四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

馬鹿な人間なるな

名言、珍言。

「愚人とともに歩む人は
長い道のりにわたって憂いがある。
愚人と共に住むのは、つねにつらいことである。
仇敵とともに住むように。  
心ある人と共に住むのは楽しい。
親族に出会うように。」


「ダンマパダ」

勝手な解釈

馬鹿な人、まぬけな人と、暮すと大変であるという。
日々、人の苦労を自分が背負うことになる。
段々、苦痛になり、憎しみになり、敵意となり、
争いになるものだという。

心ある人は、いいのだという。
自分、知っている人は、頭がいい人であり、
他人とイザコザがない。
人は、馬鹿な人が多いと、戦争、
犯罪が多くなるのかもしれない。

親が子供に殺される。子供が親に殺される。
夫婦が殺し合いする。全てが、馬鹿に人間である。
自分は、神様、皇帝と思う人は、近くにいる人は、苦悩が待っている。
人を選ぶのは、馬鹿な人と、暮さないことが幸福になる条件。

===========

名言、珍言。

「楽は苦の種苦は楽の種(らくはくのたねくはらくのたね)」


●意味●
 楽と苦はもつれた糸のようなもので、
現在の楽はやがてやってくる苦の原因となり、
この逆に苦あれば、次に楽しみがくる。
苦と楽は人の世での原因と結果につながる
因果関係だとのこと。
だから苦しみにはつぎにくる楽をおもって耐え、
楽にはつぎにくる苦をおっておごるなとの戒め。


勝手な解釈
楽、苦も、全ては、最初は、自分の行為から後に現れる。
何もしないで、苦、楽の有り得ないものだ。
「商売、人生は、行動して、学び、賢くなるものだ。」

人生は、旅たというが、賢くなる旅か、馬鹿にになり、後悔する旅か、
人それぞれ。
ただ、いえることは、あの世は、あの世の世界、この世は、この世で、罪、徳、えるものだということ。
差し引き0で終わる人生。

===============
名言、珍言。


「この世には完全無欠の物もなければ、
全然無用の品もない。
われわれの親にも子にも友人にも欠点があれば、
われわれの憎み嫌う人にも特長がある。」
                                   新渡戸稲造
クリスチャンの新渡戸稲造は京大や東大の教授、東京女子大学学長、国際連盟事務局次長
などを歴任し、東洋と西洋の相互理解につとめた。



人間は不完全さにおいて、だれもが同じなのである。

勝手な解釈
人は、いい所も、悪い所もある。
人から嫌われる、好かれるも、本人の個性。
必要人間、必要でない人間は、神仏は、自然と指示しているものだ。
人の寿命、運命は、誰も、変える事が出来ない。
自分の思考、才能、行動で決まっていく。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-30 11:32 | 名言、珍言
酷い大臣もいる。仕事しない大臣。死刑は、指示するのが、仕事だろう。

「杉浦正健前法相が死刑執行命令書の署名を拒んだまま退任したことが、“波紋”を残している。本人が退任後も沈黙を守る中、歴代法相では異例の「在任中の執行ゼロ」がもたらす影響について関係者がさまざまな思いをめぐらせる状態だ。

 小泉内閣が総辞職した九月二十六日。任期中最後の記者会見で死刑執行について問われた杉浦氏は「自由の身になったら、感慨を言うこともあるだろうが、(コメントは)控えさせていただくのが適当だろう」と語るだけだった。

 昨年十月末の就任会見では「私は(執行命令書に)サインしない」と発言。その時は「私の心の問題、宗教観、哲学の問題だ」と補足して説明したが、今回は退任後も「しばらくは、そのことについて話すつもりはないようだ」(杉浦事務所)という。

 杉浦氏は弁護士出身で、真宗大谷派の門徒。同派内では、僧侶の有志が「署名拒否発言」支持の署名運動を展開。内閣総辞職が迫った八月下旬には、本山の幹部が愛知県岡崎市の同氏宅を訪ね、本人に「信念を貫いてほしい」と訴えた。

 今回の「署名拒否」について、署名運動に参加した僧侶は「法務省などからの圧力もあっただろうに、よくぞ決断してくれた」と話した。

 日本弁護士連合会で死刑執行停止実現委員会副委員長を務める柳重雄弁護士も「死刑制度への問題提起だ。先進国で制度を残すのは日本と米国の一部の州だけ。冷静な存廃議論につながってほしい」と期待している。

 一方、地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさんは「死刑判決が確定しても、執行されないのなら、裁判をした意味がなくなる。法相個人の感情で執行する、しないを決めるのは、制度の私物化だ」と反発する。

