四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:四事の瓦版( 195 )

先は、今の姿から

苦労しているのだ。
成功するも。

「モデルの鈴木あや(27)が、17日にインターネットテレビ局「AbemaTV」で放送された『#SHIBUYAbema #48』で、過去最高の月収が「450万円」と告白した。

 同番組は、鈴木とパーティーロッカーのあっくんがMCを務める“ちょっと背伸びしたい女子高生”のための生放送バラエティー。今回は「アイドルになりたいJKのための“アイドルウラ事情講座”」と題し、元アイドルで現役グラドルの椎名香菜江を講師に迎え、本気でアイドルになりたい女子高生に業界裏事情をレクチャーした。

 椎名はアイドル時代の最低月収として「1日ライブ20、30本行って、3,000円。交通費貧乏になっていた。アイドルをやりたくても、交通費がなくてアイドル活動ができなくなる」と厳しい現実を告白。交通費を稼ぐために1枚500~2000円でチェキを売っていたことを明かしたが、「1ヶ月に200、300枚を撮ることで、1ヶ月2万~数万円になる。でも自分に入ってくるお金は、(全体金額の)1割ほど」と苦しい懐事情だったことを回想した。

 この流れで、過去最高月収を発表する流れになり、『S Cawaii!』モデルとして活躍する鈴木は、も「過去最高金額は…450万円!」とぶっちゃけ、スタジオだけではなく視聴者も大いに驚かせた。」



雑誌のモデルになるというのは、知名度が上がるか、評価。
交通費がかかる、それは、そうかもしれない。
地方、色々な場所の営業が、大切なるかもしれない。
それが、今があるのか、今後。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-18 16:41 | 四事の瓦版

規制すること。

金のこと、慰安婦のこと、いっても、酷い政治は、酷い。
もう、ほっとくことだ。
韓国の日本入国の規制することしかない。
一度、韓国に帰り、それが、管理する、
日本で、金儲けしている、韓国の人は、一度は、韓国に戻らせ、日本に、対して、どうるすか、説得することだろう。




「慰安婦問題をめぐる、日韓合意の内容がゆがめられようとしている。日本が拠出した10億円の一部が、韓国が設立した「和解・癒やし財団」の運営費に充てられると、韓国メディアが先月末、報じたのだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免決定を受けて、大混乱する隣国。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員は「合意違反」や「流用」の疑いを持ち、調査に動いた。


 「日韓合意では『10億円はすべて元慰安婦のために使われるべきもの』とされている。日本政府から、韓国政府への“おわび金”ではない。そもそも、財団の運営費については、韓国政府から『われわれが負担する』と言い出したものだ。これは国家間の合意だから、韓国が勝手に変えることはできないはずだ」

 片山氏はこう言い切った。

 2015年12月の日韓合意は、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」としたものだが、新たな慰安婦像設置など、韓国側の合意違反が目立ち、事実上、仲立ちした米国政府も激怒しているとされる。

 今回のケースは、韓国国会が財団の関連予算、約6000万円を通さなかったことが原因のようだ。「日本の拠出金のために韓国の予算を使うべきではない」という世論に押されたと報じられている。

一方で、日本が拠出した10億円のうち、これまで約30人の元慰安婦が、それぞれ1億ウォン(約990万円)受け取っているという。単純計算で7億円ほど残っており、財団側はそこに目を付けたとみられる。

 だが、国家間の合意を簡単に破るなど、韓国には独立国としての自負・誇りはないのか。

 片山氏は「10億円の使途を変更するには日本の合意が必要だが、外務省に問い合わせたところ、韓国側からは何も言ってきていないようだ。とはいえ、日本から何かを働きかけるというのも、奇妙な話。現在の韓国は朴槿恵(パク・クネ)大統領が職務停止状態にあり、政治的トップが不在の状況。こんな状態で政府に働きかけても仕方ない」という。

