四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

酷い賞になった。
何か、レコード大賞か。
今年の売れた歌手、曲ではない気がする。

日本レコート大賞、仕分けの時期ではないか。
必要ない賞である。
廃止が必要だろう。

庶民の関係ない、テレビ局の宣伝と売れない歌手、事務所の維持のために、している気がする。





「年末恒例の音楽賞『第52回日本レコード大賞』の最終選考会が30日、東京・初台の新国立劇場中劇場であり、人気グループ・EXILEが「I Wish For You」で3年連続の大賞に決まった。レコ大3連覇は2001年~03年の浜崎あゆみ以来、史上2組目の快挙。最優秀新人賞には「夢見る15歳」を歌う4人組ガールズグループ・スマイレージが選ばれた。



 EXILEは2007年にも最優秀歌唱賞を受賞しており、レコ大の主要受賞はこれで4年連続。2003年に「Together」で金賞、04年に「Carry On」で金賞、06年にEXILE&倖田來未として「WON’T BE LONG」で特別賞も受賞しており、通算7度目の受賞に。昨年は14人にメンバー増員後の初受賞ということもあり、ボーカルのATSUSHIが男泣きして「Someday」を歌唱中に声を詰まらせる場面もあった。

 今年は歌唱前にはリーダーのHIROが「さらに進化したEXILE、歴史に残るパフォーマンスを見せたい」と強く意気込み、受賞が決まると「本当に今のEXILEはたくさんの方に支えられているので…この3年連続という偉業ができた」とスタッフやファンに感謝。ボーカルのTAKAHIROは「これからも初心と感謝の気持ちを忘れずに歌っていきたいと思います」と話した。

 今年は最優秀歌唱賞を受賞した近藤真彦の22年ぶりの出演も話題に。1987年に「愚か者」で大賞を受賞した際、亡母の遺骨が盗まれる事件があり「古い話になりますが、悲しい思い出がありました。生んでくれたお袋、母に感謝します」と伝え、最新曲「心 ざんばら」からヒット曲「愚か者」「ギンギラギンにさりげなく」をメドレーで歌唱。「少し大人になって戻ってこれたかなと思います。こういう緊張感のあるステージを大切にしたい」と笑顔をみせた。

 半世紀以上の歴史を持ち音楽界の権威として知られる同賞は、今年もTBS系で『第52回 輝く!日本レコード大賞』として午後6時半より東京・初台の新国立劇場から生中継。司会は堺正章が15年連続、藤原紀香が2年連続で担当し、同局アナウンサーの安住紳一郎、加藤シルビア、枡田絵理奈も出演した。

■受賞作品および受賞者

【最優秀アルバム賞】
『ハジマリノウタ』いきものがかり

【最優秀歌唱賞】
近藤真彦

【作曲賞】
FUNKY MONKEY BABYS/川村結花(「あとひとつ」FUNKY MONKEY BABYS)

【作詩賞】
植村花菜(「トイレの神様」ほか 植村花菜)

【編曲賞】
Jin Nakamura(「ふたつの唇」EXILE)

【優秀作品賞(日本レコード大賞候補)】
「I Wish For You」EXILE/「逢いたい理由」AAA/「ありがとう」いきものがかり/「Tell Me Goodbye」BIGBANG/「トイレの神様」植村花菜/「虹色のバイヨン」氷川きよし/「New World」w-inds./「Beginner」AKB48/「松島紀行」水森かおり/「Ready to be a lady」GIRL NEXT DOOR

【優秀アルバム賞】
『ARE YOU READY?』斉藤和義/『JUJU』JUJU/『少年少女』中村中/「to LOVE」西野カナ/「ハジマリノウタ」いきものがかり

【新人賞】
ICONIQ、菊地まどか、少女時代、スマイレージ

【日本作曲家協会奨励賞】
さくらまや

【企画賞】
『あの素晴らしい曲をもう一度~富澤一誠・名曲ガイド。時代が生んだ名曲39曲~』(ユニバーサル ミュージック)

『KARA SPECIAL PREMIUM BOX FOR JAPAN』KARA(ユニバーサル ミュージック)

