四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

中継は、ないのが、本当に必要かもしれない。
視聴率の取れない番組は、広告が付かないものだ。


よく、中継するものだ。




「2009年のオールスター開催要綱が29日、都内のホテルで発表されたが、
舞台裏では、あわや地上波のテレビ中継なしの危機だった。
真剣勝負のセ、パ交流戦の影響で人気低下、視聴率低迷が続くオールスターの先行きは暗い。

 今年の球宴は7月24日に札幌ドーム、25日にマツダスタジアムで行われる。
今季からオープンした広島の新本拠地、
マツダスタジアムでの第2戦は早くからTBSが中継することが決定。
ところが、札幌ドームでの第1戦の中継局がなかなか決まらず、
地上波のテレビ中継なしという異常事態まで考えられた。
最終的には日本テレビ系列が中継することになり、
最悪の事態は回避された。しかし、来年以降も問題は残されている。

 オールスターのテレビの放映権料は、
日本シリーズと同格扱いで1試合1億2000万円程度といわれている。が、昨年の視聴率を見ても費用対効果には疑問符が付く。
フジテレビ系列が中継した第1戦(京セラドーム)が11.4%、TBSが放送した第2戦(横浜スタジアム)も11.3%(いずれもビデオリサーチ調べ=関東地区)と低い数字に終わっている。2試合とも関西地区では17%台を記録しているものの、
11%台ではテレビ局が中継を考え直すのも当然だろう。

 今年のオールスター2試合がどういう視聴率になるのか。
2ケタがやっとの数字となると、来年も地上波のテレビ中継なしの危機が再燃するのは避けられそうにない。」



本当に、視聴者の事を考えているテレビ局か、安易な経営しているテレビ局か。
普通は、酷い視聴率の番組は、やめるのが普通。
何億のかけて酷い視聴率は、野球の球団を食わせているだけである。

何億の金を出すならば、ドラマか、映画に投資した方が残る作品ができる。
人気のない野球は、
野球の球団が自分で、自立するテレビ局から番組を買い取る時代なのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-31 08:34 | 暇つぶし批判

面白い、光る畳か。

面白い。光、畳か。
売れるかもしれない。

部屋の世界が変わるかもしれない。




「光る畳が和室を幻想的に演出――熊本県八代市の村上産業は畳にLED(発光ダイオード)を内蔵した
「光畳(HIKARI TATAMI)」を開発、新しいインテリアとして注目されている。

 透明な素材を織り込んだ畳表がLEDの光を透過させる。試作品を展示会に出したところ、
建築専門誌で紹介されて問い合わせが増え、昨年2月に商品化した。
値段は半畳で10万円前後。これまでに首都圏や関西で三十数軒の飲食店や住宅に納めてきた。

 「地元産イグサの消費拡大が狙いです」と開発にあたった村上健取締役(27)。
今後は赤や紫の畳表や、防水性を高めるなどの工夫をした商品を出したいと意気盛んだ。 」




光るのは、面白い発想である。

もっと、安くなると、庶民の部屋に、普及するかもしれない。
幻想的な部屋に見える。

c0094071_21373323.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-30 21:37 | 暇つぶし批判
衆議院の解散は、9月には、あるのだ。
庶民は、もう、関係ない。
景気がよくなるか、ならないかで、総理大臣の交代する事を望むものだ。

誰も、衆議院の解散は、五月、四月ならば、考えているだろうか。

8月と、9月も変わらない。

それまで、経済が悪化していれば、自民党の政策のミス。
麻生内閣の経済政策の失敗になるものだ。


選挙より、総理退陣を望みたいのが、庶民は、本音である。




「09年度補正予算関連法案を成立させるため、今国会の会期を8月上旬まで大幅延長する方向になったことを受けて、麻生首相に近い自民党有力者から30日、総選挙の投開票日が9月10日の任期満了に近づく可能性を指摘する発言が相次いだ。

 菅義偉選挙対策副委員長は札幌市で「関連法案は成立させなければまずい。解散時期は当初よりずれてくる」と記者団に語った。与党内で有力視される「7月解散、8月9日投開票」から、「7月末~8月上旬解散、8月30日か9月6日投開票」に先送りされる可能性を示唆したものだ。

 また、早期解散を唱えてきた安倍元首相も札幌市の講演で「首相には完全に景気対策を実行した後に信を問いたいという気持ちがもたげてきている」と発言。総選挙は「7月中旬から8月初旬、長くて8月下旬」とし、任期満了に近づく可能性にも触れた。細田博之幹事長も「8月上旬説は確かにあるが、8月下旬説もある」と富山市で記者団に語った。

