四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 12日 ( 1 )

心に、何を

名言、珍言。

「明哲保身
(めいてつほしん) 」

 聡明で物事の道理にもよく通じた人は、身を安全に全うするということ。
『詩経・大雅・烝民』に「既に明にして且つ哲、
以もって其その身を保つ」とあるのによる。
本来は立派な処世の態度に言うものだが、
今では身の安泰を図る処世術をそしって言うことが多い。


勝手な解釈
神は、見ているのかもしれない。
道理、正しいことしていると、天は、見放さない。
悪いことしていると、天罰。



道理、常識は、大切な思考、人間の原点。

===========
名言、珍言。

「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て」

 フライシュレン

勝手な解釈
生きているは、何か、勇気と、心に何か掲げる。
それが、解らないと、学ぶか、経験しかない。
人は、試みてしる。
そして、自分の心に、何を得たか。
仕事も、金も、心に何を得たが、問われる。
此の世から消えるとき、心に何を得て、此の世から学んだと、
知って、あの世に行くものだ。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-04-12 04:11 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2