四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

どこでも、誤魔化し人間は、多い。
フジテレビも、酷い幹部がいるものだ。

陳謝しないのだろうか。
テレビで。
NHKのように、謝ることしないのだろうか。
ニュース番組、全ての報道番組で、陳謝するべきだ。

「 フジテレビは29日、東京国税局から、06年3月期までの3年間で約2億円の所得隠しを指摘されたことを明らかにした。番組出演者やスタッフらの飲食費が交際費と認定されるなどしたという。また、税務調査をきっかけに経費の私的流用も発覚したとして、鈴木哲夫・前報道局長(54)を同日付で懲戒解雇にしたと発表。管理責任を問い、小櫃(おびつ)真佐己・報道担当常務を3カ月の減俸処分とした。

 他の経理ミスも含めた申告漏れ総額は約7億1000万円。重加算税を含めた追徴税額は約2億3000万円で、同社は同日、納税したという。

 同社の説明によると、芸能人ら番組出演者やスタッフ、取引先との飲食費を「打ち合わせ、会合費」などとして経費に計上していたが、同国税局は税務上は経費計上できない交際費と認定。鈴木前報道局長による私的な飲食代金も一部含まれているとみられる。

 さらに同国税局は、取引先などに無料で配布された同社主催のイベントのチケットの代金相当分も交際費にあたるとしたほか、同社が海外子会社(清算済み)から購入した番組の価格が不当に高いとして、実質的には子会社支援のための寄付金に該当すると認定。

 いずれも仮装隠蔽(いんぺい)行為があったとして、これら計約2億円分について、悪質な所得隠しにあたると指摘したという。

 一方、フジテレビは05年にニッポン放送株を大量取得したライブドアと和解した後、同放送株を買い取るなどして完全子会社化した。その際の株価の算定料やアドバイザー料などの一部を経費として計上していたが、同国税局はこれらの株購入に付随する費用はすべて資産計上すべきだとして申告漏れを指摘したという。

 またフジテレビによると、鈴木前局長は04年5月~今年3月、私的な飲食代の領収書や、偽造した領収書を使って153件計約913万円を経費として請求していたという。税務調査で、架空の領収書が見つかったと指摘されたため、4月28日付で報道局長から人事局付にして調査を進めてきた。すでに全額返還されている。

 同社は「放送人の社会的信用を著しく失墜させるもので深くおわびします。社員のコンプライアンスの意識徹底に改めて努めて参ります」とのコメントを出した。 」

報道番組、社長自ら、陳謝することだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-30 10:37 | 暇つぶし批判
昔の総理の評価は、行いものだ。
必要な人であった時期と、破滅に導いた時期。
銀行が倒産寸前の時期に、対策は、評価は、よくなかった。

「宮沢喜一元首相は、中曽根康弘元首相と並ぶ最後の「戦後政治の生き証人」だった。
吉田茂、池田勇人両元首相の直系として、1951年のサンフランシスコ講和条約締結時の随員として参加。自他ともに認める「保守本流」の政治家として活躍し、
91年首相に就任した。ただ、政治改革法案の取りまとめに失敗して非自民政権の樹立を許し、自民党一党支配による「55年体制」を終焉(しゅうえん)させるなど、
政府手腕には疑問符も付きまとった。
宮沢氏は池田蔵相(当時)に重用され、53年10月には「池田・ロバートソン」会談に補佐役として参加。戦後日本の「軽武装・経済優先」路線の基調を作り、
憲法改正には一貫して慎重な立場を取り続けた。
43歳の若さで経済企画庁長官として初入閣。
以後、外相、官房長官、蔵相など歴代内閣で重要閣僚に就いた。
しかし、早くから首相候補と目されながら、たどりつくまでの道のりは遠かった。
70年代から80年代中ごろまで、自民党最大派閥のボスだった田中角栄元首相や、
同じ派閥(宏池会)の先輩で田中氏の盟友、大平正芳元首相との折り合いが悪かったことが影響した。
宮沢氏が通産相(当時)として合意に持ち込めなかった日米繊維交渉を、
後任の田中氏が解決させたことも2人の亀裂を深くし、田中、大平両政権で閣僚に起用されることは一度もなかった。
初入閣から首相就任までの年数は、最近では小泉純一郎氏13年、森喜朗氏17年、
小渕恵三氏19年。安倍晋三現首相に至ってはわずか1年だが、宮沢氏は29年かかっている。「政争」が苦手で暇さえあれば英字新聞や洋書を読んでいた宮沢氏が、政権を射程に入れ始めたのは、大平氏の死去(80年)と田中氏の病気退場(85年)以後だった。
 しかし、72歳でようやく首相に就任したものの、実態は竹下派(当時)の「かいらい」政権。同派の権力闘争に翻弄(ほんろう)され続け、「自民党下野-細川非自民政権」に道を開く結果となった。自民単独政権に幕を引いた宮沢氏を当時、徳川幕府最後の「15代将軍慶喜」に例える政界関係者もいた。
こうした中でも、宮沢氏は党内きっての親米派という自負に支えられていた。米国務副次官補だったクリストファー・ラフルアー氏(現駐マレーシア米大使)は女婿でもある」