 麻生首相も30日夜、首相公邸で河村官房長官らと会談し、会期延長幅について「関連法案を通すだけの十分な会期が必要だ」との考えを伝えた。ただ、民主党の国会対応や世論の動向次第では、早期解散に踏み切る余地を残しておきたい考えとみられる。 」



誰が、しても、麻生内閣より、ましになるのは、9月以後になれば、解るものだ。

選挙より、総理交代を望みたい。
国民が、総理解任ができる法があれば、いいが、ないから。

生命保険も信用組合も、赤字。
景気対策は、本当は、銀行や生命保険や信用組合に、公的資金を入れるのが、景気対策だと思う。
6月は、最悪になるか、五月、四月、三月より、最悪になると、責任は、すべて、自民党の責任である。
野党の反対が殆どなく、衆議院優越で、予算、補正予算、成立しているのだから。
すべては、予算の内容である。


今の最悪の不景気の責任は、誰が取るのだろうか。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-30 21:32 | 暇つぶし批判
経営者が悪いから、管理者が交代なのだ。
正しい利益、上げる経営者ではない。
無理な事。




「かつら最大手のアデランスホールディングスの定時株主総会が28日、
東京都内で開かれ、筆頭株主の米系投資ファンド、スティール・パートナーズ・ジャパンが株主提案した取締役8人の選任案をすべて可決した。
会社側提案の7人のうち、
国内投資ファンドのユニゾン・キャピタルからの3人は否決。
重複する早川清社長(61)を含めて、双方の役員案から11人が選ばれる異例の事態となった。
 アデランスは、昨年に続いて、
2年連続で株主から事実上の「ノー」を突き付けられたことになる。
会社側の役員案も一部承認されたものの、同社は経営刷新を迫られる形となった。
 会社側は、早川氏や元ファーストリテイリング社長で再生ファンド、
リヴァンプ代表の玉塚元一氏(47)ら計7人を取締役候補として提案。
これに対し、アデランス株の26.7%を保有するスティールは、元アデランス副社長の渡部信男氏(66)ら8人の選任を求めた。
 アデランスはユニゾンのTOBに自社株を応募する議案を提出していたが、総会で撤回を表明。スティールが反対するなど、株主の批判が強いことを考慮したためとみられる。株主からは、会社提案と1株1200円のTOB価格などに不満が相次いだ。
 アデランスは、昨年5月の総会で前社長ら7人の取締役選任案がスティールなどの反対で否決され、事実上の「経営不在」の事態に陥った。その後、スティール側から社外取締役を受け入れて昨年8月にいったんは収束。

 しかし、経営不振が続いたことから、今年3月にはスティール側が経営陣の刷新を要求。アデランスは4月、ユニゾンとTOBによる資本提携を発表し、総会直前の25日にTOB価格を引き上げるなど再び攻防が激化していた。
 アデランスは、議決権の55%を占める外国人株主が総会の行方を左右する。今回も「スティール案への賛成が多かった」(関係者)という。
 投資ファンドを扱った人気ドラマ「ハゲタカ」を地でいくアデランスの総会は、外資系ファンドの勝利となった。」


今後、儲かる企業になれるか、倒産かである。
株主と、経営者は、違う。
果たして、新しい株主が、利益を上げる経営にできるか。
株主たちは、いいのか、悪いのか、解らない結果。 
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-28 19:13 | 暇つぶし批判
シャープも、世界で、売れる携帯に買えて行くのか。
売れない日本の携帯は、海外に適用する携帯が正しい。




「シャープは27日、携帯電話の事業戦略を発表した。
2009年度中に欧州で多機能携帯電話(スマートフォン)を発売するほか、中国で拡販を進めるなど、
同年度の海外での携帯電話販売台数を前年度比2.5倍の400万台にする目標を掲げた。
日本の携帯市場が縮小する中、海外市場の開拓を強化する。

 国内を含めた09年度の携帯電話端末の販売数量目標は前年度比24%増の1230万台。
このうち海外は、中国で従来型の携帯電話、欧米でスマートフォンを中心に展開する。
シャープはすでに米国ではスマートフォンを商品化しており、
既存技術を活用して欧州専用機種を開発する。

 国内の目標販売台数は前年度比ほぼ横ばいの830万台に設定。
太陽電池パネルを搭載した新機種投入などで、
市場シェアを08年度の23%から30%に引き上げることを目指す」




