四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

幾つも、できるのか、中国は、広いから。
香港より、大きいのは、いい事だ。
見に行く人は、中国の人だろう。




「28日付の香港の中国系紙・文匯報などは、上海市政府筋の話として、上海ディズニーランドの誘致が決まり、早ければ12年にも開業すると報じた。総投資額は400億元(約6千億円)に達する見通し。8月の北京五輪前後に正式発表するという。

 完成すれば、中国本土で初のディズニーランドとなる。計画によると、上海ディズニーは市東部の浦東新区に誘致され、浦東国際空港から車で約20分という。05年に開業した香港ディズニーランドの8倍の規模。上海周辺の長江デルタは1億人以上の人口を抱えるうえ、中国全土からの集客を見込む。」

広いと、どんな風に移動するのだろうか。
移動するにも、待ち時間があるのではないか。

一日では、見れない広さなのだろう。

いいのが、悪いのか。
繁盛するだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-30 17:13 | 暇つぶし批判
最悪だろう。監督も、首だろう。
指導する者が悪い事しているのだから。

落書きは、残るのは、怖い。
世界遺産は、修繕しないのだろう。

永遠に辱が残るのだろう。
これが、自分の所業で、自滅していく。
自業自得だ。
時効自得にには、ならない。


「イタリア・フィレンツェの世界遺産に登録された地区にある
「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」に日本人旅行者らが書き残した落書きが相次ぎ問題となるなか、水戸市の私立常磐大高(浅岡広一校長)の硬式野球部監督(30)が大聖堂の柱に書いたとみられる落書きが見つかり、県高野連が調査に乗り出したことが28日、分かった。
同校野球部は7月5日から始まる第90回全国高校野球選手権県大会に出場予定。
県高野連は30日に、同校や監督らから詳しい事情を聴く。

 県高野連が入手した大聖堂の柱の写真では、問題の落書きは監督、妻と同姓同名の名前が漢字で油性ペンのようなもので記され、2人の名前をハートマークで囲んでいる。回りには日本人のものとみられる多くの落書きのほか、英語やハングルの落書きもある。

 監督は以前、新婚旅行でイタリアを訪問しているという。

 県高野連の藤枝武博理事長は産経新聞の取材に対し、「複数から落書きについて指摘を受けた。事実関係を学校側に問い合わせたところ、『調査中』との回答を受けた。週明けに校長や本人らから詳しい事情を聴く予定だ」と話している。」



「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」には、日本人の名前がどのくらいあるのだろう。
これは、日本政府は、援助しないと、問題ではないか。

これこそ、総理大臣か、外務大臣、環境大臣が、直ぐに、行き、陳謝しないと、
問題ではないか。
世界遺産の維持は、膨大な金がかかる。
年金の金より、大きいかもしれない。

世界の世界遺産に、日本人の落書きが多くあると、
環境税を学校か、旅行者に取る事が、必要になってくるのではないか。
名前と、住所が解かれば、賠償させるのが筋ではないか。

学校の退学くらいでは、すまない。
復元する額は、個人では、払えるか、解からないのも、あるのではないか。


日本の法が甘いのだろう。
落書きの処罰は、数千万にするのか、必要ではないか。
復元するのには、最低でも、何万もかかるのだろうか。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-29 06:43 | 暇つぶし批判
タクシーの台数の過剰とは、疑問。
個人タクシーが、多過ぎるのではないか。
悪質は、個人タクシーが問題なのではないか。

賄賂の問題。



「国土交通省は二十八日、規制緩和でタクシーの台数が過剰となり運転手の労働条件が悪化しているとして、新規参入や増車の規制を強化する一方、
悪質事業者については営業の許可を取り消すなどの方法で、
営業台数を削減していく方針を固めた。
こうした施策を盛り込んだ道路運送法改正案を来年の通常国会に提出する見通し。

 国交省は、七月三日に開かれる交通政策審議会のタクシー問題作業部会に
基本的な考え方を示し、年末までに具体的な内容を詰めてもらう。

 現行の道路運送法でも、新規参入などを禁止する「緊急調整地域」の指定措置などがあるが、要件が厳しいため仙台市と沖縄本島以外に指定例はなく「根本解決にはならない」との声が強い。このため国交省は規制緩和の弊害を見直す抜本的な制度改正に踏み込むことにした。参入規制では、新たに参入を希望する業者が国交省に提出する事業計画について、運転手の労働条件などの審査を厳格化。許可の取り消しを視野に入れた立ち入り監査などを強化し、悪質業者を排除する方策などが検討される。

