四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

本当に、亀井静香氏の言うと通りかもしれない。

居座る麻生さんなのかもしれない。
日本は、最悪の自体になるのではない。来年の九月まで、任期満了で、解散するならば、
この半年は、不況、恐慌が、永遠と続くのかもしれない。






『 麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表による初めての党首討論が28日午後、行われた。これまで、パフォーマンス上手の首相が討論開催に積極的で、口下手の小沢氏が難色を示しているといわれたが、国民新党の亀井静香代表代行は夕刊フジの取材に対し、「小沢氏は堂々として貫禄があったが、首相は逃げていた。7対3で小沢氏の圧勝だ」と軍配を上げた。

【人間が軽いから言葉も軽いのか】

 第2次補正予算案提出をめぐり、「今すぐ提出せよ」(小沢氏)、「今国会は出せない」との押し問答が続いた討論。

 亀井氏は、首相があれほど拒否した理由について「2次補正の目玉である定額給付金が経済対策でも生活支援でもなく、国家権力による選挙買収だとバレたのが原因だろう。あまりにも国民をバカにしている。首相は(今国会に提出することで)醜態を晒したくないのだろう」と語る。

 小沢氏が追及した首相の失言と言葉の軽さについても、
「マンガばかり読んで、国家や国民のことを深く考えていない証拠。
人間が軽いから口から出てくる言葉も軽いのか。
最近の歴代首相を見て
『俺にもできる』と思ったのかもしれないが、首相になったことが間違いだ」と指摘した。

 一方、小沢氏に対しても「首相を問いただすだけでなく、野党第一党の代表として、
『日本をどうするのか、どうあるべきか』という国家観や歴史観も聞きたかった」と注文をつけた。」


質問は、振り返ってみると、小沢さんの質問は、
的を得てる。
漫画ばかり、読んでいるいるから、経済、政治、法案の文章も、
読めないのかもしれない。
誰でも、あの程度ならば、できると思うのは、国民か、麻生さんの錯覚が、
最悪の経済対策も出さない内閣を作ったのだろう。
不況なのに、何一つ経済、国民に対して、援助がない。

歴史観など、質問すると、吉田茂氏のお爺さんの自慢になる。
無駄な質問になるものだ。





「【麻生内閣はもうおしまい】

 約45分間の党首討論を見て、
「麻生内閣はもうおしまいだ」と結論づけた亀井氏だが、
「首相には福田康夫前首相のように自ら身を退く気はないだろう。
来年9月の任期満了までポストにしがみつくのではないか。
ただ、そうなれば日本の政治は死ぬ」という。

 そこで、今後の亀井戦略について聞いた。

 「米国では来年1月、資本主義を暴走させ、格差社会を進行させたブッシュ路線を大転換させるオバマ政権が誕生する。日本では小泉純一郎政権がブッシュ路線を推進し、その中核にいたのが麻生太郎だ。首相に大転換の舵は切れない」

 「来年の通常国会が勝負だ。国会冒頭、『国民生活が大変な時に、何の手も打たなかった』『小泉路線の中核にいながら総括をしていない』として、参院で首相の問責決議案を可決させる。野党結束して『解散か、総辞職か』を突き付ける。腹を決めてやる」』



辞めない総理ではなく、総理の地位にいたい人は、もっと、仕事するが、
何もしないで、総理していると、国は、来年の10月まで、機能しないことだろう。

来年は、大変な年だろう。
1月に解散しないと、倒産、銀行の赤字、企業の赤字、税収の減収、悪循環の繰り返しになるのではないか。
来年、1月に、野党に期待するしか、来年の前半の経済は、無理かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-30 14:53 | 暇つぶし批判

