四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

大変な市だが、現実には、正しいことかもしれない。



「市長が職員や市長自身のボーナスを半減する条例改正を専決処分した鹿児島県阿久根市で30日、ボーナスが支給された。通常なら約70万円が支給されるはずだった40歳代の男性職員は「住宅ローンの返済が苦しくなる。どうすれば良いのか……」と頭を抱えていた。

 職員の大半は28日、連名で竹原信一市長に法令を守るように求める上申書を提出したが、市長は受け取りを拒否。署名した別の職員は「子どもへの仕送りや親の介護などの費用をボーナスで賄っている。士気は下がる一方だ」と嘆くかたわら、「いつ処分されるのか」と報復を恐れる。

 竹原市長は市議の報酬については、月額制から日額1万円の日当制を導入する専決処分をした。これによって、市議の報酬は定例会や各委員会への出席ごとに支給されることになる。ボーナスについては、
今回は半額で、次回からは支給されない。
ある市議の一人は「このままでは生活できないので生命保険を解約した」と打ち明けた。

 庁舎内の人件費の張り紙をはがしたために懲戒免職処分になった元係長の男性(46)は、
鹿児島地裁判決で処分の取り消しが認められたが、市長は今も男性の復職や給与の支払いを認めておらず、
この日のボーナスも支給されなかった。」


公務員の給料が高いと、現実には、カットは、この意味が本当。
70万も、貰っているのが、疑問になるのが、財政の問題。

でも、問題は、人のことであるが、選び方、間違えると、全てにいいか、悪いか、
難しい。

赤字の市、県は、日給月給の一日一万円は、正しい選択だろう。
それでも、赤字が凄いのは、もっと減らす。

国の日給月給で、一日一万の議員の手当てになると、節税になる。
現実には、正しいことだろう。

公務員、辞めて、民間に働くことが、最善の生活の維持かもしれない。
酷い市か、正しい節税の市は、いい実験台の市でもある。

明日の公務員の成れの果てかもしれない。
赤字の国は、公務員は、日給1万は、安いのかもしれない。
何れ、庶民からしたら、一万円でも、仕事があるのだから、いいということだろう。

いずれは、公務員は、赤字の国は、給料が出ないのが、本当である。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-30 15:26 | 暇つぶし批判

中継、どうか、面白い。

大変だろうな。
NHKの決断。



「日本相撲協会は28日の臨時理事会で、
特別調査委員会が提案した名古屋場所(7月11日初日、愛知県体育館)開催条件の勧告案を受け入れることを決定した。
当初は、勧告案をじっくり検討したうえで7月4日に開催を決めることになっていたが、
1週間近く前倒し。その裏には、開催中止なら相撲中継が吹っ飛ぶNHKに開催決定をせかされたという事情があるようだ。

 「NHKが一番インチキなんだよ。臆病で。ウサギみたいだな」

 臨時理事会と評議員会に続いて開かれた記者会見後、
特別調査委の伊藤滋座長は、こう不満を漏らした。

 NHKは紅白歌合戦でも、
暴力団と関与した大物歌手を辞退させており、
野球賭博に関わった力士を相撲中継で電波に乗せるわけにはいかない。
しかし、大相撲の開催中止が決まれば、中継を予定している時間帯に穴が空く。

 NHKの相撲中継は地上波で1日3時間、BSにいたっては同5時間もある。
これが週末5日を含む15日間分、ぽっかりと空くとなると、相当な痛手だ。

 一方、相撲協会にとっても、
名古屋場所の開催を中止すれば1場所5億円ともいわれるNHKの放映権料が支払われず、
死活問題となる。

 そのため、NHKは早い段階での処分決定と開催の可否を相撲協会に促し、
それが早期の発表となったとみられるが、
この“出来レース”に調査委の胸中は複雑だったようだ。

 NHKには28日昼までに視聴者から約4370件の意見が届き、
そのうち6割が中継反対で、賛成はわずか1割だという。
それでも、協会が早めに処分を発表したことで中継への道筋は整った。
NHKにも相撲協会にも「めでたし、めでたし」の結果となりそうだ。」






