四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 55 )   > この月の画像一覧

凄い量だ、餃子も、安い、美味いは、すべて、中国の品かも。
素材もすべては、農薬が入っているのかもしれない。
中国で、野菜、肉は、買わない、作らせないことだろう。

東南アジアに生産地、変えるべきだ。

「千葉県などで中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を起こした問題で、厚生労働省は30日、製造した中国河北省の「天洋食品」から、ジェイティフーズ(東京都品川区)を含む3社が過去1年間に冷凍ギョーザを約1300トン輸入していたことを明らかにした。
 厚労省は同日、安全が確認されるまでの間、問題の冷凍ギョーザと同一製品の輸入を認めないよう全国の検疫所に指示した。また、都道府県を通じて、輸入実績がある国内の業者に同一製品の販売を中止するよう求めた。
 同省によると、今月28日までの過去1年間、ジェイティフーズが約1230トンの冷凍ギョーザを天洋食品から輸入。「日協食品」(東京都中央区)も約43トン、「ワントレーディング」(大阪市中央区)も約33トン輸入していた。」

安い餃子は、食べられない時代になる。
それとも、海外で生産は、よくないのかもしれない。


表示が問題だろう。
中国品は、すべて、怪しい時代か。
細かく表示が必要。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-31 17:27 | 暇つぶし批判
 焼酎も上がるのか、原油か、原料が高いのか。
疑問でもある。

全ては、原油が問題なのかもしれない。

「宝酒造(京都市)は29日、麦・芋焼酎や、中国から輸入した紹興酒を6月から40~125円値上げすると発表した。原料や原油価格の高騰が理由。米焼酎の価格は据え置く。価格が高騰している大麦を使った本格焼酎「よかいち」〈麦〉(1800ml入り)は1548円から1673円(参考小売価格)と最大の値上げ幅となり、97年の発売以来酒税以外の理由による値上げは初。 」

物価が上がるのは、可笑しいことだ。インフレでもないのに、デフレが終わったのでもない。
全ては、原油の対策しないからだろう。
無駄な原油を別の燃料に変える政策、怠っていたのだろう。
太陽発電、風力発電、海水発電、など、原油が使わない方法に、援助しない国が悪いのだろう。
焼酎が上がると、庶民は、怒るだろうな。
ビール、酒より、飲む人が多い。

物が上がらない、維持させるのは、内閣の力がないからだろう。
ガソリン税の道路建設しか、考えない内閣なのだから。
焼酎など、眼中にないのだろう。
庶民、国民の事など、考えない政府になった。

アルコールが売れないと、居酒屋も人が入らない。飲食する人が、
街角にか消えるのではないか。

飲食店の料金の上がることだろう。
外食は、しない時代になるかもしれない。
焼酎、アルコールが上がると。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-29 21:23 | 暇つぶし批判
 海外と、違うのか。
マクドナルド?
残業の問題の裁判と、社会に貢献するものとは、国によって、違うのだろうか。

「英政府は28日、ファストフードチェーンのマクドナルドなど3社に対して、大学入学資格を得るための“科目”の一つとして認定される社内研修コースの設置を許可すると発表した。

 進学を目指す高校生らにとっては学校での授業のほかに科目選択の幅が広がることになるが、企業内部の試験結果を入試の選考基準の一つとして認めるかどうかは、大学側に決定権がある。

 一部の大学は既に受け入れ拒否を表明しており、進学資格をめぐる“産学連携”の定着には時間がかかりそうだ。

 英メディアによると、マクドナルドでは今後、経営を学ぶ基礎コースを設け、従業員らがチェーン店管理やサービスの技術などについて学べるようにする。

 同様のコース設置が認められたのは、航空会社フライビーと鉄道インフラ管理会社ネットワーク・レール。フライビーは夏から、客室添乗員や技術者養成などのコースを提供する予定。

 英国では大学志願者は通常、18歳ごろに全土で行われる複数科目の試験を受験。結果が内申書とともに志望大学に送られ、選考の基準となる」


従業員の研修は、お客様のためにするのではなく、会社のためである。
社員のために、残業の問題は、解決することが、必要。
本当に、日本のマクドナルドは、経営の基礎、教えているのだろうか。
勝手に行っている、幹部がいるのではないか。

