四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

苦悩を知る

名言、珍言。


「未来に向き合うにはふたつの方法がある。
ひとつは心配、もうひとつは期待だ。」


                  
 ジム・ローン

勝手な解釈
不安は、恐怖知っている。
期隊は、望みを叶う事知っている。
この違いで、人生が決まる。
人は、経験で、知るが、経験が、酷いと、死ぬ。
よくよく、見て、怖さ、不安をしり、望みの叶うこと、知ること。

==============

名言、珍言。


「人間にとって苦悩に負けることは恥ではない。
むしろ快楽に負けることこそ恥辱である。」


                     
パスカル


勝手な解釈
苦を知らないと、生きていけない。
快楽、悦楽しると、よくと、最後は、死んでいく。
人は、人格で、決まる人生。
どんなに、いい地位、富でも、苦悩、
悦楽、快楽を知ると、人生は、どうなるか、知ると。
快楽、悦楽の最後は、此の世から処刑の道。

苦悩知るものは、生きていれば、苦悩の人を教えるが、支援する。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-24 03:21 | 名言、珍言

一つの話で。

名言、珍言。

「もしある人が自分の不幸な出来事について話したら、
そこにはなにか
楽しんでいるものがあると思って差し支えない。
なぜならば、本当にみじめさだけしかないとしたら、
その人はそんなことを口にしないだろうから。」


サミュエル・ジョンソン

勝手な解釈
自分を見つめて、分析して、不幸、災難、試練だと、思うが、
それも、比較できないと、自暴自棄になるか。
一つの話で、変わるかもしれない。


============ 
名言、珍言。


「不幸なる人々は、さらに不幸な人々によって慰められる。」


イソップ

勝手な解釈
不幸の中、まだ、優越感。
酷い中に自分の比較。
最悪は、自分のどこで、不幸になり、続けていたと、知るは、
比較してしる。
現実、人は、比較して、優越感、劣等感で、知る、自分の立場。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-23 03:57 | 名言、珍言

執着

名言、珍言。

「一切のとがは、只執心なり
(すべてのあやまちは、ただ、物事に深く執着する心だ)」


「無住」

勝手な解釈
この世は、すべて、執着心が原因で、運、不運もあり、地獄も極楽もある。
日々必要な物は、そこにあるが、そのものは、日々変わるものだ。
金が欲しい時期、友人が欲しい時期、自分の善人になりたい時期。
問題は、時期を判断して、変化するのが、人の心である。
物に拘ることなく、必要な物は、何か今、考えることだ。

=======================
名言、珍言。

「その仕事につきものの単調で嫌な部分が
苦にならないなら、
その仕事は自分に向いているのだ。」
        

ローガン・ピアソール・スミス(米 随筆家)

☆特に好きではなくても、苦痛でないのなら自分に合っているのでしょう。

勝手に解釈
人の仕事は、自分の判断、好きな仕事で一生食えればいい。
好きなものがない者は、仕事して、苦痛でないことが最善の仕事。
[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-21 04:10 | 名言、珍言
売れる、作品が、取るといい。


「第157回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。芥川賞には今村夏子さんや台湾生まれの温又柔さんらの4作品が、直木賞には首都圏連続不審死事件をモデルにした柚木麻子さんや、今年の三島由紀夫賞にも選ばれた宮内悠介さんらの5作品がノミネートされた。

 候補作は次の通り。

 【芥川賞】今村夏子「星の子」▽温又柔「真ん中の子どもたち」▽沼田真佑「影裏」▽古川真人「四時過ぎの船」

 【直木賞】木下昌輝「敵の名は、宮本武蔵」▽佐藤巌太郎「会津執権の栄誉」▽佐藤正午「月の満ち欠け」▽宮内悠介「あとは野となれ大和撫子」▽柚木麻子「BUTTER」」




売れる作家は、出てくるのか。

作品でも、永遠に売れるのがいい。

賞で、終わる作家が多い。



「第58回 [昭和42年下半期(1968年1月22日 受賞発表)]
野坂昭如 ≪受賞時:37歳≫
『アメリカひじき』『火垂るの墓』」

「火垂るの墓」残る作品である。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-20 08:51 | 四事の瓦版
だんだん、裁判になるのか。



