る人間には、
目先で、いきる人が多い。


一年前、二年前と、総理退陣が、多い。
自民党の党首の交代と、民主党の党首の交代は、
同じようで違う、過ちは、目先の富、地位で、動くと、
破滅する党もある。

投資とは、金投資、人材を投資、本当は、欲張ることが、先先のことかもしれない。


===================

名言、珍言。


「敵は本能寺にあり
(てきはほんのうじにあり)」

 本当の目的は別のところにあるということ。
天正十年(1582)、
備中の毛利氏を攻めると称して出陣した明智光秀が、
その途中で急に方向を変え、京都の本能寺にいた主君織田信長を急襲したという故事に基づく。


勝手な解釈
人は、虐げられると、反逆がある。
敵でも、見方でも、自分を虐げる者に、裏切ることがある。
すべては、自分の対して、虐げる者に、仕えるのは、辛い職である。

人は、軽率に、批判、悪口、態度すると、裏切ることがあるものだ。
人望のある人は、反逆がない、させないことだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-28 04:57 | 名言、珍言

すぐにやめる、

名言、珍言。

「しまったはしまえ」


相場格言

自分の予測とは逆に相場が向かった時、
それを修正することが大切です。
判断を誤った場合は、
予測、方針、手法の変更など、柔軟性のある戦略が求められるのです。


勝手な解釈
失敗と思ったらは、すぐに、やめて、対策する。
過ちを知っていても、続けると、酷い最悪の負債。
人は、失敗と思ったら、考える。
離婚も、結婚も、仕事も、選ぶのは、いいが、過ちと思えば、
やめることしか、対策はない。
====================

名言、珍言。

「商人の空誓文
(あきんどのそらせいもん) 」


《意味》
商人はうそや駆け引きが多く、信用しがたいということ>


勝手な解釈
商売は、うそつきで、なっている。
物を売るは、知恵がないと、売れない。
物を買う人は、知恵を使って買うから。
うそつきの戦いが、商売である。
原価、利益、それを無視して、商売すると、いずれは、競争には、勝てない。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-27 03:01 | 名言、珍言

人の意見は

名言、珍言。

「人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知恵ではない。」

豊臣秀吉

勝手な解釈
他人の意見で、知恵が生まれるのは、応用しただけ。
知恵は、自分の応用の最後に、でてくる。
真似ることが、最後は、自分の別の才能を見出す。

===================

名言、珍言。

「是是非非(ぜぜひひ)」


「良いことは良い、悪いことは悪いと、
事に応じて判断すること」(広辞苑)

勝手な解釈
普通の思考である。
損得ては、考えない。
情では、考えない。
難しいことである。
人は、正しいと思っても、全体から見ると、
過ちがあるものだ、自分の思考でなく、悪、善と、考えること。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-25 18:09 | 名言、珍言

先が解らない

日刊ゲンダイは、面白い。

だが、違う気もする。
全ては、官僚の責任ではなく、総理大臣の責任、裁判になるが、本当だと思うが、
これから、誰が、悪いのか、暴露合戦である。




「今頃になって「原発周辺は住めません」なんて、よく言うワ (ゲンダイネット)
<辞める菅がドサクサ謝罪のデタラメ対応>


 これはもう、明らかな犯罪ではないか。政府が今頃になって、原発周辺の住民に「戻れない」事実を伝える方針を決めたことだ。

 判断の根拠になったのは19日、文科省が発表した原発周辺50地点の推計積算放射線量だ。そこにとどまった場合、1年間でどれだけの放射線を浴びるか。初めて集計、推計値を出したもので、最高は原発から3キロ離れた福島県大熊町小入野の508ミリシーベルト、22キロ離れた浪江町でも229ミリシーベルトだった。さすがに立ち入り禁止の解除は無理と判断し、菅首相が27日、福島入りし、陳謝することになったのだが、あまりにふざけた話だ。