 タクシー事業はかつて、需要に対し供給が少ない場合のみ新規参入を認める免許制だった。しかし規制緩和を求める声が強まり、二〇〇二年二月の道路運送法改正で参入が事実上自由化された。

 この結果、新規参入が相次ぎ、全国の法人タクシー台数は規制緩和前の〇一年には約二十万六千台だったが、〇六年には二十二万二千台まで増えた。一方で、乗客数はこの間、約十九億人台でほぼ横ばい。このため運転手の平均年間所得は一九九六年の約四百十万円をピークに、〇六年には約三百三十万円まで下落した。

 国交省は「意欲と能力のある事業者の参入は妨げないが、安易な参入は規制し、社会保険に加入していないなどの悪質業者の排除も徹底していきたい」としている。 」

タンシーの問題は、台数の問題より、地域の問題である。
長距離専用のタクシーと、近郊のタクシーの区分けがない。
必要のは、地域に病院、葬儀場、斎場、タクシーでしけない地域のタクシーの台数が、
少ないのではないか。

個人のタクシーが、多過ぎるから、賄賂あげて、指名で、一晩の走行で、売り上げ維持。
それが、タクシーの本来の商売なのか。

個人タクシーの廃止が必要。
個人タクシー維持したいならば、仲間で、会社設立するのがいい。

都内のナンバーのタクシーが、地方まで、深夜走行するのが、可笑しいことだ。
長距離は、専門のタクシーを作るべきである。
乗り場、何万の運賃を払うのが、疑問である。
それをタクシーの本来の仕事なのだろうか。

多数、乗せて利益を得るのがタクシーの商売ではないか。
個人タクシー廃止で、台数も減るのではないか。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-29 06:27 | 暇つぶし批判
勝たないと、本当に、駄目である。
テニスのウィンブルドンは、正しい勝負なのかもしれない。

美人で華麗な人でも、運は、ないのか、あるのか、勝たないと、無理な事。



「テニスのウィンブルドン選手権第4日は26日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス2回戦で4年ぶりの優勝を狙った第3シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が世界ランク154位のアーラ・クドゥリャフツェワ(ロシア)に2-6、4-6で敗れた。
シャラポワは2003年から6年連続出場のこの大会で最も早い段階での敗退となった。」


シャラポワに提供している企業も大損である。
本当に支援することが必要。

勝ことで初めて、利益が得られる。
それが、勝負の世界、勝たないと、すべてが終わり。
厳しい世界である。


綺麗な人が見せないのは、大会の盛り上がらないだろうな。
すべてが、低迷。
ユニホームもいいが見れないのは、寂しいことだ。

バトミントンのユニホームに使えないのだろうか。
あの高級な品か、似た安いのは、出来ないのか。

c0094071_17512584.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-27 17:54 | 暇つぶし批判
モデルみたいに綺麗だ。
テニスではないように、見える。

考えてみると、新作のコスチュームは、大会で、着て貰うと
最大な効果だろう。
関連の物が売れるのではないか。




「さながらファッションモデルの様相だ。初戦をストレート勝ちし、2004年以来のウィンブルドン優勝に向け好スタートを切ったシャラポワの記者会見で、テニスに関する質問はわずか2つ。あとはタキシード風に仕立てた純白のコスチュームに集中した。

 昨年は「白鳥の湖」をイメージしたスワンドレス。スカートのすそをなびかせて芝のコートを駆ける姿は“妖精”を連想させた。今年は、英国伝統の洋服仕立てから発想したという。その下のウエアも優雅なブラウス風で、スカートに代えてショーツをはいてプレーした。両耳には2万5000ポンド(約530万円)の高級イヤリングが輝く。」


イヤリングは、見たいものだ。
試合も楽しい、コスチュームもいい。
モデルのいい。
色々愉しめるのかもしれない。





「 運動性能よりファッション重視のコスチュームについて「試合前にどれぐらい試してみた?」と問われると、「本番の7カ月前から試すのが普通。今は来年の新作を試している。ウィンブルドンだからこそ意味があるのよ」。「退屈なテニスの話をしてもいいかい」と古株のスポーツ記者が遮らなかったら、誰もテニス選手の記者会見とは思わなかっただろう。

 初日に登場したセリーナ・ウィリアムズ(米国)も純白のトレンチコート姿でウオームアップ。さすがに「暑かった」と本音が漏れたが、早くも今大会の“ファッション大賞”の呼び声が高い。男子でも6連覇を狙うロジャー・フェデラー(スイス)が特注のカーディガンを華麗に着こなし、話題をまいた。