選挙の金が必要だが。

金があるのか、選挙で、金がいる前に、金が消えるのは、
大変なことだ。

来年の9月まで、
自民党は、選挙しないというのは、資金は、なくなっていくのではないか。
不景気で、政治献金など、集まらないのもではないか。

民主党に鞍替えする支持者が多くなるのではないか。
選挙するより、自民党は、なくなるのか、時間の問題ではないか。



「民主党が次期衆院選をにらみ、候補者向けに年末年始の活動資金を支援する。このほど新人と元職の第1次公認候補の82人を対象に一律200万円を支給したほか、12月上旬には現職候補にも400万円程度を支給する方向。「11月選挙」を想定して臨戦態勢に入っていた候補者にくすぶる資金面の不安を和らげる狙いだ。

 民主党は新人・元職候補について、公認決定直後にそれぞれ500万円を手当てしている。一方で公認内定の段階で支給していた毎月70万円の活動費を停止したため、
公認候補は選挙までの期間が延びるほど選挙事務所の費用などを賄う資金の手当てに頭を悩ませている。」


時間が立てば、選挙がてきなくなる。
恐慌、大恐慌、政治献金が少ない。

来年の九月まで、どんな、悪化して、政治になるか、
責任は、麻生内閣だろう。
自民党だろう。

今後、公認候補も、選挙が、9月と、考えてみているのか、損失がない。
自滅していく、自民党で、終わりか、今後。
金も集めるのも、自民党の幹事長は、旨いのだろうか。
解らないことだ。

来年は、景気など、よくないから選挙など、出来ないのではないか。
来年の九月まで、責任のなすりあいが、自民党の内部ではないか。
経済悪化の責任は。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-30 14:31 | 暇つぶし批判
出るのか、解らないのではないか。
補正予算も、来年のこと。
麻生内閣も、あるのか、解らない。

経済の酷いのに。


「総務省は28日、追加経済対策の目玉である定額給付金について地方自治体向け説明会を都内で開いた。給付金の配り方の1つとして郵送申請を提示。本人が市町村の窓口に出向かず、本人確認資料と通帳のコピーを送るなどして現場の混雑を回避する方法を示した。所得制限は実施しないのが「基本型」としたが、支給対象となる人の年齢の基準日や外国人の範囲などは今後の検討課題として持ち越された。

 各都道府県と政令指定都市の担当者ら約120人が参加した。総務省は自治体にとって大きな事務負担になる給付金事業のたたき台を紹介。(1)郵送で申請し銀行に振込(2)窓口で申請し振込(3)窓口で現金交付――の3つを組み合わせることで、混雑を回避する手法を示した」



定額年金より、他の対策のが必要な気がする。
本当に出るのか、来年の今頃が、落ちではないか。
来年では、大恐慌の最中になっているのではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-28 12:48 | 暇つぶし批判
不景気は、対策は、企業は、考えないと、客は、来ない。
返金するというのは、凄いことだ。
客が来ないのは、怖い時代だろう。


「イトーヨーカ堂は27日、買い物額から最大20%分の現金を客に返還するキャンペーンを28~30日の3日間、全国177店で行うと発表した。対象は各店で取り扱う衣料品と住関連品のほぼ全品。内訳は、コートやジャケット、毛布、布団類などが20%、家電製品が10%、自転車5%--など。同社は期間中に約8億円を返金することで来店促進と売り上げ増を目指している。」

ものは、安い物から、サービスで安くしないと、客は、来ないのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-27 21:17 | 暇つぶし批判

売れるのだろうか。

来月は、牛丼を食べるかな。
不景気は、販売も客が来ないと、繁盛どころか、倒産だろう。
期間が短いから、効果は、あるのか、疑問だ。



「吉野屋は2008年12月3日10時から牛丼の販売促進キャンペーン「師走のくいてー!祭」を行う。

牛丼1食につき1枚配布する「くいてー!札」を3枚集めると、
牛丼並盛(通常380円)1食と引き換えられるというもの。「くいてー!札」は08年12月23日20時まで配布し、引き換えの有効期限は08年12月31日15時。
競馬場や競艇場などに出店している9店舗を除く全国の店舗で実施する。」



