四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

よかった視聴率か

視聴率は、よかったのか。



「29日午後8時15分からTBS系で放送された亀田興毅選手が内藤大助選手に判定勝ちした世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチの視聴率が、
関東地区で43.1%を記録したと、ビデオリサーチが30日発表した。
札幌地区では50.6%を記録
、関西地区は43.1%、
名古屋地区は39.1%、北部九州地区は39.6%だった。

 プロボクシングの試合では、78年5月の世界ボクシング協会(WBA)世界Jフライ級タイトルマッチ(具志堅用高選手対ハイメ・リオス選手)の43.2%(関東地区)以来の高さ。

 29日午後8時からNHKで放送された「坂の上の雲」の初回視聴率は、関東地区で17.7%だった。 」


「坂の上の雲」は、よくなかったのか、視聴率。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-30 11:16 | 暇つぶし批判
不安は、今週から世界の金融だろう。
本当に、リスク回避しているのか。
一年前よりいいというのが、一年前の負債の拡大に見える。




「アラブ首長国連邦(UAE)国営の首長国通信によると、UAE中央銀行は29日、連邦内で活動する内外の銀行に対し、3カ月間0・5%の金利で貸し出しを行うと発表した。追加資金供給を打ち出すことで、域内銀行の貸し出しを促し、世界の金融市場に不安が拡大した“ドバイショック”による資金流出のリスクを回避する狙いとみられる。

 中銀がUAEの銀行や、UAE内で活動する外国銀行支店あてに発表した声明は「UAEの銀行システムは(国際的な金融危機に見舞われた直後の)1年前と比べより健全で、市場の流動性も高まっている」と強調した。

 ロイター通信によると、サウジアラビア駐在の経済専門家は、ドバイの信用不安で「ドバイの預金者や銀行がパニックに陥ることが最も懸念されており、(中銀の措置は)UAE全体、とりわけドバイの銀行システムの健全性を支えるものだ」と論評している」




今日、今週の世界に市場が、問題。
アラブ地域の負債は、どのくらいになるのか、
イギリスがどうか。
今週は、国内の政治より、海外の市場だ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-30 07:02 | 暇つぶし批判

本音かもしれない。

本当に、自民党でも出来たことかもしれない。
麻生内閣では、無理ことだった。

党派を超えて行うことが必要かもしれない。




「自民党の河野太郎元副法相は27日、政府の「事業仕分け」の現場を視察した。
河野氏は麻生政権時代に党無駄遣い撲滅プロジェクトチームを主導した「先駆者」。
農水省関連の仕分け作業を傍聴した後、
「僕らの時は反乱軍だったが、(民主党政権では)正規軍でやらせてもらっている。うらやましい」と率直に感想を語った。

 会場では、仕分けを担当する民主党の蓮舫参院議員から「手伝ってよ」と声をかけられ、
河野氏が「呼ばれりゃいつでも行くよ」と気軽に応じる場面もあった」



本当かもしれない。
仕分けの担当は、野党も、与党もなく、情報の判断する者が必要。

今の自民党では、自転車で怪我して、休んだ党首では、無理だろう。
自転車で、転ぶ、怪我する党首など、誰が、国民が信用できるか。
仕分けと、調べる人は、野党も与党もないと思う。


「仕分けを担当する民主党の蓮舫参院議員から「手伝ってよ」と声をかけられ、
河野氏が「呼ばれりゃいつでも行くよ」と気軽に応じる場面もあった」」
は、本音かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-28 04:57 | 暇つぶし批判
解らない、ハローワークで、自殺者が減るのか。
ハローワークで、健康も、解るのか。

何でもハローワークで、できるのならば、すべて、可能だろう。
問題は、自殺者を防ぐには、駆け込み寺が必要なのだろう。
それが、職業斡旋する場所なのだろうか。

昔ならば、江戸時代、口入屋が、助けたのは、面倒見ることだ。
生活の面倒を見るのは、住まいから仕事から、そして、負債まで、面倒見るというのは、
よほど信用させた人、その判断が、口入れ屋には、わかるものだという。

今のハローワークで、人の判断と、仕事と、住むところまで、面倒見るのだろうか。




「厳しい雇用情勢が続く中、年末・年度末に自殺者が増えるおそれがあるとして政府は27日、「自殺対策100日プラン」をまとめた。3月までの対策として、ハローワークで心の健康相談を年末・年度末に実施することや、商工会議所で経営者向け相談を開くことなどを盛り込んだ。

