四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 63 )   > この月の画像一覧

正しい選択なのか、今後が問題。

今日の下落は、麻生総理の会見が悪いから下っているのかも。
日銀の影響ではないのかもしれない。





「日銀は31日の金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を年0.5%から0.2%引き下げ、0.3%とすることを決めた。最近の円高・株安など世界的な金融市場の動揺で日本経済の下振れ懸念が急速に増しており、利下げによって景気を下支えする。政策金利の引き下げは量的緩和で金利をゼロ%に誘導した2001年3月以来、7年7カ月ぶり。

 今回の利下げは政策委員8人のうち賛成4人、反対4人の同数となり、最終的に議長の白川方明総裁が決めた。日銀は決定会合後の公表文で国内経済の現状について「景気の下振れリスクが高まっている。当面停滞色が続く」との認識を表明。これまでの「停滞している」との景気判断を下方修正した。

 今回の決定会合では10年度までの経済・物価情勢の展望(展望リポート)についても議論しており、午後に内容を公表する。経済成長率の予想を下方修正し、08年度は従来の1.2%からゼロ%台前半に、09年度は1.5%からゼロ%台後半にする方向だ」



増税は、3年後にして、減税は、誰も、興味ない。
経済悪くても、増税は、いやのかのが庶民。

金は、金利は、下るは、今後は、日本に金を置くのは、またまた、難しい。
どんな選択になるのか、外国の投資家は、今後。

解らない、解らない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-31 14:22 | 暇つぶし批判

楽しみだ。

来月は、面白い番組だろうな。
見たいものだ。

日テレが、どこまで、できるのか。
それも、面白い。


「明石家さんま(53)、タモリ(63)、ビートたけし(61)の大物3人によるスペシャル番組が日本テレビの開局55年記念番組として11月28~30日の午後9時から3夜連続で放送される。タモリは99年9月以来、9年ぶりの日テレ登場となる。

 「明石家さんまに聞きたかったのはそういうコトだったのねスペシャル!」(28日)では、さんまが国内外のさまざまな分野で活躍中の人からの質問に答える。
「タモリ教授の?ハテナの殿堂?」(29日)は、
タモリらが過去の発明、人体の不思議などをテーマにトークを展開。最後は「ビートたけしの今まで見たことないテレビ」(30日)で、たけしが「今まで見たことない」をコンセプトに料理、ものまねなどの番組を企画・監修しプレゼンする」



三人の番組は、見たい人が多い、
面白い番組になるか、録画ならば、面白さの半減するだろう。
生放送は、無理なのだろうか。

三人の生放送は、面白いことだろう。
日テレは、どんな番組にするのか。
フジテレビより、面白いことか、解らない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-30 08:38 | 暇つぶし批判

飲酒は、個人差かも。

パイロットにも、常識か消えたのか、
飲酒は、大変ことだと、自覚がないのだろう。

教育が悪いのか、飲酒の講座が、ないからなのだろう。
一日過ぎない、体から、アルコールは、出ないのを知らない人が多いのだろう。
企業の教育が、ないのだ。
飲酒教育が必要。


「全日空便でパイロットからアルコール反応が検出されたことによる出発遅れが相次いでいる問題で、同社は29日、出発予定時刻の12時間以内の飲酒を禁じた従来の社内規定に加え、乗務前日の飲酒量を規制する新たな規定を設けるなどの対策を取ると発表した。

 同社によると、乗務前検査に使用する飲酒チェック機を交換した8月18日以降、パイロットからアルコール反応が検出される例が頻発。チェックのやり直しや乗務員の交代などで5便に遅延が発生し、このうち10月22日の那覇-羽田便では約1時間半の遅れが出ている。

 いずれもパイロットは「規定の時間内には飲酒はやめた」と話しており、新たに導入したチェック機が以前より感度が高くなったため、アルコール反応が検出される例が多くなったとみられる。 」



飛行機事故、乗り物の事故は、本当は、飲酒が原因が多いのではないか、
12時間過ぎないと、普通にならないのは、個人差。
一日、以上、3日以上が、体にアルコールがある人もいるのではないか、
飲酒は、二日休みがないと、普通に戻れないのが、本当かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-30 07:21 | 暇つぶし批判
来年の話みたいな政策だ。
効果あるのは、来年の3月以後か、
それまで、日本の株価が、どこまで、維持できるのか。
倒産する企業が多くなれば、
経済政策の後手後手で架空の話ではないか。




