四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

段々解ってきた。

段々解ってきた。
NHKのニュースは、凄い。
原因は、怠慢だろう。
親の怠慢より、
児童相談所の担当の怠慢。
仕事しているのか、仕事は、行くだけで、終わる仕事だと勘違いしている
公務員だろう。
この担当者は、首にすることだ。




「30日未明、大阪・西区のマンションの部屋で、2歳から3歳くらいの2人の子どもの遺体が見つかった事件で、この部屋に住んでいた2人の母親とみられる風俗店従業員の20代の女性と連絡が取れないことから、警察は、行方を捜すとともに、死体遺棄事件として捜査を始めました。
30日午前1時すぎ、大阪・西区南堀江の11階建てのマンションで、異臭がするという通報を受けて3階の部屋に入った警察官が、幼い子ども2人の遺体を見つけました。警察によりますと、遺体は3歳くらいの女の子と2歳くらいの男の子で、服を着ておらず、6畳ほどの広さの部屋の中央で寄り添うように倒れていました。遺体に目立った外傷はなく、死亡してから数週間がたっているということです。この部屋は大阪・中央区にある風俗店が借りていて、この店の従業員で2人の子どもの母親とみられる20代の女性が住んでいましたが、連絡が取れなくなっているということです。遺体が見つかったとき、玄関には鍵がかかっていて、室内はごみが散乱した状態だったということです。警察は、女性が2人の子どもが死亡した経緯について事情を知っているとみて行方を捜すとともに、死体遺棄事件として捜査を始めました。子どもの遺体が見つかった部屋については、ことしの3月から5月にかけて「子どもの泣き声がする」という通報が児童相談所に繰り返し寄せられ、この間、5回にわたって職員が部屋を訪問しましたが、呼びかけに応答がなく、部屋の中まで確認できなかったということです。大阪市の児童相談所「こども相談センター」によりますと、ことしの3月30日、女性から匿名の電話があり、子どもの遺体が見つかったマンションの部屋について「子どもだけで住んでいるようだ。『ママ』と言って泣いている」という内容の通報が寄せられました。このため児童相談所の職員がその翌日から3日間、部屋を訪れましたが、出入り口のインターホンで呼びかけても応答がなく、子どもの声も聞こえなかったということです。その後、4月と5月にも同じような通報があり、2か月近くの間にあわせて5回にわたって部屋を訪問しましたが、いずれも応答がなく、部屋の中まで確認することができませんでした。また、この部屋には住民票が登録されておらず、マンションの管理会社も誰が入居しているか把握していなかったため、人が住んでいるかどうかわからなかったとしています。大阪市の児童相談所は「通常は住民票などを手がかりに対応できるが、今回は人が住んでいるかどうかわからない状態で、立ち入り調査もできなかった」と話しています。」


誰が、考えても、インターホンで、子供が答えるか。
親もいない部屋にどうして、部屋に入ることをなかったか。
鍵がないならば、対策がある。
でも、4月、五月では、子供は、死んでいるかも。

警察が、警察官が、調べる努力が必要だった。
怠慢な職員、住民の他人事と、考えているのか。

遺体で、腐敗した警察では、警察も苦悩するだろう。

三月の末の時点で、警察が知っていれば、子供は、生きていたかもしれない。


「大阪・西区のマンションの部屋で、幼い2人の子どもの遺体が見つかった事件で、23歳の母親が死体遺棄の疑いで逮捕されました。警察の調べに対して母親は「育児が嫌になり、2人を残して部屋を出た」と供述し、警察は子どもが置き去りにされ、死亡したとみて調べています。

