四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

赤字は、問題だ。
不景気というのは、もう、通じない。
対策が怠っていることだろう。
経営者の問題かもしれない。



 「ソニーが30日発表した2009年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は、
最終損益が370億円の赤字(前年同期は349億円の黒字)だった。
主力のエレクトロニクス事業の低迷などが響いた。
売上高は前年同期比19%減の1兆5998億円、
営業損益は257億円の赤字(前年同期は734億円の黒字)だった」


儲からない部門の売却と、土地の売却が、影響しているのだろう。
売れない部門を売れるように、するのは、組織の解体か、統合だろう。
エロクトロニクスは、テレビの下落が問題なのだろう。
売れる値段の価格の商品を作らないからだろう。


新しい商品、新しい分野に投資がないのが原因だろう。
儲からない部門を売却しすぎたことが原因だろう。
経営者の問題かもしれない。

赤字は、続くことだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-30 15:34 | 暇つぶし批判

偏ったことが、問題なのだろう。
愛知県は、深刻だろう。
トヨタしだいで、生き残る県では、
問題だろう。




「佐藤勉総務相は28日午前の閣議で、平成21年度普通交付税大綱を報告した。
世界的な金融危機に伴う税収減から、地方自治体の税収不足を補う普通交付税の総額は前年度比2.7%増の14兆8710億円と、2年連続で増加した。
トヨタ自動車からの税収が大幅に減少した愛知県は、17年度以来4年ぶりに交付団体に転じた。

 普通交付税総額のうち、道府県分は前年度比0.8%増の8兆622億円。
北海道が6842億円で最も多く、次いで兵庫の3045億円、大阪の2901億円の順。

 税収が多く交付税が配分されない不交付団体は、合併の特例で交付を受ける23市町を含めても152と、前年度より27減少。17年度の147団体と同水準に落に減った。都道府県では東京だけになった。

 愛知県はトヨタや関連企業などの業績不振で、地方法人二税(事業税と県民税)が前年度当初比で64.6%減の1981億円と大きく落ち込んだ。このため、交付税406億円の配分を受けることになった。

 市町村では、前年度比5.1%増の6兆8087億円。温泉地の静岡県熱海市など26市町が不交付団体から交付団体に転じた。

 一方、不交付団体に転じたのは、たばこの小売業者が移転し、たばこ税収などが増える見込みの大阪府泉佐野市だけだった。

 21年度の普通交付税は、麻生太郎首相の指示で、通常の算定ルールとは別枠の1兆円を増額し、半分を「地域雇用創出推進費」、残りを医師確保対策費などに充てる。それでも財源不足は発生するため、自治体が発行する臨時財政対策債の発行可能額は、都道府県と市町村を合わせて5兆1486億円(前年度比81.7%増)に上る。」




車の関連で食べている企業と、別の企業の誘致が必要ことだ。
不景気でも、儲かる企業がある。
偏った誘致が、後々、失敗になるのがもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-29 08:37 | 暇つぶし批判

地域がいいのかも。

売れてきた商品は、生産する。
人が必要。地域が近いのか、人材がいいのか。
環境は、車だけではない地域がいいのかもしれない。

静岡は、いいのかもしれない。


「トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の電池製造工場の従業員として、
ヤマハ発動機の正社員を200人規模で受け入れることが28日、分かった。
トヨタは、販売が好調なHV「プリウス」などの電池の増産が急務となっている。
一方、主力の二輪車生産が落ち込むヤマハ発は現場の人員に余剰感があり、
両社の思惑が一致した。
ヤマハ発から従業員を受け入れるのは、
トヨタとパナソニックの共同出資会社「パナソニックEVエナジー」(PEVE、静岡県湖西市)。
今秋をめどに受け入れを始め、期間は相互の事業環境などを踏まえて調整する。」 



地域の工業は、偏っていると、よくないが、どんな職種でもある地域が、
不景気と、労働力か、利用できるのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-29 07:00 | 暇つぶし批判
経営が悪いのか。
不景気は、売れる商品も、売れないのか。
高いから量が売れない、量が作れないのか。