 つまり、抗議などに動くなら、朴氏が復帰するか、新しい政権が誕生してからという判断だ。片山氏は続ける。

 「それまでは、韓国政府は予備費などでつなぐべきだ。それもできないようなら、もう、『韓国は政府の体をなしていない』というべきではないでしょうか」





日本に簡単に、入国と、仕事できるような、韓国の人の行為が、
多すぎる。
投資も、いろいろな問題は、鎖国ではないか、韓国と、鎖国することだろう。

朝鮮戦争に継続の状態の今、いつ、ミサイルが、日本、韓国に北朝鮮から、くるか。

今後、慰安婦問題より、戦争と、難民で、日本からの援助、必要なことか、
戦いは、どこで、始まり、終わるか。
朝鮮半島の内乱など、日本は、ほっとくことだ。

のんきな民族は、移民、難民で、日本に来るな。
そのために、規制する。管理することが、今後、必要。
韓国から日本に来る人に規制と、日本で稼ぐは、規制することだ。


「慰安婦像設置」した、団体の幹部、取締することだ、
日本に来たら、処罰する、資金は、流したら、処罰。
犯罪は、裁判で、立証する。
慰安婦の裁判を日本で、することだ。

それか、世界で、知らしめる、この資金大体の解明も必要。

「「慰安婦像設置」した、団体」は、日本で、裁判するように、入国したとき、犯罪者として、捕まえる事も必要。

いろいろな国に像が設置された、その団体の明確、裁判すること。
国際裁判所でも、裁判するも、必要。
訴えることも、日本政府は、必要だ。




[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-16 05:02 | 四事の瓦版

考えると、浪漫

浪漫は、あるのか、地球と、同じ、星。惑星がある。

「地球から39光年離れた恒星の周りに、地球に似た惑星が7個あるのを発見したと、ベルギーのリエージュ大や米航空宇宙局(NASA)の国際チームが22日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 大きさや重さ、温度が地球に近く、水や大気が存在して生命を育むことができる地球型惑星の可能性がある。同様な惑星は太陽系外で多く見つかっているが、一つの恒星系で7個も見つかるのは珍しい。専門家は「銀河系は予想以上に地球に似た惑星であふれているのかもしれない」と指摘している。」


39光年か。
遠いが、いずれ、人類は、行くかもしれない。

惑星の探す旅が、あるかもしれない。


詳しい記事。
「地球から39光年離れた恒星の周りに、地球に似た惑星が7個あるのを発見したと、ベルギーのリエージュ大や米航空宇宙局(NASA)の国際チームが22日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 大きさや重さ、温度が地球に近く、水や大気が存在して生命を育むことができる地球型惑星の可能性がある。同様な惑星は太陽系外で多く見つかっているが、一つの恒星系で7個も見つかるのは珍しい。専門家は「銀河系は予想以上に地球に似た惑星であふれているのかもしれない」と指摘している。
 チームは南米チリにある欧州南天天文台の望遠鏡などを使い、みずがめ座の方角にあって直径が太陽の10分の1ほどの赤色矮星「TRAPPIST1」を観測。手前を天体が通り過ぎる際に起きるわずかな明るさの変化から、少なくとも7個の惑星が回っていると結論付けた。」



みずがめ座の方向か。赤色矮星「TRAPPIST1」か。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-02-23 08:14 | 四事の瓦版

いつになるか、

 おめでとうございます。

今に、今日は、天皇誕生日になるのか。


「皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、宮内記者会と会見し、天皇陛下が退位への思いをにじませた昨年8月のビデオメッセージを「厳粛に伺った」「とても心を揺さぶられた」と振り返った。象徴天皇の在り方など陛下が示した考えを「真摯に重く受け止め、今後常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と、皇位継承者としての決意を語った。
 陛下のビデオ公表後、皇位継承順位1位の皇太子さまが、公式に感想を語るのは初めて。
 象徴天皇としての望ましい在り方には「憲法の規定に思いを致し、象徴とはどうあるべきか、求め続けることが大切」と指摘した。」


どんな年号になるか。
それも楽しみ。
皇太子の誕生日は、あと何回で、この日、消えるのか。

年号は、大変、天皇誕生日、12月の天皇誕生日は、どうなるのか。
昭和の日のように、四月に、休みが増えるのか。
昭和の人は、四月29日が、天皇誕生日は、記憶の残るのと、連休が、関係する。