逮捕されたのは大阪・西区南堀江の風俗店従業員、下村早苗容疑者(23)です。警察の調べによりますと、下村容疑者は、自宅のマンションの部屋に長女の桜子ちゃん(3)と長男の楓ちゃん(1)の遺体を放置したとして死体遺棄の疑いが持たれています。警察は30日未明に、2人の遺体が見つかったあと、下村容疑者の行方を捜していましたが、午後になって大阪市内で見つけ、逮捕しました。警察の調べに対し、下村容疑者は「去年離婚し、ことし1月に今のマンションに入居したころから子どもに食事を与えたり、風呂に入れたりすることが嫌になった。子どもなんかいなければいいと思うようになり、子どもを残してマンションを出た。食事や水を与えなければ、小さな子どもが生きていけないことはわかっていた」と供述しているということです。警察は、2人の子どもが下村容疑者に置き去りにされたため死亡したとみて、死因や育児の状況を詳しく調べています。」




子供が泣き声を聞いたときに、住民が、警察に知らせることが、必要だった。
全ては、近くの人、住民が問題に見える。


三月か、二月に警察が、部屋の中に入っていれば。
その前に、警察に相談が、子供の部屋に入る住民が居なかったのか。
管理人、住民、警察、と、大阪市の児童相談所は、怠慢だ。
しかし、四月では、死んでいたかもしれない。

不運な子供である。
大阪の怠慢に見える。
親の責任より、住民の責任であり、警察も、相談が必要なことだ。

住民と、管理人と、警察が、三月に部屋に入っていたら、生きていた子供達だ。
児童相談所など、怠慢と、当てにならない。
酷い職員であるが、4月では、手遅れだったかもしれない。

子供が泣いているとき、どうして、部屋に入らなかったのか。
毎晩泣いている子供には、罪がない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-31 04:34 | 暇つぶし批判
この事件は、家族が問題だろう。
とうに、30年前に死んでいたことを家族は、知っていた。
どうして、警察に届けなかったか。
社会性にかける。

部屋から出てこない時期は、数日、一週間ならば、部屋に入るものだ。
放置したというより、知っていた警察に届けないのが問題。

事件性がある気がする。




「111歳で東京都の男性最高齢者とされていた足立区千住5の加藤宗現(そうげん)さんとみられる遺体が見つかった事件で、発見2日前の26日、警視庁千住署員と区職員らが加藤さんの家族に事情を聴いた際、家族が「(加藤さんは)植物人間だから起きられない」と虚偽の説明をして面会を拒んでいたことが捜査関係者への取材で分かった。加藤さんの口座から妻の遺族共済年金約605万円が引き出されていたことも判明。同署は家族が加藤さんの死亡後、年金を不正受給していたとみて詐欺容疑で捜査している。

 捜査関係者によると、署員と区の戸籍住民課長らは26日、加藤さんの安否を確認するため訪問した。孫の女性(53)と長女(81)が応対したが、2人は「高齢者表彰の記念品は辞退するから帰ってください」「おじいちゃんは植物人間だから戸籍を抹消しても構わない」などと強硬に立ち入りを拒否したという。

 孫の女性はその翌日、加藤さんの妻の墓石を作った知り合いの石材店の役員に「実は昨日、役所や警察の人が来て驚いた」と相談を持ちかけた。「祖父は30年前に1階の部屋に引きこもり、外から開けられなくなってしまった。母も『放っておきなさい』と言い、そのままの状態になってしまった。多分、亡くなっていると思う」と打ち明けたという。

 また、同署によると、加藤さんの口座には、04年8月に101歳で死亡した元教師の妻の遺族共済年金が04年10月~今年6月に計約945万円振り込まれていたが、残高は約340万円だった。加藤さんの口座には、1911年以前に生まれた人に70歳から支給される老齢福祉年金が振り込まれていたとみられ、同署は家族が老齢福祉年金も詐取した疑いがあるとみて捜査している。

 ◇年金不正受給、全国で相次ぐ

 家族の生存を装い年金を不正受給する事件は全国で相次いでいるが、厚生労働省は「年金受給者は今年3月現在で4000万人おり、個別に生存確認するのは困難」と説明している。不正を見破る有効な手だてがないのが実情だ。

