四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 53 )   > この月の画像一覧

中国は、犯人を捜そうとしないのだから、今後は、日本が悪いというので、
終わるのだろう。
今後、日本は、中国製品、中国生産物の買わない運動すればいい。
毒のある食材など、どこの国も買わない。

今後は、食品は、中国産は、買わないことだろう。
他人のせい、他国のせいにするならば、日本は、中国から品、買わないことになる。


「中国製毒ギョーザ事件は、中国当局が日本での混入を示唆したことで、中国のネットで「日本人の仕業」と非難の大合唱が起きている。取材で違法行為をした共同通信記者まで、犯人に祭り上げられる始末だ。しかし、中国側が根拠とした「農薬通す袋」の主張に、関係者から疑問の声が上がっている。 共同通信記者を犯人に祭り上げ これまで協力的に見えた日中捜査当局の間に、突然亀裂が入った」

毒入りの生産物は、中国でうればいい。

日本は、中国以外で、生産物を買う時代になる。

今後は、楽しみだ。
中国製、中国産は、日本人は、毛嫌いすることだろう。

韓国の品が、韓国、ベトナム、インド、東南アジア、で、食を生産、買うことだろう。
時代は、中国からは、買わないことがいい。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-29 21:33 | 暇つぶし批判
どうも可笑しいと、思った。全ては、シャープが、価格の維持するために、仕組んだのではないか。

任天堂に売り込みで、他社に取られて、液晶の原価が、激減するからだろう。

「人気携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」向け小型液晶の納入を巡り、シャープ(大阪市阿倍野区)と、日立製作所子会社の日立ディスプレイズ(東京都千代田区)の2社が価格カルテルを結んでいた疑いが強まり、公正取引委員会は28日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで2社の本社などを立ち入り検査した。06年12月にテレビやパソコン用の液晶での国際カルテル疑惑が浮上したが、その調査の中で、今回のカルテル容疑が発覚したとみられる。

 関係者によると、DSの製造元の任天堂(京都市南区)は、04年12月の発売当初、シャープ1社から調達していたが、05年2月に日立ディスプレイズも加えた。日立ディスプレイズは低価格を提示して納入に成功したとされるが、任天堂からの価格引き下げ要求に対し利益を確保するため、値下げ幅を抑えるためにカルテルを結んだとみられる。シャープ製は全体の約7割を占めていた。

 公取委は06年12月、テレビやパソコン用TFT(薄型トランジスタ方式)液晶パネルの販売で、国際的な価格カルテルが結ばれていたとして、韓国の公取委や米司法省などと連携。シャープやセイコーエプソン(長野県諏訪市)、サムスン電子(韓国)、友達光電(台湾)など約10社に営業資料などの報告命令を出している。

 シャープは大阪府堺市で、大型液晶パネルを製造する新工場を09年度から稼働させる予定で、液晶事業の強化を図っている。ソニーと合弁会社を設立し、共同生産する。日立ディスプレイズの親会社・日立製作所は、松下電器産業などとパネル事業で提携する方針を固めている。」


ソニーに提供する意味も、シャープの液晶の下落防ぐのと、独占状態にする方法なのかもしれない。

安い液晶の会社が、繁栄するのが、時間の問題。
何処の会社が、格安、液晶を提供して、利益が得られるか。

液晶テレビの、値段は、安くなることは、確かだろう。
今後シャープ以外の液晶テレビが、売れるかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-29 10:13 | 暇つぶし批判
速くしないのが可笑しいものだ。家族で、携帯は、無料通話が、本当だろう。
今まで、儲けすぎたことだろう。

すべて携帯は、家族の中で、無料は、正しいことだ。

「NTTドコモは6月1日から、携帯電話のネット接続サービス「iモード」の基本使用料を現行の月210円から同315円に値上げする。KDDI、ソフトバンクモバイルの同様のサービス料金にそろうことになるが、値下げ合戦が目立つ業界では異例の値上げ。4月からの家族間通話の無料化による減収を補う狙いがありそうだ。