「政府・与党は29日、追加経済対策のうち、2兆円規模の定額減税に代わって、
現金やクーポン券を直接支給する「給付金方式」にし、
支給対象に所得上限を設けないことで実質合意した。
高速道路料金の値下げ幅は平成21年度からの2年間限定で、
日曜祝日が1回当たり1000円、平日が夜間以外の時間帯で3割にする。
30日午後に開く政府・与党会議で追加対策を決め、夕方に麻生太郎首相が記者会見して対策の内容を発表。
同時に、金融危機への対応や経済対策など「政策優先」で取り組む方針を説明する。

 記者会見に先立ち、首相は公明党の太田昭宏代表と会談し、衆院解散を先送りすることに理解を求める。

 追加経済対策は
「パンチのあるものにしないといけない」という首相指示を受け、
財政支出を伴う国費投入は5兆円規模になる見込み。財源は財政投融資特別会計の準備金を充てる。

 給付金方式は29日の与党政策責任者による協議で実質合意した。公明党は定額減税の実施を求めていたが、給付金方式は所得税を支払っていない世帯にも行き渡るメリットがあり、受け入れた。また、定額減税だと手続きに時間がかかり平成20年度内の支給が難しいため、年度内の実施が可能な給付金制度を選んだ。給付額や方式、名称などは引き続き協議していく。住宅ローン減税は、控除額上限を600万円に引き上げる方向で最終調整する。

 首相は追加対策の一部を20年度2次補正予算案として取りまとめる。政府内には2次補正予算案の今国会での提出、成立を目指す動きも出始めている。ただ、提出は11月下旬になり、11月30日までの国会会期の延長は避けられず、衆院解散・総選挙のタイミングにも影響する可能性がある。30日の記者会見で首相は、2次補正予算案の取り組みについても説明する方針だ。」


二次補正は、いつ頃、効果かるあのか、成立してから、始まるのは。
来月、11月、12月には、どんな補正予算の効果があるのか。
経済政策があるのか、知りたいものだ。


解散して、指導力と、経済の能力のある総理大臣、経済大臣、議員、選んで、
11月に、直に聞く政策を出すのが、最善にみえる。


株価の維持、内需拡大は、減税より、ガソリン税の廃止が、一番効果あるのではないか。
『現金やクーポン券を直接支給する「給付金方式」』は、貰っても、何に使うのか、
地域振興券の感覚なのか、効果は、庶民は、使うのに、千差万別である。

一律に減税ならば、消費税の免除、ガソリン税の免除、半年のか、効果がある気がする。
二兆円の消費税の免除のか、効果があるように思う。

この策では、
なにも、景気に影響なく、再来年に負債になるだけだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-29 21:39 | 暇つぶし批判

深刻だ。

国民年金は、徴収不可能なのが、8026億円とは、年金の運用など、無理なことだ。
年金の額が、足りない。

年金制度は、廃止か、税金の徴収にするしかない。


「自営業者らが加入する国民年金で、
滞納したまま納付の時効を迎え徴収不能となった保険料が2007年度は8026億円となったことが29日、社会保険庁の調べで分かった。
前年度より1837億円減り05年度から2年連続のマイナス。
それでも依然高水準で、
未納問題への有効策が見つからない現状を浮き彫りにした。
基礎年金制度が導入された86年度からの累計は、12兆7917億円に達した。」


国民年金も、問題が多いが、足りないのは、それで、いいか。
厚生年金のが深刻だろう。
国民年金の徴収不能の額より、
厚生年金の払っているようで、払ってない、半額になっているとか、
厚生年金が、外されている人は、深刻だ。
年金を貰う年齢になって、半額、0とかなるのが、深刻だ。

国民年金の未納と、厚生年金の誤魔化しの会社の滞納の合計すると、
年金は、崩壊だと思う。
年々、拡大して、年金が出ない時代になる。

年金の運用も、投資で失敗する額も今年は、凄い額だろう。

年金は、果たして、出る制度なのか、疑問である。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-29 17:43 | 暇つぶし批判
裁判は、長いのか、動機も忘れるのかもしれない。
裁判過程で忘れていくのか、犯罪者の心理かもしれない。
長い裁判は、錯覚があるのかもしれない。





「秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、
殺人などの罪に問われた畠山鈴香被告(35)=1審で無期懲役=の控訴審第3回公判が29日、
仙台高裁秋田支部で開かれ、竹花俊徳裁判長が米山豪憲君=当時(7)=殺害の動機について質問し、同被告は「思い出せません」などと陳述した。