牛丼は、安いのかいいのか、自宅で、自分で作るのが安い時代。
中食の牛丼のか、旨いか、安いか。
期間は、短いと、庶民は、自宅で、作る時代が続くだろう。

繁盛するか、期間が問題だろう。
昔の時代のサイライで、成功するのだろうか。

不景気で、恐慌だ。
果たして、売れるのか、面白いところ。
c0094071_2145765.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-27 21:05 | 暇つぶし批判
議事録は、怖いことだ。
自分の言ったことが、記録される。
酷い事、言っても、その時より、後が酷いことになる。





「麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡り「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日公開された議事要旨で分かった。高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言で、批判も出そうだ。


 首相は「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、
医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘。
「こちらの方がはるかに医療費がかかってない
毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている」と述べ、
理不尽さを訴えた。
 最後に首相は「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、インセンティブ(動機づけ)がないといけない。予防するとごそっと減る」と語った。」


努力して、健康にしている人は、いるだろうが、
元々、健康が、よくない人がいるのだ。
68歳まで、健康なのか、健康でないか、より、
病院の経営している人だったのだろうか。
薬害の患者と、会談したことがないのか。
サリン事件の被害者と、会ったことがないのだろうか。
健康管理と、自分の事とは、違うのではないか。

本当のこんな人が総理大臣なのだろうか。

昔の貴族でも、健康の悪い人に、批判する意見は、
総理ではなく、悪魔の皇帝ではないか。




首相は19日の全国知事会で「(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、20日に撤回、陳謝していた。
その日に不用意な発言を繰り返していたことになる。」



陳謝している意味が、解ってないのだろう。
酷い議事録の内容が、今頃、解るのも、問題だろう。
陳謝するより、辞職が必要ではないか。

健康保険で、病気を治している人には、「健康保険使うな。
健康になる努力しろ、」といっているみたいだ。


人間は、老いると自分が何を言っているか、解らない、老化があるのではないか。
一度、麻生総理大臣の精神の検査が、必要ではないか。
常識がないのは、精神病なのかもしれない。
隔離するか、総理の辞職が、必要ではないか。

酷い日本の政治になっている事は、麻生さんが辞任すれば、景気回復するかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-27 08:42 | 暇つぶし批判
この学校は、変な学校だ。
退学にしないのだろうか。
世間というより、日本の恥である。
万引きして、退学にしないのは、可笑しい。



「北海道白老(しらおい)町の私立北海道栄高(生徒数343人)の2年生が、
修学旅行先の米ロサンゼルスで集団万引きをしたとして、
男女21人が5日間の停学処分を受けていたことが26日、わかった。
同校によると、修学旅行には2年生108人が参加し、
11月7~12日の日程で米西海岸を訪問。
ロサンゼルス国際空港の免税店で帰国便の待ち時間に、
生徒8人がブランド品の財布など計33点を万引きした。
ほかの生徒は万引きした生徒から商品を受け取るなどしていた。
免税店員の指摘で発覚し、大部分の商品をその場で返却して生徒は帰国したが、
その後の調査で生徒の一部が商品4点を持ち出していたことがわかり、
同校は免税店に謝罪した上で商品を郵送して返却したという。」



これが、北海道の学校だから、問題だ。
本当に、体質なのかもしれない。
この学校に行くのは、何か、原因のある生徒が多いのかもしれない。

普通は、「万引き」など、修学旅行で、するものだろうか。
学校の教育が、可笑しい、甘いのではないか。

普段の生活では、あるかもしれない、修学旅行で、起きるのは、教育が悪いより、
学校の問題。
無くすべきだ。廃校にするべきである。

今後、犯罪者を出す学校ではないか。
死刑囚でる、学校になるのではないか。
普通は、厳しく、退学が学年のやり直しにするべきだ。
甘い学校である。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-26 14:43 | 暇つぶし批判
半導体、原発、東芝は、変に投資した失敗だろう。
赤字の企業に、陥るのではないか。

経営者の方向性、間違えると。
問題。

「東芝が岩手県北上市で2009年春に予定していた半導体工場の着工の延期を検討していることが26日、明らかになった。8000億円超を投資し、
携帯電話端末などの記憶媒体である
NAND型フラッシュメモリーの新工場を10年に稼働させる予定だった。