 家族間の無料化による減収見込みは年800億円だが、iモード値上げの増収効果は年換算で600億円弱。ただ、無料化の対象はFOMA端末だけだが、値上げはFOMAとmovaが対象だ。 」

大変なのは、ウイルコムなどかもしれない。
モット、安くしないと、生き残れない。
いずれ、携帯電話会社の中で、無料の時代が来る。
携帯電話は、契約制の時代だ。

通話料金で、利益、上げる時代は、終わっただろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-28 20:27 | 暇つぶし批判
ガソリンは、また、上がると、大変なのは、庶民、地方だろう。
困ったことだ。
道路をつくるより、生活が赤字になれば、道路などいらない。
物、人が道路使わないから入らない。

「石油元売り最大手の新日本石油は27日、3月出荷分のガソリンの卸価格を2月に比べ1リットル当たり3円引き上げると発表した。灯油や軽油など石油製品全体では平均2円の値上げで、油は1~2円上がる見込み。ジャパンエナジーも同日、平均3円値上げすることを決めた。値上げはそれぞれ2カ月連続。1バレル=100ドルを突破し最高値を更新した原油の調達コストは円高の影響で下がったが、前月までの引き上げ分が店頭価格に転嫁されていないため、差し引きで値上げとなった。

 ただ、店頭価格は相次ぐ値上げによる消費者の買い控えの影響で逆に値下がりしており、転嫁が進むかは不透明だ。

 新日石によると、2月の原油調達コストは1月に比べ0・3円低下したが、店頭価格の下落で平均2・3円の未転嫁分が発生したことから差し引き2円の値上げになるとしている。なかでも競争の激しいガソリンの未転嫁分は平均3円に達しているという。

 一方で、石油情報センターが27日発表した価格動向調査(25日時点)によると、レギュラーガソリンの全国平均店頭価格は先週に比べ1リットル当たり0・3円安の151・8円となった。値下がりは、昨年12月に1987年の調査開始以来の最高値となる155・5円を記録して以来10週連続。

 出荷価格の引き上げにもかかわらず、店頭価格が下がり、未転嫁が拡大しているのは、史上最高値を更新して以降、消費者の買い控えが一気に加速し、販売量が落ち込み、販売店での価格競争が激化しためだ。

 新日石の2月のガソリン販売量も、26日までで前年同期比2%減と低迷しており、今後も「2~3%の下落が続く可能性が高い」(中村雅仁常務)とみている。

 3月の店頭価格については、元売り各社の卸値引き上げで再び上昇に転じる可能性もある。ただ、需要が減退するなか、販売量を何とか確保したいという値下げ圧力も一段と強まっており、史上上最高値を更新する可能性は低そうだ。 」

道路より、問題なのは、ガソリン税、無くさないと。
日本経済は、すべて、物価だかになる。

金利が上がらない、インフレでもないのに、物価が上がる。
今後、地方に行くのは、車で行かない時代になるのではないか。

高速料金を下げても、ガソリン代で、車の旅行は、大変だろう。
ガソリン以外の、車が、必要な時代だろう。


国会議員、総理大臣、大臣、官僚、公務員も、交通費は、廃止して、自腹にするべきだ。
そしたら、道路の作るより、生活に、響く。
国会の食堂も廃止するすべては、自腹。
庶民の飲食店と、ガソリンの上がる物流の経費、のせるべきだとすることだ。
公共の食堂は、倍に料金上げるべきだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-28 07:42 | 暇つぶし批判

誰も見ない。

視聴率が、悪い番組、続編があるのか、可笑しい。
最低、20%超えないと、無理ことだ。
酷い視聴率の番組、また、見る人はない。

「放送中のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」が続編制作の方針であることが26日、分かった。この日、東京・渋谷の同局でヒロインの貫地谷しほり(22)と次回作「瞳」の榮倉奈々(20)のバトンタッチセレモニーが行われ、貫地谷は「ぜひ、ぜひ」と意欲を見せた。