相撲の中継は、一年ぐらい、しないのがいいのではないか。
それで、相撲が、維持できれば、よし。
場所中にも、事件が起きる気がする。
週刊誌の記事で、いろいろ暴露されるのが、犯罪に関連している。

親方、力士、ことにより、タニマチも、ある気がする。
全ては、税務署がしている金も、難しい。

いろいろ、新しい事件になる記事が出る気がする。

一年ぐらいは、相撲からNHKは、撤退することが、必要だと思う。
相撲のかわりの番組は、再放送と、
地方の高校野球、いろいろな運動の大会の中継、録画で
いいのでないか。
七月は、いろいろ、スポーツがある。

相撲の視聴率の酷さを考えれば、対したことではない。
経費節減になるものだ。

NHKの中継もないと、懸賞する企業もないものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-30 04:10 | 暇つぶし批判

止められなかったのか?

この事件は、止められなかったのか。
友人の問題だが、会社の管理者、警備も問題に見える。


検問の訓練がない、警備ではないか。

一般の会社の警備は、車通行の警備が一番大切なことだ。
マツダの警備会社の警備は、怠慢だいうことだろう。

会社内に、簡単に車が出て、入れてするのは、可笑しいことだ。



「マツダ本社工場(広島市南区、広島県府中町)に乗用車が突入し、社員12人が死傷した事件で、殺人未遂容疑などで逮捕された元同社期間社員、引寺(ひきじ)利明容疑者(42)が事件前夜、親しい知人に凶行を示唆していたことが、26日分かった。マツダ在籍時の個人的な悩みを打ち明け、「秋葉原のような事件を起こしそう」などと話したという。一方、広島県警の調べには、マツダに対する具体的な恨みについては供述していないという。

 この親しい知人によると、事件前日の21日深夜、引寺容疑者が訪ねてきて約3時間話し込んだという。引寺容疑者は「マツダの社員に自分をよく思っていない人がいる」などと打ち明け、「(マツダに)車で突っ込む。車の中に包丁がある」と話し、知人がやめるよう諭すと「そうだよな」と答えたという。」


会社内の歩いている社員が引かれるのは、全ては、入り口、出入り口の警備が必要。
本当に、警備しているのか。

全てを機械することを怒ったのではないか。
警備は、人が警備する時代ではない気がする。

社員が会社内で、犯罪を起こすのと違う。

全ては、マツダの警備が酷いのが原因。

機密のものも、取られているのかもしれない。
感染問題に、簡単かもしれない。
車の会社だから、感染は、関係ないが。
警備とは、車の進入のが、一番大切警備に見える。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-27 02:52 | 暇つぶし批判

酷いことだ。元が悪い。

だんだん、解ってきた。
一番の問題は、酷い、兄を持つと、力士も大変だ。

関係者も、大変。



「大相撲の大関琴光喜関(34)=本名田宮啓司、佐渡ケ嶽部屋=の野球賭博をめぐる恐喝事件で、琴光喜関側が賭博の「勝ち金」を元幕下力士古市満朝容疑者(38)に請求した際、
佐ノ山親方(34)=元大関千代大海=が同容疑者の実弟に、
「おまえの兄はどうしようもない。金を払ってやれ」と忠告していたことが25日、関係者への取材で分かった。
 恐喝は直後に始まったとみられ、警視庁組織犯罪対策3課などは古市容疑者が同親方の発言を伝え聞いて逆上した疑いがあるとみて調べている。
 同日、大阪府寝屋川市の同容疑者宅などを家宅捜索した。
 関係者によると、琴光喜関が賭博の「勝ち金」約500万円の支払いを求めたところ、同じ胴元に借金があった同容疑者からもらうように言われ、仲介役の阿武松部屋所属のまげを結う「床山」を通じて請求。しかし、同容疑者は支払いに応じなかった。
 琴光喜関と親しい佐ノ山親方がこれを聞き、同容疑者の実弟で同部屋所属の現役力士に、「おまえの兄貴はどうしようもない。金を払ってやれ」と忠告。古市容疑者は「何をこそこそやっているんだ」と逆上し、電話やメールで琴光喜関側を脅し始めた。
 同容疑者は琴光喜関と同じ胴元で野球賭博をしており、多額の借金があったという。」