 09年2月に逮捕された沖縄県うるま市の男らは、75年に80歳で死亡した祖母の死亡届を役所に提出せず、約29年にわたり老齢福祉年金約950万円を詐取し、詐欺容疑で逮捕された。テレビ局が04年に「長寿者紹介の番組で取り上げたい」と市役所に相談したことが発覚の端緒だった。不正受給は遺体を隠す手口が多く、近所の人が「最近姿をみかけない」と役所に連絡して発覚するケースもある。

 厚生労働省によると、年金受給者の生存確認は年1回、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)で行われている。しかし、親族が死亡届を提出しない場合は「生存」扱いとなり、年金の支給は続いてしまう。

 厚労省の担当者は「生存確認を徹底しようとすれば、単純計算で日本年金機構の職員1人が年間約4000人を戸別訪問しなければならない。他の業務もあるので事実上不可能」と話す。」




警察の住民の調査と、立ち入りが必要なことだ。
いい邸宅の住まうでは、ありえることかもしれない。

庶民の家ならば、遺体腐敗で、住民が苦情がでる。


近所、町内の情報は、警察に入っていれば、立ち入りしていることも、早くできた。
全ては、怠慢。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-31 04:26 | 暇つぶし批判

酷い話だ。

酷いコーチもいる。
本当か、どうか。
金を取るとは、罰金でも、金があるのか。
自分の給料から取られるのは、酷い罰金。
二軍であるのか。




「西武は29日、選手に対する暴力行為などがあったとして、大久保博元・前2軍打撃コーチ(43)を同日付で解雇したと発表した。球団は名前を明かさなかったが、同コーチは罰金制度など金銭面でのトラブルから雄星投手(19)に暴力行為を働いていた。後任にはきょう30日付で田辺徳雄編成部プロ担当(44)が就任する。大久保前コーチはこの日夜、本紙などの取材に不適切な行為はしていないなどと反論した。

 今月23日から今回の「デーブ問題」について本格的な調査を続けてきた球団側は、この日午前に大久保前コーチに解雇を通達。その後、午後5時から埼玉県所沢市の球団事務所で会見に臨んだ小林球団社長は、神妙な表情で大久保前コーチの解雇理由を切りだした。

 「本人、2軍監督、コーチ、選手、関係者に対するヒアリングを実施し、調査した結果、選手に対する暴行行為があったことが認められました。暴行行為は許されるべきではない。非常に重い行為と認識しました」

 事の発端は今月14日。選手会から球団に、大久保前コーチが若手選手から高額な罰金を徴収している、との報告があったため、球団が同コーチに徴収をやめるよう指示した。すると同コーチは雄星に対して「テメーだろう、チクったのは!」と激高。髪の毛をわしづかみにして、そのまま壁に叩きつけるなどの暴行を働いたという。その際には無理やり正座をさせようともした。球団は関係者に対するヒアリングを通じて「完全に暴行行為だと認定した」(小林社長)と判断。22日の時点でコーチ職から外し、球団本部長付としていた同コーチの解雇という厳しい結論に至った。

 大久保前コーチが徴収していたとされる罰金は
「1分間の遅刻で1000円」などというもの。
選手によっては罰金額が30万円の高額になったケースもあったという。
また球団は今回の調査で「チームの統制を害する言動があった」とも明かした。
同コーチには自主参加のはずのアーリーワークを欠席した選手に対して
「このままだと、打撃練習の組から外すぞ」などと強要したり、選手のヘルメットを蹴るなどの行為があったとされる。

 西武ではグループ全体でコンプライアンス(法令順守)の強化を図っており、親会社の西武ホールディングスの株式再上場という思惑も絡み、黄金ルーキーの雄星への暴行は大きなイメージダウンでしかない。今後も球団側は調査を続け、フロント陣にも処分を科す方針。「球団としての管理責任をはっきりして、できるだけ早く、2度と起こさない対応策を発表したい」と小林社長。2年ぶりの優勝へ厳しい戦いが続く中での異例のゴタゴタ劇。チームに与える影響の大きさは計り知れない。」