店長も、会社に意見書、出さなかったのだろうか。
裁判所で、戦うものではない気がする。
経営の基礎コース、作っているならば。
日本の会社は、基礎コース、してない気がする。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-29 07:12 | 暇つぶし批判
ふ、ふ、2050年とは、福田さん、死亡しているのではないか。
何十回忌している年ではないか。
生きてない者が、軽率に、案を出す。
2050年の総理大臣は、怨むだろう。
無理な事をと。

「福田首相は28日の衆院予算委員会で日本の長期的な温室効果ガス削減目標について、
「我が国として2050年に半減する。20年もしくは30年の間に(排出量をマイナスに転じる)ピークアウトする」と述べ、日本が50年に排出量を半減させる方針を初めて明らかにした。

 政府は、昨年5月に発表した地球温暖化対策の基本方針「美しい星50」で、
「50年までに世界全体の排出量を半減」とする長期目標を提唱したが、
日本としての具体的な目標には言及してこなかった。

 首相は「他の国が半減できない時は、日本が頑張らなければいけないこともあるかもしれない」として、削減目標上乗せの可能性にも言及。
鴨下環境相は「50%は最低ラインと考えている」と述べた。

 温室効果ガス削減については、気候変動枠組み条約締約国会議(COP)などで、京都議定書(08~12年)に続く13年以降の取り組みが議論されている。

 首相としては、議長を務める7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)を念頭に、温室効果ガス削減に積極的な姿勢を示し、国際交渉で主導権を発揮する狙いがあると見られる。」

老人が、勝手に、案を出して、責任は、ないのだろうか。
7月のサミットでも、変な事、決めるか、抽象的にするか。
議長の能力あるのだろうか。

どんな対策をするのだろうか。
税金でも取るのだろうか。
環境の税金。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-28 20:47 | 暇つぶし批判

凄い、視聴率だ。

凄い、誰でも見ているのだ。
相撲は、面白い試合だと、見るものだ。
34.1%とは、凄い。

「横綱相星決戦となった27日の大相撲初場所千秋楽(NHK総合、午後5―6時)の平均視聴率が、関東地区で24.4%、関西地区で19.1%だったことが28日、
ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高視聴率は、白鵬関と朝青龍関による結びの1番の午後5時29分に34.1%(関東地区)を記録した」


NHKは、最近、視聴率が、悪いから、面白い試合だ、見る。
庶民は、解るものだ。

朝青龍が勝っていたら、相撲は、見なくなるだろうな。
際どいところだったろう。
朝青龍も、変な占い師のことは、聞いて、親方の言う事を聞かない。
そんな相撲部屋に、誰も興味がないものだ。
朝青龍が勝っていたら、怖いことだ。


酷いプロ野球など、見る人もいない。

朝ドラも、酷いのは見ない。
大河ドラマの酷いと、見ないものだ。


テレビ局も、視聴率が悪いのは、直ぐに、打ち切りするのがいい。
10%も行かないドラマは、打ち切りがいい。
アニメは、海外に売れるから問題ないが。
ドラマで、視聴率の悪いは、女優、俳優、事務所を食わすだけである。


視聴率は、正しい評価である。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-28 18:54 | 暇つぶし批判
怖いことだ、日本に落ちない事を祈りたい。
考えてみると、衛星は、打ち上げているのが多いのだから、落ちるも当たり前。
処分する方法、考えるべきだろう。
宇宙空間。

「27日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、制御不能となった米国の偵察衛星が2月下旬から3月上旬にかけ、地球に落下すると報じた。燃料として毒性が強く発がん性も指摘されるヒドラジンが積まれているが、落下場所は不明という。

 同紙によると、この衛星は2006年12月に打ち上げられた直後、地上からの遠隔操作ができなくなっていた。燃料はほとんど使用されずに残っているという。

 国家安全保障会議(NSC)のジョンドロー報道官は「衛星が引き起こしかねない損害を軽減する方策を検討している」とする一方で、冷静な対応を呼びかけた」

地球の宇宙空間は、いずれ、ゴミの空間になるだろう。
処分しないだろうから。
衝突もあえるかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-28 04:11 | 暇つぶし批判
福田総理の演説は、解らない。
対策出すのだろうか。
現状認識したのだろうか。