『16粒の愛の物語』天童よしみ(テイチクエンタテインメント)

『世紀のビッグショー 美空ひばりと石原裕次郎 ヒットパレード(上)』
『世紀のビッグショー 石原裕次郎と美空ひばり ヒットパレード(下)』
『世紀のビッグショー 石原裕次郎と美空ひばり 二人の愛唱歌(上)』
『世紀のビッグショー 美空ひばりと石原裕次郎 二人の愛唱歌(下)』
『世紀のビッグショー スペシャルCD』(テイチクエンタテインメント/日本コロムビア)

『Dear Friends BOX』岩崎宏美(テイチクエンタテインメント)

【特別賞】
「また君に恋してる」坂本冬美

【音楽文化賞】
加山雄三

【特別功労賞】
石井好子、江口浩司、谷啓、星野哲郎、吉岡治」




酷い賞は、淘汰の時代。
いくら賞を上げても、売れない、売れなくなった歌手は、終わっている。
今年の売れた歌手、曲は、日本レコード大賞の審査員には、解らないものかもしれない。

紅白のが、まだ、立派である。

今日の紅白の司会、紅白で出てきる歌手が本当に、
売れた人と、売れないが、維持した人の惨めの姿を見れる。
売れない曲は、今年ないと、惨めである。
笑い者になるものだ。

日本レコード大賞も、廃止の時期ではないか。
庶民は、見る人が、どのくらいいるのか。


視聴率が問題かもしれない。

テレビ東京の相撲の番組のは、面白かった。
初代貴乃花は、凄い、面白い相撲だった。
去年・今年の相撲界の不祥事から、よく、テレビ東京で、理事長も協力して、
放送したものだ。
あんなに、昔の映像が良かったと思う。
昔の取り組みは、面白い。

日本レコード大賞など、見ることも、興味なく、新聞で見る事が一番である。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-31 06:04 | 暇つぶし批判

atozは、面白い


追跡!AtoZ スペシャル は、再放送のような内容は、面白い。
考えさせられることが多い。


追跡!AtoZ スペシャル 

「「徹底追及!堕ちた“正義の味方”」

金銭がらみのトラブルで訴訟を起こされるなど、相次ぐ弁護士トラブルを追った「“正義の味方”はなぜ堕ちた」(9月4日放送)。

放送後、視聴者から「自分も同様の被害に遭った」といった相談が続々と寄せられた。

弁護士の問題に詳しい江川紹子さん自らが、さらに悪質なケースを取材。

同じ弁護士が何度もトラブルを繰り返すという問題について日弁連に直撃取材。対応策などを問いただす。」


弁護士は、信用しないことだ。
裁判で勝っても、弁護士が、勝手に取り分を取ってしまう。
弁護士の犯罪もあるという。
何何でも、トラブルがある弁護士も、免許剥奪は、少ないものだという。
弁護士の管理は、弁護士会か、
資格制度が問題に見える。
司法試験が合格するだけで、永久に得る資格は、可笑しい。
運転免許のように、変更する時期が必要、免許更新制度が必要に思う。それとも、司法試験の中に、弁護士と裁判官、検察、資格別々にすることが必要かもしれない。
弁護士が多いのは、免許更新、継続制度が、必要に思う。
違反は、トラブルを起こした弁護士は、庶民に解る、方法が必要である。





「日本の“頭脳”はどこへ行く」

電気自動車や太陽光発電といった、最先端分野での競争を勝ち抜くために家電メーカーをリストラされた技術者に目をつけ、再雇用して力をつけてきた中国メーカー。

今や、大学卒で専門分野10年以上の経験があっても採用率は3割。シビアな“選別”が始まっている。

中国最大の家電メーカーから面接に呼ばれたものの、
ノウハウを書いたレポート提出という、さらなる試験を課せられたAさん(51歳)。

ついに最終面接に臨むことになった。その結果は? 」


疑問な内容。
リストラされた、社員が、中国企業で、再就職、そのために、
今までの自分の業績の方法のレポート。
合格しなくても、レホートは、中国企業にわたる。
面白いことが、最後は、どうして、日本企業からリストラされた社員は、海外でも、使えないという結論。
中国でも、今の技術開発した人が、欲しい、それで、すぐに商品にする。
結局、リストラされた社員は、他では、使えない。
レホートも、紙くずに見える。

