四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

神戸新聞のコラムは、面白い。
コラムは、この事件の感じ事がない。
この事件は、人災である。

川の改造、管理、住民の川の増水のときの訓練がなかったのではないか。
関西は、地震の時も、安易な事で、工事が手抜きが多かった。
川の改造は、庭みたいな川など、ない。
増水の時の対策に、川の底を深く、水底が浅いのが問題。
安易な、川の整地が問題なのだ。
人材というより、県、市が、賠償することだろう。


「水難事故で四人が亡くなり、行方不明者の捜索が続く神戸の都賀川を訪れた。
水は濁っていたが、流れは穏やかさを取り戻していた
二十八日の午後、
ここにすさまじい濁流が押し寄せ、子どもらをのみ込んでいったことが信じられない。
河川敷に立ってふと、今、急激に水かさが増したらどうしようと思う。
流れから身を守るところはない。
道路とつながる階段まで、駆け戻ることができるだろうか。
事故当時、子どもたちは手をつないで逃げようとしていた。
流された男児の手を懸命に握っていた女児は、
あまりの流れの激しさに手を離してしまい、
救出された後取り乱しながら父親にそのことを話したという。
痛々しく、やりきれない気持ちになる。」


川で遊ぶ訓練は、増水と、地震の時の川から逃げる方法が訓練と、
対策が必要。


「気象庁によると、この日各地に突風や豪雨の被害をもたらした積乱雲は、
上空十二キロの高さに至る巨大なものだった。
数年に一度しかないような大雨を観測した場合に出される
「記録的短時間大雨情報」が兵庫、京都、滋賀の十地区で相次いだのもうなずける。
このゲリラ的な豪雨にどう対応すればいいだろう。」

地域で、川の増水の管理は、居ないのだろう。
二つの川が、一つの川に大量の水が流れる河。
その管理と、危険性は、上流の雨の量の管理がなかったのだろう。
綺麗な河川の整地が、大事な事、怠ったのだ。
見栄えの川改造した原因。

「例えば、気象庁は注意報や警報だけでなく、さまざまな情報を小刻みに出している。山や海ではもちろんのこと、日常生活でもこうした情報にこまめに触れる方法はないものか。気象は命にかかわる重要情報と思いたい。
気象キャスターの倉嶋厚さんは「人は多く『かなしい時』に空を眺めるのではないだろうか」と書いている。都賀川で花を手向ける人に会った。
後ろ姿に悔しさ、悲しさをにじませたその人は、
立ち上がると、静かに曇り空を見上げた。」

大量の雨があると、普通は、警戒のサイレン、放送がある。
放送施設も、ないのではないか。


川で、遊ぶために、講座、対策の教育が、学校ではしないのだろう。
全ては、川の整地と、公園化したのが、問題なのだ。
簡単に川底に、下りられる川など、危険がある。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-30 22:33 | 暇つぶし批判
外務省も、酷い人間がいるのか。
踏み倒しする人間。
一泊五万の部屋に泊るのは、傲慢なことだ。

自腹で、払える金ではないだろう。
退職させる事だろう。



「外務省経済局の男性官僚(40)が都内ホテルの宿泊代約1500万円以上を支払わず、ホテル側とトラブルになっていることが30日、分かった。

 外務省関係者らによると、ホテル側はこのまま支払いがない場合、民事訴訟などの法的措置も検討しているという。

 男性官僚は2006年6月から07年4月までの約300日間、都内ホテルの1泊5万円以上の部屋に宿泊。約1540万円の支払いが生じたが、ホテル側からの再三の請求にもかかわらず、現在まで全く支払われていない。

 男性官僚は家庭の事情で都内の自宅を出た後、ホテルから外務省に出勤する生活を続けていたが、昨年4月以降は川崎市内の官舎に住んでいるという。

 外務省は「本人とも連絡を取った上で詳細を確認したい」としている。」


1540万とは、凄い額だ。
外務省が払うのだろうか。
首にして、退職金で払わすことだろう。
普通は、刑務所に入ることだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-30 22:11 | 暇つぶし批判
続けていると、勝つのだ。
立派だ。
敗北しても、勝つことに、トライするのは、立派。



