四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 51 )   > この月の画像一覧

今後は、わからない。

これから、また、献金問題が、不祥事になるか。

総理大臣も、果たして、誰がなるか、
面白い。
数ヶ月で、変わる総理大臣、大臣か。

逃げていた議員は、捕まるか。




「衆院選の終了を受け、東京地検特捜部による政治資金に関する捜査が動き始める。当面の焦点は、鳩山由紀夫・民主党代表の「故人献金」問題や、準大手ゼネコン「西松建設」から二階俊博・経済産業相の政党支部への偽装献金問題だ。

 鳩山代表側の調査によると、同代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」は2005~08年の政治資金収支報告書に、死亡した人や実際に寄付をしていない人を「寄付者」と偽って記載した。虚偽記入をしたのは会計担当の公設第1秘書(解任)で、虚偽記入は4年間で193件、総額約2177万円に上り、同代表側は収支報告書を訂正している。

 この問題では、「鳩山由紀夫を告発する会」と称する団体が7月、この元秘書や鳩山代表らを政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で刑事告発。特捜部は今後、同懇話会に会計帳簿の提出を求めたり、「寄付者」とされた人から事情を聞いたりしていくとみられる。

 また、西松建設が06~07年、社員らの個人献金を装い、二階経産相が代表を務める政党支部に計600万円を献金したとされる問題でも、同支部の会計責任者らが同法違反(虚偽記入など)容疑で告発されており、特捜部は今後、起訴するかどうかを最終判断する。

 一方、西松建設からの違法献金事件で、同法違反で起訴された小沢一郎・前民主党代表の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)については、東京地裁で7月下旬、公判前整理手続きのための三者協議が始まった。しかし、争点整理に時間がかかっており、初公判は早くて11月とみられている。」



今後は、わからないことだ。

当選した人も、選挙違反もあるだろうか。
またまた、解らないのが選挙の結果。
後々の総理大臣。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-31 07:59 | 暇つぶし批判

効かないのかも。

新型インフルエンザは、怖い事になっている。
7人目の死亡は、怖い内容だ。
タミフルが、効かないのかもしれない。




「兵庫県たつの市では、新型インフルエンザに感染した38歳の女性が死亡しました。厚生労働省によりますと、新型インフルエンザに感染し死亡した人は国内で7人となりました。

兵庫県などによりますと、死亡したのは兵庫県のたつの市に住む38歳の女性です。
女性は27日、39度の発熱とせきの症状を訴え、
簡易検査で新型インフルエンザと同じA型と判定されたため、
28日、医療機関でタミフルの処方を受けたということです。
しかし、29日になって容体が急変したため、姫路市内の医療機関に運ばれ治療を受けましたが、29日朝4時すぎ死亡しました。姫路市環境衛生研究所が遺伝子検査を行った結果、女性は新型インフルエンザに感染していたことが確認されたということです。新型インフルエンザに感染し死亡した人は国内で7人となりました。感染ルートは明らかになっていませんが、女性は今月25日に新型インフルエンザとみられるA型のインフルエンザ患者が確認された市内の福祉施設に通っていたということです。」



突然の発病にみえる。
施設に感染者がいると、うつる事だ、電車の中でも、ありえる。
感染者がいるところには、行かないのが安全。

外出禁止令でも、出さないと、死亡者が拡大するのではないか。
発熱から死亡まで、タミフルでも、長生きしない。
警戒は、個人の対策では、無理に見える。

地域でも、外出禁止令が必要ではないか。

これで、高校野球の甲子園大会に出た学校で、死亡者でも、出たら?
高校野球の開催して、会社、すべての関連の企業、文科省は、問題ではないか。
五月の時に、対策を継続しなかったことが、大きな問題なるのではないか。
関西、中部、北日本、関東、東北、北海道、どこが、死亡者が、増大するか、怖いことだ。
対策が無策は、増大することだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-30 04:55 | 暇つぶし批判
対した問題ではない気がする。
芸能事務所の怠慢か、タレントが芸能事務所を軽視していたことだろう。
犯罪者になれば、解雇、首が本当。
普通の会社ならば、管理していることが出来ない社員は、首か、解雇は、最初である。
その後、犯罪者にれば、会社は、責任が、消える。

どうも、逆、逆で、芸能事務所は、常識のない管理をしているのではないか。



「酒井法子被告解雇に事務所社長「断腸の思い
所属事務所会見詳報 覚せい剤取締法違反(所持)で28日に起訴された女優・酒井法子被告の所属事務所・サンミュージックが同日午後6時、
相澤秀禎会長、相澤正久社長、伊藤栄志専務出席のもと都内の同事務所で会見を行い、
酒井被告を同日付で解雇したことを発表した。テレビカメラ17台、
およそ100人の報道陣が詰めかけるなか、相澤社長は冒頭で「酒井が逮捕され、日ごろよりお世話になっている関係者、ファンの方々に大きなご心配とご迷惑をおかけしました。
今日付けをもちまして、タレント契約を解除いたしました。23年間、一緒に頑張ってきましたが、
反社会的行為は許されることではありません。断腸の思いですが、解除すなわち“解雇”と思っております」と話し、無数のフラッシュを浴びながら頭を下げた。」