「学校法人「森友学園」が大阪地検特捜部に詐欺容疑などで家宅捜索を受けた事件で、大阪府から詐取した疑いのある幼稚園への「要支援児」の受け入れ補助金について、複数の園職員が「病状把握のために保護者から診断書などの提出を受けたが補助金自体を知らず、申請に使われるとは知らなかった」と府に説明していたことが20日、関係者への取材で分かった。

 補助金申請には診断書や障害者手帳が必要で、園側の提出書類の多くには籠池泰典前理事長(64)の直筆とみられる署名があった。」



今後、今後、どんな顛末になるのか。


人生は、天と地が、交差している。

些細な議員の質問から、はじまった、ことか、人生、解らない。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-20 08:46 | 四事の瓦版

お払い箱

人騒がせな事務所だ。
庶民、ファン、軽視している。
もう、やめるも、独立しないも、年齢からすると、解雇の年齢。

どんなに、金、得ているのが、普通ならば、独立して、会社を興して、
人材を育てる。


「昨年1月、ジャニーズ事務所から独立しようとした元SMAPの中居正広(44)が事務所に残留し、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が退社することが18日、分かった。

 稲垣、草なぎ、香取とともに独立が噂されてきた中居。なぜ、事務所残留を決断するに至ったのか。

 テレビとラジオのレギュラー6本を抱え、解散後も仕事にまい進している中居。順調そのものだが、退社をすれば、番組の継続に影響を与えることは必至。せっかく築いてきた地盤を崩してしまうのはもったいないと中居を心配した周囲が、残留に向けて説得を重ねたという。

 司会者としてバラエティーで活躍してきた中居は、フジテレビ系「笑っていいとも!」で20年間共演したタモリ(71)や2001年から日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・0)で共演する笑福亭鶴瓶(65)ら大御所をはじめとする芸能界の交友関係は広い。

 また、大の野球好きであり、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表の公認サポートキャプテンを2大会連続を務め、TBS系の五輪キャスターも夏冬通算7大会連続で担当。スポーツ界にも精通している。


関係者によると、中居と近いスポーツ界の大物が「今の立場をあえて崩す必要はない」と説得。周囲の業界関係者からも諭され、中居の心も残留に傾いていったという。

 また、現在の地位があるのは、ジャニーズ事務所あってこそ。14歳で入所してから30年育ててもらった恩も感じており、1年間の契約延長を選択したようだ。

 ただ、事務所を辞めた後の3人の今後の活動をかんがみて、来年9月にジャニーズ事務所を退社する可能性も残っている。」




庶民を軽視した企業。

この事務所も、仕事は、減るだろう。

もう、人材の育てるのでなく、食いつぶす。


40過ぎてで、どんな仕事するのか。

海外で、俳優の道か、舞台するのか。

道は、世界に出る。

どんなことになるか、今後。

もう、年齢からすると、年だ。お払い箱である。


[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-20 08:38 | 四事の瓦版

本音

名言、珍言。

「握り拳と握手はできない。」



ガンディー [ガンジー]



勝手な解釈
人の体、色気は、最後は、
態度、思考、自分の頭で考えたことが、
出る。
どんなに、誤魔化しても、最後は、本心が、
自分の態度に現れる。
悪いことすれば、その事を隠し心で、
まだ、より、悪いことが重なる。

正しい、本音で、言えば、失敗しても、
打開策は、本音。
思索もでる。

==============

名言、珍言。

「人生朝露(じんせいちょうろ)」

●意味:人の一生は、
日が出るとすぐに消えてしまう朝露のようにはかないということ。


勝手な解釈
生きていれば、最後は、死ぬ。
一日始まれば、夜になり、明日が来る。
残酷なことだ、昨日の失敗は、
今日の破滅の蜜。

今日のいい、思うが、明日の災難。
人生は、明日は、解らない。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-19 02:48 | 名言、珍言