 杉浦氏の最後の記者会見から約十四時間たった二十六日深夜。後任の長勢甚遠法相は就任記者会見で、死刑執行について「法治国家にあって、確定した裁判の執行は冷静に行われなければいけない」と述べた。

 死刑確定者数は、今年八月末現在で八十八人に上る。」
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-29 19:31 | 暇つぶし批判

株は、難しい

当てにならない情報


チャ-ト分析 ↓ (検証) ━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■(5944)日立粉末
06年04月~・・・・・・=売線(下降トレンド)
04月780円割れで売転換。
先の安値726円割れが考えられ下抜けば700円割れが視野に。

現況 09/25
引き続き下降トレンド継続中。
7月27日には555円と年初来安値に。
この銘柄の買転換概算値は 620円以上。   
09月37週 信用売残、0 - 信用買残、295
(単位 1.000株・ 一株純資産 707円・資本金 44億円)
[年初来高値] 834円(2/3)[年初来安値] 555円(7/27)
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=5944.t&d=2y
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-28 07:11

解らない

とうな政権になるのか、解らないところ。
経済が解らない総理大臣が、できるか?


「自民党の安倍晋三総裁は26日午後、衆参両院の首相指名投票で第90代首相に選ばれ、自民、公明両党による連立内閣を発足させた。財務相には森派の尾身幸次氏、官房長官に塩崎恭久氏が就任した。外相には麻生太郎氏が留任。首相が力を入れる教育改革を担当する文部科学相には、伊吹文明氏が就いた。民間からは経済財政担当相に大田弘子氏を起用した。

 自民党総裁選で安倍合同選対の本部長を務めた柳沢伯夫氏、安倍首相実現に主導的な役割を果たした再チャレンジ支援議員連盟の菅義偉、山本有二両氏が入閣。安倍氏を推した森派、丹羽・古賀派からの入閣も目立つなど、総裁選での「論功行賞」の色合いが強い人事になった。

    ◇

 新内閣の顔ぶれは次の通り(敬称略)

総理 安倍晋三(無派閥)

総務・郵政民営化 菅義偉(丹羽・古賀派)

法務 長勢甚遠(森派)

外務 麻生太郎(河野グループ)

財務 尾身幸次(森派)

文部科学 伊吹文明(伊吹派)

厚生労働 柳沢伯夫(丹羽・古賀派)

農林水産 松岡利勝(伊吹派)

経済産業 甘利明(山崎派)

国土交通 冬柴鉄三(公明党)

環境 若林正俊(森派)

官房・拉致 塩崎恭久(丹羽・古賀派)

国家公安 溝手顕正(丹羽・古賀派)

防衛 久間章生(津島派)

沖縄・北方 高市早苗(森派)

金融・再チャレンジ 山本有二(高村派)

経済財政 大田弘子(民間)

行政改革 佐田玄一郎(津島派) 」

財務 尾身幸次(森派)さんは。、税金を増やさず、財源減らす財政ができるか?

厚生労働 柳沢伯夫(丹羽・古賀派) さんは、年金をどうするか?
社会保険庁の解体が出来るか。

沖縄・北方 高市早苗(森派) さんは、実績がある行政が出来るか。
意見、賛同は、出来るが、発想は。


経済財政 大田弘子(民間) さんの実力は、本当か、違うか。
今後、日本経済が悪くなると政策が失敗は、この人のせい。
財務大臣のせいになる。

小泉さんは、景気をよくしたこれを維持できない政治は、危険。
短命政権。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-26 19:41 | とんとん拍子

どうなるか。

怖いことだ。鳥インフルエンザ。

「インドネシア保健省当局者は24日、ジャカルタ市内の病院で今月22日に死亡した9歳の少年について、世界保健機関(WHO)の検査の結果、鳥インフルエンザの感染が確認されたことを明らかにした。これで同国の鳥インフルエンザによる死者は51人となった。生存者を含めた感染者の総数は67人。 」

怖い、話は、書かないのが新聞か。
鳥インフルエンザ。

最近、新聞のサイトは、感じな記事、書かないで、政治の事、総理の事を書けばいいと思っている。
酷いものだ。
テレビ局も酷い。感じなニュース、書かないで、番組の宣伝。
酷い局は、フジテレビ。
アニメのサイトを公開しないという。
突然、日曜の夜は、アニメがなくなる。

フジデレビは、何、考えてるのか、テレビなど見ない時代。
インターネットで、新しい、アニメが放送されたら、
困るのは、フジテレビだろう。
ドラマもロクナドラマない。