総理になる人でも、不運がつきまどう。
自民党が没落した原因は、宮沢さんからだという。
単独政権が出来なくなった。

大蔵大臣の時代に何、したかという評価は、
解らない。
小泉政権の時に、対策が、今日になっている。
力のある人でも、経済と外交は、違う。

総理大臣の仕事は、評価が後々、影響するものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-29 07:47 | 暇つぶし批判
残酷な話。
懲役2年は、いいのか、解らない。
江戸時代ならば、死刑だろう。
死刑のがらくだろう。
生きるのが地獄。

「年金支給の打ち切りを恐れ、病死した父親=当時(78)=の遺体を自宅の押し入れに隠し、将来を悲観した母親=当時(76)=の自殺を手助けしたとして、死体遺棄と自殺ほう助の罪に問われた無職今井辰哉被告(42)に、横浜地裁川崎支部は二十八日、懲役二年(求刑懲役四年)の実刑判決を言い渡した。

 判決理由で加登屋健治裁判官は「刑事責任は軽視できないが、被告が長期間引きこもりだったことなどを考えれば、父親の死に接し、生活保護など公的支援を思い付かなかったことには同情の余地がある」と指摘した。

 判決によると、今井被告は昨年九月下旬ごろ、川崎市宮前区の当時の自宅で同月に病死した父親の遺体を押し入れに隠して遺棄した。今年二月には自宅の明け渡しを求められて、足が不自由な母親とともに将来を悲観。母親が首つり自殺するのを手助けした。犯行後、今井被告も自殺を試みたが死にきれず、同月末、宮前署に自首した。」

生活保護の事も、誰の教えないのが社会。
日々、介護する人が出来ると、地獄である。
明日は、介護される人、する人になるか。
その時、仕事など、出来ない身分になる。

資産があるも、ないも、生きるは、金がないと、生きられない。

親が長生きは、子供は、地獄が待っているものだ。
人は、孤独のが楽かもしれない。

人生、結婚、家庭、ばかりだけか、幸福ではない。地獄が待っているものだ。
人生は、親の長生き、短命で、資産、富で、地獄か極楽か、ある。

自分の思考だけでは、解らない。

人の運は、家族が影響するのが老後。
自分だけでは、介護は、難しい。

金、介護施設、酷い会社のコムスンでも、あるのが、必要かもしれない。

浪費する人は、介護なし、を考えることだ。
自殺覚悟が必要。

それが嫌ならば、富、作る。
節約しで、老後、介護に使うことだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-28 19:35 | 暇つぶし批判
節水は、大切だが、節水しても、トイレ掃除が多くなると
無駄と思う。

「東京都水道局の調査(平成14年度)によると、家庭内で1日の水使用量が一番多いのはトイレで、全体の28%を占める。大量に使っていると考えがちな風呂(24%)や炊事(23%)を上回る。こうした現状を受けトイレは現在、「節水」がキーワードに。INAXは今月、節水型トイレ「ECO6」に、リフォームなどに際し、既設便器からの交換が可能な「リトイレシリーズ」を加えた。

 昨年から発売した「ECO6」は、タンク内の高低差を利用して、「大」使用時の水使用量を「約6リットル」に押さえた。旧来型便器(大13リットル)より、2日で248リットル(お風呂1杯分以上、4人家族を想定)節約することになり、水道料金で年約1万2000円抑えることができる。「毎日、大量の水を使うので、トイレの節水はメーカーとしても課題でした」と同社は振り返る。

 さらに一歩進めて1回あたり「約5.7リットル」に抑えたのは、松下電工の「アラウーノ」。洗浄時に排水路が動く独自の洗浄方式を採用し、「業界一」(同社)の節水量を実現した。」

トイレの新型も大切だが、変えるも難しい。
節水を改善する部品みいなたものが、理想。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-28 06:34 | 暇つぶし批判

面白い、役者だった。

面白い役者が、消えたのか。
知らない人は、知らない。
脇役で、面白い、楽しいの役者は、少ないものだ。
ヤクザの役でも、下っ端でしか、味がない。
親分になると、憎めない、悪に成りきれない演技。