海外で、いいのは、日本ても、いいのが、本当の売れるものだ。
携帯電話会社が問題なのかもしれない。
携帯機種と、電話会社は、別に行う時代がこないか。

携帯電話会社は、機械で、食うのではなく。
携帯機種会社が、売れるように、しないと、問題だろう。
掃除機、冷蔵庫のように、携帯電話会社は、変わらないが、機種が変わるのが理想だ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-28 06:41 | 暇つぶし批判

凄い額だ。

凄い額だ。
普通ならば、倒産ではないか。





「国内外の市場で多額の資金を運用している「農林中央金庫」は、世界的な金融危機の影響で、
ことし3月期の決算では、期間中のもうけを示す「経常損益」が6000億円を超える赤字になりました。

発表によりますと、農林中央金庫のことし3月期の決算は、期間中のもうけを示す経常損益が6127億円の赤字となり、3500億円余りの黒字だった前の年から1兆円近く落ち込みました。農林中金は全国の農協や漁協などから集めた資金を国内外の市場で運用していますが、保有する株式や証券化商品などが値下がりしたための損失が6000億円余りに膨らみました。さらに、損失には計上していないものの、証券化商品などが帳簿上の価格を下回る、いわゆる「含み損」も2兆円余りに上っています。赤字決算に合わせて農林中金は、ことし3月に経営責任をとって辞任した上野博史・前理事長を含む4人の役員に対する退職慰労金の支払いを当面凍結することを決めました。農林中金は、ことし3月、国内では過去最大の規模となる1兆9000億円の資本増強を行った結果、財務の健全性を示す「自己資本比率」は15.65%と、国際的な金融機関に必要な8%を大きく上回っています。」





去年の弁解と、現実は、酷いものだ。
今後、どこまで、まだまた、赤字が拡大するのではないか。

公的資金が、どのくらい必要なのか。
農林中央金庫で、維持できるのか、疑問。


正しい赤字の公開は、することだろう。
来年以後、赤字が、出来ないことを祈りたい。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-27 19:35 | 暇つぶし批判
今後は、五月しだい。

外食産業は、よくなっているのに、新型インフルエンザの影響が、五月に影響するのかもしれない。




「日本フードサービス協会が25日発表した4月の外食売上高(新規店含む全店ベース)は、前年同月比0.8%増となり3カ月ぶりに増加に転じた。利用客数も1.3%増と5カ月ぶりにプラスになった。
低価格路線で消費者の節約需要を取り込んだファストフードが引き続き好調だったことに加え、苦戦していたファミリーレストランやパブレストラン・居酒屋などがやや改善したため。
ただ、5月は新型インフルエンザの影響で再びマイナスに転じる可能性がある。

 業態別では、ファストフードが4.8%増と7カ月連続で前年実績を上回った。利用客数も3.0%増と昨年11月(4.3%増)以来の伸びを示し、低価格帯のファストフードの好調さを裏付けた。
好調の代表格である日本マクドナルドは全店売上高が5.8%増と39カ月連続のプラス。
4月から投入した朝食メニュー「マックホットドッグ メガソーセージ」などがヒットした。

 一方、ファストフードに比べて一品あたりの単価が高く、
来店数が減少していたファミリーレストランやパブ・居酒屋は回復の兆しを見せ始めた。
ファミレスの売上高は2.9%減と3月の7.3%減に比べてマイナス幅が大きく縮小し、
来店客数も0.4%減と同5.6%減から大きく改善した。
すかいらーくは主力の「ガスト」が14.0%増(既存店)と大幅に伸びたことから
全店売上高が2.5%減にとどまった。3月は9.6%減だった。

 パブレストラン・居酒屋も1.8%減と3月の6.2%減から改善した。

 今回からフードサービス協会は既存店ベースのデータ公表を取りやめ、全店ベースに一本化した。」



外食産業は、攻撃する商売が生き残るものだ。
価格と新商品。

もともと、外食産業は、儲けすぎなのだろう。
安くできるものだ。

コンビニの食品と、本来変わらないものが、食である。
自宅で、食べるより、安い感覚がないと、繁盛しないものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-26 07:40 | 暇つぶし批判
太陽光発電パネルは、もつのか、凄いことだ。
変な発電より、永久にもつかもしれない。





「25年前に作られた太陽光発電パネルが新品の8割以上の発電性能を持つことがわかり、太陽電池の中古販売を手がけるネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)が売り出した。四半世紀前の型でも実用には十分耐えることから、太陽電池のリユースに弾みがつきそうだ。

 このパネルは、和歌山県の遊園地「白浜エネルギーランド」の施設改修に伴って回収された。計1700枚あり、89年12月から09年2月まで使われた。その施設に設置される前にも静岡県内で利用されており、今回、「再々利用」されることになる。