『佐ノ山親方(34)=元大関千代大海=が同容疑者の実弟に、
「おまえの兄はどうしようもない。金を払ってやれ」と忠告していたこと。』は、正しい。
正論だろう。
問題は、裏の組織も、考えるべきだ。
嫌がらせ、腹いせで、相撲界、つぶすのかと、考える。

違う気がする。


すべては、酷い、元力士が、問題なのだろう。

博打の体質も、相撲界にいるのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-26 08:32 | 暇つぶし批判

今後

罪は、罪で、処分は、首か、そうか、わからない。





「大相撲の賭博問題で、日本相撲協会の外部有識者による特別調査委員会の伊藤滋座長(早大特命教授)は25日、武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)に対し、28日に緊急理事会と評議員会を開くよう要望し、了承された。この日、東京・両国国技館で開いた調査委の会見で伊藤座長は、野球賭博への関与を認めた大関・琴光喜関(34)=佐渡ケ嶽部屋=の処分について「当然やるよ。一番にクビだよ」との個人的見解を示した。

◇28日に緊急理事会

 調査委は協会が設けた第三者機関。独自で事情聴取を行うなど賭博問題について調査し、
理事会に結果を報告する。
処分を決める権限はない。
しかし、伊藤座長は協会の外部理事として理事会に出席する立場にあり、琴光喜関に「除名」「解雇」など重い処分が検討される可能性が高い。

 当初、調査委から中間報告を受け、名古屋場所(7月11日初日、愛知県体育館)の開催の可否などを決める臨時理事会が7月4日に設定されていたが、協議する場が前倒しされる格好となった。
28日は名古屋場所の新番付発表日で、通常は力士や親方は名古屋入りしている。
全親方らが出席する評議員会が東京で開かれるのは極めて異例。4日の理事会も予定通り行われる。

 協会は文部科学省からは「現状のままでは(場所)開催は難しい」などと指摘されていた。
NHKは中継の中止を検討していることを明らかにしている。

 また、調査委は、野球賭博への関与を認め協会に上申書を出した29人の中に琴光喜関が含まれていなかったことを明らかにした。さらに、野球以外の賭け事の関与を認めた親方の上申書の中に弟子1人が野球賭博にかかわっていた記述があることが分かり、申告した協会員は野球賭博31人、その他36人の計67人となった」





賭博行為が問題なのだろう。

全ては、大学の相撲部が問題にも見える。
大学で、賭け事、学んでいるのかもしれない。
賭博している力士に、大学を出ているのか多いことだろう。

大学も考えるべきたろう。
野球賭博も問題だが、あまりには、賭け事が、多い相撲界に見えるのは、
大学の教育が、大学の相撲部の教育が、良くない気がする。


名古屋場所の開催も、中止になるか、結論が、遅いも、問題。
どうなるか。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-26 04:20 | 暇つぶし批判

事件の本質が問題。

酷い事件だ。
本当は、部屋の親方が、行うのではないか。
大嶽親方(42)(元関脇貴闘力)と時津風親方(36)は、立派だ。
時津風親方(36)(

酷いのは、この事件の本質は、ゆすりである。
賭博も悪いが。




「大相撲の大関琴光喜(34)(佐渡ヶ嶽部屋)が野球賭博の口止め料を脅し取られたとされる事件で、琴光喜が今年3月、約1億円の支払いを要求してきた元力士(38)と話し合った際、大嶽親方(42)(元関脇貴闘力)のほかに、別の男も同席していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 男は元力士が連れてきたといい、警視庁は暴力団関係者の可能性もあるとみている。同庁はすでに、琴光喜から約350万円を脅し取った恐喝容疑で元力士の逮捕状を取っているが、元力士は所在不明のままで、同庁は所在確認を急いでいる。