「165連敗と記録の更新を続けていた競走馬、「エリザベスクィーン」が29日兵庫県尼崎市の園田競馬場で行われたレースに出走し、初勝利を果たしました。

兵庫県競馬組合に所属する7歳馬のエリザベスクィーンは平成15年にデビューし、北海道や愛知、それに県内の競馬場などで負け続け、これまで165連敗と国内の連敗記録を更新し続けていました。エリザベスクィーンは29日園田競馬場で行われた11頭が出走する第8レースで1位でゴールして連敗記録を165でストップし見事、初勝利を果たしました。
29日の初勝利について、エリザベスクィーンの板野央騎手は、「大きなレースで勝てたくらいうれしい。
勝ちましたがこれからもエリザベスクィーンの応援をお願いします」とコメントしています。」

165敗が続く後に、一位。
試みることは、諦めないことだろう。
c0094071_2324764.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-29 23:24 | 暇つぶし批判
エアコンの上がるのか、時代は、物価高だかである。




「家庭用エアコン国内3位の三菱電機が今秋から発売する家庭用と業務用のエアコン新製品の価格を平均で約10%引き上げることが、27日分かった。家庭用トップの松下電器産業やダイキン工業、日立アプライアンスも値上げの検討を始めており、東芝キヤリアも追随するとみられる。鉄鋼や銅など原材料価格の高騰が続いており、生産を効率化する対策だけでは業績の悪化が避けられないと判断した。」

今後は、不景気の時代は、物、上げないと、儲からないことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-27 18:12 | 暇つぶし批判
今頃、無駄ゼロの対策の人員は、ないだろう。
単なる、人気取りか、国民、馬鹿にしている。

実績のある総理が考えならば、自分でするものだ。
ドラマの「チェンジ」の最終回見せたいものだ。
時間がない辞任するキムタク総理大臣は、何をしたか、
何もない、「水曜の会議のお茶、廃止しましょう」の事が、
波紋をよび、凄い額の茶を仕入れていた。
それに関わる、官僚、職員、大臣、議員、地方の産地。
一つの会議のお茶を自前にすると、各省の会議、職員のお茶は、
自前にすると、そうとうな節約になる。
これが、自らの発想だと思う。

行政経費の無駄排除へ向け「行政支出総点検会議」は、総理大臣自ら、すれば、簡単になる。
直ぐに、一億は、節約できる。



「福田康夫首相は25日、行政経費の無駄排除へ向け「行政支出総点検会議」(座長・茂木友三郎キッコーマン会長)を設置し、ムダゼロへの取り組みに本腰を入れ始めた。

 メンバーに宮崎県産品のトップセールスで支持を集める東国原英夫知事を起用し、
“東国原人気”をテコに政権浮揚を図りたい思惑もうかがえる。ただ既存の行革関連会議との役割分担はあいまいで、
霞が関には「屋上屋を架している」(政府関係者)との冷ややかな見方も広がっている。

 行政の無駄排除に向け、政府には既に独立行政法人改革に取り組む「行政減量・効率化有識者会議」が置かれており、こちらも茂木氏が座長を務めている。

 町村信孝官房長官は25日の記者会見で、両会議をどうすみ分けるのかを問われ、
「ある部分はダブっているかもしれないが、(点検会議は)幅広く見ていくということだ」とかわすのが精いっぱいだった。」


東国原英夫知事は、実績があるのだろうか。
節約する事より、ガソリン税維持を人物が、節約する事は、できないないのではないか、
実績は、県のガソリン税なしの行政が出来ているのか、疑問。

宮崎県は、どのくらい、黒字にしたか、来年、わかることだ。

総理の断末魔の行動は、解らない。
打開策は、あるのだろうか。
サミットもガソリン税も失敗して、景気の悪化、税金が上がり、また、税金上げるしか、
年金維持は、無理だというのが落ちである。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-25 21:11 | 暇つぶし批判

凄い利益である。
伸び率が悪いのは、世の中の政治、経済が悪いからだ。
赤字でなく、凄い増益。
広告は、ヤフーが、独占されるのではないか。
テレビ広告は、減っていくだろう。