 新たな着工時期は低迷するメモリー市況の回復を見極めて判断するとみられる。
東芝は「現段階で延期を決定した事実はない」(広報室)としている」


目先の赤字の部門、売却して、黒字の部門に投資は、いいが、不景気では、
赤字の部門は、利益出すものだ。
白物家電、音楽、庶民に使うの商品に生き残る方法がある。

部品の会社は、所詮、価格の戦い。
何れは、安い開発しない限る、無理ことだ。

携帯も、海外の会社に提供するコストが問題だろう。
すべては、殿様商売が、失敗なのかもしれない。


これで、原発の事故でも、アメリカ以外に起きたら、東芝は、大変ことだろう。
太陽光発電が、今後、発展するか、原発の処分が大変だろう。

パソコンも、台湾、海外の安いパソコンが売れている。
東芝のパソコンは、日本でしか、売れないと、深刻だろう。
日本のパソコンの会社は、海外のパソコン会社の委託の商売になるのも、時間の問題。
庶民は、安く、無駄のがないパソコンならば、どこでもいいのだ。

家電は、淘汰の時代なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-26 14:34 | 暇つぶし批判

時間の問題なのかも。

倒産する企業は、広告のタレントも大変だ。
イメージが悪くなる。

この時期に、契約解除は、会社側からだろう。




「経営不振が深刻な米ゼネラル・モーターズ(GM)は24日、男子ゴルフのスーパースター、タイガー・ウッズ選手とのスポンサー契約を今年12月末で終了すると発表した。
ウッズ選手は過去9年間、GMの「ビュイック」ブランドの広告活動などに協力してきた。
資金難のGM側が経費削減で契約を打ち切ったのか、契約スポンサーを慎重に選ぶウッズ選手側がイメージ低下を嫌ったのかは不明だ。

 政府支援を要請中のGMの経営に対しては、
米上下両院議員や米メディアなどの間で批判的な見方も多い。
社用ジェット機削減など経費見直しなどを進めているが、
ウッズ選手との契約打ち切りについては「協議は以前から進めており、(打ち切りの)合意のタイミングは偶然の一致だ」(GM)と説明している。 」



倒産する前に、処分が必要、支援するのは、甘く考えた経営者のミス。
倒産することは、時間の問題なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-25 13:37 | 暇つぶし批判
大学も、私大は、倒産が負債が凄いのかもしれない。
株価と、デリバティブ取引は、怖いが。

誰でも、考え、投資。
株価の暴落がすべて、
政治がわいるということだろう。
経済の解らない総理大臣になったことが、酷い経済になる。




「世界的な金融危機は、国内の私立大にも大きな影響を及ぼしている。駒沢大学は、デリバティブ(金融派生商品)取引で約154億円の損失を出したことで、キャンパスの土地建物を担保に融資を受ける事態に陥っている。金融取引による資産運用をしている大学も少なくなく、その多くで含み損が発生しているとみられる。

 少子化や「大学全入時代」の到来で経営が厳しくなっていることに加え、低金利が続いたことが、各大学で金融取引での資産運用に拍車をかけていた。
日本私立学校振興・共済事業団によると、全国の大学・短大約650校のうち、
少なくとも75校がデリバティブ取引を行っているという。

 駒沢大は、デリバティブの「金利スワップ」「通貨スワップ」の2種を外資系金融機関と契約。今年3月期決算での評価損は約53億円だったが、金融危機で含み損が発生。追い証を求められたため、契約を解除した結果、損失額は約154億円にのぼった。

 含み損を発生させている大学は少なくない。立正大では、今月9月末時点で約148億円の含み損が判明。」


私立大学の損失は、倒産する大学もあるのではないか。
金の運用は、すべては、普通に、経済が、成長しているのが前提。
すべては、対策がないと、大学は、私立大学は、消えるのかもしれない。
株価の下落は、すべての生活に影響するものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-11-25 07:48 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2