 国内メーカー製で、製造時期がわかるものには「1983年12月」と記載があった。性能を調べたところ、パネルの9割以上が新品の80%以上の発電性能を保っていた。性能確認を終えたパネルは、1枚数千円で販売されるが、最初に売り出した400枚が完売するなど、好調な売れゆきだという。

 太陽電池は国の補助制度により90年代から住宅への普及が進んだが、長期間の使用はまだ少ない。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が86~01年に神戸市で耐久試験を行い、7割のパネルに新品の90%以上の発電性能を確認した。今回のパネルは、それより長く使われているものだ。ネクスト社の担当者は「古いからと捨ててしまうのはもったいない。中古でも使えるということを知ってほしい」と話している。」



日本は、どうして、太陽光発電は、もっと、25年前から、電力会社がしなかったのだろうか。
今頃しても、海外の競争には、勝てない気がする。
全ては、国の責任と、太陽光発電に関連している企業の経営者の失敗だろう。

液晶より、太陽電池、太陽光発電、に投資していたら、電力が、安くなる気がする。
c0094071_652253.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-25 06:52 | 暇つぶし批判
注文が多いのか。
本当に売れているのか。
他の車が売れないから、集中販売しているのか、解らない。




「トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」の新型車が18日の発売から初めての週末を迎え、すべてのトヨタ系列の販売店で発売記念イベントが一斉に開かれた。発売前に8万台を超えた受注は、今週末で10万台に届く見通しだ。

 一方「インサイト」を販売するホンダの店舗でも「プリウス」と性能比較などを目的にした客でにぎわった。ホンダカーズ東京中央(東京・世田谷)の調布インター店(調布市)でインサイトを購入した50歳代の男性は「プリウスよりスポーティーで小回りが効くのが良い」と話した。インサイトの2月6日の発売日までの予約受注は約5000台だったが、足元で受注台数は3万5000台に達している。」





売れているならば、今期が黒字化にならない予算も、可笑しい。

本当に売れ上げが、いいのか、それしだい。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-24 10:22 | 暇つぶし批判

自転車は、見直す時代。

バイクより、いいかもしれない。
売れるのは、理解できる。

もっと、普及すると、自転車は、疲れない、長距離に向く乗り物かもしれない。

車、タクシーは、もっと、遠くの商売の時代かもしれない。



「電動モーターがペダルを踏むのを助ける電動アシスト自転車が「快走」を続けている。08年の国内出荷台数は、50cc以下の原付きバイクを抜いた。ヤマハ発動機が世界で初めて市場に投入して15年余り。人気のすそ野は性別や年代を超えて広がっている。

 東京都目黒区にある電動自転車専門店「ASSIST(アシスト)」。週末には1日100人を超す人が足を運ぶ。1台10万円前後と一般自転車の2倍を超える価格だが、3年前にオープンしてから売り上げ台数、金額とも年間約2割増のペースが続く。

 アシストの運営会社社長の飯泉正順さん(54)は「お年寄りや幼稚園の送り迎え向けというイメージがあったが、スポーツタイプなどデザインや車種も増えた。若い女性や、通勤に使いたいという男性の関心も高い」と話す。

 日本自動車工業会や自転車産業振興協会によると、
08年の電動自転車の国内出荷台数は約31万5千台で、不況で落ち込む原付きバイク(約29万5千台)を初めて追い越した。

 さらに法改正で昨年12月には、アシスト力を従来の2倍まで高められるように規制が緩和された。
景気悪化も追い風だ。燃料費や駐車代を嫌い、自動車やバイクから乗り換える人が増えているのだ。

 大阪市東淀川区で映像関係の仕事に携わる中生雄二さん(51)も昨年12月、
約12万円する大手メーカーのスポーツタイプの電動自転車を購入した。4キロ離れた職場との往復や、
10キロ以上ある取引先への行き来にも利用している。

 これまで車やバイクを使っていたが、ガソリンや駐車代に毎月5万円前後かかっていた。
今ではほぼゼロだ。「風を切るさわやかさは、車にはない。
目的地で駐車場を探す時間も省け、金銭的にもすでに元が取れた」と満足げだ。」




自転車の電動は、高齢者、地域が坂道、下り坂にいいのかもしれない。

本当に、車とは、必要なのか、配達、五キロ以上の人には、本当は、電動自転車が、経済的にいいのではないか。


バイクも、電動バイクか、電動自転車か、難しい区分けだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2009-05-21 21:00 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2