「現状を過度に悲観することなく、同時に我々は緊急に対応する意識を持って、各国が必要な対策をとることも大変大事です。
サブプライム問題の解決に向けて、「バブル経済」崩壊の際の日本の苦い経験から言えることは、「素早い対応」と「金融機関の資本の毀損(きそん)による信用収縮を未然に防ぐこと」の重要性を考えて頂きたい。
このような観点より、各国の財政・金融当局の努力に敬意を表します。主要国の財政・金融当局は、最近の金融市場の混乱の要因を分析し、
中長期対策についての検討を急いでおり、2月のG7でも議論される見込みです。 」

2月のG7に任せることなのか。



「 日本経済については、バブル崩壊以降、長い停滞状態にありましたが、民間の活力を伸ばすため、思い切った改革を断行してきています。企業も精力的な経営改革を行い、日本経済は、財政出動に頼らず、長期にわたる緩やかで着実な成長をとげています。
金融システムについては、主要行の不良債権比率が1.5%まで改善しました。
不良債権問題は正常化し、金融安定化に成功しました。現在、我が国の主要な金融機関は健全な財政基盤に立っており、資金供給は円滑です。
また、我が国銀行等のサブプライムローン関連商品の保有額は限られており、
我が国への影響は限定的です。 」


日本には、影響ないというが、野村證券が酷い損失、
他の銀行のぼろぼろで、サブプライムローン関連商品で、損失が出ている。
3月の決算で、暴露されるが本当だと思う。
年金とか、国の資金も、サブプライムローン関連商品に投資していることがないように、
願いたいが、全ては、損が少ないのか、解らないのではないか。
対策が必要ではないか。
日本に金があるならば、アメリカに、支援することだろう。




「 しかし、世界経済の構造は大きく変化し、また、日本経済は、人口構成の高齢化、人口減少、少子化、様々な課題に直面しています。
私はここでもまた、課題はチャンスであると考えています。
国際化が立ち遅れている分野に正面から取り組む一方、質の高い労働力や協調を重んじる精神、環境分野の進んだ技術など、日本の強みをさらに伸ばすことによって、環境と共生しつつ成長を続けていくことは可能です。」


何がチャンスなのだろうか。
日本国民を増やす、移民か、海外労働者の増やす政策を取るのか。
対策は、何か、外国人労働者の優遇か、支援するかの対策するのか。

チャンスとは、何するのだろうか。
高齢者が多くなり、医療のかかり、介護する、産業労働者は、海外の人に頼るか、
海外の工場を移転するかない。
対策がない。



「そうした考えの下、私は、経済成長戦略を具体化し実行します。

 その一環として、対日投資、貿易手続き、金融資本市場の改革等の市場開放努力を一層進め、日本を世界とともに成長する国としていきます。
私は、このような経済社会における改革を継続することは、自国のためというだけでなく、現在の状況下では、国際社会における責務と感じています。」


海外に総理大臣が演説して、その内容が、策がないならば、意味がない。

会議に行くべきでないのではないか。
前回の森さんと同じ、末期の状況ではないか。

温暖化も、アフリカの支援も、不景気になってきた、日本経済に、
できるのだろうか。

日本も、サブプライムローン関連商品の対策をしないのだから。
野村證券の負債が一番最高とは、思われない。
地方銀行、信用金庫、政府金融機関、あると思うのだ。
日本の低金利に、飛びつくのが金融機関だと思うだが。
3月の決算で、解るものだ。
企業内部の不正で、サブプライムローン関連商品に投資している者もいるのではないかと思う。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-27 08:15 | 暇つぶし批判
日本人には、関係ない。
泊る人は、外人だろう。
神楽坂で、泊る人は、高級料亭か、芸者の姿見たい人かもしれない。
観光には、向かないだろう。