選手も、質が悪いのかもしれない。
遅刻するのが、普通にあるのかもしれない。

他の方法、教育があるのだろうか。
指導するコーチの教育も必要だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-30 06:35 | 暇つぶし批判
儲かってないのか。
経営者が悪いのかもしれない。




「任天堂が29日発表した2010年4~6月期の連結業績は、純損益が252億円の赤字(前年同期は423億の黒字)に転落した。
円高で外貨建て資産に大規模な為替差損が発生したのが響いた。4~6月期の赤字は04年3月期に四半期決算を公表し始めてから初めて。
 売上高は前年同期比25.6%減の1886億円。
据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」の販売台数は伸びたが、携帯型の「ニンテンドーDS」は低迷した。ゲームソフトも不振だった。本業のもうけを示す営業利益は42.2%減の233億円にとどまった。
 円高に伴う売り上げの目減りは107億円程度に上った。外貨建て資産の評価替えによる差損は705億円という。11年3月期の通期業績予想に変更はなく、純利益2000億円を見込んでいる。」 



円高の問題だろうというが、深刻なことだ。
為替の手当てが問題と、
果たして、対策しているのか、それも、疑問。

全ては、一株の額が、高すぎるから庶民の意見が株主総会で、言えないからだろう。
勝手な経営で、墓穴を掘る。

赤字とは、笑いたい話だ。
赤字から黒字している企業が多い。
逆に赤字では、怠慢な経営である。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-30 05:44 | 暇つぶし批判
食道癌で亡くなる芸能人は、多いのか。
知らなかった。

酒飲みと、煙草で、なる率が高いのか。
晩年は、酒は、避けることかもしれない。




「これまで食道がんに侵された有名人の多くは、いずれも70歳前後で発病している。

 現在、食道がんと闘っている著名人の代表は、世界的指揮者の小澤征爾(74)。今年1月、食道がん治療のため活動を休止することを表明した。会見で小澤は、「先生の言うことを聞いて治療に専念し、半年以内に戻ってきます。人間ドックを受けて本当に良かった」と話している。

 また、落語家の立川談志(74)も97年と98年の2度、食道がんの摘出手術を受け、その後回復。08年5月には咽頭がんが見つかったことを告白し治療を開始した。昨年8月以降、すべての活動を休止していたが、今年4月、8カ月ぶりに高座復帰を果たしている。 

 皇族では、三笠宮寛仁さま(64)が91年、食道がんの切除手術を受けられ、著書「癌(がん)を語る」を執筆された。06年2月にはのどの中咽頭(いんとう)にがんの兆候が発見され、7回目の手術に臨まれている。 

 俳優の岡田真澄さん(享年70)は、2005年7月に食道がんと判明し、治療後に一時復帰したが、その後間もなく再発した食道がんがリンパ節へ転移し、1年後の06年5月に亡くなった。

 漫画家の赤塚不二夫さん(享年72)も食道がんと闘病した1人。
1998年、62歳の時に発覚し、手術しないと余命2年半と宣告されたものの、
独自の民間療法を敢行。
02年から意識不明状態が続きいたものの約10年生き延び、08年8月、肺炎のため死去した。

 俳優の藤田まことさん(享年76)は、08年4月に体調不良を訴えて検査を受けたところ、食道がんと判明。舞台公演を降板して行った入院加療が功を奏して半年後に復帰したが、
今年2月、自宅で吐血し大動脈瘤破裂のため亡くなった。

 そのほか、「太陽戦隊サンバルカン」の嵐山長官役などで親しまれた俳優、岸田森さん(82年12月逝去、享年43)、
「青春サイクリング」などのヒット曲で、
NHK紅白歌合戦に3年連続出場した演出家の小坂一也さん(97年11月逝去、享年52)、
演劇集団「東京キッドブラザース」主宰の劇作家、演出家の東由多加さん(00年4月逝去、享年56)が、食道がんで命を落としている。」