今に、ヤフーが、映画製作の時代になり、
公開は、ヤフーの中になるかも。





「ヤフーが25日発表した2008年4―6月期連結決算の純利益は前年同期比18%増の191億円だった。
主力の広告事業は堅調だったが、景気減速の影響で企業の求人サイトへの出稿が落ち込むなど企業を対象にした事業が振るわなかった。全体では2ケタ増益は確保したが、
伸び率の低下が鮮明になってきた。

 売上高は16%増の655億円。今期から販売代理店に支払う手数料などの会計処理を売上高に含めない方式に変更しており、従来方式に比べ売上高は69億円少なく表示されるようになった」


伸び率は、問題なのだろう。
前半の増益は、凄いことだ。
この不景気に。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-25 21:00 | 暇つぶし批判
名将の監督は、いい。
監督しているだけで、教えがある。



「高校野球茨城大会 ▽準決勝 常総学院6x―5土浦湖北(23日・水戸市民) 茨城では名将・木内幸男監督(77)率いる常総学院が、土浦湖北にサヨナラ勝ちで決勝に進出した。

 名将の高笑いがベンチに響いた。5―5の9回無死満塁。常総学院・中村勇太(3年)が左前へサヨナラ安打を運んだ。「99%負けても仕方がなかった」流れを引き寄せたのは、77歳・木内監督の名采配だった。

 2点を追う4回無死一、二塁。なんと3連続で代打攻勢をかけた。7番には2球目、9番には6球目と、打席の途中から代打を送った。「7番はバントをファウルで失敗したし、9番は打てるスイングをしてなかったからな」好投していた土浦湖北・永田達典(3年)は“魔術”に動揺し、制球が甘くなった。この回、3安打2四死球と攻略し、盗塁も絡めて一気に4点と逆転。マウンドからおろした。
ナインの心も巧みに動かした。前日のミーティング。単純ミスを重ねる選手に指揮官がゲキを飛ばした。
「お前らはどうせ負ける。お前らの人生だから勝手にやれ」この言葉に選手全員が発奮。
この日のサヨナラ劇につながった。」

本当だ、監督が指示するが、やるのは、選手。
選手自身の問題。
最後は。



 「継投もさえた。先発した主将の島田隼斗(3年)は3回途中3失点でKOされ、二塁の守備に就いたが、8回からは5番手として再び島田をマウンドに送った。「最後は島田と心中するしかない」これにも冷静な判断があった。「あっちは2年生(投手)でこっちは3年生。これで勝ったと思った」同点の息詰まる場面では、投手の経験の差が勝敗を分けると決断した。最後は3年生の意地が2年生を上回った。
 「決勝戦は島田でいく」試合後、異例の予告先発までした名将。
魅惑のタクトで、自身5年ぶりの甲子園切符を手中に収める。」


テレビ中継を見ていると、面白い。
よく、常総学院が勝ったものだ。
会見の木内監督は、「私が負けると、思った、選手が勝ったのでしょう」言葉。

人は、最後は、師がいて、最後の最後は、自分の判断行動である。
高校野球も、人生は、師はいるが、最後は、教えの知っても、行動は、自分である。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-24 19:36 | 暇つぶし批判

今後は、政治の問題。

ついに、上がるのか。
食料品は、上がる時代。

困ったことだ。
政府は、何一つ対策しないのか。
不景気と、物価高。

庶民は、生きる知恵は、党の政治献金、出している企業は、
もつと、政府に対策する策をだせと、言って欲しいものだ。




「イオンはプライベートブランド(PB=自主企画)食品の一部商品の値上げに踏み切った。小麦粉など原材料費の高騰を吸収しきれなくなったためで、7月中旬までに食パンや袋めんなど10品目超の価格の1―3割引き上げや減量を実施した。大手メーカー品は店頭で最大3割程度価格が上昇しており、イオンは値上げ後もメーカー品より割安な価格を維持する。ただ低価格が売りのPBでも値上げが避けられなくなってきたことは、メーカーや小売店の価格政策に影響を与えそうだ。

 イオンのPB「トップバリュ」の食品(約2500品目)のうち7月中旬までに値上げしていることがわかっているのは、原料価格が高騰している小麦製品や乳製品など約10品目。「ベストプライス食パン」を一斤88円から108円に引き上げたほか、5月下旬には袋めん(5袋入り)をリニューアルした上で、価格を178円から228円に改定。実質的に28%値上げした。」