海外で売れるのは、アニメ。

番組も、日曜のアニメ、見なくなると、
サザエさん、見なくなるものだ。

日曜にアニメをする局は、いいチャンス。
テレビ東京、日テレ、テレビ朝日。
サザエさんの後に、ドラえもん、ナルト、ポケモン、放送されると、
視聴率は、凄いことになる。
日曜の定番が変わる。


日曜の朝、「ワンピース」は、マイメロに負けるかもしれない。
マイメロは、日曜の夜になると、面白いかもしれない。

変なドラマより、アニメの脚本がいいものだ。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-25 07:50 | 名言、珍言

短気にならない人生

名言、珍言。

「すべて人生のことは「させられる」と思うから辛かったり、
惨めになるので「してみよう」と思うと何でも道楽になる。」
 
 
                       
 (曽野 綾子 小説家)


勝手な解釈
気分は、前向き。人、当てにしない。
自分がすると考えることだろう。
感謝は、違うが、自分の生き方は、自分の考えで生きる。

===========
名言、珍言。

「短気は損気(たんきはそんき)」



●意味●
 類語短気を起こせばとかく物事に失敗したり、
仕事も中途半端になる。
自制と忍耐であせらず事を行えとの意味。
『損気』と『短気』の『気』は語呂合せになっている。


勝手な解釈
生きるとは、勝手に怒っては、損するものだ。
短気の人間は、長生き、出世も、難しい。

怒ると、短命である。
自分の自分で、成長させるには、気長に考えることだ。

==============
名言、珍言。

「われわれ人間というものは馬鹿だから、
足もとにころがっている幸運は見過ごしてしまう。
そして、手の届かないようなものばかり追い求める。」
                                  
 ピンダロス(BC518~BC438 ギリシャの詩人)
古代ギリシャの叙情詩人

夢のようなことばかり考えていても幸運はつかめない。

勝手な解釈
今、見て、生きる事だ。
生きるも、死ぬも、自分の将来、夢ばかり、追っていると、
何一つ、前進がない。
今できる、事、それから、行いことだ。

[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-24 18:11 | とんとん拍子
再放送でも面白い。
作者の意図がわかる、別の意図がわかる。

メジャー
夢を見る島
「海堂高校に合格し、晴れて野球部員となった吾郎と寿也。
新入部員たちはみな、小さな島にある野球部の養成所へ行くことに。
島で待っていたのは、監督・周防とコーチ・乾(いぬい)の2人だった。
彼らは吾郎たちに、この島が「なぜ“夢島”と呼ばれるのか」、その理由を語る。
そして、厳しいトレーニングが始まった。
乾の指導に反発する選手たちとは対照的に、
吾郎はなかば楽しみながらトレーニングを続ける。
吾郎の資質を認めた乾に対して、
周防は「ペースを乱すやつは海堂に不要だ」と言い放つ。」

今回の物語は、高校野球の一軍、二軍。そして、新入生には、基礎体力の訓練の
場所が必要だという定説。
特待生で、入学した者と、普通の試験が入った者の違いは、
始めの時点で、違うという意味。
高校、中学でも、不公平な事があるという教訓。

訓練と、人の線引きは、本人が付いていけるか、できるかの違い。
勘違いする者は、力、能力のあっても待遇が悪いと辞めていく。
人には、見栄など、意味が無いということか。

周防監督の「ペースを乱すやつは海堂に不要だ」言葉とは、裏腹に、吾郎は、凄い。コーチの乾の試験のような訓練、
全て上級の能力で、駆け上がる姿を見せる。
組織、合う人間は、管理しやすいものだという。
組織、ついていけない者は、辞めていくものだ。

コーチ・乾(いぬい)は、吾郎が、簡単に出来てしまう訓練に、より、付加、加える意味が、面白い。出来る者は、より、多く訓練させる。
それが、コーチの楽しみだろう。
監督は、優れた選手は要らない、管理できる選手。

巨人の監督に聞かせてやりたい話だ、才能のある者、作るか、組織化するか。
試合に勝つは、どちらがいいか。
面白いものだ。

吾郎が訓練、簡単にするか、脱落メンバーに、「俺は、自分の為に、訓練をしている。
コーチが、しろというからするのではない。出来ないならば、夢島を出て、辞めることだ」言葉。

苦しい、苦悩と思えは、何でも、やりたくないものだ。
自分の為の訓練だと考えするのが、忍耐の原点。
人の為に、訓練、運動をしている者などいないものだ。
人は、全て自分のために、努力しているものだ。

