四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

信用できる医者なのか。

女医でも、タレントで、医者か、解らないのが、解らない分類だろう。
医大ても、いい医大だと、タレントなど、なる暇がないだろう。

珍しいのか、いい大学ではないのだろう。

慶応、東大とか、医大で、有名な所の医者は、芸能活動など、する暇がないだろう。


「「美人女医」としてテレビに頻繁に登場する西川史子(あやこ)さん(36)がエッセイ本を出版した。「年収4000万にこだわる理由(わけ)」(小学館)というなかなか挑発的な題名だ。結婚相手に求める条件だそうだが、「女性の本音」をいい続ける彼女らしいといえばそうだが。

「ブサイクは生きる価値なし」など物議かもす発言
2007年10月26日に一般書店で発売が始まった。「年収4000万円」のほか「ブサイクは生きる価値なし」など過去のテレビ出演で発言し「物議」をかもした言葉の「真意」や、自らの「コンプレックス」が語られている。

西川史子さんは本名だ。以前、お笑い界の大御所明石家さんまさんが素人女性たちとにぎやかな会話を繰り広げる日本テレビ系「恋のから騒ぎ」に出演していた。「芸歴」は8年間だ。TBS系のニュース・バラエティ「サンデー・ジャポン」で07年春に芸能界を引退した飯島愛さんの「後任」となるなど、現在テレビ3本ラジオ1本のレギュラー番組を抱えている。

事務所ホリプロのHPによると、ゲスト出演も多く07年10月のテレビ出演だけで20本近くに上っているという売れっ子ぶりだ。「美人で高学歴ゆえの高飛車キャラ」としてクイズ番組に出たり、「勘違い女、36歳独身負け犬キャラ」としてバラエティに出演したり、と様々な「扱われ方」をしている。

「枕詞」の1つは「美人」。ミス日本コンテスト事務局(東京)によると、西川さんは1996年度のミス日本のうち、グランプリに次ぐ特別賞(3人)の「フォトジェニック賞」に選ばれた。2,000人以上の応募があったという。西川さんが聖マリアンナ医科大(神奈川県)の6年生のときだ。

 医者の仕事では、現在、美容医療を中心とする松倉クリニック&メディカルスパ(東京)に勤務している。クリニックHPによると、「テレビでもおなじみ」「まだ若いが美容医療に並々ならぬ熱意を燃やす」「ヒアルロン酸注入に定評あり」と紹介されている。J-CASTニュースがクリニックに取材すると、西川さんは週に1日の勤務で、「手術はしませんという。普段はどんな人なのかと質問すると、電話口の女性は「私は(西川さんの)本が出ることも知らなかったぐらいですから」と答えるにとどまった。クリニックに勤務して「3年とちょっと」だそうだ。
無理に悪役を演じる気「さらさらない」


楽な医大なのだろう。
医者でも、必要な分野と、要らない分野があるのではないか。
同じ医者でも、分類別に医者、大学を考えるべき。


「 西川さんの著書によると「西川家はもともと医者の家系」。父親も神奈川県で整形外科を開業している。本の中で、結婚相手に年収4,000万円を求める理由について、祖父のお金の使い方の影響を受けたとして「今でも『お金を稼げないやつ=バカ』だと思っているところがある」「誰だって、自分が『バカかもしれない』と思う男と結婚したいとは思わないだろう」と書いている。
ちなみに厚生労働省が07年秋にまとめた開業医の院長年収は、賞与を含み平均2,500万円強だった。また、07年度のプロ野球選手の平均年俸(開幕時支配下公示選手、外国人選手除く)で見ると、球団平均4位の阪神4,539万円と5位ロッテ3,711万円が4,000万円周辺だった。年収4,000万円は、相当大変な額である。

ネット販売「アマゾン」で本「年収~」のカスタマーレビュー欄を見ると「どんだけの人間に影響を与え傷つけると思ってるの?(略)あんたの言葉を借りて反論するよ。あんたブサイクだから生きる価値ないよ!」という反発がすでに寄せられていた。