 3人はいずれもナイキ社と契約しており、世界の注目が集まるウィンブルドンは格好の新作発表の舞台というわけだ」


試合を見るのと、全て、面白いかもしれない。

NHKでは、イヤリング、コスチュームの名前は、会社は、紹介ではないだろうな。
見ている人は、新聞みて、「両耳には2万5000ポンド(約530万円)の高級イヤリング」
思うのだろう。


日本の五輪のバトミントンのコスチュームも、考えるべきではないか。
テニスの感覚のような、コスチュームだと、関連商品を作ると、
売れるだろうに、あのコスチュームでは、売れないだろう。
買う人は、いない。
モデルは、いいのに。
デザインが悪いと、可哀想に思う。
機能性とデザイン、センスがないのだろう。あの企業。
c0094071_5514920.jpg
c0094071_5523493.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-26 05:50 | 暇つぶし批判

安い鰻がいい。

鰻は、安いものがいい。
高い鰻は、本当か、解らないならば、
安い鰻、満足して、旨いと、思うのがいい。




「中国産ウナギかば焼きを「愛知県三河一色産」と偽って販売していたとして、農林水産省は25日、卸売業者の魚秀(大阪市)とマルハニチロホールディングスの子会社、神港魚類(神戸市)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき業務改善指示を出した。

 魚秀は架空会社を通じて、神港魚類とともに組織ぐるみで少なくとも約50トンのかば焼きを卸売・小売業者に販売していた。同省は「架空業者を使った偽装は表示への信頼を大きく損ねる。極めて悪質性が高い」として、両社に7月25日までに原因究明や再発防止するよう求めた。

 農水省は4月から原材料などの適正表示義務を業者間取引に広げているが、業者間取引のJAS法違反が明らかになったのは初めて。 」


鰻の値段など、当てにならないのだろう。
原価は、皆、同じなのかもしれない。

「愛知県三河一色産」の味など、誰も解らないものだろな。

鰻は、安い鰻で、高級の味を知らないのが、庶民には、いいのだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-25 18:14 | 暇つぶし批判
安くできるのか、スタンド。
早く、普及するのが、世の中に必要だ。




「走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)が
国内で発売されるのに合わせ、東京電力や三菱自動車などが
来年中にEV用の急速充電器を東京都、神奈川県など首都圏で100~200台程度設置する運びとなったことが23日、わかった。大型スーパーのほか、
大手コンビニエンスストアやホテルチェーンなどとも充電器設置の協議を進めており、
EV普及に弾みがつきそうだ。

 電気自動車は1回の満充電の走行距離が最大160キロメートル(三菱自製)。自宅の家庭用コンセントからの充電が基本だが、「安心してEVに乗ってもらうには、充電インフラの整備が不可欠」(東電)とされる。

 東電などが開発したEV用急速充電器は設置コストが300万円程度で、外出先でも数十分で補助充電が可能。さらに来年からは三菱自と富士重工業が国内でEVの本格販売を始めるため、充電インフラの整備は待ったなしだ。」



300万で、できるのは、いいことだ。
ガソリンのスタンドは、凄いコストと、危険物。

「EV用急速充電器」住宅の近くは、ガソリンスタンドを廃止するのか、
危険から回避できる。

電気自動車の普及は、すべてに日本経済に大きな影響する。
原油が少なくなる。
空気は、綺麗。買い物に行く車は、「EV用急速充電器」充電の時代が、直ぐだろう。




 「三菱自や富士重などは大手スーパーのイオンと連携し、充電器をショッピングセンター内に設ける方向で調整中だが、これをコンビニやホテル、公共施設などにも広げる。こうした施設を利用したEVのカーシェアリング(会員による共同利用)なども検討する。

 特に、EV普及に熱心な神奈川県は、充電器の整備やEV購入時の補助制度などの導入を決めており、まず首都圏中心に設置を進めていく。将来は一つの都道府県に50カ所程度の設置を目指す考えだ。」


三菱自動車は、売れるのだろう。関連の電池会社は、株が上がるのは、解る気がする。
c0094071_19274415.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-23 19:27 | 暇つぶし批判

来年、再来年か、

凶悪犯は、2年ぐらいで、執行されるのだろう。

今の内閣で、今の法務大臣だと、今年か、来年には、執行されるのではないか。




「オウム真理教元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(53)控訴審弁護団の松井武弁護士について、第2東京弁護士会は23日までに、「弁護士としての品位を失うべき非行があった」とする綱紀委員会の議決を受け、懲戒委員会に審査を求めた。
 松本死刑囚は、弁護団が期限内に控訴趣意書を出さなかったため、控訴が棄却され、2006年9月に死刑が確定した。
 綱紀委員会の議決は5月19日付。趣意書提出の遅延について「やむを得ないものと評価することはできない」と判断。松井弁護士の行為を「著しく妥当性を欠き、正当な弁護活動の領域を越えたもの」とした。」