「『ミシュランガイド東京2008』はレストランだけではなく、ホテルも格付けしている。
東京都内の名だたるホテル28軒が初のリストに載る中、
客室数わずか50室余りのプチホテルが内外のラグジュアリーホテルに互して高い評価を受けた。
花街の風情を残す神楽坂に2000年にオープンした
「アグネスホテル アンド アパートメンツ東京」は独特のプライベート感の高さで外国人の固定ファンも多い。
 『ミシュランガイド東京2008』はホテルを5段階でランク分けしている。
家の形をしたマークの数が多いほど評価が高い。最高が5だ。
上位に外資系ラグジュアリーホテルの名前が並んだ。アグネスホテルの評価は「3」。
「4」を受けた帝国ホテルや京王プラザホテルなどに準じた評価を受けた格好だ。
海外のホテル会社と提携関係を持たない国内系ホテルで、
100室に満たない規模ながらランク入りを果たしたのはアグネスホテルだけだ。
 神楽坂の住宅地の一角に、アグネスホテルはひっそりとたたずむ。
地上5階・地下1階建てのこぢんまりした小体(こてい)なホテルだ。
 客室の構成は、最も多いダブルが36室、
ツインが8室、スーペリアが6室、スイートが5室
、最も広いロイヤルスイートが1室という計56室。
日本にスモールラグジュアリーというスタイルを持ち込んだ「ホテル西洋 銀座」の77室よりも少ない。
自ずとプライベート感は高まる。
 「アパートメント」という言葉がホテル名に入っている通り、
長期滞在型のサービスアパートメント機能も持つ。長期滞在客向けの部屋には、
家庭用冷蔵庫、キッチネット設備、調理器具、食器類、洗濯乾燥機も用意されている。
都心にはなかなかない設備と、家に帰ったような落ち着きが気に入って長逗留する外国人客も多い。
「住む」感覚で暮らせる都心のホテルは珍しい。千賀徹総支配人も公式サイトのあいさつで、
「既存の大型ホテルでは味わえない“住まう”感覚をお楽しみいただけるアグネスを、
神楽坂の街と同様に、お客さまのとっておきの場所にしていただければ幸いです」と述べている。
 サイトの情報公開は徹底している。すべての部屋の面積と間取り図面を公開しているのは素晴らしい。
納得して予約できるという意味ではぜひほかのホテルにも見習ってほしいところだ。
インターネット接続用のLANが全室に備わっているのも評価したい。
 1人で泊まる場合、ダブルが2万2000円(消費税、10%のサービス料含む、宿泊税別)、ス
ーペリアでも3万5000円と、
『ミシュランガイド東京2008』上位の外資系ホテルに比べればかなりこなれている。
スイートでも5万円で、外資系上位よりは安い。それでいて54平方mの広さがある。
 フレンチレストラン「ラ・コリンヌ」の笹嶋伸幸シェフはフランスの名店「タイユヴァン」で
ポワソニエ(魚料理担当)を務めた実力派。
隠れ家風のバー「K's バー」では毎週月~土曜にジャズの生演奏が楽しめる。
読書やおしゃべりにうってつけのティーラウンジは
自宅のリビングルームのようにリラックスできる空間だ。
最上階5階にある「ル・シエル」はプライベートダイニング・ルーム。
大河原正裕・総料理長が腕を振るう、完全予約制の個室レストランだ。
集まりの趣旨やメンバーの好みなどに合わせて、オリジナルのメニューを組んでもらえる。
個室の奥に専用キッチンがあるので、プライベートなおもてなしを存分に堪能できる。
 アパートメント棟の3階にはエステサロン「Vie Retreat(ヴィー・リトリート)」がある。
パートナーへのプレゼントとして予約を入れておくのは素敵なサプライズとなるに違いない。
1月に開かれた「ART@AGNES アグネスホテル アートフェア2008」は
今やアグネスホテルの風物詩となった感がある。
約30軒の現代美術商が出展し、ホテルの部屋に現代アートを展示・販売するイベントだ。
2004年の初開催以来、美術ファンが開催を心待ちにする企画として浸透してきた。
 客室のベッドに作品を載せたり、彫刻をインテリアのように並べたり、
ホテルならではの動きのある展示スタイルも話題を集めた。
 神楽坂はかつての花柳界の風情を今に受け継ぐ。
石畳や板塀などの残る路地をそぞろ歩くのは、この地ならではの粋な愉しみ。
そして、宿に戻れば、欧風のプライベート空間。このかけ離れた往還はどうも癖になりそうだ。」

日本で、一番変化していく町、知らないと、日本に来た今がない。
神楽坂で、泊る人は、知らない人だろう。

秋葉原に凄い高級なホテルでも、出来たら、外人は、泊るだろう。
新宿、銀座、交通ベンのいい品川のがいい。
知らない人は、神楽坂に行くのだろう。

日本人は、関係ないホテルは、誰も興味がないものだ。
安い、ホテルが、繁盛するのだと思うが。
神楽坂、浅草は。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-27 07:50 | 暇つぶし批判
笑うが、首になるのは、酷いものだ。
携帯の音は、人の声は、危険だ。