西川さんの発言は、一定程度の反発は確実に出そうな物言いだが、本の中で「すべて納得して口に出した言葉だし、あれはテレビ用でしたとか、本音ではありません―なんて言うるもりは毛頭ない」「かと言って、無理に悪役を演じようなんて気もさらさらない」と、本気発言であることを強調している。一方、ところどころで自分の「弱さ」についても触れている。

 西川さんの「毒舌」の背景にある真意を本の中で説明してもらう。その「毒舌」はやっぱり「女性の本音だ」と女性たちの共感を呼ぶ。そんな風に考えて出版を企画した、と本の発行元、小学館の編集担当者は明かす。男性たちも表面的な「毒舌」の裏にある女性の本音を知りたいという人がいるだろうと予測、「勿論反発はあるでしょうが」。

J-CASTニュースが07年10月26日、西川さんの近い親族の1人に取材した。この男性は西川史子さんについて「いたって普通の娘ですよ。普通です」と話した。挑発的なタイトルの本を出版したことについては「本人に任せてますので」。」

芸能活動してい、医者は、信頼がある医者なのか、怖い気がする。
内科、外科、いろいろあるが、勉強する時間が、あるのだろうか。
内科でも検査で、見落とす医者が多い、病気を見落とす、遺伝子治療も、すべては、
学ぶか、体験だと思う。
医者は、テレビに出る暇が無いのが、本当だろう。

優秀な医者の話。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-31 19:12 | 暇つぶし批判
どの議員が接待受けたのだろう。
これは、問題だろう。

政治生命が終わりになる。

「防衛商社「山田洋行」の宮崎元伸元専務から度重なるゴルフや会食の接待を受けていた守屋武昌前防衛事務次官は29日、証人喚問で実名の公表を拒んだものの、防衛庁長官経験者ら政治家を交えての接待が複数回行われていたことを明らかにした。守屋、宮崎両氏は政界に幅広い人脈を持つことで知られており、国防関係議員らは自らに疑惑が飛び火しないかと戦々恐々だ。

 政界では早くも、守屋氏が指摘した防衛庁長官経験者や政界関係者が誰なのか、“犯人捜し”が始まっている。

 「私は宮崎、守屋両氏とはゴルフにも行っていない。宮崎氏とメシを食ったことはあるが、守屋氏と一緒ではない」

 29日夜、東京・神楽坂の料亭前。麻生太郎前自民党幹事長、平沼赳夫元経済産業相ら「士志の会」に顔を出した久間章生元防衛相は記者団にこう釈明した。

 久間氏は防衛庁長官在任中の昨年12月、宮崎氏からスッポン料理店で接待を受けたことが発覚し批判を浴びた。それだけに200回以上もゴルフ接待を受けていた守屋氏を「友達のつもりだったのだろうが度が過ぎている」と突き放し、自らの潔白を強調した。久間氏は30日からは心臓のバイパス手術のため入院する予定だという。

 自民党内では「守屋氏と最も太いパイプを持つのは(元副総理の)山崎拓氏だ」(幹部)との声もあるが、山崎氏は沈黙を守っている。

 衆院テロ防止特別委員会で与党筆頭理事を務める中谷元・元防衛庁長官は国会内で記者団に問われ「山田洋行なる人物には一度も会ったことはありません」。別の長官経験者は「自分まで疑われるのは心外だ」と憤慨してみせた。

 福田康夫首相は29日夜、政治家名について「そのうちに分かるでしょう。まあ、政治家っていうのは人に会うのが仕事だからね」と記者団に語った。

 一方で公明党の漆原良夫国対委員長は「大きなショックを受けた。そこで終わってしまうのは残念だ」と記者団に語り、さらなる事実究明が必要との認識を示した。」


誰が、犠牲者になるか、大臣経験者は、深刻だろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-30 06:38 | 暇つぶし批判