 前回公判で畠山被告は、豪憲君殺害の動機を問われ「その点は今はあやふやです。これから考えていきたい」と陳述。長女彩香ちゃん=同(9)=事件の再捜査を求めるため子供の誘拐を考える中、衝動的に殺害したとの一審の主張を一変させた。

 畠山被告は冒頭、
竹花裁判長に「動機について考えてきましたか」と問われ、
「毎日のように考えていますが、思い出すことはできませんでした」と述べた。

 豪憲君の家族への恨みや、彩香ちゃん事件で自らに向けられた疑いを
そらす目的かとの質問には強い口調で否定。事件と幼少期に父親から受けた暴力との関係について、別の裁判官から問われると「分かりません」と述べた。 」



一審、二審、三審は、必要な公平な裁判だが、
長い期間続くと、忘れる者だと人間は、記憶。

裁判制度は、長すぎると、問題なのかもしれない。

最高裁まで、長い生き方する度に、痴呆症、忘れる人ならば、
現実と、空想と、忘れるのが普通。

裁判の問題は、長いと、痴呆症、ボケた人には、
判決に対しては、不服があるものだろう。
裁判制度の短縮化が必要ではないか。


殺人事件の事件は、3年以内に、結論が必要だと思う。
忘れるは、反省は、生きる知恵か、人間の本性かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-29 13:43 | 暇つぶし批判

経営の姿勢だろう。

ホームページも改善すると、大変だ。
公式サイトで、商売に影響する時代か。




「ヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ・ドット・コム」が2008年10月21日(火)にリニューアルされました。個人的な感覚では「使いにくく、見にくく、お目当ての商品が探しにくく」なって改悪されたように感じられていたわけですが、それどころかあまりにも表示が遅すぎて激重になり、なんとお詫びページまで作られるほどになってしまいました。

そして既にリニューアルから1週間が経過したものの、いまだに改善されておらず、一体何がどうなっているのかよくわからない状態で、どれぐらいの損失が発生したのかが非常に気になります。何が起きているのでしょうか?

戦慄の実態は以下から。
まず発端は10月21日(火)。リニューアル直後から重くなり始め、ついにはタイムアウトを連発。たまたまこの日は前日にヨドバシ・ドット・コムから「ポイント残高失効のお知らせ」が届いていたため、ポイントでLANケーブルを買おうと思っていたのですが、あまりの重さにあきらめました。ちょうどリニューアルセールも告知されていたので、そのせいかな~と思っていました。

ところがこの状態は翌日も続き、とうとう23日には以下のようなお詫びページが出現しました。

画面表示に時間がかかり大変ご迷惑をおかけしております。改善に向けて修正を行っております。ご不便をおかけして、誠に申し訳ございません。」




ヨドバシも公開株ではないか、個人商店、勝手なことしている商売。
庶民の意見より、会社の事情だろう。

株式公開していると、株主が、怒るものだ。
庶民の意見がない商売は、将来はない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-29 08:50 | 暇つぶし批判
日清食品の問題が原因なのかもしれない。
全ては、容器が、昔の容器に戻せばいいのだ。
新しい容器が、問題なのだろう。

そこまで、研究しなかったのが問題。
生産の過程より、容器の密閉が、酷いのだということ。



「佐賀県は28日、日清食品の即席カップめん「カップヌードル」を食べた佐賀市内の2人が異常を感じ、具材や容器などから防虫剤成分パラジクロロベンゼンが検出されたと発表した。それぞれ下関、滋賀工場で製造されており、県は下関市と滋賀県に対し、調査を依頼する。
 県生活衛生課によると、2人のうち男性(68)は8月に市内のスーパーで5個購入。
9月中に家族らが食べた3個のうち2個で、異臭などを感じ、
4個目を開封し湯を注いだ際に薬品臭がしたため日清食品に連絡。その後、同社から
「パラジクロロベンゼンが検出された」と報告があった。
 県が未開封の残り1個を検査したところ、容器に穴は見当たらなかったが、具材や容器などからパラジクロロベンゼンが検出された。保管場所では防虫剤や消臭剤は使っていなかった。
 もう1人の会社員男性(64)は今月20日、佐賀県神埼市内のディスカウントストアで購入。23日に食べた直後、吐き気や下痢の症状が表れ、24日県に連絡。検査の結果、空容器の内側からパラジクロロベンゼンを検出した。男性は勤務先の机の下に保管、机上に消臭剤を置いていたという。
 日清食品の親会社日清食品ホールディングスは
「防虫剤などの『移り香』が原因と思われる。11月中には容器を改良し、
においが強い物の近くに置かないよう注意喚起もしたい」としている。」 