自分の責任。

北海道新聞のコラム。
そうか、そうだろう。



「目や口を覆ったり、耳をふさいだり。どこかユーモラスな栃木・日光東照宮の彫刻「三猿」が最近、65年ぶりに大がかりなお色直しをしたとか
▼三猿は、孔子の論語が由来とされる「見ざる、聞かざる、言わざる」を表しているが、原文はその後に「せざる」が続く。台湾やインドなどには「せざる」を加えた四猿の彫刻がある。国内では四猿の読みは死猿に通じて縁起が悪いので三猿が多いとも言われる
▼安倍内閣になって成立した法律を見ていると、三猿の教えを思い出す。特定秘密保護法は機密漏えいを防ぐ名の下に情報を囲う。今回の「共謀罪」法は犯罪が実行される前に話し合って準備を始めた段階で罰する。乱用されれば、どうなるか
▼たとえば安保関連法が拡大解釈される事態になっても、
国民は「見ない、聞かない、言わない」よう無言の圧力を感じるかもしれない。
結局、四つ目の「何もしない」方が得だ、と考える風潮がはびこりかねない
▼孔子の教えは世間を渡る処世術のように受け取られがちだが、本来の意図は違うようだ。自分が正しいと思うことはむしろ、積極的に実践すべきだと説いている
▼西欧にも三猿があり、似た教えが込められている。「見ろ、聞け、口はつつしめ、もし平穏な生活を望むならば」(飯田道夫著「世界の三猿」)。平和な世を望むならば「見ろ、聞け、しゃべれ」、そして「行動」しなくては。」

解釈は、いろいろ、変わる。
見ている、聞いている、言っている。
その様子。
人は、自滅、成功も、様子である。

自分の責任、言うも、聞くも、見るも。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-18 09:36 | 四事の瓦版

現実は。

名言、珍言。


「上を見て生きる、下を見て暮らすんや。
ほとんどはその逆なんや、
要するに志ということ、生活とはそういうこと。」


                        
 開高 健 (小説家)


勝手な解釈
生活が、現実。
望みは、夢。
ソレが日々。
何して生きている、現実の生活で生きている。

==============

名言、珍言。


「恋というものはなんと恐ろしい情熱だろうか。
それなのに世間の嘘つきどもは、
恋をあたかも幸福の源泉のように言っている。」


スタンダール


勝手な解釈
人生は、災難は、恋愛である。
人は、地位、名誉、富は、
本当は、恋愛から、変わる。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-18 04:44 | 名言、珍言

大刀の怖さ

名言、珍言。


「弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは、強さの証だ。」


 マハトマ・ガンジー

勝手な解釈
力のないものほど、維持するために、粛清。
力あるのは、何もしなんても、
天下、長を得る。
それは、最後は、使う、使いこなす、許すこと。

============
名言、珍言。

「抜かぬ太刀の高名
(ぬかぬたちのこうみょう) 」

 実際に手腕を示したわけではないのに、かえって重んじられること。
また、口では有能そうなことを言うが、
実際にはその手腕を示したことがない人をあざけって言うことば。
太刀を抜いてしまえば実力が知れる、抜かぬうちが花だという意味合いで言う。


勝手な解釈
知るも、見るも、思考して。
刀の怖さ、知るは、
経験、見て、知る。
知らないと、軽視して、殺される。

人は、些細なことで、破滅するのは、決まって、見てない、バカにしている。
それは、怖いこと、前兆も知らないで。

人の人生は、生きる、死ぬの違いは、軽率な判断で、生き死にが決まる。
変な結婚、変な職、
そして、老後は、子供の殺されるも、最後は、子供の教えなかった教育。

人は、最後は、死ぬのだ、どんなに、いい人間でも。
その生き死にの違いは、太刀の警戒すること、忘れてると、死ぬ。

[PR]
# by 2nnn2 | 2017-06-17 03:18 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2