本当の病気なのか。

本当の病気なのか、刑務所に入らない策かもしれない。

「久間章生元防衛相は29日夜、心臓の手術を受けるため30日から入院することを記者団に明らかにした。病名は「解離性大動脈瘤」という。

 久間氏は防衛相在任中、守屋武昌前防衛事務次官との癒着が指摘されている防衛商社
「山田洋行」の宮崎元伸元専務らと飲食を共にし、代金を支払わなかったことを認めている。
大臣規範に抵触するとして野党が追及する構えをみせている中での入院だけに、憶測も呼びそうだ。
久間氏は、診断を受けた医師から「破裂の危険性があり、
早く切除した方が良い」と言われたと説明、30日から予定していた海外出張も急きょ取」

「山田洋行」の宮崎元伸元専務から賄賂ても、貰っているのではないか。
今後の調べが必要。
入院しても、悪いことは、暴露される。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-29 22:25 | 暇つぶし批判

酷い官僚一族だ。

家族すべてが接待を受けているのか。
学歴もすべて、接待の中にあるのか。

防衛省は、酷い省である。
このような人間がいるから、私物化の
省になるのだ。

「防衛専門商社「山田洋行」(東京都港区)をめぐる不正支出疑惑に関与した疑いがある同社の元常務(70)らが昨年、守屋武昌・前防衛事務次官(63)の二女を、同社グループが支援する米国の名門大学の大学院に入学させるように大学側に求めていたことが26日、関係者の話で分かった。元常務らは、守屋前次官にゴルフや飲食接待を繰り返していた元専務(69)の側近で、守屋前次官への接待工作の一環で大学側に口利きしようとしたとみられ、家族も取り込もうとした工作の実態が明らかになった。

 この大学は、米ニューヨーク州にある名門校。米国の情報調査会社による格付けでも、上位にランクされている。山田洋行オーナーが行った100万ドルの寄付で奨学金基金が設立されており、日本人の大学院生に支給されることになっていた。

 関係者によると、昨年5月ごろ、元常務と、同社の米国法人「ヤマダインターナショナルコーポレーション」の当時の社長が大学の基金関係当局を訪れ、当時、米国に留学して語学学校に通っていた守屋前次官の二女について「大学院に進学させたいのでよろしく」と要請した。

 こうした要請は二女の意思とは直接関係なく行われ、大学側も守屋前次官の二女だという事実は認識していなかったとみられる。

 結局、二女の入学も決まらないまま、元常務らは同社を退社。独立して新しい防衛専門商社「日本ミライズ」を設立したが、残った山田洋行社員にはこうした事実関係は引き継がれなかったという。

 同年11月ごろになって大学側から山田洋行側に問い合わせがあって事実が発覚した。山田洋行側では、守屋前次官の二女への便宜提供とも取れる行為が発覚すれば問題化すると考え、「特別扱いはやめてほしい」と要請を取り消したという。

 守屋前次官の二女に対しては、同社の元専務らが留学の激励会を開くなどしていたことが明らかになっている。

 元常務は、インターナショナル社をめぐる不正経理や、訪米した防衛省幹部らに対する接待に関与していたとされる。」

この次女、退学させられないのだろうか。
ことによると、海外の渡航の経費も、この会社が出しているのだろうか。

酷いものだ。
官僚とは、家柄と勘違いしているのではないか。

まだ、家柄のが、資産があり、接待など、受けないだろう。
防衛とは、貧しい、金に汚い人、家族が多いのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-27 09:17 | 暇つぶし批判
騙されたのだろう。
この学校は、実績があるのだろうか。
受講生、教師は、自分の都合なのだろう。
金が、問題だろうが。