 周辺地域がこういう事態になっていることは多くの専門家が指摘していたし、菅自身、4月に松本健一内閣官房参与と「20年は住めない」と話していたのだ。菅は自分の発言ではないとゴマカしたが、当の松本が週刊文春(8月25日号)でこう語っている。

〈4月13日に京大原子炉実験所の今中哲二助教が飯舘村の土壌から1平方メートルあたり2200キロベクレルのセシウム137を検出し、人が住むのに適したレベルではないと発表していました。実は文部科学省も同様のデータを持っていたのですが、パニックになるという理由でずっと隠していたのです。私は菅首相に「ここの人々は避難させないといけない」と進言しました。「10年20年住めない」という言葉は、そのときに交わされました。少なくともそれは2人で共有した事実でした〉

 それなのに、今まで事実を隠し、自分が辞めるドサクサまぎれでデータを出して、住民の怒りの矛先をかわす算段なのである。

「ひどい話ですが、こういう振り付けをしている官僚がいるのだと思います。いきなりデータを出すとまずいから、様子をみる。ガス抜きが終わったところでポロッと出す。責任はすべて辞める首相におっかぶせて、自分たちは生き残る。国民の健康や財産のことなど眼中になくて、とにかく、都合の悪いことは隠す。それがこれまでの原子力行政なのですよ」(ジャーナリスト・岩上安身氏)

 こうした犯罪的な官僚は菅もろとも、しょっぴくべきだし、大体、他にも「官邸の犯罪」は次々に明らかになっている。

 東大の児玉龍彦教授は線量が低い地域から高い地域に子供を移動させている実態を指摘、首相にメールを出したが、無視された。米国務省のケビン・メア元日本部長は著書「決断できない日本」(文春新書)で震災後、米国は放射能対応で協力できる品目を提示したが、日本政府の反応が鈍かったことをバクロした。

 こうした結果が“汚染まみれ列島”なのである。いまごろ、菅が謝って済むと思ったら大間違いだ。」



20年は、住めないのか、永遠に住めないのか、広島・長崎の原発より、酷いという。
何年で、収まるか。
いまだ、放射能は、垂れ流し。
石棺しないから、より、日本国の全体に、広がっている。
海も、気流、海流で、そろそろ。日本海に回っていく、魚の流れ。
四年後に、どのくらい、癌で、死んでいくか、日本人。
4年後、官僚、菅内閣の大臣は、生きているのか、刑務所か、病死か。

先が解らないことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-25 17:26 | 暇つぶし批判

生まれる

生まれているのか。
面白い。

「銀河系の中心部で、約2500万年前に星が大量に誕生する“ベビーブーム”があったことを、東大や名古屋大などが観測で突き止め、25日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 研究チームは、名古屋大が南アフリカに設置した近赤外線望遠鏡で、2001~08年に銀河系の中心部方向を繰り返し観測。検出した8万個以上の星の中から、周期的に明るさが変化する「セファイド」と呼ばれるタイプの変光星3個を発見した。
 変光の周期などを分析した結果、いずれも約2500万年前に誕生していた。この望遠鏡で観測可能な3千万~7千万年前には変光星はなかった。」



銀河系の中心は、できているのか。
浪漫だ。c0094071_1713395.jpg
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-25 17:13 | 暇つぶし批判
凄い、吸い込まれるような、ブラックホール

「星が巨大ブラックホールにのみ込まれる瞬間の“断末魔の叫び”ともいえる
「ジェット」という現象を初めて観測したと、日米などの研究チームが25日、
英科学誌ネイチャーに発表した。
観測は、国際宇宙ステーションの日本実験棟
「きぼう」に設置した全天エックス線監視装置「MAXI」と、米航空宇宙局(NASA)の衛星「スウィフト」で実施。」



本当に見えるのか。
不思議なことだ。

世の中、変な事件、宇宙からみると、もっと、恐いことだろう。
考えるべきは、星の消滅と、誕生。c0094071_17101960.jpg
[PR]
by 2nnn2 | 2011-08-25 17:10 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2