 捜査関係者によると、琴光喜は2009年末、野球賭博の勝ち金を 阿武 ( おうの ) 松 ( まつ ) 部屋の幕下力士(34)に請求したところ、兄の元力士から野球賭博の口止め料を要求され、約350万円を支払った。元力士はその後も、琴光喜に約1億円の支払いを再三要求したという。

 そのため、琴光喜は親しかった大嶽親方と時津風親方(36)(元幕内時津海)に元力士から脅されていることを相談した。

 春場所開催中の今年3月、元力士に呼び出された琴光喜は大嶽親方とともに、
大阪市内の路上で要求について話し合う場を持ったが、
その際、元力士は別の男を連れてきたという。
4人の話し合いは結局、もの別れに終わった。時津風親方は車の中で待っており、
話し合いには加わらなかったという。

 同庁は、元力士が立ち寄りそうな場所に捜査員を派遣するなどして所在確認を急いでおり、身柄を確保し次第、恐喝容疑で取り調べ、約1億円を要求した経緯などについても事情を聞く。

         ◇

 力士らの賭博問題を調べている日本相撲協会の特別調査委員会(座長=伊藤滋・東大名誉教授)は23日の記者会見で、同日までに12人から事情を聞き、
野球賭博に数十万円を賭けたケースがあったことを明らかにした。
胴元が暴力団かどうかは分からないとした。

 会見で弁護士の望月浩一郎委員は、賭け金の額も名古屋場所出場可否の判断材料となるとの見解を示したうえで、「名古屋場所に出場したからといって、処分をしないということではない」と述べた。」




時津風親方、大嶽親方は、被害者に見える。
野球賭博の問題は、原因は、全ては、元の力士が問題に見える。
安易な誘いが原因。


野球賭博という名前で、言っているが、ゆすりの団体である。
考えるべきは、反省も、まず、昔の関係者と信用、親密にしないことだろう。

名古屋場所は、休場して、慈善事業する事から、始めることだ。
金の価値、軽率に使えない教育が相撲界には、必要だ。

野球賭博につぎ込む金があるならば、慈善事業に寄付する心が、必要。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-24 04:17 | 暇つぶし批判

今後どんな展開か。


インテリアも、場所がないのか。
コストと、経済と、関係する。
大きな広い場所より、小さい場所で、展開するのか、効率がいいのかもれない。
家具は、それでも、広いだろう。
場所は、どんなところに、広げるか。
それが売れることかもしれない。




「家具・インテリアチェーンのニトリは22日、店舗面積が1000平方メートル程度の小型の新業態店舗を今秋から展開することを明らかにした。新業態店舗は家具を扱わず、日常品をそろえ、
来店頻度の向上を目指す。店名も「ニトリ」を使用せず、全くの新しいブランドで展開していく。


 この日、開催した決算発表の席上で似鳥昭雄社長が明らかにした。似鳥社長は、新業態店について「今秋には3店舗を出店し、2017年2月期までに100店舗を出店する」との考えを示した。

 ニトリは5月末時点で全国に219店を展開しているが、その大半の店舗の面積は3300平方メートル以上で、新業態店の店舗面積は従来店舗のおよそ3分の1から5分の1になる予定だ。
今秋に開設する新店舗はショッピングセンター内などに入居し、集客の状況を見極める。

 従来の大型店でカバーしきれていない地方都市をはじめ、
出店コストが抑えられることから大都市の中心部などへ出店していくとみられている。
現在、取扱商品などの検討に入っている。

 既存の家具・インテリアチェーンの出店余地が狭まることが予想されるなか、
取扱品目が異なる新業態を出店することでビジネスチャンスを広げる。

 同社は17年2月期末までに新業態を含めて500店舗の出店を計画している。」


ショッピングセンターならば、効果があるが、問題は、売れている場所ならば、無理ではない、
入り場所がない。売れないから、空いている。
今後、売れる品を展開が問題だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-24 04:00 | 暇つぶし批判