「谷 幹一氏(たに・かんいち=俳優、コメディアン、本名西村昌明=にしむら・まさあき)25日午後2時28分、脳出血のため東京都新宿区の病院で死去、74歳。東京都出身。葬儀・告別式は29日午前10時から、東京都品川区西五反田5の5の12、安楽寺別院五雲閣で。喪主は妻西村たま子(にしむら・たまこ)さん。

 高校中退後、コメディアンの修業を始め、1950年代から浅草・フランス座で渥美清さん、関敬六さんとトリオを組んで活動。

 テレビ草創期のドラマ「月光仮面」に、おっちょこちょいの探偵助手役で出演し、笑いをとった。他のテレビ出演作に「どてらい男」「あかんたれ」など、映画では「男はつらいよ・夜霧にむせぶ寅次郎」などがある。」

谷さんの面白い、番組には、必ず、脇役にいた。
「大岡越前」出ていた。
岡っ引きで、三枚目の役、面白い存在。

役者には、主役と、悪役といるというが。
もう一つ、脇役で、物語の味がでる役者が
一番の存在感。

役者が多く出演すれば、するほど、
明るい、楽しい、三枚目の役者が、必要なのだ。


彼のアニメの声は、面白い。
昔の外国版のアニメ、
日本版の昔のアニメに彼の声は、
愛着のある声。

ご冥福祈ります。
c0094071_7573564.jpg

[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-26 07:25 | 暇つぶし批判
サッカーくじは、当るのか、解らない。
宝籤のがいい。
額は、サッカーくじのがいいか。
当るのは、奇跡だろう。

「サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは24日、第286回サッカーくじの当せん結果を発表し、「ビッグ」の1等で日本のくじ史上最高となる当せん金6億円が2口出た。これまでの最高額は昨年11月に出た5億8415万6640円だった。

 「ビッグ」の1等が出たのは、5億6313万2913円が7口出た5月中旬の第278回以来。第278回は購入希望者の殺到でシステム障害が発生するなどの混乱も起こり、史上最高の61億2033万1500円を売り上げた。

 23日に販売を締め切った今回の「ビッグ」の売り上げは、10億8599万3400円。このうち4割が1等の当せん金に振り向けられるが、前回からの1等の繰越金が8億979万2160円に膨らんでいた。6億円が2口出ても、次回へは約4400万円が繰り越される。

 「ビッグ」はJリーグ14試合の勝ち、負け、分けをコンピューターがランダムに選択するくじ」

宝籤のがいい。
でも、当った人は、幸運だ。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-25 07:01 | 暇つぶし批判

拡大、怖い企業だ。

トヨタは、ドラクックの拡大生産するのか。
日本の市場より、米のが上だ。

「日野自動車は年内に米国のウエストバージニア州にトラックの組み立て工場を新設する。米国ではカリフォルニア州に続く第2のトラック生産拠点となる。新工場の生産規模は年間2000―3000台。北米市場での販売が急増していることに対応して生産能力を増強、攻勢をかける。

 新工場は今秋をめどに稼働する。日本からエンジンやフレームなどの部品を輸出し、積載量6―15トンクラスの北米市場専用車をノックダウン(現地組み立て)生産する。」

日野自動車、ダイハツ、トヨタの子会社。
確実確実に、世界の市場確保。
凄いことだ。

本業、おろそかししないのだろう。
戦略は、本業の分散、部品、部門の拡大。
企業戦略の手本である。

自分の分野以外が、行なわないのが最善の方法かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-24 10:05 | 暇つぶし批判
タレントも、勉強しない人は、向かない。
人から指示されるのが無理な人は、
議員には、向かないのだろう。


「参院選に比例代表で出馬予定だったプロレスラー出身の大仁田厚参院議員(自民)が23日、
1期限りでの引退を表明した。
個人名でも投票できる「非拘束名簿」方式が初めて導入された01年の参院選では各党が著名人擁立に躍起となり、
大仁田氏のほかタレントの大橋巨泉氏(民主)、
大学教授だった田嶋陽子氏(社民)も当選したが、
いずれも政党への失望を口にして既に国会を去っている。」

