四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 02月 28日 ( 1 )

楽しむ

名言、珍言。


「くだらなく過ごしても一生。
苦しんで過ごしても一生。
苦しんで生き生きと
暮らすべきだ。」

志賀直哉


勝手な解釈
才能も、無能もない。
楽しむ中に才能、再起がある。
人は、怠慢な生活は、日々あると、
突然、金は、試練を与える。
それで、適用しないと死。

人生は、遊んでいると、怠慢な生活してるいと、
祟られるものだ。
苦しみながら楽しむ、そして、楽しみは、自分のためでなく、
子供ためかもしれない。

=========

名言、珍言。

「けりをつける」

意味
ものごとを締めくくること。


勝手な解釈
物事は、始まりと、終わりがある。
人も、生まれ、死ぬ。
最後のけりつけるも、未練のない生活。
節制の生活が後悔のないこと。

欲に溺れると、最後まで、欲で破滅の死。
人は、才能も、無能もない、最後は、自分の所業で、
けりを付けるものだ。
それは、判断ミスで、死亡か、
判断で、一族が残る。


[PR]
by 2nnn2 | 2017-02-28 05:07 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2