 福島瑞穂・内閣府特命担当相が5日に設置した政府の自殺対策緊急戦略チームがまとめた。
警察庁によると10月末時点での自殺者数は2万7644人(暫定値)。
福島担当相は「このままでは12年連続3万人という深刻な事態は避けられそうにない」とし、
失業者や資金繰りに苦しむ経営者への総合的支援や、自殺多発地を拠点にした支援などを3月まで集中的に実施する。」




一番の対策は、自殺する前に、相談場所するところが、どこか、
警察ではないか、犯罪と、負債の対策は、刑に関連する。
本当は、警察署に、人の行動と把握するのが、一番の対策に見える。
自殺する場所に、警備する。
電車で自殺させない設備をする。


「自殺者数は2万7644人」の中で、どのくらい、社会に損失を与えているのか。
電車の飛び込み自殺は、数億の社会の損失である。

自殺として、扱っているいる中に、殺人事件もあるのも、調べてみると、あるのではないか。
睡眠薬、車での自殺、自殺した後の、保険金、その親族、交友関係も調べてることも、犯罪の防止になる。
自殺者の中に、問題が多いのは、本当は、警察の仕事に見える。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-28 03:34 | 暇つぶし批判

何時かは

悪いことは、何時かばれる。
事件は、見つかるものだ。
失踪している人は、本当は、殺されている人が多いのかもしれない。
行方不明も、殺されている人が多いのかもしれない。




「大阪府阪南市のガレージでドラム缶の中から男女とみられる2遺体が見つかった事件で、大阪府警は26日、遺体は04年12月から失跡していた同府和泉市府中町5丁目、カーペット製造・販売会社元社長の浅井建治さん(失跡当時74)と妻きよさん(同73)と歯型から確認し、発表した。府警は、当時ガレージを借りていた40代の建築作業員の男が夫婦の車を盗んだ疑いが強まったとして窃盗容疑で逮捕した。今後、夫婦の死亡との関連も調べる。

 府警によると、司法解剖の結果、死因は2人とも脳挫傷で、頭を鈍器のようなもので殴られたとみられている。死亡推定は04年12月ごろで、府警は殺人・死体遺棄事件とみて調べる。きよさんの遺体は、肋骨(ろっこつ)や右足の骨が折れていたといい、殴られたことによるとみられるという。また、2人の失跡後、浅井さんの通帳などが見あたらなくなっている。

 捜査関係者によると、40代の建築作業員の男が浅井さん夫婦の失跡と同時期にガレージを借りていたことがわかり、府警は借りた経緯などについて事情を聴いていた。その結果、ガレージで発見された夫婦の車は、男が盗んだ疑いが強まったという。

 捜査関係者やガレージの関係者によると、作業員は「ガレージを借りたい」といきなり阪南市の所有者宅を訪れ、04年12月、保証金と1カ月分の賃料を支払い、鍵を受け取っていった。契約書は交わさず、自分の住所を「(大阪府)泉南市」、名前は名字だけを答えていたという。

 しかし、その後賃料が支払われず、連絡も取れなくなった。解約の申し入れはなく、鍵も返されなかった。作業員以降ガレージの借り手はなく、所有者は、新たな希望者が見つかったため今月21日にガレージを見に行くまで、シャッターを一度も開けたことはなかったという。

 作業員は、浅井さんが04年6月ごろに和泉市の自宅を新築した際、工事のために出入りしていたという。工事関係者は「工事期間中に特にトラブルはなく、作業員が浅井さん夫婦と親しく話していた覚えもない」と話した。」


管理している人は、一度、物件の調べをすることだ。
いろいろな遺体か、骨が、見つかるかもしれない。
人は、見かけによらない。
借り手、貸し手も、信用することなく、調べることだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-27 03:58 | 暇つぶし批判

老人ではないか、

ノーベル賞を取った人は、民間で、自分の事業をしないのか。
国の団体か、大学の教授では、意味ないのではないか。

国の金で、賞を取り、国の金で、生活している人が、
果たして、科学とか、人材育成もない。
自分で、組織をつくり、会社を作ることが、本当。


事業仕分けで、仕事と、収入がなくなることが、問題にしているのではないか。




「政府の行政刷新会議による「事業仕分け」で廃止または縮減と判定された科学技術関連予算について、ノーベル賞受賞者ら「日本の頭脳」とも呼ぶべき科学者らが25日、相次いで予算縮減に危機感を唱えた。「天下り」や無駄な予算計上が問題となる中、科学者からは「科学技術の振興、若手育成は将来への投資」「人材流出が進む」といった意見が出た。