戦争で、人に戦うが、生き残るものは、自分が生き残るために、行なう。
人生も誰のためでもない。貧しくなろうが、金持ちの人になろうが、
自分が行なう行動は、自分の為だということ。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-23 18:53 | 暇つぶし批判
ライフカードのCMは、面白い。続編も。
グランプリになるのは、正しいかもしれない。


「テレビ部門CMグランプリはライフカード
 社団法人全日本シーエム放送連盟(ACC)は22日、第46回ACC・CMフェスティバルの各賞を発表、グランプリはテレビ部門がライフカードの「カードの切り方が人生だ『海外出張』『a Xmas night』『フレッシュマン来たる』『マドンナ』」、ラジオ部門は資生堂アデノゲン&マキアージュの「『聖夜の2人/その1』『聖夜の2人/その2』『聖夜の2人/その3』」に決まった。」

ラジオのは、聞いたことがない、いいのか、もう聞けないだろうが。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-23 08:18 | 暇つぶし批判

紅葉か

今年は、異変、本当か。
紅葉は、遅いのか?
突然、寒くなる感じがするか?

「「紅葉の見ごろ」やや遅め、民間気象会社が予想
 民間気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)は22日、今秋の紅葉の見ごろ予想を発表した。今年は気温が高めに推移するため、見ごろは例年よりやや遅くなりそうだ。

 紅葉の時期は秋の気温と密接に関係し、気温が高いと遅くなる。今年は全国的に残暑が厳しく、同社は10、11月の気温も北・東日本で平年より高く、西日本も平年並みか高めに推移すると予測している。

 同社は「台風の影響を受けると、葉が色づく前に落ちたり、強い潮風による塩害で枯れたりする。台風の被害が小さかった地域では、まずまずの紅葉を楽しめるのではないか」と話している。

 主な地域の紅葉の見ごろは▽札幌10月下旬▽秋田11月上旬▽金沢11月中旬▽長野11月上旬▽東京11月下旬▽静岡12月中旬▽京都11月下旬▽高松11月中旬▽福岡11月下旬▽鹿児島12月上旬。

 気象庁は、28日に関東地方の紅葉名所の見ごろ予想を発表する。」
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-22 19:44 | 暇つぶし批判

本当か、解からない

本当なのか、疑問。
本当は、知っていて、発売したのではないか。
リバイバル曲で売れば良かったのだろう。
ファンの忠告が影響。

作曲家の曲が多いと、大変だ。
調べるのも、管理者が必要だろう。



「東芝EMIは22日、7月に発売を始めた演歌歌手の坂本冬美さん(39)のアルバム「星に祈りを~猪俣公章作品集~」の出荷を中止し、現在までの出荷枚数約1万枚を自主回収することを明らかにした。

 問題になったのは、表題の「星に祈りを」。同社は、この曲を平成5年に亡くなった作曲家、猪俣公章氏(享年55)の「未発表曲」とジャケットの帯に表記していた。

 ところが、発売から約2カ月後の14日、ファンからの指摘により、過去に都はるみさんが別タイトルで発売していたことが発覚、慌てて回収する事態となった。これに合わせ、同曲がB面に収録される予定だった10月発売のシングル「秋まつり、お月さま」の見送りも決定した。

 担当ディレクターによれば、「猪俣氏の楽曲を一括管理していた渡辺音楽出版がタイトルのない同曲の譜面を『未発表曲』と勘違いし、当社に売り込んできた」ことが事の発端だったようだ

 事件に関して、はるみさんは、「確かに未発表曲ではないけど、本当にいい歌だから、冬美さんにもぜひ歌い継いで欲しい」と関係者を通じてコメント。一方、当の坂本さんは、「久しぶりに先生に書いていただいたような気持ちで歌っていたので、残念でなりません」と心境を明かした。

 「未発表」と完全に信じきっていたために落ち込んでいたが、「はるみさんの言葉を聞いて、とても喜んでいる」(同ディレクター)という。

 今後の対応については、「とにかく、ファンやはるみさんにきちんと謝罪することが先決。CDのリリース等は然るべき措置を終えてから話し合います」(同ディレクター)としている。」

演歌は、売れないものだ。
昔の旋律では、売れない。

編曲が旨く出来なかったのかもしれない。
演歌は、似た曲が多いから、よく、見つけたものだ。

坂本冬美さんも自分で曲を作ればいいのだ。
それも出来ないのは、才能がないのか、
譜面、音楽を作る事ができないのか。

新しい作曲家を発掘するように、弟子を探さないと。
歌手は、新作があって歌手。

演歌が売れないのは、歌手が自分で歌いたい曲を作らないから、
売れないのだ。
作曲家が作る時代ではない。
[PR]
by 2nnn2 | 2006-09-22 19:38 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2