議員辞めて、彼らは、何か出来たのだろう。
タレントで暮すも、議員の適用が出来ないのは、
仕事もないだろう。
プロレスラーは、現役に戻れば、いいのかもしれない。

「自民党は大仁田氏に代わり「ヤンキー先生」で知られる義家弘介氏(36)を擁立する方針だが、
著名人で集票を図る手法が改めて問われそうだ。
 同日記者会見した大仁田氏は「参議院は首相官邸の人気取りの道具ではない」と切り出した。
 引退の直接の理由は、安倍政権が主導した今国会の会期延長と、
参院選の日程先送りに対する抗議だと説明。
「国民が求めているのは付け焼刃で法案を通すことでなく、慎重審議だと思う。
選挙目当てにウソをついてまで当選したくない」と強調した。
 また、参院の存在意義について「3年くらい前から悩んでいた」といい、
「衆院から降りてきたことをそのままやっていく。今回もそうだが
『ハイ、そうですか』で通してしまっていいのか」と疑問を投げかけた。
 01年選挙では個人名で46万票を獲得したが、「タレント議員」としての迷いもあったようだ。
 「何百という選挙区に応援に行った。それがタレント議員の仕事みたいなもの。
(テレビに映る)僕の映像は(審議が荒れた時)いつも委員長を守る場面ばかり。
レスラーという偏見を打ち破ろうとしたが、自分の勉強不足を痛感することもあった」と語った。
 一方、41万票を獲得した大橋氏は、民主党への不満が膨らみ、02年1月に議員辞職した。
会見で「党が自民党と同じ体質と知り、力が抜けた。
6カ月で辞め、無責任なタレント議員というバッシングも覚悟している。
出馬は後悔していないが、民主党から出たことは後悔している」と党批判を展開した。
 田嶋氏は51万票を集めたが、北朝鮮問題での党の対応などに不満を募らせ、
02年10月に社民党を離党。会見では党について、「外で抱いていたイメージと違う。
透明性もなく、説明責任も果たしていない」と批判した。03年4月の神奈川県知事選に出馬(落選)。
「知事は小さな大統領。党を離れた時からずっと首長になりたかった。
国会はリズムが合わず、窒息しそうだった」と語った」

田嶋氏、大橋氏が自民党に入っていたら、まだ、議員していたかもしれない。
主義が違うのだろう。
大仁田氏は、違う、議員になる努力してないのだろう。
庶民の意見、聞けなかったのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-23 21:35 | 暇つぶし批判
怖いことだ、丼も、よくないのか。
ラーメンが旨いより、丼は、変な丼は、怖い。

「岐阜県は22日、同県内の製陶業者が製造販売したラーメンの丼から食品衛生法の基準を上回る鉛が検出されたとして、業者に丼を回収するよう命令を出した。

 県生活衛生課によると、丼を製造したのは土岐市の製陶業「ヤマタ精峰」(水野功社長)。丼は直径約19.5センチ、深さ約6.5センチ、容量約800ミリリットル。食品衛生法の基準値は、酢酸水溶液に24時間浸した時の溶出量が1ミリリットル当たり5マイクログラム以下だが、基準を超える8.3マイクログラムが検出された。

 同社は年間3000個を製造、兵庫県など関西や中国地方の卸売業者に出荷している。丼に使用されている赤い顔料に鉛が含まれているという。

 兵庫県が県内で販売された丼について検査したところ判明し、22日に岐阜県に連絡した。検査は鉛の溶けやすい条件で行っており、通常の使用では健康に影響はないという。」


赤い丼は、危ないのか、違うか。
この会社のだけなのか、ラーメンの丼は、中に赤い絵模様があるのは、
害があと、考えるかな。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-23 05:17 | 暇つぶし批判
もっと、真剣に、カットすることだ。
赤字の会社は、社員は、全員首、覚悟。
体質が、利益体質にしない限り、将来はない。

「経営再建中の日本航空は22日、退職金給付額の10%カットを検討していることを明らかにした。再建計画に掲げた2009年度末までのグループ4300人の削減も1年以上前倒しし、さらに上積みを図る。追加リストラ実施で、資本支援実現に向けて主力取引銀行の理解を得たい考えだ。

 退職金カットは08年度の実施を目指し7月に労使交渉に入る。実現すれば今年度の退職給付引当金を約200億円削減できる。また、人員削減は、地上職700人の希望退職実施などで、当初計画通り今年度中に2300人を減らせる見通しとなったことから、削減を前倒しする。

 日航は、同社向け債権の評価引き下げなど信用力低下に歯止めを掛けようと、日本政策投資銀行、みずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の主力4行に対し、債務の株式化など2000億-4000億円の資本支援を要請。今月26日の定時株主総会までに銀行側との大筋合意を目指した。しかし今春の再建計画スタートと711億円の追加融資から間もないとあって、一部の金融機関が反発。追加リストラ策を示し、銀行側の理解を得るのが先決と判断した。」

地上職の退職者を増やさないと、無駄に人が多い。
地上職は、正社員は、要らない、警備会社に委託することだ。

管理は、機会と、警備。

日航は、人が多いのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2007-06-22 17:52 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2