普通の企業ならば、この事務所のタレント、女優、俳優は、CMには、今後使わないことただろう。
広告出すたびに、酷いイメージが、商品に影響する。

社員、女優、タレントが付き人、専属の担当者がいるのに、数年間も、薬物のしていたというのは、本当に知らないのか、疑問。
決断の遅い対応は、問題である。

普通の企業ならば、ありえないことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-29 04:21 | 暇つぶし批判

対策は

流行のシナリオではなく、公務員、官僚、大臣の怠慢が原因ではないか。



「厚生労働省は28日、今回の新型インフルエンザによる国内の患者数は年内に約2500万人、
人口の20%に達するとの推計罹患率を柱とする仮定の「流行シナリオ」を発表した。
患者のうち、入院する人の割合(入院率)は1・5%(約38万人)で、
0・15%(約4万人)が重症化してインフルエンザ脳症や人工呼吸器装着になると予測。」


夏の高校野球も大会も、問題だったのではないか。
大きな全国大会に、新型インフレエンザの対策がなかったのではないか。

五月に、関西で、増大していた新型インフルエンザ、対策もないで、地方大会で、何もしない学校が、
甲子園で感染して、地方に感染。
修学旅行の延期を忘れていることが原因。

新学期も、甲子園に行った学校は、最悪の感染者があるのではないか。
すべては、労働厚生省の怠慢。

移動行動を制限することが、今後、秋から必要ではないか。
都内、関西、地域の観光は、庶民には、避けることが、願うしかないないのではないか。

消毒と、嗽と、手洗い。
公共の乗り物、地域は、消毒の日々ではないか。

対策は。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-28 18:46 | 暇つぶし批判
自殺者が、2万人に近い。

不景気と、絶望が交差する年なのか。

職と、金がないと、起きるのか。
病気か。



「今年1~7月に自殺した人は1万9859人に上り、昨年の同期間より899人も多いことが28日、
警察庁が公表している月ごとの暫定値で分かった。自殺者は統計を取り始めた1978年以後、
2003年の年間3万4427人が最多だったが、
同年に匹敵する最悪のペースで増えている。
警察庁は月別暫定値まとめでは自殺原因を公表していないが、
昨秋からの不況が自殺者増加の背景にあるとみられている」



事故死、病死と、自殺死、すべては、不運なことだが、
選択するのは、自殺は、自分の考え一つ。

対策は、宗教か、寺の教えを広げるか。
対策は、教育なのかもしれない。
学校機養育が問題なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-28 18:34 | 暇つぶし批判
介護のロボットか。
今に、人は、仕事がなくなるのではないか。
介護の仕事も、安いから仕事する人が、ないという時代から、
資格も、仕事の内容も、すべては、ロボットが管理して、
人の仕事は、なくなる。

新型、インフルエンザも感染を止めることも、できる時代がくるのではないか。
ロホットで。



「理化学研究所と東海ゴム工業は27日、人を優しく抱き上げてベッドに寝かせられる介護ロボットの開発に成功したと発表した。介護する人がロボットの腕に手を添えて誘導すると、ロボットが介護される人を抱き上げる。ロボットは両腕のセンサーで人の姿勢を把握して動きを柔軟に制御する。介護士や看護師の補助役となるとみて2012年までに実用化のメドをつける。

 開発したロボットは「RIBA(リーバ)」。高さが140センチメートル、重さが180キログラム。体の表面を発泡ウレタンなどの柔らかい素材で覆ってあり、120キログラムの物体を支えられる設計になっている。

 両腕の表面には合計で約400個の触覚センサーを埋め込んだ。抱き上げた人の姿勢を常時把握し、内蔵のコンピューターで腕や全身の動きを制御して上手に抱き上げる。介護者は声をかけたりロボットの腕を引いたり押したりしてロボットを操作する。」



車を販売する企業も、ロボットの販売を手がける事が、将来の生き残る道かもしれない。
車か、ロボットか。

c0094071_5143885.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-28 05:14 | 暇つぶし批判

美味しそうだ。

買ってみよう。
美味そうである。





「これがジャイアント「パン」だ――。
山崎製パン(本社・東京)が9月1日から、
和歌山特産の紀州備長炭などを原料に使った菓子パン
「ジャイアントパンダ 2色パンチョコ&クリーム」を近畿2府4県で発売する。
白浜町の観光施設「アドベンチャーワールド」のパンダにちなみ、県の協力で商品化された。
全国発売も検討中という。
山崎製パンによると、パンの中に入っているチョコに紀州備長炭を練り込んだ。
カスタードクリームには、梅酢入りのエサを食べた鶏が産んだ、栄養分が豊富な「紀州梅たまご」を使用した。
c0094071_5125271.jpgパッケージにはパンダのイラストと、アドベンチャーワールドにいるパンダの写真が印刷されている。