食道癌は、増えているのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-29 07:17 | 暇つぶし批判
子会社にするのは、いいことか、悪い事か。
今後。
共倒れになるのではないか。
経費の節減より、パナソニックの本体のが、赤字が酷いのかもしれない。
パナソニックの経営者の交代が、必要に思う。



「パナソニックは、傘下の三洋電機とパナソニック電工を年度内にも完全子会社化する方針を固めた。29日に正式発表する。太陽電池や充電池に強みを持つ三洋と、住宅設備に強みを持つパナソニック電工の経営をパナソニック本体と一体化することで、意思決定を迅速にし、エネルギー・環境事業の強化をさらに加速させる狙いがある。

 パナソニックは三洋と電工の発行済み株式数の51%をそれぞれ保有しており、今後株式公開買い付け(TOB)や株式交換などの手法で完全子会社化を目指す。

 28日終値ベースの時価総額は三洋、電工ともに7千億円強で、完全子会社化に必要な資金は1兆円近い額になるとみられる。2社はともに上場廃止となる。

 パナソニックは2004年に電工(当時は松下電工)を、昨年12月に三洋をそれぞれ子会社化したが、3社がそれぞれに意思決定するため商品や事業の重複も多かった。」


昔のビクターに似ている。
子会社にすることより、新しい会社の設立のが必要に思う。
パナソニックは、商品別に会社を興して、独立採算するのが、本来だった。
それが、経営者が酷いは、赤字補填と、無駄な分野に、投資する。
液晶テレビは、世界の中でも、良くない。

三洋と電工は、大変だろう。
儲かる分野が、本店に取られるよなものだ。
本当の開発が酷いからである。

洗濯機、掃除機、冷蔵庫、など、世界で、売れている企業ではない。
昔の松下経営に戻すのが、利益確保になるのではないか。
経営の問題に見える。
利益が出ないのは。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-29 04:28 | 暇つぶし批判

最初の球団が問題

大リーグも、一流のところだと、一度解雇されると、使えないのかもしれない。
最初の大リーグりの球団かも、問題なのかもしれない。



「ロッテは28日、元米大リーグ、ジャイアンツの藪恵壹投手の獲得を見送ると発表した。
藪は26、27日に入団テストを受けていた。

 藪は26日にブルペンでの投球練習で最速146キロを計測したが、27日は136キロまで落ちた。中継ぎでの起用を考えていた球団は、連投への不安を考慮。石川運営本部長は「春先なら獲得に動いたけど、残り50試合ちょっと。二の足を踏んだ」と説明した。

 藪は阪神で活躍し、2005年に渡米。昨年7月に3Aフレズノで契約を解除され、
その後は米アリゾナ州でトレーニングを続けていた。」



実力で、大リークになったのではないということが、日本に戻ってきても、行くところがない。
惨めである。

大リーグのヤンキースは、入るところではない球団だろう。

藪も、松井も、いずれは、日本でも、行くところがないのかもしれない。

イチローは、いい球団にいることが、正しいことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-28 19:01 | 暇つぶし批判
子会社、関連会社は、これが、本当かもしれない。
本店のいいなりでなく、
儲かるところに、依存する。





「日本のインターネット検索最大手のヤフーは27日、ネット検索世界最大手の米グーグルと検索・ネット広告事業で提携すると正式発表した。グーグルから検索エンジンと検索に連動する広告配信システムの提供を受ける。ヤフーの筆頭株主のソフトバンクは、米アップルから「iPhone(アイフォーン)」などの人気商品の提供も受けて、業績を伸ばしている。自前にこだわらず、米有力企業との提携で成長路線をひた走ろうとするソフトバンクグループのしたたかな戦略だ。