インチキな学校ではないか。


「NOVAの受講生は約30万人。支援企業が現れず、破産手続きに入れば、
受講生が前払いした授業料が全額戻ってくる可能性は低くなる。
 支援企業が見つかっても、教室の統廃合は避けられない。
最寄り駅では授業が受けられない人も出てくるだろう。
 そこで、名古屋高裁が9月に示した判決が判断基準になりそうだ。
名古屋市内の女性は伏見校に通っていたが、
06年3月に閉鎖、近くの栄校に統廃合された。
女性は、未消化の受講料分の支払いを求めて提訴した。
 語学学校は特定商取引法の指定業務で、
受講者側の都合での中途解約では最高5万円の違約金が発生する。
しかし、判決で名古屋高裁は、統廃合で契約通りに授業が行われなくなったと判断。
違約金を支払う必要はないとし、未消化分すべての受講料返還を命じた。
 消費者問題に詳しい池本誠司弁護士は「学校側の都合で授業が受けられなくなったのなら、
違約金を払う必要はない。解約時に不利益を被らないようにして欲しい」と話している。
 英会話学校では、高額の授業料を最初に請求されることが多い。
受講生の多くは信販会社とクレジット(信用販売)契約を結び、分割払いをしている。
分割払いのルールを定める割賦販売法では
、業者との間で契約が無効になった場合には、
消費者はクレジット会社からの代金支払い請求を拒む権利が認められている。
これを行使するには、書面で信販会社に通知する必要がある。
 経済産業省は26日、NOVAの破綻(はたん)を受け、
クレジット利用者を保護するようクレジット業界に要請した。
書面など消費者からの通知がなくても、NOVAの休業中は、支払い請求を止めることを求めた。 」

実績があれば、
支援する人、英語で、出世した人、富を得た人が、支援するだろう。
あんなに、受講生がいるのに、貰う事しかない、生徒、先生。
この学校が、インチキな学校なのだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-27 06:28 | 暇つぶし批判

初めが、悪い。

創業の思考が、間違っているのではないか。
金儲けとしか、考えない商売が原因ではないか。

「フランスやデンマークへの6年間の欧州留学を終えた猿橋望氏がNOVAを創業した理由は、
欧州では外国人の友人が1人もいないことがまれなのに対して、
日本では外国人の友人が珍しいことに疑問を感じたためだった。
大阪・ミナミのアメリカ村に小さな外国語会話教室を立ちあげたときも、
パートナーは留学先で知り合った外国人の友人2人が務めた。
 SF小説を愛読し、パリ大学で物理学を専攻した猿橋氏は自らを「科学人間」と評した。
「利益があがらないのは教室数が足りないから。規模を拡大すれば大丈夫だ」と強調、
「パラメータ(媒介変数)を盛り込んだ方程式」などと呼ばれる考えを1000校目前まで拠点を増やす根拠とした。
 型破りで縦割り組織や拘束を嫌う性格の一方、アイデアマンであったことは間違いない。
 NOVAのキャッチコピーやキャラクターの選定に積極的に参画して、
「いっぱい聞けていっぱいしゃべれる」という語学教育の必須要件を体現した
「NOVAうさぎ」は、猿橋氏のアイデアが下敷きだった。
今では多くの語学スクールが採用している外国人講師による小人数制のレッスンの導入や、
外国人講師の大量採用システムを立ち上げた力量を評価する向きもある。
 「NOVAには人事、総務といった普通の会社にある部署がない」
 かつてこう豪語した猿橋氏だが、それはいつの間にか、
すべての事案に社長決済の必要な構造となり企業としての非効率化を招いた。
 「猿橋氏は授業の質の低下で解約する生徒の心理が読めなかった。
そうした点を補う人材がいれば違った結果になっただろうが、
企業の安定経営には不向きだった」(NOVA社員)。
今月、ジャスダックへの改善報告書の中で指摘された
「猿橋氏への権限の集中」という体質が、
まさに破綻(はたん)の引き金になったのは間違いない。」

利益体質の学校が、本心なのだろう。
実績などないのかもしれない。

テレビ局も、CMで、儲けたろう。
この広告か、今、無くなっると、テレビ局も収益が減っただろう。

普通の専門学校、英語学校と、違う。
店の感覚の学校なのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-27 06:27
笑い話みたいなことだ。
悪いことして、人気が上がると思うのか。
不倫している事を評価すると思ったのか。