『ジャイアント(パンダ)』はかなり意識した」(同社担当者)といい、通常のパンの3割増し程度の大きさという。

 アドベンチャーワールドでは国内にいる9頭のパンダのうち7頭を飼育しており、
県は「和歌山といえばパンダ」のイメージを広められるとして、商品開発に協力した。

 価格は120円(税抜き)。 」


全国で、発売すると、買う人が多いのではないか。
パンダに見える。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-27 05:13 | 暇つぶし批判

学校の問題に見える。

学校の怠慢だろう。
金かけて、応援に行き、感じなことをしないで、
患者を増やすことは、常識のない高校である。




「岐阜県は26日、県立岐阜商業高校(岐阜市)で、2年生の男子生徒1人が新型インフルエンザに感染し、
95人に感染の疑いがあると発表した。ほとんどが、
全国高校野球選手権準決勝の応援で23日にバスで甲子園に行っており、野球部員も約10人含まれているという。同校は、9月1日までの臨時休校を決めた。

 県と同校によると、23日は観光バス13台、約500人の生徒で甲子園に応援に行った。
感染への注意を呼びかけたが、マスクを配ったり、
手を消毒したりする具体的な予防策はとらなかったという。

 24日には数人、始業式のあった25日には数十人の生徒が発熱などの症状を訴えたという。
発熱が続いている生徒もいるが、重症者はいないという。

 同校の牧村治夫教頭は「応援バスのように狭いエリアでの集団感染の認識が甘かった。
感染が広がる新型インフルエンザに厳しい対策をとるべきだった」と話している。」




応援して、新型インフルエンザにかかるのは、高校野球も、勝たないのが、安全なのだろう。
県大会で、敗退が一番、安全である。
高校の教育は、世の中の事件、今起こっているを知らない教育は、無知な子供を作るのかもしれない。

五月の賢い対策している高校もあれば、馬鹿の高校もある。
高校野球も、馬鹿な高校も指導者が、酷いと、不運だ生徒は。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-27 04:40 | 暇つぶし批判
統一されてなかったことが、問題。
今まで。


今のうちに、PRは、必要。
旅行カバンも、規格が必要かもしれない。



「国内線の航空機内に持ち込める手荷物のサイズが12月から統一されるのを前に、各社の客室乗務員らが26日、羽田空港でうちわを乗客に配り、PRした。

 現在は、各社がそれぞれ飛行機の大きさによってサイズを規定。そのため、往路、復路で異なる航空会社を利用すると、混乱するケースがあった。

 そこで、重さは10キロ以内に統一。座席数が100席未満の小型機では縦45センチ、横35センチ、幅20センチ以内、100席以上では縦55センチ、横40センチ、幅25センチ以内にそろえることにした。

 日航の担当者は「統一すれば円滑な搭乗を促し、航空機が定時に出発できる。その結果、乗客の利便性も高まる」と話していた」



重さよりも、大きさだろう。
バックも、旅行カバンも、いろいろ、買い替えが必要になることだろう。

c0094071_19294983.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-26 19:30 | 暇つぶし批判

アメリカも、底入れが確実になったのか。




「アメリカのことし6月の住宅価格を示す指数は、2か月連続で前の月を上回り、落ち込みの続いてきた住宅市場が底打ちする傾向が出てきたという見方が強まっています。

25日、アメリカの大手格付け会社は、今年6月の全米の主な20都市の一戸建て住宅の価格を示した指数を発表しました。それによりますと、住宅価格は20都市の平均で、前の月と比べて1.4%の上昇となり、2か月続けて前の月を上回りました。また前の年の同じ月と比べると、15.4%の下落と、依然低い水準にとどまっていますが下落幅は縮小傾向にあります。都市別では、低迷する自動車産業が集積し価格下落が著しいミシガン州のデトロイトと、ネバダ州のラスベガスを除くと、残る18の都市でいずれも前の月より価格が上昇しています。アメリカでは、先週発表された7月の中古住宅販売の統計も、市場の予想を上回る大きな伸びを記録しており、今回の住宅価格指数が上昇傾向を示したことで、落ち込みの続いてきた住宅市場が底打ちする傾向が出てきたという見方が強まっています。」


日本は、果たして、住宅は、底入れしか、これから、まだ、底が見えないか。

日本の経済は、アメリカと、違い、最悪は、どこで、止まったのか、解らない状況。
麻生内閣の補正予算の息切れが、どこで、止まるかだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-08-26 07:16 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2