 「日本でのサービスの利便性や成長性を総合的に判断した結果で、最適の選択だ」。この日、東京都内で会見したヤフーの井上雅博社長はそう説明した。

 日本のヤフーは96年に米ヤフーとソフトバンクが設立したが、米ヤフーは第2位の株主で、ヤフー会長の孫正義氏が社長を務めるソフトバンクの影響力が大きい。しかも、米ヤフーはグーグルに苦戦しており、日本のヤフーが、グーグルの検索技術を取り込めば、利用者の拡大が見込める。また、ソフトバンクモバイルは、アップルのアイフォーンや「iPad(アイパッド)」を日本市場に投入し、携帯端末事業で躍進している。

 孫氏は6月のソフトバンクの株主総会に合わせて「30年後にソフトバンクの株式時価総額200兆円(現在は2・7兆円)」との壮大なビジョンを打ち出した。井上社長は「孫会長も『(グーグルとの提携は)ヤフーの将来にとって一番いいだろう』と賛成した」と明かし、携帯電話とネット事業の強化を推し進めていく構えだ。

 ヤフーは04年から米ヤフーの検索エンジンを採用してきた。米ヤフーは09年、米マイクロソフト(MS)と提携し、MSの検索エンジンとの統合を進めている。しかし、井上社長によると、MSの検索エンジンは日本語でサービスを提供する準備がまだ整っておらず、グーグルとの提携を選んだという。

 ヤフーは年内にも検索エンジンをグーグルからの提供に切り替え、その後、グーグルの成長を支えてきた検索連動型広告配信システムに乗り換えて、広告でも売り上げを伸ばしたい考えだ。

 ヤフーによると、日本の検索市場シェアは、ヤフーが約58%、グーグルが約38%で、今回の提携でグーグルの検索エンジンが日本市場をほぼ独占する。一方、ヤフーは、ネット上のオークションで随時更新している商品の販売データなどをグーグル側に提供する。

 日本のヤフーは「事前に日本の公正取引委員会に相談し、(独占禁止法で)問題ないことを確認している」と説明しているが、日本で利用者が入力する検索キーワードの多くがグーグルに渡って、情報が集積されることになり、ネット検索でのグーグルの独走を後押しすることにもなる」



グーグルも、アッブルも、関係ないのが、日本のヤフー。
利用者と、効率と、収益が、一番の利害である。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-28 07:21 | 暇つぶし批判

賢いこ

c0094071_4372848.jpg
「賢いラットを実験で選び出し、95世代かけ合わせて、「天才ラット」を誕生させた。東海大学が30年がかりで育てた。普通のラットは学習能力の実験で360回中、多い時は8割以上失敗するが、「天才」はほぼノーミス。殺虫剤や農薬など化学物質が学習能力に与える影響などを調べる実験に役立ちそうだ。

 「天才」は、30秒ごとにレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験で、学習能力の高かった個体同士を繰り返し、交配してつくった。「賢さ」が安定するまで約20年かかったという。

 天才ぶりはこの実験で実証済みだ。普通のラットは、毎日30分、レバーの押し方を教えても、360回のうち100~300回は失敗する。一方、「天才」は360回中、失敗は平均で5回ほど。

 水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験などでも、一貫して好成績を出すという。

 「天才」を使えば、化学物質の影響が効率的に調べられると期待される。化学物質を与えて失敗が増えれば、学習能力に影響があったと判定できるからだ。普通のラットは1匹ごとに知能の差が大きく、数十~数百匹で実験しないと影響が分からない。一方、「天才」は学習能力に悪影響があれば、失敗がはっきり増えるので、少ない数で影響が分かるという。

 子どももほぼ例外なく、「天才」なので、妊娠中の親に化学物質を与えて、生まれた子どもの能力を調べれば、胎児への影響も調べられるという。シックハウス症候群を起こすホルムアルデヒドを親が取り込むと、子どもは成長してから学習能力や平衡感覚が落ちることが分かったという。