売るために、何でもするという行為が、失敗。
不倫の話で、売れた、俳優など、ない。

「元横綱・花田勝さん(36)と離婚した美恵子さん(38)と過去に不倫していたことを週刊誌上で告白したイケメン俳優の青木堅治(27)が、芸能活動を当面自粛することになった。
また青木が所属していた4人組ユニット「JACKJACK」も10月いっぱいで解散する。
26日付のJACKJACKのブログで発表された。所属事務所の杉本一徳社長はファンや関係者に謝罪するとともに、
「青木自身は世間で言われる売名行為をするつもりは全くございませんでした。もちろん(週刊誌との)金銭授与もございません」と記している。」

CMも、演劇も、無くなる。
不祥事、自ら発表して、ファンができることがあるか、事務所の無知なことだ。

昭和の時代ならば、よかったのだろう。

これも、庶民の気持ち、知らない者が原因。
時効自損だと思う。
第二の事件があるかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-26 23:02 | 暇つぶし批判

今後が。

ホンダは、売れているのか。
配当は、上がるのだろう。


「ホンダが25日発表した平成19年9月中間連結決算は、海外販売が好調だったことや、
円安が寄与して売上高は5兆9024億円、営業利益5080億円、
最終利益3746億円となり、いずれも中間期としての過去最高を記録した。
20年3月期については、国内販売台数目標の下方修正に追い込まれ、
原材料高などのリスク要因もあることから、予想営業利益8800億円は据え置いた。
四輪車は海外ではSUV(スポーツ多目的車)「CR-V」などが好調だったが、
国内が軽乗用車を中心に伸び悩み、通期の販売目標は従来の66万台から62万5000台に引き下げた。これに従い、世界販売台数も393万5000台とわずかに下方修正した。
円レートが対ドルで想定より1円の円高に触れたこともあって、
20年3月期予想は売上高を12兆3000億円と前回予想より500億円下方修正した。
米国経済の先行きが懸念され、
近藤広一副社長は「(消費の低迷から)二輪車などレジャーを目的とした車の販売環境が厳しい」との認識を示した。」

円高によるのかもも、儲かっても、損失があるだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-26 06:09 | 暇つぶし批判
恋愛も、欲か、金の欲。
死ぬまで、欲があるものだ。


「アルゼンチン北部サンタフェで、58歳年下の青年レイナルド・ワベチェさん(24)と結婚し話題になったアデルファ・ボルペスさん(82)が22日、脳内出血のため死去した。ナシオン紙(電子版)などが伝えた。

 2人は9月28日に結婚し、ブラジルへ新婚旅行に出掛けた。テレビ局の招待で10月末にも夫婦でスペインへ旅行する予定だったため、ボルペスさんが詳しい健康診断を受けようと入院した直後に倒れた。

 ボルペスさんの親友の女性は「結婚後はとても生き生きしていたのに」と悔やんだ」

死ぬものは、速いのは、面白い。
欲と達成すると、神は、処分するのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-23 20:15 | 暇つぶし批判
今は、リサイクルの品が普通なのか。
酷いものだ。
食品のリサイクルは、餌。
人間は、餌を食わせばいいと思うのだろう。

家畜でも、なかなか、リサイクル品は、食べない。


「老舗和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)の不正出荷問題で、同社が店頭から回収した売れ残り商品からあんと分離した「むきもち」のうち、68%を赤福餅(もち)に再利用していたことが22日、農林水産省などの立ち入り調査でわかった。同社はこれまで「99%は焼却処分した」と説明していたが、再利用は今年1月まで続けていたという。

 売れ残り商品から分離した「むきあん」の一部を2000年までは赤福餅のあんとして再利用していたことも判明。さらに、原材料に表示していない加工品を使っていたことも明らかになり、ずさんな衛生管理の実態が浮き彫りになった」

このような会社が、まだ、まだ、いる。
牛乳、チョコ、肉、和菓子、食品は、全国展開の会社は、調査するべきだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-10-22 17:42 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2