不景気なのだろう。



「タレントの田中義剛さんが経営する花畑牧場(十勝管内中札内村)は、
同社札幌工場(札幌市中央区)を8月31日で一時閉鎖する。生産体制の効率化を図るためで、
製造する商品や工程などを見直した上で、
年内にも再開する方針。

 札幌工場の製造分は、販売動向を見ながら夕張工場や十勝工場で補う。社員・パート60人は主力の夕張工場や札幌市内直売店へ異動し、派遣社員300人の契約更新はしない。」




一つの企業みたいに、リストラか、生産減らすのは、売れないのかもしれない。
300人は、可愛そうなことだ。
不景気は、商品が売れない、買う金が、ないのが、不景気。
旨い、美味しいものでも、高いと、売れないのかもしれない。

経営も悪いのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-28 04:31 | 暇つぶし批判

延長より、嘱託

公務員は、60歳なのか。知らなかった。
65才でも、延長もいいが、嘱託社員みたくすべきである。




「人事院の「公務員の高齢期の雇用問題に関する研究会」(座長・清家篤慶応義塾長)は24日、現行60歳の国家公務員の定年を2013年度から3年に1歳のペースで、25年度に65歳まで引き上げるよう求める報告書をまとめた。

 年金の受給開始年齢が13年度から同様に65歳まで引き上げられ、60歳定年のままでは退職後、無収入になる期間が生じる恐れがあるため。

 人事院は、報告書に沿い定年延長を導入するため、国家公務員法などの改正を政府に求める方針。ただ、60歳以上の職員を国費で抱え、総人件費の増大を招くことに対する批判も予想されるだけに、実現は不透明だ。

 定年延長に対する理解を得るため報告書は、60歳以上の給与水準を下げ、60歳までの昇給も抑えることで人件費の伸びを抑制することを提案。60歳以上の職員を活用するため公益法人に出向させたり、公益法人が行っている業務を省庁に担わせ、そこに60歳以上の職員を充てる案も示した。

 審議官級以上の幹部については、60歳でポストを退く「役職定年制」を導入し、その後は(1)専門スタッフ職として省庁内で勤務を継続(2)公務員の身分のまま公益法人などに出向(3)割り増し退職金を受け取って退職-などから選べる制度改正を検討すべきだとした。

 一方、60歳以上が増え過ぎると定員調整のため新規採用数が過度に減り、人事管理に支障が出るとして、早期退職の支援策も提言。退職金の割り増しや、60歳以降いつ辞めても65歳定年と同額を支給することも考えるべきだとした。」



公務員は、減らすことが、経済対策になるかもしれない。
定年より、嘱託社員みたいに制度が必要ではないか。
年齢が60歳過ぎると、配置転換で、嘱託社員。
役職も、管理職も、消えてただの契約社員制度が、必要ではないか。

民間も、公務員も、必要ない人は定年。
必要な人は、嘱託社員で、何年も入れる制度が必要。
公務員は、果たして、60歳過ぎて、使える人が、どのくらいいるのかは、問題だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-25 08:25 | 暇つぶし批判

金の分配の問題か。

経営の問題か、分配の問題か。
プロレスラーも、怖いことだ。

店に居座るのは、怖いことだ。




「東京都渋谷区内で飲食店を経営する男性社長から現金約30万円を脅し取ったとして、
警視庁代々木署が恐喝の疑いで、
共同経営者の飲食店関係者やプロレスラーら6人を逮捕していたことが21日、
同署への取材でわかった。同署によると、飲食店関係者らは大筋で容疑を認めている。同署ではほかに関与した人物がいなかったかなど、詳しい経緯を調べている。

 逮捕されたのは飲食店関係者のほか、プロレス団体代表のプロレスラー、橋本友彦容疑者(31)ら。

 同署の調べによると、橋本容疑者らは6月上旬ごろ、飲食店を訪れて長時間居座ったうえ、
男性社長に対し「経営権はお前だけにあるんじゃない。売上金を出せ」などとして、現金約30万円を脅し取った疑いが持たれている。