日本の企業に終身雇用が問題に見える。
50歳台で、どうして、リストラされるのか、それは、
企業は、お荷物。
もっと、早く、自分で会社を作ることをしなかったのか。
技術、開発も、他の会社、国にたより、結局、
自分の自立の会社を作ることを怠ったことだろう。
仕事は、終身雇用では、定年後、リストラ後使えない。
日本に技術は、他に移るというが、他に使えないリストラ社員もいるのだろう。
会社起こす、作ることを怠ったことが、
リストラの後に反省で、後悔するのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-30 18:41 | 暇つぶし批判
求めてないのではないか。
勘違いしているのではない。
歌が売れないと、歌番組、歌手は、食えない。
その原点を忘れている。
売れないから、演歌が、放送時間が少ない。



「歌手の北島三郎が29日、東京・渋谷のNHKホールで『第61回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに臨んだ。演歌界の重鎮は、放送時間の短縮に伴い縮小された“演歌枠”について憂慮し「今の若い人たちの音楽もいいけど、この1年頑張ってきた50代以上の皆さんが求めているのは演歌だと思う。生活の歌である演歌を大事にしてほしい」と苦言を呈した。
今年11月に心不全のため亡くなった作詞家・星野哲郎さんが作詞を手がけた「風雪ながれ旅」(1980年)を歌唱する北島は「星野先生にいただいた曲で歌手生活49年を締めくくり、来年の50周年のためにしっかり歌わせてもらいたい」と決意を語った。

 また弟子であり、自身の二女と結婚した北山たけしの落選についても言及。この件については「いい歌、歌っているけどね。でも、本人もまた来年頑張りますといっていたから、出られるように頑張ればいい」と語り、彼の奮起を促していた。

『第61回 NHK紅白歌合戦』は「歌で つなごう」をテーマに31日午後7時30分から11時45分まで放送(途中、午後9時25分から5分間のニュース中断あり)。これまでの対戦成績は紅28勝、白32勝。」


演歌で売れたのは、何ガあるのか。曲が売れたのだろうか。

そろそろ、歌手も、淘汰されることが紅白にも必要。
売れない、今年のヒットもない歌手は、
紅白で恥をかく時代かもしれない。

今年の紅白も、演歌の時間になると、他のことをするか、
他のテレビ局を見るか、視聴率が、激減するのではないか。
売れない演歌歌手が紅白に出るのは、恥さらしになるものだ。
今年、歌手は、売れた曲がないと、惨めである。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-30 04:12 | 暇つぶし批判

公開は、大変だ。

株式とは、難しい。
一度公開すると
難しいことだ。




「ジャスダック上場の出版社、幻冬舎は29日、MBO(経営陣による自社買収)を目指して実施した見城徹社長側のTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。
同社長が代表を務めるTKホールディングス(東京都千代田区)が議決権ベースで58.1%に当たる1万5968株を確保した。
買い付け予定数の1万3725株を上回る応募があった。

 一方、投資ファンドのイザベル・リミテッド(英領ケイマン諸島)も同社株を買い進めて35.7%を取得しており、MBOが実現するかは不透明な情勢だ。

 幻冬舎は来年2月に臨時株主総会を開き、既存株主に普通株の代わりとなる新たな株を割り当ててMBOを完了させ、上場廃止を目指す計画だった。

 だが、イザベルは重要案件を否決できる3分の1超の議決権を保有
。イザベルが反対すればMBOは失敗に終わるため、総会をにらみ両者による交渉が激化しそうだ。」





「投資ファンドのイザベル・リミテッド」が買っているのは、
経営に参加もある。
35.7%は、凄いことだ。

日本は、日本人は、投資ファンドを作るような形態が、あれば、
もっと、世界に影響することだろう。

経営者も、甘い思考が原因かもしれない。
株式公開は、経営者一族が、首になることも、ある。


本当は、国で、ファンド作り、年金、医療の保険が、運用するファンドが、利益を出すような、
組織が、大切な経済と、経営の効果になる。

赤字の国には、ファンドの投資で、黒字にできるのではないか。
いい例である。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-29 18:06 | 暇つぶし批判
本当だ。
漫才にも言われている。
民主党は、なんとかならのか。