 東京大(東京・文京)で記者会見したのは江崎玲於奈・茨城県科学技術振興財団理事長(84)、利根川進・米マサチューセッツ工科大教授(70)、野依良治・理化学研究所理事長(71)、小林誠・高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授(65)のノーベル賞受賞者と、「数学のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞受賞者である森重文・京都大教授(58)。5人連名で声明文を発表した。

 事業仕分けでは、一部企業が不参加を決め、計画再考を求める声が上がった次世代スーパーコンピューター開発事業などが凍結されるなど、科学技術関連予算が大幅に減額されている」




58才以上の人が、公共の管理職、国の組織で働いていることが、問題だろう。
科学の予算は、本当は、官僚食わすためにあるのである。
賞を取った人を支援する予算なのかもしれない。


「江崎玲於奈・茨城県科学技術振興財団理事長(84)、利根川進・米マサチューセッツ工科大教授(70)、野依良治・理化学研究所理事長(71)、小林誠・高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授(65)のノーベル賞受賞者」は、引退させて、早く、自分の財団で、仕事することだ。
国の金のことを言う人ではない年齢だ。

彼らの国から、大学などから給料は、膨大である。
彼らこそ、民間にして、処分して、その分、新しい開発資金になる。

老人が科学を言うより、本当に、自分の給料を賞で、賄うことが、賞を取った人の仕事である。

賞をとっても、国から金貰っている老人では、普通の年金老人より、たちが悪い。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-26 07:01 | 暇つぶし批判
この大臣は、信用できない。
言葉では、いい事を言って、何一つ実行しない。
就任して、何をしてのか、高速道路も無料に出来ないで、
何か、公約だ。

温暖化、景気対策、すべては、国土交通省の大臣の実行がないから、不景気の拡大している。
鳩山政権は、経済の解らない人が大臣にいるから、不景気になる。

高速道路は、無料に一年でも、すれば、景気が回復する。
地方に金が回る。
地方に住む人が増える。



「前原国土交通相は25日の全国知事会議で、
10年度から実施予定の高速道路無料化の試行について「主要都市間を結ぶ基幹路線は基本的に除外する」と述べ、東京、名古屋、大阪の三大都市圏を結ぶ東名高速や名神高速を除外する考えを示唆した。首都高速や阪神高速については、既に対象外と明言。
競合するフェリーなどの公共交通機関への影響が大きい本州四国連絡高速道路などは無料化以外の方策を検討の意向」


今からでも、直ぐに、実行すると、景気が上向く、再来年に戻すならば、まだ、一年で、回復する日本景気。

物が売れない輸出が黒字、これでは、金は、海外投資で日本から消える。
温暖化は、電気自動車を普及させて、古い車は、廃止する制度にすると、
経済効果が増大。
簡単に好景気になる。


すべては、高速道路の無料と、ガソリン税の廃止が、経済効果が大きい。
電気自動車の普及が増えることを提言することだ。

まずは、どこに行っても、ガソリン代で、行けるが、日本国中に道路の活用になる。
九州の人が夏に、北海道に移住する。
北海道の人が、冬に九州に移動するも、高速道路の無料化が、あると、出来る。

すべては、道路、歩けば、どこにでも、ただで、行けるのが、経済対策である。
それから、地域の税収を増やす商売を考えることだ。


人が動かないと、経済は、崩壊する。

民主党は、忘れたのかもしれない。
ガソリン税が一時、継続できなかった一ヶ月に、経済がよくなったことを。
鳩山政権ではなく、福田政権のときに、あったの幻の経済効果。
できると思うのは、ガソリン税の廃止からすると、この冬は、物と、人が動くことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-26 05:07 | 暇つぶし批判
来年の予算は、どうなるか。
解らないこの政権、知事たちも、自分の県の赤字を減らす対策しないと、
危ないことだ。
地方交付税が、増額することなど、無理である。
逆に、減る時代ではないか。





「藤井財務大臣は25日の記者会見で、全国知事会が地方交付税のおよそ1兆円の増額を求める提言を採択したことについて、来年度予算案での増額は難しいという認識を示しました。

地方交付税をめぐっては、総務省が地域主権の確立のためには地方の自主財源を増やすべきだとして、来年度予算案の概算要求でおよそ1兆円の増額を求めており、全国知事会も25日開いた会議で来年度、地方交付税を増額するよう求める提言を採択しました。
これについて藤井財務大臣は25日の記者会見で、「地域主権の全体像をつくるときの段取りとして、
交付税率を引き上げることから始めるのは私の常識では考えられない」と述べ、地方交付税を来年度予算案で増額するのは難しいという認識を示しました。
そのうえで藤井大臣は「地域主権の確立は民主党として約束したことであり、法律をつくって国の仕事を限定し、地域に仕事を振り分けるといった国の姿をつくることが大事だ」と述べて、地方交付税の増額だけでなく国の出先機関や補助金の見直しなども含めた包括的な制度改革を進めていくべきだという考えを示しました。」