 同署によると、飲食店関係者は売上金の分配方法に不満を持っていたといい、
ほかの5人に恐喝を依頼したとみられる。

 関係者によると、橋本容疑者は平成12年にプロデビュー。
18年にはプロレス団体「TEAM MAKEHEN」(チーム マケヘン)を設立し、自主興行などをしていた。」


飲食店は、いろいろ、裏があるのか。
経営者の分配の問題は、儲かっているからなのか、
金がほしいのか。
解らない事件。
プロレスにも、影響するのではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-22 06:54 | 暇つぶし批判
やっと、解散。

これで、麻生内閣も、終わりである。
いいことだ。
経済もよくなる。
選挙で、庶民の暮らしも、潤う。

普通の経済政策もできない人が、総理大臣では、支持率も下落。
昨年の経済対策をしっかりしていれば、今頃、経済は、復活し、支持率もよくなったことだ。
昨年の補正予算と、本年度の対策の結果が、今後、最悪は、よくなるか、出てくる。



「麻生太郎首相は21日午前の自民党両院議員懇談会で
「私の発言やぶれたといわれる言葉が国民に政治への不安と不信を与え、
結果として自民党の支持率の低下につながった。深く反省している」と釈明。東京都議選など地方選連敗は
「私に対する評価、党の結束の乱れが良くない影響を与えたことは否めない。
党内をまとめきれなかった私の力不足について申し訳なく思っている」と陳謝した。

 そのうえで「経済対策一本でやってきた私にとっては景気対策が確かなものになるまで首相、
総裁の職務を投げ出すわけにはいかない」と強調。
「いったん結論が出た後は一致団結して外と戦ってきたのが自民党の長い伝統。とてつもない自民党の底力をみなさんと共に発揮してこの国難、
この難しい局面をみなさんの先頭に立って立ち向かう。必ず戦い抜いてみせる」と呼びかけた」



支持率の酷さは、理解している総理大臣ならば、解散することも、なく、辞職だろう。
世の中を知るのか、知らないのか。
選挙遊説もあるのか、疑問。

責任を認めるのは、経済政策ではないか。
麻生内閣で、経済政策で使った、赤字の借金が、回収するのは、三年後でもなく、また、
経済の何十年の低迷することが起きるか。
麻生内閣の後始末をする総理大臣は、地獄だろう。


すべては、責任は、選挙で、勝つのが責任なのか。
面白いことだ。


『「私に対する評価、党の結束の乱れが良くない影響を与えたことは否めない。
党内をまとめきれなかった私の力不足について申し訳なく思っている」と陳謝した。』と思っているのか。

今後、麻生内閣の最悪にして、張本人は、誰がの問題が出てくるのではないか。
総理大臣の問題と、選出した派閥の責任が大きいことだ。
麻生内閣に関連した議員は、選挙に勝つも、負けるも、今後、面白いことだ。
麻生内閣で実績のこしたのは、何か、調べるも、面白い。

棚から牡丹餅の内閣が、棚も消えて、土台は、誰がつくるのか。
棚まで、上がる内閣は、自民党には、あるか、ないか。
支持率のいい、議員は、得票率だろう。


ただの人で、終わる人か。
議員に復活する人か、その洗礼は、実績と、今までの行動だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-21 15:17 | 暇つぶし批判
やっと、首になるのだから、会見も、引退の会見か、反省の会見だろう。
無駄な中継ぎの総理大臣であった。
経済も政治も、未曾有の総理大臣である。




「麻生首相は21日、衆院を解散する。同日の自民党両院議員懇談会や記者会見で、
東京都議選など地方選惨敗や党の支持率低下を招いたことへの反省と謝罪を前面に打ち出し、
党の結束を呼びかける。