二月は、短いから、休みも増えると、まだ、いいのか。悪いのか。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-02-23 08:08 | 四事の瓦版

この世は、金の苦労

いろいろ、苦労がある。
見せるも、体の鍛える苦労。
 



「ソルトレークシティー、トリノと2度五輪に出場した元フィギュアスケート選手で振付師の村主章枝(36)がヌード写真集「月光」(講談社)を発売した。本書は日本フィギュア界で初のヌード。手先の表現の美しさにグラマラスな胸元。フィギュアファンならずとも大満足の内容に仕上がっている。

「思い入れのあるスケートの作品『月光』を写真で表現しようということで、最初はそのつもりはなかったんですが、流れでヌードになりました。68年ぶりのスーパームーンの下、『月光』をBGMに10回以上踊り続けて。ヌードに躊躇はありませんでしたね、いつもレオタード一枚でしたし。ただ見せる背中、ウエストをつくるために2カ月半トレーニングしました」

 一部では金銭苦でヌードになったのではとの噂も流れたが……。

「そうではないんです。でも、選手時代は金銭的には苦しかったですね。スケートもゴルフと同じで、スタッフらチームで試合に挑むので、海外グランプリシリーズは優勝賞金が300万円、2位が200万円、3位が100万円で、2位に入ってやっと諸経費が出るくらい。スケートはウエアに広告は付けられないし、演技時間も短いので、クライアントが集まりにくいんですよ。ちなみに、写真集の売り上げの一部はスケート後進国へ寄付します」

 将来の夢は「アイスショーのプロデュース」という村主。「実は動画も撮影していまして、もしかしたら今後発売されるかもしれません」とほほ笑む表情が、なんとも艶っぽい。」



大会も、勝てるも、負けるも、金のかかること。
この世は、金の苦労が、すべて。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-02-20 23:36 | 四事の瓦版

考えると、

また、離婚するのではないか。
海外で、生活できるのか。
日本のドラマと、CMで、食えているのに。



「2014年下半期のNHK連続テレビ小説「マッサン」のヒロインを務めた米女優、シャーロット・ケイト・フォックス(31)が10日、横浜市内で行われた主演短編映画「一粒の麦」(鈴木勉監督、16日公開)の完成発表会に出席。舞台関係の仕事をする米国人の夫と昨年はじめに離婚していたことを同12月に発表後、初の公の場。一部でカナダ人クオーターのユーチューバー、クリスチャン・モンセン氏(36)との熱愛を報じられており、「幸せです」と交際を認めた。」



日本人と、結婚すると、また、違う。
今後、どうな女優か、
アメリカで、演技は、オーディションで、仕事得ることだろう。
ソレか引退か。

交際より、違うことだろう。
朝ドラの効果も、だんだん、消えていく。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-02-12 03:17 | 四事の瓦版

どんな結末か。

女性自身の記事。
どんなるのか、結末。


「「豊洲市場建設にかけた総費用と、築地改修の費用の計算、さらに今後の市場のあり方の見通しを考えていくのが極めて重要だと考えています。(豊洲市場のライフサイクルコストや損益などの)数字はさまざまな分析をした試算です。目安として念頭に置き、未来を見据えた判断が必要だと考えています」


1月27日の定例記者会見で、小池百合子都知事(64)は表情を引き締めてこう語った。小池都知事は就任後1カ月の昨年8月31日、「築地市場の豊洲新市場への移転を延期します」と宣言して以来、記者団から「移転」か「中止」かの判断について会見のたびにたずねられ、コメントしてきた。


「歴代市場長5人が(豊洲の地下空間に)盛り土をしないとの変更を『知らなかった』とは“無責任体制”と言わざるをえない。食の安全をないがしろにした市場は、そもそもありえない」(9月23日)


「(環境基準を超えた)ベンゼン(=発がん性物質)、ヒ素が出たとの報告を受け、大変驚いています」(9月30日)


今年1月14日、最新の地下水調査で環境基準の79倍ものベンゼンが検出されたことを受け、「いい数値が出ないだろうという不安を超える数値が出てきて、驚いている」とコメントし追加調査を決定。