「2008年1月25日、江蘇省南京市に住む若い女性・劉(リウ)さんは携帯電話の着信音が原因で会社をクビになった。地元紙「南京晨報」が伝えた。

劉さんが働いている会社の副社長はいつも部下を怒鳴り散らしている。ちょっとしたいたずら心から、彼女は昨年11月から副社長の怒鳴り声を録音。16回分の録音を編集し、“愉快な”携帯電話の着信音を作った。「これを聞くと、会社の仲間は大笑いするの」と彼女。ある日、会社で彼女の携帯が鳴った。偶然そばにいた副社長は自分の怒鳴り声を聞いて激怒。12月15日、劉さんとの継続雇用契約を取り消すという人事部の通達があった。そればかりか、年末ボーナスも支給されないという」

怒る上司は、何れは、首にされるのだろう。
こんな企業は、日本だと、潰れる。
社員も社員だが、酷い怒り方なのだろう。

録音されるというのは、怒る事しかない。仕事は、怒る事なのだろう。
管理職の問われることだろう。
社会主義だからなのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-26 23:58 | 暇つぶし批判
事務所も、人材がいのいのか、パソコンで言うと、中古の商品、集めて、
商売になるだろうか。
新人を探さないと。

キムタクみたいな人間、育成しないと、
先がない。

「女優、大竹しのぶ(50)が、大手レコード会社、エイベックスとタレントマネジメントの専属契約を結ぶことが25日、分かった。関係者によると、現在所属している芸能事務所を2月いっぱいで辞め、4月1日から新天地で心機一転、芸能活動をスタートさせる。移籍は、大竹が新たな挑戦として掲げる海外進出への絶好の機会となりそうだ。


 関係者によると、大竹は2月末で所属事務所のシス・カンパニーを退社。現在はエイベックスと契約に向けて交渉を進めており、2月中に契約を締結。4月1日から新天地で活動を開始する。

 若い役者やスタッフらに刺激を受けながら仕事をするのが好きな大竹は、前々からワールドワイドに活躍の場を広げたいと強く願っていたという。昨年3月にシス・カンパニーでの在籍期間が10年という節目の年を迎えたことで、その思いはさらに加速した。

 そんな大竹の目にとまったのが、エイベックスだった。同社はレコード会社のイメージが強いが、平成17年に映像事業本部、昨年6月に芸能事業部を立ち上げ、現場スタッフも20~30代が中心とフレッシュ。さらに、小雪(31)や高岡早紀(35)、歌舞伎の中村獅童(35)ら若手実力派俳優と次々に契約を結んでいることを知り、自ら同社に熱烈オファーをかけたという。

 エイベックスは昨年11月に北京支社を立ち上げ、海外を視野に入れた大作映画の製作に力を入れている。ある映像関係者は「娘から老女役まで演じ分けられる大竹の演技力は世界にも十分通用できる。同社の期待も大きいのでは」と分析。大竹にとって移籍は、海外進出への大きな足がかりとなりそうだ。

 大竹が現在所属するシス・カンパニーは、サンケイスポーツの取材に「2月末に契約を解消するのは事実」と移籍を認めた。5月10日に東京・世田谷パブリックシアターで初日を迎える公演「瞼の母」(演出・渡辺えり、6月8日まで)が同社との最後の仕事になる。

 エイベックスとの契約で、大竹がいろんな顔を見せてくれそうだ。」

曲も売れない、テレビも、段々視聴率が悪い。
映画も製作しないと、儲からない。
音楽事務所も、芸能事務所も、いい女優か、売れる女優、育てないと、先がない。
30歳代の俳優、女優が、売れるのだろうか。
脇役の使い捨てになるのが多い。

大竹さんも、自分で、事務所を開かないと、仕事もなくなる。
音楽事務所では、演劇公演も無理な事。


新人を見つけ出さないと、芸能事務所は、売れなくなる。

ハンドボールの美男子選手でも、事務所にいるのが、売れるだろう。
スポーツの選手は、いろいろ、使える、司会者、俳優、タレントになれる。

新しい新人の庶民は、興味がある。

記事になるのか、可笑しいことだ。
売らす方法なのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-01-26 11:04 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2