 首相が地方選敗北などへの反省を強調するのは、「国政と地方選挙は別」として、
これまで責任を認めてこなかったことに、与党内から強い反発が出ているためだ。

 また、補正予算を含む4度の予算成立などで経済危機を克服しつつあるとして、
引き続き景気対策に全力をあげる決意も示す。
安心社会実現の観点から雇用・教育などの充実を図るほか、
国会議員や国家公務員の2割削減など、行革にも取り組む姿勢を打ち出すことも検討している。

 政府は21日午前8時からの閣議で衆院解散を決定。
自民党は同11時半から両院議員懇談会を開催。
午後1時からの衆院本会議で河野議長が解散詔書を朗読し、
同2時の臨時閣議で8月18日公示、30日投開票の日程を決める。首相は夕方会見する。 」




どんな演説になるか、弁解もあるのか。
民主党の批判で、終わるのかもしれない。

都議会の選挙の責任は、すべては、応援に行った総理大臣の責任は、大きい。
反省の弁解の弁は、世界が悪いということになるのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-20 07:48 | 暇つぶし批判

効果ない。

効果があるのか、疑問。
借りるも、返済する当てなど、不景気には、無理だろう。




「雇用保険制度と生活保護制度の間をつなぐ「新たな安全網」が10月から本格的に動き出す。
厚生労働省が低所得者らを対象とする「生活福祉資金貸付制度」の融資条件を緩和し、
連帯保証人がいなくても借りられるように改めるためだ。
原則年3%の貸付金利は連帯保証人がいれば無利子、
保証人がいなくても年1.5%に下がる。
住まいを失った離職者らの生活立て直しを支援する枠組みの整備が一段と進む。

 融資条件の見直しは政府が2009年度補正予算に盛った施策の一環。このほか、
雇用保険の失業給付を受けられない長期失業者らに職業訓練を条件に生活費を支給する事業が
7月に始まった。職と住居を失った失業者に住宅手当を支給する緊急措置も10月に始まる。

 政府はこれらの施策を連動させ、職を失った人が生活保護に頼る前に自立するための手助けをする「新たな安全網」の構築をめざしている」



もっと、いい政策がないのか。
所得がない人には、対策をするのか、いい。
失業者には、仕事の斡旋することで、支払う制度とか。
いろいろあるのではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-20 07:17 | 暇つぶし批判
裁判も、死活問題なのか。
仲良く、共同で、できないものか。
喧嘩しても、庶民に広がるのだろうか。

温暖化で、熱帯の日本になる。
殺虫剤も、庶民の生死に関わることだ。

もっと、世界でも、日本でも、日本の殺虫剤が、売れるように、するのが、必要。
裁判より、和解して、コストと、普及に努めるべきだ。




「殺虫剤メーカーのフマキラーは17日、アース製薬が販売している虫よけ器が、
フマキラー製の虫よけ器に類似しているとして、
アース製薬の商品の製造、販売の差し止めを求め、
東京地裁に仮処分命令の申し立てをした、と発表した。

 フマキラーによると、アース製薬の「おそとでノーマットV130」は、形態のほか、
腕時計のように腕に巻き付けて使用する点などが、
フマキラーの「どこでもベープNo.1 NEO」に酷似しているという。
フマキラーは「アース製薬の方が発売は遅く、(形状などを)まねた商品だろう」と主張。
これに対しアース製薬は「申し立ては不当だ。類似しているとは考えていない」とコメントしている。

 フマキラーの虫よけ器は平成18年から発売。アース製薬は今年から売り出している。
アース製薬はフマキラーの発行済み株式の11・11%を保有(4月中旬)。現時点では筆頭株主とみられる。」




夏しか、売れない会社は、協力という気持ちがないのだろうか。


車の業界も、ハイブリッドをトヨタは、マツダに提供する時代。
麒麟とサントリー統合の話、すべては、海外で、生き残ることが、必要と思うからだろう。
殺虫剤の会社も、考えることだろう。

今に、共倒れで、他社の薬品会社が、乗っ取られるのではないか。
この不況には、生き残るは、売れるより、利益を得るのは、大変だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-07-18 06:57 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2