「民主党の小沢一郎・元代表が国会招致に応じることになった。菅直人首相らの強気の包囲網に屈したとの見方もあれば、これで矛先は問責決議を受けたままになっている仙谷由人官房長官に向かい、攻守が逆転するとの指摘もある。
もっとも、そもそも内閣支持率アップに向けた茶番劇だとシラけムードも漂う。

民主党は2010年12月27日の役員会で、小沢氏の政治倫理審査会への招致議決をする方針を決め、菅首相は小沢氏の出処進退に触れる一方、内閣改造も示唆した。その前夜、「民主党」が意外なところで「拍手喝采」を受けていた。

小沢氏、政倫審出席を表明
テレビ朝日系で生放送された漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」で準優勝したスリムクラブのネタの中でのことだ。
ボケ役の葬儀にまつわるボケにあきれたツッコミ役が
「なんとかならんかね~」とボケ役を非難すると、ボケ役は「民主党(のこと)ですか?」と答えた。この場面では会場から一際大きな笑い声や拍手がおき、
インターネットへの書き込みでも評判が良かった。

どうやら民主党について、
「なんとかならんのかね~」と思っている人はかなりいるようだ。
12月28日朝の情報番組「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)でも、赤江珠緒キャスターがあきれ顔で27日の民主役員会の模様を紹介した。

三反園訓・テレ朝コメンテーターは、小沢氏が政倫審へ出る可能性が出てきたとの関係者の見方を伝えた。出席すれば少なくとも当面は離党勧告の話は立ち消えとなる。政倫審へ出る出ないの一連のドタバタ劇は、内閣改造もからみ「駆け引き」(三反園)にすぎないというわけだ。赤江キャスターは、そんな駆け引きをする間に民主党そのものへの信頼感が失墜し、「共倒れ」になるだけではないか、との疑問を呈した。

実際、12月28日午後には、小沢氏はあっさり政倫審への出席を表明した。

どうなる仙谷長官人事
次の焦点は内閣改造に移ってくる。小沢氏が追い込まれたから政倫審出席に応じたのなら、小沢氏周辺が求めている仙谷長官の交代は実現せず、菅首相は「脱小沢」路線を強化する方向に進みそうだ。しかし、両者で「手打ち」が水面下であったとすれば、小沢氏の出席と引き替えに仙谷長官は長官職を解かれる可能性がある。

もっとも、小沢氏が政倫審へ出席しても、「政治とカネ」の疑念がすべて払拭されるわけではない。野党は政倫審ではなく、偽証罪に問うこともできる証人喚問を求めている。

12月27日には、連立政権参加の打診を受けた「たちあがれ日本」が要請を拒否する会見を開いた。民主党はあっさりフラれた形だ。小沢氏の政倫審出席と内閣改造で一気に空気を変えることは出来るのだろうか。」




清算する意味で、解散が本当。
衆議院の解散か、党の解散。

内閣も、国会議員も、国民に真価を問う。
選挙で勝ったものが、政権とる。


民主党の二つの派閥で、衆議院の選挙で、戦う。

昔の自民党の派閥の衆議院選挙みたいにのが、本当だろう。

派閥がどのくらい、当選する人数を増やすかで、
内閣総理大臣が決まる。

衆議院、参議院選挙で、勝てないのが総理大臣には、無理。

衆議院選挙で、勝ったのは、小泉さんぐらいだろう。
安倍さん、福田さん、麻生さんも、選挙に信任がなかった。
菅さんも、衆議院選挙もしてない、参議選挙で敗北、信任がない。
来年は、早々に、衆議院解散で、酷い党は、消え、生き残る派閥は、生き残る。
全ては衆議院選挙が必要だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-29 17:20 | 暇つぶし批判
毎日新聞のコラムは、面白い。