酷いことだ。

酷い組織だ。
賭け事は、公営でするのが一番である。

賭けた儲けた金、貰えないで脅迫される。

酷い話だ。
賭けた金は、返さないというのが本当。




「大相撲の賭博問題で、野球賭博関与の口止め料として大関、琴光喜関(34)=本名・田宮啓司=から現金約350万円を脅し取ったとされる元力士の男(38)について、警視庁組織犯罪対策3課は22日、恐喝容疑で逮捕状を取った。すでに本格捜査に乗り出す方針を固めており、恐喝容疑の捜査は大詰めを迎えた。

 関係者によると、元力士は元暴力団関係者とされ、周囲に金銭の授受を認めた上で、「金は勝ち金の回収依頼料だった」などと説明。一方、琴光喜関は被害届を提出していた。

 捜査関係者によると、琴光喜関は約500万円の賭博の「勝ち金」を回収するため、仲介者を通じて払い戻しを求めた。

 だが、仲介者からは同じ胴元に借金がある現役幕下力士(34)に支払いを請求するよう告げられ、逆に、幕下力士の兄の元力士から「口止め料」として現金約350万円を脅し取られた。琴光喜関は、さらに1億数千万円を要求されたとされる。」





組織も問題だが、酷い組織と、賭けたものだ。
脅迫で、金、せびるのと、変わらないことだろう。

酷いことだ。
賭け事は、公営でするのが一番安全だ。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-23 04:40 | 暇つぶし批判
 政治生命をかける前に、責任を取るのが、必要ではないか。

消費税を問うならば、衆議院の解散することだろう。



「菅直人首相(民主党代表)は22日午後の日本記者クラブ主催の9党党首討論会で、消費税増税に関し「議論が煮詰まり、案が出せる段階で、国民の皆さんにしっかりと判断をいただくことが必要だ」と述べ、衆院解散・総選挙で信を問う可能性に言及した。

 消費税に政治生命をかけるかとの質問には「『国民の皆さんに判断してもらう』と言っていることが一番、政治家が政治生命をかけて申し上げていることだと理解してもらいたい」と述べた。」


総理大臣になると、忘れるのかもしれない。
副総理には、鳩山さんと、同じ責任があるのを知らないのかもしれない。

公約も、消費税上げるも、昨年の公約にないと思うが、あるのだろう。

この不景気に、消費税の論議で、時間、つぶすのかもしれない。

経済も、外交も、ダムの中止も、高速道路無料化も、子供手当ても、事業仕分けも、すべては、
結果を出してない。

経済が一番の問題なのに、税収は、経済が悪いからだろう。


勘違いしているのかもしれない。
税収、上げるのは、経済しかない。
ものが、売買すれば、税金が入る。
売買かないから、税収かない。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-22 17:51 | 暇つぶし批判

勿体無い軽率な企画

作家も、出版社も、考えるべきだ。
最終回で、終わると、雑誌は、売れない。


どうして、新しい作品、新作を多くつくり、
最終回までに、売れる新作、作らなかったのか。

それが、問題だろう。




「11日発売の漫画誌「月刊少年ガンガン」7月号(スクウェア・エニックス)で発表された、荒川弘さんの漫画「鋼の錬金術師」の最終話が、
8月発売の同誌9月号で再掲載されることが21日、分かった。

 7月号は、通常より2割多い部数が発行されたが、同作の人気で完売状態となり、読めないという苦情が多く寄せられたためという。

 「鋼の――」は、単行本累計発行部数4000万部を超すファンタジーでアニメ化もされた。」



最終回の雑誌も、対して、作らなかったことだろう。
軽率な経営と、今後の作品が問題だと思う。

継続して、続編で、継続することが、
雑誌の生き残る方法だろう。

アニメ化も、アニメがない、TBS系列だから、継続していることだろう。

普通は、映画にして、継続なアニメの販売が本当だろう。
全ては、企画の問題に見える。

作品より、企画の問題に見える。
勿体無い軽率な企画が原因だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2010-06-22 03:57 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2