 貫地谷から扇子と手ぬぐい、榮倉からはキャップとパーカーとそれぞれ、ストーリーにちなんだプレゼントを交換しあった2人。先輩の貫地谷は「とにかく寝ること」と長丁場を乗り切るコツをアドバイスしたが、続編の話を聞くとはちきれんばかりの笑顔。

 番組の遠藤理史チーフプロデューサーは「シリーズかスペシャル版になるかは分からないが、やってみたい」と既に調整中であることを明かした。過去の朝ドラで続編が作られたケースは、「私の青空」(2000年)や「ちゅらさん」(01年)があるが、放送中から続編が検討されたのは初めてだ。」

落語の話で、内容がない話。
変な、妄想のドラマである。

「ちゅらさん」の再度、再度続編が、見たい。
楽しいドラマであった。

「ちりとてちん」は、前回のと同じ、大阪の話と、葬式の場面。
死んだ人の話か、その経過。
朝から、葬儀の話は、暗いものだ。

セットも、何時も、何時も。落語の家の設定。
大阪では、落語の修行は、色々な師匠に行くというが、教えて貰う、屋敷は、場面はないのが
可笑しいことだ。
兄弟子か、兄弟弟子に教えるのもないのか。

もっと、いいドラマの続編を放送して欲しい。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-27 12:25 | 暇つぶし批判
トヨタは、アジアで、売れているのか。
世界の市場は、アジアだ。
アメリカは、停滞のなか、現状の維持か。

「トヨタ自動車は26日、1月の世界販売台数が、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループ合計で前年同月比4・5%増の70万3987台だったと発表した。2007年の販売台数が米ゼネラル・モーターズに約3000台及ばなかったトヨタだが、08年は世界一奪取に向け順調なスタートを切った。

 トヨタ単独の地域別台数を見ると、25・3%増の約12万4000台となったアジアが全体を押し上げており、特に中国は59・0%増と著しく伸びた。中近東も32・2%増で、新興国と資源国での好調ぶりを示した。

 一方、北米は小型車「カローラ」がモデルチェンジを迎えた影響で1・9%減。ロシアは41・2%増と大きく伸びたが、西欧の落ち込みが響いて欧州全体では3・0%減少した。 」


今後は、とごまで、台数が売れるのだろうか。
戦略間違える、停滞することだろう。
アジアの時代なのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-27 07:23 | 暇つぶし批判
支持率の調査は、面白い。
テレビの見方、会見、仕事で、評価しているものだ。
正しいかもしれない。
いつ、福田下ろしがあるのだろう。
自民党が崩壊する前に、総理交代か、総選挙だろう。


「今回の合同世論調査で、福田内閣の支持率が低迷している背景を探ると、これまで支持率を支えていた高齢者や女性の福田離れが進んでいることに加え、政策面でも経済政策を中心に厳しい評価が目立ったことが挙げられる。「ねじれ国会」の政権運営の困難さは理解されているものの、福田康夫首相のリーダーシップが国民に見えないことへの不安が数字に表れた格好だ。
60歳以上の高齢者の福田内閣に対する支持率は35・6%、女性の支持率は31・1%で、どちらも昨年9月の福田政権発足以降、初めて3割台に落ち込んだ。特に60歳以上の女性は、これまで他の年代・性別の支持が低迷する中、一貫して5割以上の支持率を維持してきたが、今回の調査で39・2%にまで急落した。年金記録問題や中国製ギョーザ中毒事件など生活に密着した問題への対応のまずさが原因のようだ。
また、福田内閣の経済政策を「評価する」とした人は15・3%、外交政策は23・6%といずれも低迷。経済政策については、政権発足直後の調査で36・2%が「期待する」と回答したが、株価の低迷や原油高などで半分以下に落ち込んだ。」