1月20日の会見では「専門家会議の科学的な評価を踏まえて、総合的な結論をする」とこれまでどおり明言を避けたものの、質疑応答では、「安全性が数値で確認されても、『本当に大丈夫?』という消費者の心理もある。…

私も消費者の1人だと思っており、しっかり考えていきたい」と一歩踏み込んだ印象の発言もあった。

築地市場の仲卸業「小峰屋」の和知幹夫さんは次のように話す。


「やっぱり“小池さん以前”はお役所仕事だったんだね。発がん性物質ベンゼンが79倍出ているうえに年間100億円も赤字も出る場所での営業なんて、私たち業者はコワくて行けないよ。お客さんにも安心して来場してもらわなければいけないんだから。赤字が出続ける豊洲より、食の安全が守られる築地を、小池さんは選んでくれると思う。都議選前に移転を白紙撤回して、築地の再整備、改修という方向性をぜひ示してほしいですね!」


こうなってくると、もはや都知事の口からいつ“重大発表”がなされるかという時期だけが気になるところ。


「早ければ6月にも『中止』の意思を示す可能性もある」と分析するのは、築地市場移転問題を10年前から取材し続けているジャーナリスト、池上正樹さんだ。池上さんはこう続ける。


「3、4月の地下水の追加調査結果や専門家会議の提言などの内容で『移転NO!』という世論が盛り上がれば、その追い風に乗って東京都議会議員選挙(7月2日投開票)の前に都知事が意思を表明するというシナリオは、ありうると思います」


次々に“驚くべき数字”が報告される築地市場の豊洲移転問題−−。小池都知事の最終判断が待たれる。」



いろいろ、ばれていくのが歴史かもしれない。
今後。
どんな結末か。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-02-03 17:03 | 四事の瓦版

一つの反省の事件。

この事件は、学校の問題。
なぜ、危険な人物と、育成しなかったか。
名古屋が、問題かもしれない。


「名古屋市の自宅アパートで2014年に知人女性を殺害したほか、高校時代に同級生らに劇物を飲ませて殺害しようとしたなどとして、殺人や殺人未遂など七つの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判が16日、名古屋地裁で始まった。


 元女子学生は罪状認否で、劇物を飲ませた事件について「被害者が死んでもいいとは考えていませんでした」と殺意を否定。女性殺害などほかの事件については「特にございません」と述べた。弁護側は「発達障害などの影響で、善悪の判断がつかない状態だった」と一連の事件について無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「元女子学生は10年頃、母親から神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の話を聞いたことをきっかけに人の死に強い興味を抱き、一連の事件を起こした」と主張。「発達障害などはあったが、影響は限定的で、責任能力に問題はない」と述べた。」


精神が、問われのか、何か、育成の失敗。
もし、違う興味があれば、研究者になった。

すべては、教育が失敗だろう。

人生は、環境でなく、勉強、の仕方で、こうなることかもしれない。

死刑になるか、管理された、刑務所で、一生暮らすか。
人生は、育成、教育である。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-01-17 03:54 | 四事の瓦版

私生活かもしれない。

知らないも、あるが。
苦労がある。
娘で、苦労している親は、多いのかもしれない。
普通の結婚していれば、いい、おじいさんと、老後は、楽しいこと。
子供で苦労するのは、親かもしれない。



「昨年7月に十二指腸乳頭部がんの手術を受けた俳優の梅宮辰夫(78)が8日放送のテレビ朝日系「あるある議事堂」(後8時58分)に出演し、娘でタレントのアンナ(44)に結婚ネタがあることに驚いた。

 写真週刊誌にスクープされて怒りに燃える芸能人が、記者とスタジオで直接対決しバトルする番組。最近の週刊誌報道について「週刊誌のおかげで、芸人が遊べない。色艶が出ない」と指摘した梅宮。取材陣からは「堂々と遊んで認めればいい」と反論を受けた。

 また、記者から取材方法として、芸能人本人が答えない場合、家族を直撃する手法が明かされ、突然、会場にいないアンナの結婚ネタが記者から告げられた。これには「それは、全然知らないけど…帰ってから問いただします」と一瞬表情を硬くし、梅宮は笑うしかなかった。

