四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2016年 10月 28日 ( 1 )

最後は、念仏

名言、珍言。


「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」

阿弥陀仏は、みずからの名号を称える者を浄土に往生せしめると本願に誓い、
衆生の積むべき往生行の功徳のすべてを代って完成し、
これを名号(南無阿弥陀仏)に収めて衆生に回向している。
善導は、「南無」の二字と「阿弥陀仏」の四字、
合わせて六字に関する釈義(六字釈)で明らかにしている。
善導の書を見た浄土宗の開祖法然は南無阿弥陀仏と称え阿弥陀仏に
「どうか、私を救って下さいと」願う事で
「阿弥陀仏に極楽浄土へ導かれる」と説いたが、
法然の弟子であった親鸞は、
これから「南無阿弥陀仏」は衆生が浄土に往生する因であるから、
名号のいわれである「まかせなさい。
必ず救うぞという仏の呼び声」を聞信すべきであるという、
師法然の解釈に付け加えた。親鸞は「阿弥陀仏」を本尊とし、
名号は六字のほかに九字(南無不可思議光如来)、十字(帰命尽十方無碍光如来)の名号を書いている。
南無阿弥陀仏は声に出して、耳でいただくほとけ様でもある。


勝手な解釈
人は、最後も、この世も、勉強である。
そのとき、何を、知る、知らないも、救われるのは、
唱えると、神が、教えてくれる、仏が、道、見出す。
言葉とは、念仏とは、強い思考かもしれない。


念仏は、問われる、自分の人生に影響する。

============

名言、珍言。

「何妙法蓮華経」


南無妙法蓮華経は「なむみょうほうれんげきょう」と読む。仏教で用いられる言葉である。
「南無」はnamo(サンスクリット語)の漢語への音写語で「わたくしは帰依します」と意味し、
「妙法蓮華経」の五字はサンスクリット語の「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ (saddharmapuNDariika-suutra、सद्धर्मपुण्डरीक सूत्र) 」を鳩摩羅什[注釈 1]が翻訳した版の法華経の正式な題名(題目)である。
「南無妙法蓮華経」の七字で「法華経の教えに帰依をする」という意味である。
これらの文字を五字七字の題目とも呼ぶ。


勝手な解釈
唱えるは、帰依する、従う、教えに。
最後は、自分の事は、悪いも、いいも、神の教えに従うこと、それで、
死ぬも、生きるも、最後は、救われるのかもしれない。

人は、罪があるものだ、この世に生きるは、罪、それ、なんとか、生きている、
これから死ぬも、生かされるも、神の定めに、帰依することだろう。
軽率な行動しても、死んでいく、生きるか、最後は、念仏。
[PR]
by 2nnn2 | 2016-10-28 04:25 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2