経済政策なと、知らないのが福田政権だろう。
株が下がっても、他人事。
3月は、決算の時期。
今のまま。13千円台の株価だと、企業は、資産が赤字だろう。
そのことも、知らないのだろう。
儲かっている企業も、為替と、自社の株、他社の株で、赤字。
知らないのが、面白い。総理大臣は、経済、音痴でも、できるものだ。

不安な総理大臣は、挿げ替えか、首がいい。
別人のか、安心ではないか。


「政策面の評価が低いことについて、福田首相が「ねじれ国会」のため思い通りの政策を実現できず「気の毒だ」と回答した人は49・0%と一定の理解は得られているが、「政治力がある」とする人は24・8%、「日本のかじ取りを任せられる」とした人は16・1%にとどまった。無党派層の支持率は17・1%と政権発足以降初の1割台、自民党支持層の支持率もこれまでの7割台から5割台(57・2%)となった。
舛添氏、72%が評価
合同世論調査では、最近言動が注目されている政治家についても評価を尋ねたところ、国会議員では年金問題や食品安全問題で期待のかかる舛添要一厚労相が7割を超える高い評価を得た。
舛添氏を「評価する」と答えた人は、72・3%で、今回調査した国会議員11人の中で最も高かった。最近、講演や視察などで“活動”を再開させている小泉純一郎元首相が57%と続いた。」


総理が酷くても、仕事していると、正しく評価される。
しかし、あの酷い労働厚生省、誰がしても、舛添さんより、できる人は、
民主党の年金の専門家でないと、無理だろう。




 「ポスト福田の一角を占める麻生太郎前自民党幹事長も52・9%と半数以上が評価を寄せた。だが、民主党の小沢一郎代表は26・5%にとどまった。

 イージス艦と漁船の衝突事故で、野党から辞任要求が出ている石破茂防衛相も43・1%が「評価する」と答え、「評価しない」を上回った。

 知事では「宮崎のセールスマン」を自任する東国原英夫宮崎県知事は「評価する」が85・2%と高い数字を獲得した。弁護士で全国最年少知事、橋下徹大阪府知事は「評価する」が42・5%で、今月知事に就任後、まずまずの滑り出しとなった。」


サミットまで、福田さんで、日本は、大丈夫なのだろうか。

自衛艦の漁船の衝突事件、毒入り餃子事件、国土交通省の私腹を肥やすやから、カゾリン税の無駄遣い。
また、何か、出てくる事件に対処できるのだろうか。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-26 05:19 | 暇つぶし批判
不適切な発言は、難しい。

海上自衛隊イージス艦の衝突事故は、
漁船の生存者が、解らないというのは、言葉には、難しい。



「タレントの中川翔子(22)が24日、TBSの生放送番組「サンデー・ジャポン」に出演、海上自衛隊イージス艦の衝突事故で行方不明となった「清徳丸」乗組員の父子2人を死亡者扱いする不適切な発言があり、自身のブログで謝罪した。

 事故の話題に及ぶと「絶対避けられるべきだった事故」と言及。「2人とも死ななくて済んだはずなのに、こんなことになるなんて」と続けた。番組の最後には自ら「感情が高ぶって発言をしてしまいました。一刻も早く行方不明の方が見つかることを祈っています」と謝罪。ブログには「生存して無事に戻ってくることを願いたいです。申し訳ありませんでした」とコメントを更新した。

 最近では倖田來未(25)の“羊水発言”など芸能人の失言が取りざたされていただけに、インターネット掲示板「2ちゃんねる」では批判などの書き込みが続出。「批評家でもないタレントにこの種のコメントを求めるのはおかしい」と番組を批判する声も多かった。

 先日は、日本テレビの朝の情報番組「ズームイン!!SUPER」が番組表に「石破大臣に遺族怒り」と2人が死亡したかのようなタイトルを打った。笹川尭(たかし)衆院議院運営委員長も20日に「恐らく生存の可能性はない」と述べ問題となった。」