確定しているのとは、知らなかった。

今後、法務大臣は、ならないのがいいのかもしれない。
凶悪犯の執行は、話題と、怨まれるものかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-23 19:13 | 暇つぶし批判
日本は、人材と、経済が悪くなると、日本企業は、海外に行くのだろう。
人材は、現地採用が多くなる。

政治が悪いと、国の収益は、消え、他国の日本企業が、収益が上がる。
だから、人材も、日本人が減るのかもしれない。




「キヤノンは22日、中国・北京市内のホテルで大規模な就職面接会を開いた。書類選考などで選んだ2400人を面接し、そのうち100人を採用する。中国の販売会社、キヤノン中国の2007年の売上高は1000億円強。10年後には10倍増を目指しており、現在1100人余りの社員数も3―5倍程度に増やす考えだ。

 1年以上の勤務経験を持つ大卒以上の男女が主な対象で、営業やサービスなどほぼ全部門で採用する。インターネットで募集したところ2万2000人の応募があった。3回面接して採用を決める。日本企業が中国で数千人規模の集団面接会を開くのは初めてという」


馬鹿な日本人、学生は、採用される時代は、経済がいいとき。
人材と、利益が上がる国に、採用されるのか、企業の思考がもしれない。

多国籍の企業になるのが、日本企業かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-23 06:50 | 暇つぶし批判
酷いことだ。投稿した人が、酷いのだ。
自分の作品も作ったことがないのか。

知っていて、行ったのではないか。

新聞社も、知らなかったも問題だが、
投稿するのは、人の作品でするのが問題。





「20日付の産経新聞の1面で、読者投稿の詩が掲載される「朝の詩(うた)」欄に、書家で詩人の故・相田みつを氏の作品「肥料」が、茨城県の71歳男性の作品として掲載されていたことが、21日までに分かった。題名こそ「じぶん」と変えられていたが、
詩の本文は一字一句同じもの。産経新聞社は20日、相田氏の作品を管理する
「相田みつを美術館」(東京都千代田区)に謝罪。21日付の同紙に「おわび」を掲載した。
詩集「にんげんだもの」などで没後なお人々の心をとらえてやまない相田みつを氏の作品が、読者投稿の作品として新聞の1面に“採用”されてしまった。

 問題の作品は、20日付産経新聞の題字の真横に掲載された。題名は「じぶん」。
投稿者は、茨城県に住む71歳の男性で紙面には姓名も記されていた。

 掲載された詩は「苦しみも悲しみも自分自身の肥料になる」という内容で、
改めて読めばいかにも“相田みつを風”。それもそのはず。
相田氏が亡くなる前年の1990年に発表した詩「肥料」と、改行から仮名遣いを含めて、そっくりそのままだった。
詩が掲載された20日中に、産経新聞社や相田みつを美術館に「相田氏の作品では」との問い合わせがあり、この作品が相田氏のものと判明。産経新聞では、作品を管理する同美術館に謝罪した。
産経新聞広報部によると、「朝の詩」担当者が同日、投稿者の男性に直接会って話を聞いたところ、男性は「(相田氏の作品だとは)全く知らなかった。
悪意があったわけではない」と意図的な盗用を否定。
「自分の家族が相田氏の作品を写したものを見て未発表の作品だと思い、
家族にも伝えずに勝手に送ってしまった」と説明し「結果的にこういうことになり申し訳ない」と謝罪したという。
また選者の詩人・新川和江さんは、同社から連絡を受け、
相田氏の作品だとは知らなかったとして、遺憾の意を示していたという。
同社は21日付紙面で「おわび」を掲載。「じぶん」と「肥料」が「全く同じものでした」とした上で「相田みつを美術館ならびに相田氏関係者各位に、多大な迷惑をおかけしたことをおわびするとともに、この詩を取り消します」としている。」


自分の才能がない人が、投稿する人が多いのかもしれない。
真似るもいいが、自分で考えないと問題。

読むのと、作るのでは違う。

最近は、新聞記者の他社の新聞記事利用して、記事を書いた話があるが。
問題であるが、難しいのは、知られる記事は、紹介は、必要だ。


「相田みつを氏の作品「肥料」」を読んでみたくなった。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-06-22 11:45 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2