四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 12日 ( 1 )

予測も、

名言、珍言。


「どこで死が我々を待っているか分からないのだから、
いたるところで待とうではないか。
死を予測するのは自由を予測することである。」



ミシェル・ド・モンテーニュ



勝手な解釈
勝手に生きるのでなく、死は、近い、死と接している日々。
生かされるも、運。
死ぬも、安め、此の世に要らないという、使命。

人生は、年齢で死ぬのでなく、突然、要らないと、
神、仏が、指図する。

津波で、死ぬも、なぜ、東日本大震災ではないが、
地震から30分経過して、なぜ、高台に、逃げなかった。
NHKの放送もしていた。
そして、一番は、6M堤防で、高をくくり、逃げなかった。

数日前に、津波が、1から3Mの津波で、ほとんど、来ないことに、バカにしていた人々、
それが、死出の旅。

小学校も、酷かった、校庭に避難して、最後は、遠回りして、山のに行くも、子供は、死出の旅。
川の近くの小学校は、海から、離れていると、バカにして、
巨大津波が、川を逆流、そして、死出の旅。

津波警報で、子供、親が、学校に迎えに行き、帰ると、
親子で、あの世に行く。
軽率な人は、淘汰させるのが、津波である。

反省して欲しいのは、防災ではなく、逃げるのは、何処で、逃げる、
それ、逃げないで、バカにしていた人が、あの世に行った。

山の上で、遊ぶ習慣があると、生き残るのかもしれない。
山は、危険でなく、安全な遊びはというのか、理想である。


===========

名言、珍言。

「死すべき時を知らざる人は、
生くべき時を知らず。」


ラスキン


勝手な解釈
天、神、仏は、残酷だ、知らないものは、教える行為、場を与える。
それで、無視したものが、あの世に導く。

簡単なことかもしれない、生きないと、死ぬ。
何しているかで、死ぬか、生きるかになる。
遊んでいると、悦楽していると、楽しいが、生きるは、そのつけがある。
何したで、明日は、変わるのが、人の道。

[PR]
by 2nnn2 | 2017-03-12 03:48 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2