容器の研究は、温暖化のためとか、言う前に、防虫剤成分が食品にうつる様な容器が、
問題。
庶民のせいか、他の人の犯人の感覚を持つ過ぎである。

食品の管理は、容器の管理でもある。
それを忘れているのではないか。
昔から容器で、販売していたら、事件は、なかったのではないか。
それとも、容器の素材が、酷い素材なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-28 22:01 | 暇つぶし批判
女性も、騙されるのは、老いてからあるのかもしれない。
人たらしという男に引っかかったことが、失敗なのかもしれない。

女性は、男の見る目、老いてから解らない問題。




「2億円の宝くじを当てた岩手県一関市の無職・吉田寿子さん(当時42)殺害事件で、
逮捕された新聞配達員・熊谷甚一(51)の“素顔”が次々と明らかになってきた。

 一部報道によると、吉田さんは占いに興味があり、自伝のような本も出版。
多くの人が彼女の話を聞きに訪れ、吉田さんは自分のことを「神」のように思っていたという。そんな吉田さんがなぜ熊谷と交際していたのか。気位の高い吉田さんが熊谷のような男と釣り合うとは思えないが、実は、熊谷はオンナを籠絡する“テクニック”を持っていたという。
熊谷は上京前、陸前高田市で電子部品会社を経営していました。
06年に倒産して多額の負債を抱えたが、儲かっていたころは羽振りが良くて、
飲みに行ってもポンポンとカネを出す。
タクシーに乗っても、釣りをもらわないのは当然で、
飲み屋の女性に7000万~8000万円も貢いでいたこともあった。
慕っていた人が多かったのも事実です。熊谷の会社は吉田さんが勤務していた会社の出入り業者で、2人は知り合ったが、吉田さんもダマされてしまったのでしょう。
経営が悪化すると、熊谷は吉田さんや社員にまで借金をしていたが、
カネがあるときは気前のいい人だっただけに、断れなかったのかもしれません」(地元関係者)

 熊谷の“人たらし術”は新聞販売員になってからも健在で、
「訪ねてきては『洗剤ありますか。どうぞ、どうぞ。ゴミ袋も必要ですよね、
どうぞ、どうぞ』と、やたらと粗品をくれる人だった」(顧客)という。

 熊谷の口座には吉田さんの口座から複数回にわたって1000万円単位の入金があったことが発覚。
吉田さんを殺害し、2億円の一部を熊谷がせしめた疑いは濃厚だ。

 殺される直前まで熊谷のことを「腐れ縁」といい、宝くじに当たったことも熊谷ひとりに話していた吉田さんが気の毒だ。」



殺されなかったら、いまだに、人を騙して、生きているのかもしれない。
詐欺師でもないが、殺人犯は、詐欺師より、酷いことだろう。

女性は、男を見る目、養うことが、必要だ。40歳以上の女性で、男に騙されるのは、
問題なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-27 17:10 | 暇つぶし批判
閉店は、寂しいことだ。
新しい建物でも、路上で、歌える場所があるといいことだ。
無理だろうか。

「ゆず」もこの場所の建物の部分を得て、支援場所にすればいいものだ。
資金があれば、の話。


「人気デュオ「ゆず」が店前でライブを続け、デビューのきっかけをつかんだ場所としても知られる横浜市中区伊勢佐木町の百貨店「横浜松坂屋」が26日夜、閉店した。前身の「野沢屋呉服店」から引き継いだ創業144年の歴史を誇っていた。

 この日は開店前から1300人近くが行列をつくった。4万2千人が来店し、7月24日から始まった閉店セールの入店客数は100万人を突破した。「ゆず」の壁画が設置された屋上にもファンが次々と訪れ、記念撮影をしていた。


ゆず ストリートミュージシャン出身。路上時代は主に横浜市中区伊勢佐木町の松坂屋前で路上ライブを行っていた。最初に路上に出たのは岩沢で、それを見た北川が、音楽をしたいという想いを抑えきれず、バイト後「話があるから」と誘い出し、北川家のリビングで酒を飲みながら、「一緒にやりたいんだけど」と告白。岩沢の返事は、ドキドキしている北川に比べてかなり軽くOKしたという。 路上の最終日は約7500人が集まった。」


場所は、素人には、必要なのだ。
新人の歌う場所は、必要。
c0094071_7511054.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-27 07:51 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2