県も、市、村も、一度、再編するべき時期である。
倒産する市、県は、統合することが、必要に思う。
赤字の地域は、処分する事が必要に思う。
知事会も、多すぎる人だ。
知事も、廃止する時代ではないか。

統合する道州制か、市の黒字の市が、格上げの同州にすることかもしれない。
企業ではないが、赤字の県は、市は、倒産から始める事が来年だろう。
税収が激減する来年なのだから。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-26 04:50 | 暇つぶし批判
異常な投資である。
果たしてそんなに、中国で、旨くいくのか、
見ものである。


好景気は、中国であるが、世界不景気から好景気になったとき、
果たして、それは、中国なのか。

中国で、日本の小売りは、失敗しているのが、定説。



「コンビニエンスストア大手ファミリーマートは24日、
海外店舗を2019年末までに今の約3.8倍にあたる3万店に増やし、
国内を合わせて4万店体制を築く方針を明らかにした。
中国では約70倍増となる2万店を目標とする。
人口減で頭打ちの国内市場にとどまらず、アジアなど海外進出による成長戦略を描く。

 ファミリーマートの店舗数は10月末現在で国内7601店、
海外に7805店の1万5406店。これを12年末に2万店に拡大。
その後も中国を中心とするアジアへの出店を急ぐ。

 中国を除く19年末の計画では、(1)韓国・台湾で約8千~9千店(2)タイやベトナムなどその他の地域で約1千~2千店に増やす。
中国では既存店が集中する上海だけでなく内陸部の成都や、北京・天津などでも数千店規模の出店を予定する。

 ファミリーマートは88年に台湾に進出して以来、海外展開に積極的。今年8月に初めて海外店舗数が国内を上回った。
一方、国内の店舗数は、来年3月に業界7位のエーエム・ピーエム・ジャパンと合併しても現在と同じ3位だ。朝日新聞の取材に、上田準二社長は「国内の出店余地は限られる。グローバルに戦う」と、海外展開を加速させる方針を強調した」




人口が多いところで、富のある国は、売れるが、そのときは、コンビニではなく、高額な店。
本当は、店舗より、品物の開発が大切ではないか。
コンビニは、メーカーで生きることが、生き残る道である。

量産できる商品を開発するのが、コンビニの生き残る道に見える。
マック、ユニクロは、すべては、店ではなく、商品の会社である。
店は、あとから考える売り場である。

世界で、売れる食品の会社、買収した方が一番の政略であると思う。
店舗は、何を売るのか。
格差の激しい国は、難しいことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-26 04:40 | 暇つぶし批判
読売新聞のコラムに、作詞家のことが書いてあった。

いい作曲はいい作詞家がいるから、できるのかもしれない。




「新聞記者はときに、押しが強くないとやっていけない。取材で気後れしないよう、無理してデカイ顔をする時もある。押しと顔(オシトカオ)を逆さまにして丘灯至夫(オカトシオ)、筆名の由来という
作詞家の丘さん、
本名・西山安吉さんが毎日新聞に入ったのは戦時下、世相が暗く険しいころである。その人が戦後に書いた詞は「高校三年生」「高原列車は行く」「東京のバスガール」…どの歌も弾むように明るい
無粋な「押しと顔」を、丘に立つ洋館の窓に灯がともるような美しい筆名に変えた人は、暗い記憶から光まばゆい風景を紡ぐ手品師でもあったろう。丘さんが92歳で死去した
「高校三年生」は二番の歌詞〈ぼくら/フォークダンスの手をとれば/甘く匂(にお)うよ黒髪が〉のくだりが最初に浮かんだという。ある高校の学園祭で目にしたフォークダンスに、男女が手をつなぐことなど夢にもあり得なかった自分の青春を顧みてショックを受け、歌になったとか
戦後の昭和にキラキラと、光の粉をまいた人である。訃報(ふほう)が流れたきのう、懐かしいメロディーに乗せ、何人があの詞を口ずさんだだろう。」



名曲は、本当は、いい作詞家がいるか、いないか。
歌が売れないのは、本当は、いい作詞家がいなくなったからなのかもしれない。
作曲家より、作詞家が、時代を作る唄なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-11-25 06:56 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2