「一昔前までの元日は、多くの政治記者にとって平日より忙しい一日だった。
まずは、昼前から首相公邸で開かれる
「公邸開き」と呼ばれる新年会に顔を出す。
続いて担当する政治家の自宅を訪ねて新年の挨拶をし、抱負を聞くのが習わしだった。

 ▼迎える方も大変で、家族や秘書、書生総出で、
ひっきりなしに訪れる地元の支援者や官僚らの接待にあたった。
そんな永田町の正月風景も今ではすっかり廃れたが、
孤塁を守っていたのが民主党の小沢一郎元代表だ。
今年の元日も166人もの国会議員を世田谷の自宅に集め、権勢を誇った。

 ▼3日後に迫った来年の元日に菅直人首相は、これまで足繁く通って万歳の音頭までとっていた「小沢新年会」には出ず、
ほぼ同時刻に首相公邸で新年会を開くのだという。
さて、どちらに出たものかと民主党のセンセイ方は頭を悩ましているんだとか。

 ▼新年会で権勢を競うとは、自民党の派閥全盛だった昭和の時代に戻ったようだが、きのうの小沢氏の記者会見も面妖だった。あれほど嫌がっていた政治倫理審査会に出席する意向を表明したものの、「通常国会で」という条件付きだった。

 ▼通常国会が召集される予定の来月下旬までに、小沢氏は検察審査会の議決に基づいて強制起訴されている可能性が強い。起訴後なら、政倫審で野党から具体的な疑惑を聞かれても「裁判に影響するので」と逃げの一手でかわせると踏んだのだろう。

 ▼さすが小沢さん、だてに国会議員を40年以上やっていない、と拍手を送りたいところだが、こういう知恵を世間では猿知恵という。そんな小沢氏を慕って新春を言祝(ことほ)ぎにくる議員が何人いるのか、元日から記者も忙しくなりそうだ。」



新年会は、どのくらい、来るのか。
面白い。


来年の小沢さんの新年会は、面白い。
選挙があれば、小沢さんたのみの議員か、
自力で勝てるのは、他の新年会か。

全ては、民主党の没落か、繁栄か、新年会の状況が、占いになるかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-29 08:00 | 暇つぶし批判
 変わっている内閣総理大臣だろう。
外遊が必要な時期なのに、なぜ、12月のいろろい、遊山していのか。
硫黄島、沖縄。

解らない。
小泉さんは、比較も可笑しい。


「菅直人首相は28日、来年1月24日開会で調整中の通常国会前の年始の外国訪問を見送る方針を固めた。
民主党の小沢一郎元代表の衆院政治倫理審査会への出席問題や、
仙谷由人官房長官らへの問責決議への対応が必要で、先行きを見通しにくいため。首相が年末年始に海外を訪れないのは、
小泉純一郎首相(当時)がイラクへの自衛隊派遣に絡む国内テロを警戒して外国訪問を避けた04年以来7年ぶり。

 首相は来月26~30日にスイスの保養地ダボスで開かれる世界経済フォーラム年次会合(ダボス会議)に関しては出席を視野に検討しているが、参加できるかどうかは不透明だ」





選挙で、勝ってない内閣が、存在しているから、外交も出来ない。
小沢さんの問題も、仙谷さんの問題も、処理するのは、簡単ではないか。
何一つ、出来ないで、野放しして、自分は、総理の余暇を楽しんでいる。

全ては、小沢派閥を処分するのか、残すのか、そのときは、覚悟。
それより、予算が、問題。
予算は、成立すると、思っているのんきな、仮免許内閣である。

この時期こそ、中国、ロシアに、外交して、交渉するか、反省を求める外交が必要だろう。
アメリカでも、行くことかも。

それとも、海外から断られたのかもしれない。
行く場所、行く国がないのかもしれない。
一月は、また、侵略され日本なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-29 07:48 | 暇つぶし批判

面白い

酷い話か、笑い話か。
婿養子とは、笑いである。
よほど、寝取ったのか。
婚姻に拘った不倫・結婚なのかもしれない。




「元妻でタレントの大桃美代子からツイッターで、
タレント・麻木久仁子との不倫を暴露されたAPF通信社代表の山路徹氏が26日、
都内で記者会見を行った。
24日に大桃が行った会見で麻木とも結婚、離婚していたことが明らかになったが、
山路氏は実は麻木家の婿養子に入っていたことを告白。
また、取材陣から麻木との不倫を追及され「ジャーナリストも人間。
人を好きになることもあるでしょう」とブチぎれる場面もあった」