倖田來未(25)さんの事とは、違う、不適切な発言だろう。
しかし、難しい。

新聞を見て、よくよく、判断することだろう。
安易に事は、言わないのが、本当だろう。

海の底から船の回収することで、その結果がわかる。
海底千メートルは、あるのだろうか。

一瞬の海底の底に落ちたと言う事か、今後は、回収の結果だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-25 07:07 | 暇つぶし批判
正しいかもしれない、株主は、会社が没落して、株券が消えると、配当、資産もない。
ヤフーの拒否は、維持できる案、それ以上発展する案がないと、
別の株に、乗り換えることだろう。
経営陣、変えるか、対策かないと。

正しい。

「米マイクロソフト(MS)による買収提案を拒否している米インターネットサービス大手ヤフーの株主である年金基金2団体が、ヤフーと同社の取締役会を相手取って訴訟を起こしたことが22日分かった。他社との提携を含めた対抗策を模索するヤフーから株主の離反が相次げば、MSによる取締役追放を狙った「委任状争奪戦」も現実味を帯びそうだ。
 訴えたのはミシガン州デトロイトの警察・消防職員向けと自治体職員向けの年金基金。ロイター通信によると、ヤフーがMSの提案を拒否し、代替案を検討していることを
「株主利益にならない」と追及している。
 ヤフーは今月、1株当たり31ドルというMSの買収提案を「過小評価している」と拒否し、これに対抗して米ニューズ・コーポレーションとの事業統合などを検討しているとされる。MSは買収価格の引き上げに応じる気配はなく、「(買収に)必要なあらゆる手段をとる」として、他の株主の賛同を得て取締役の交代を迫る委任状争奪戦の準備を進めている。
 一方、MS幹部は22日、社員向けのメールを通じ、ヤフー買収に成功した場合でも、大規模な人員削減の予定はないと表明。「ビジネス機会は多く、優秀な人材を必要としている」と重複部門もリストラしない考えを示し、両社の社員の不安解消を目指している。」


日本も、株主は、厳しく評価するが、会社の発展になるのかもしれない。
経営者の個人的で、買収拒否は、後々、会社は、没落するのだろう。
経営者の能力があれば、維持から発展する。
買収は、少ない。

経営が、悪いのが原因だろう。
ヤフーは、暴落するのかもしれない。
大株主が、売るか、持ち続けるか。
それで、会社の経営者が解るのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-24 08:10 | 暇つぶし批判
今まで、考えなかったのが可笑しい。
ソニーとシャープが液晶パネル拡大か。
生産の能力は、凄い。
世界に売るには、韓国の所では、無理だろう。
今まで、妥協しなかったことが問題なのだろう。
日本で、作り、世界に売る。理想。


 「ソニーはシャープからテレビ用の液晶パネルを調達する方向で最終調整に入った。2008年度にも購入を始め、テレビに組み込み世界で販売する。ソニーは韓国サムスン電子との合弁会社からパネルを購入しているが、薄型テレビの世界需要が急増しているため方針を転換。調達先を広げて量の確保とコスト削減につなげる。ソニーがシャープと組むことで、競争が激化する薄型テレビの業界再編がさらに加速する。

 液晶パネルを巡っては昨年末以降、松下電器産業―日立製作所―キヤノンの3社が連合を結成。連合から離脱した東芝がシャープと組むなど、提携組み替えの動きが広がっている。ソニーがシャープからの調達に踏み切ることで、日本のテレビメーカーによるパネル調達の構図が固まり、国内パネルメーカーはシャープと松下連合の2陣営に集約される。」


液晶テレビも、普及させるには、色々策が必要だろう。
まだ、売れる液晶テレビである。
生産能力と、価格。
世界に知られる、販売力のソニーと、液晶の元祖。

安くなるといい。買い替えの時期は、液晶の寿命の時か。
改善の時。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-02-23 07:24 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2