 東海大の渡辺哲教授(公衆衛生学)は、研究機関やメーカーに共同研究を呼びかけている」





才能があるものが、維持する。
考えさせられる、天才のラット。

人も、動物も、植物も、優れたものが、子孫繁栄する。
馬鹿は、消えていく。
それが、進化である。
どんなに、努力しても、高い地位に上がっても、無理な人は、無理。
年功序列で、管理者になっても、才能がないのは、無理。
家柄がよくても、高い地位に維持するのは、才能がないと、無理。
子孫は、没落するのは、天才ラットのような人材を作らない、高い地位に上げないから崩壊する。

最近の総理大臣、内閣は、駄目なラットの一族と同じかもしれない。
新しい才能のある人が総理大臣にならないと、破壊されて行くのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-28 04:38 | 暇つぶし批判

いいのかも。

考えるべきことだ。
乳酸菌がいいのだ。
ヨーグルト食べるか、飲むか。
腸と体にいい。




「美容やダイエットはもちろん、日々の健康に気遣い、ヨーグルトを習慣的に食べる人は多い。その際、お目当てとなる成分は言わずもがな乳酸菌だろう。

乳酸菌とは、腸などに常在し、他の病原微生物から身体を守るといった特定の条件を満たす細菌の総称である。“善玉菌”とも呼ばれる乳酸菌の働きの一つは、まさに腸内環境を整えるというものだが、美容やダイエットによいと言われているのは、腸内環境を整えることで、腸の動きが活発化し、お通じがよくなれば、身体の代謝が向上する。当然、代謝が上がれば、脂肪の燃焼効率も上がるため、身体自体が太りにくい体質に変わっていくということだ。

逆に、お通じが悪く、便秘に悩む女性であれば、
腸内に腐敗物質が蔓延し、酷い場合には過敏性腸症候群を起こしたり、
発ガン物質を作るといわれることもある。
そうでなくとも、腸内の悪玉菌が善玉菌を上回れば、腸内腐敗が起こりやすく、
これらは、疾患の予防や身体に老化をもたらす活性酸素を出し始めるので、
万病のもとと言っても過言ではない。

もちろん、どこまで深く考えているのかは、人それぞれだが、総じて「乳酸菌=身体によい」という認識がヨーグルト摂取を後押ししている要因の一つであることは間違いないだろう。

しかし、だ。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が必ずしも腸に届いているとはいえないことを忘れてはならない。例え、乳酸菌を摂取したとしても、胃酸によりその多くが死滅してしまったり、胃の先にある十二指腸でも胆汁の影響により、生きて腸に到達する乳酸菌はほとんどいないというのが定説だ。

もっといえば、乳酸菌は熱にも弱く、ヨーグルト自体の製造過程における加熱殺菌により、すでに死滅しているケースだってゼロではない。

そんな折、昨今、テレビやネットでその名を見る機会が増えてきた注目の成分がある。

カスピ海近くコーカサス地方の種菌で、ヨーグルトの数十倍もの乳酸菌を持つという「ケフィア」だ。ケフィアは、高齢者が多いことでも知られるコーカサス地方発祥の伝統的な発酵乳で、40種類以上の乳酸菌や酵母菌で構成される。

特に、売れ行きNo.1商品(自然生活調べ)として注目を集めている「生命のケフィア」は、加熱殺菌していない活発な状態でこれらの菌が腸に届くよう、フリーズドライによる生菌加工を施し、菌を生きたままカプセルに凝縮し、閉じ込めている点が人気の秘密だ。

さらに、「生命のケフィア」では、現在初回限定として無料サンプルも配っているため、さっそく、ケフィアが持つ力を試してみることもできる。ヨーグルト超越した新しい乳酸菌のカタチ――、ケフィアには今後も熱い視線が集まりそうだ。」




ヨーグルトを食べる、飲むが、内蔵のいい。
食事には、ヨーグルト必ず取ることかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-07-28 04:22 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2