離婚も、本当は、資産が、何かの目的の不倫、結婚なのかもしれない。
解らない、タレントがいるものだ。
前代未聞のことがもしれない。
不倫から婿養子、そんなに、信用するか、
可笑しい感覚である。
結婚は、婿養子のためか。
普通の恋愛、完全に、離婚しているか、数年間は、様子を見るものだが。
何か、あるのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-27 04:26 | 暇つぶし批判
大阪は、カジノのに向くのだろうか。
産業都市ではないのか。
工業地帯でもないのか。
シャープ、パナソニック、大阪を本拠地にしている会社は、移転が理想かもしれない。

砂漠、温泉、観光地でない限り、博打の都市は、無理ではないか。





「大阪府は来年度、カジノを含む統合型リゾート構想を推進するため、府民を招待した「模擬カジノ」の開催を検討している。カジノは周辺の治安悪化などの悪影響が指摘されているが、府は模擬カジノを通じて府民に娯楽としての魅力をPRし、構想推進の追い風にしたい考え。施設の建設地としては、大阪湾岸が想定されている。

 府によると、府民約300人を招待。ホテルなどの会場にカジノ機材を持ち込み、模擬貨幣などを使ってルーレットやバカラなどを楽しんでもらう。雰囲気を知ってもらうのが目的で、賭け金や配当はない。時期や場所は未定。担当する都市魅力創造局は来年度当初予算に関連経費約500万円の盛り込みを要求しており、予算が認められれば、専門業者に運営を委託する。

 カジノについて、国会では超党派議連が合法化に向けた準備を進めている。大阪府の橋下徹知事は、今月1日に発足した広域行政組織「関西広域連合」で検討するよう提案しているが、初代連合長に就任した兵庫県の井戸敏三知事は「享楽的マネーゲームによる街づくりは虚業だ」と反対している。」


京都、奈良、兵庫も、向かないことだ。
遺跡が出てくると、工事もない。

関西空港は、廃止して、カジノならば、理解するが。


理想は、公営競馬、公営の博打で、成功している地域が、向いた居るものだ。

温泉地のような観光と、カジノが、統合する土地が、理想だろう。
熱海とか、北海道の一部とか、九州の一部とか。海外から近い地域が理想かもしれない。


カジノは、破産する人が出ることは、確実だろう。

宝くじも、多く売れる都道府県、宝くじが、当たる都道府県でないと、
カジノは、儲からない気がする。
赤字の県では、難しいことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-26 19:27 | 暇つぶし批判
伊藤忠も、大変だ。
株価も、下がるのだろう。
クレジットの不正がこれから出てくるのかもしれない。



「伊藤忠商事やファミリーマートなどが出資するクレジットカード会社「ファミマクレジット」(東京都豊島区)は、同社の「ファミマTカードクレジット」の一部利用者について、24日から利用を休止したと発表した。買い物、現金の借り入れ、インターネットショッピングでの利用ができない。約1千人のカードが米国で不正使用された可能性があるという。

 同社によると、このカードは国内の約190万人に発行している。ファミリーマートで買い物をすると、ポイントがついたり割引を受けられたりするカードで、クレジットカードの機能が付いている。

 24日までに、利用者約1千人から身に覚えのない請求があったなどと問い合わせが相次ぎ、同社で調べたところ、米国内で買い物に不正に使われるなどしていたという。

 同社はカード番号が偽造されたり盗まれたりした可能性があるとみて、不正使用されたカードの番号に近い数字など一部のカードを利用休止の対象にした。不正使用されたカードの利用者には再発行などの対応をとっているという。

 同社幹部は朝日新聞の取材に、「出来るだけ早期に原因を究明し、利用を再開できるようにしたい」と話した。」



どんなことになるか、
これだけてなく、いろいろ、不正があるのかもしれない。
クレジットカートは、よくよく、明細を調べることだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-12-26 07:46 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2