 タレントで俳優の石田純一(62)は「両親への報告が後になると都合が悪い」「もし、自分と理子との交際を週刊誌で知ったとしたら…。」と元プロ野球選手でタレントの義父・東尾修氏(66)を例に出し、アンナの交際報道を心配していた。」


44歳の娘も、常識があるのか、問われることかもしれない。
普通な人、見つけられないも、親の子供の育成かもしれない。

離婚、結婚は、多いが。
分からないのは、私生活かもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-01-09 04:18 | 四事の瓦版

勿体ないことだ。

やはり、そうなのか、引退は、結婚なのか。


「リオデジャネイロ五輪のバレーボール女子日本代表で主将を務めた30歳の木村沙織選手(東レ)が結婚したことを自身のブログで31日、明らかにした。「既に入籍は済ませ、二人で新生活を始めています」とした。

 相手はインドアとビーチバレーの元選手で同い年の日高裕次郎氏。今季で引退する木村選手は「残り少ないバレーボールの日々をさらに頑張っていきたい」とブログに記した。

 東京・下北沢成徳高在学中の2004年にアテネ五輪に初出場した木村選手は、日本の主軸として12年ロンドン五輪で銅メダル獲得。4大会連続出場だったリオ五輪は準々決勝で敗退した。」


しかし、勿体ないことだ。
相手の男性は、才能ある、女性を、バレーボールで、生活できる、人材なのに。
芸能界で、活躍も、30才では、速い。
大学でも、教授も、これから、勉強も。

バレーボールの選手は、
コーチの道、芸能界か。

=========

沖縄タイムスの記事。

「バレーボール女子プレミアリーグNECレッドロケッツへの入団が内定している東海大4年の山内美咲(21)=兼城中-西原高出=が30日、来年1月の春高バレーに出場する母校を訪ね、激励を兼ねて練習に参加した。プレミアリーグでもトップ級のパワーを持つと期待される山内は「東京五輪を目指して、皆さんが応援したくなる選手になれるよう頑張りたい」と新たなステージでの活躍を誓った。(新垣亮)


 中学1年でバレーを本格的に始めた山内は身長172センチのウイングスパイカー。最高到達地点は305センチで身体能力の高さと「積極的に動き、パワーで押し切る」という力強さが持ち味だ。

 西原高卒業後、東海大へ。「環境にすごく恵まれた」と充実した大学生活を送った。大学1年で世界ジュニア選手権準優勝、3年はU-23(23歳以下)世界大会などで活躍。ことしはユニバーシアード全日本代表の主将として、東アジア選手権の準優勝に貢献した。東海大でも主将として約40人の部員を「背中」で引っ張った。選手主体で練習を組んでチーム運営にあたった経験がより自身を成長させたという。 

 「コミュニケーションを取って元気で明るくガンガン攻めていく。チームに勢いをつけるプレーができるのが自分の良さ」という自信に満ちた言葉は、これまでのキャプテンシーや経験に裏打ちされたものだ。

 大学卒業を控え、複数のチームから誘いがあったが、「東京五輪を見据えた時、さらに技術を高めることができる」と直感的にNECへの入団を決めた。一人一人が補い合う「チームワークの良さ」を感じているという。

 「不安もあるがすごく楽しみ。自分で選んだ道ですから」。後輩たちには「夢に挑戦する勇気を持ってほしい。視野を広げて自分から積極的に動いてほしい」とエールを送る。

 チームの先陣を切ってアタックを繰り出し、勝利への道を切り開く“点取り屋”。

 いずれ世界の壁を打ち抜くため、国内最高峰のリーグでも歩みを止めない覚悟だ。1月中旬にはチームに合流予定という。」


いいね。東海大から、NEC。

いずれ、東海大の教授かもしれない。
これが、バレーボールの選手の道だ。

選手も。
30才で、引退、結婚。
いろいろある。

21才の若手に、指導する人材が大切なこと。
[PR]
by 2nnn2 | 2017-01-04 03:28 | 四事の瓦版

暇な時の言葉


by 2nnn2