物は、高く、収入は、税金で消える。
賄賂と、口利きで、幹部昇進の公務員、先生の組織、対策出す能力のある
人材が、採用されてないのが、本当だろう。

食品が全て、上がって、初めて、庶民は、怒り出すのか、本当だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-23 17:06 | 暇つぶし批判
夏の連休は、死での旅か。
夏の連休は、必要ない気がする。

海で、溺れて、死亡する人が、必ずいる。
法令が悪いのかもしれない。



「3連休最後で「海の日」の21日、全国の海や山で事故が相次いだ。共同通信の午後5時現在の集計では、11県で計6人が死亡(死亡確認含む)し、重体を含め計8人が負傷。2人が行方不明となっている。

 死者が出たのは埼玉、新潟、福井、三重、奈良の五県。

 各県警などによると、三重県伊勢市沖で、素潜りをしていた大工中川忠之助さん(67)と電気工事業土屋理旦さん(52)が海底約2メートルの消波ブロックに挟まった姿で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 新潟県柏崎市の大崎海水浴場では、家族で遊泳中の主婦小泉美千代さん(38)が海底に沈んでいるのが発見され、間もなく死亡した。」


暑いと、必ず、海の事故。
冬の連休は、死亡者は、山があるが、問題は、本人の問題。

夏の連休は、考えるべきだ。
海の事故がある度、「海の日」は、連休が必要なのか、疑問に思う。
海水浴に行くも、「海の日」だから、意味が大きいのではないか。


夏休みがあるのだから、海の事故が減らすためには、海の日は、必要あるのか、疑問である。

「海の日」は、地獄の釜が開く日なのかもしれない。
お盆と海の日は、地獄におちる日になるのがもしれない、死亡すると。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-22 05:28 | 暇つぶし批判

今後は、値段の問題。

神戸新聞のコラムは、面白い。



「液晶を世界で初めて実用化したのはシャープの電卓で、一九七三年の発売だった。液晶パネルを搭載したシャープの壁掛けテレビが発売されたのは、九一年。これも世界初だった
それから十七年。液晶にかけた日本の技術力と伝統を担って、姫路市臨海部で、松下電器産業の薄型テレビ用パネル工場の起工式があった。総投資額三千億円にのぼる一大プロジェクトで、二〇一〇年一月の稼働を目指す。フル生産時の年産は千五百万枚(32型)を超えるそうだ」


神戸は、液晶の初めての所か。


「薄型テレビの世界市場は急激に広がっている。その動きをにらみ、大阪湾から播磨灘の沿岸にかけ、新工場が次々と生まれている。尼崎市に同じ松下がプラズマ工場を設け、
堺市にはシャープが液晶工場。あっという間に大集積地となってきた
地域経済のけん引役として地元企業の期待は大きい。起工式の数日前、姫路であった新工場の概要を説明するセミナーには、予定を三百人上回る八百人が出席し、熱気に包まれた。
雇用がどうなるかまだ分からないが、商機を求める動きは急だ新工場は
環境対策にも力を入れるようだ。設備の廃熱利用で二酸化炭素(CO2)の排出量を既存の工場より25%減らしたり、水も再利用して排水をゼロにしたりする。壁には窒素酸化物(N〓(F289))を吸収する塗装を施し、ポプラ五千百本分の大気浄化を行うという
甲子園球場十個分の敷地は、元は製油所だった。そこに今、いくつものクレーンが伸びている。液晶パネルの大生産地として地元経済を刺激し、かつ環境対策技術のモデル地域にも。託された夢はいくつもある。」


液晶パネルが、今後は、シャープの一人勝ちになるのではないか。
国内は、シャープが、供給の時代。

「松下がプラズマ工場」は、維持できるのだろうか。
プラズマは、敗北ではないか。
今後は、液晶の価格帯の戦いではないか。

どこまで、原価が、下がるか。
工場の生産も、日本より、海外のが、安くなる時代ではないか。
解らないことだ。
神戸の支援が足りないと、別の地域に、取られてしまうのではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-07-21 18:32 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2