四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 25日 ( 1 )

名言、珍言。

「心が変わると態度が変わる   態度が変わると行動が変わる


   行動が変わると習慣が変わる  習慣が変わると人格が変わる

   人格が変わると出会いが変わる 出会いが変わると運命が変わる

   運命が変わると人生が変わる」
 

                      
 丸山 浩路(手話通訳者)


勝手な解釈
人生は、過ちの人生かもしれない。
軽率な行為で、破滅していく、怠慢な行為で、自滅。
人は、些細な欲深、渋ちんで、人に恨まれ、殺される。
増税して、私腹を肥やす輩は、決まって、酷い、死に方。
すべては、心が問われる。
人生は、才能、無能とあるが、最後は、心で、生き残る人生かもしれない。
いい食事していれば、多くの動物、植物を殺したことで、食す、
ソレが体内で、病気になっていく。
旨い酒を飲めば、それは、病気か、アル中か、何かの犯罪に加担される。
一つの怠慢で、津波から、逃げないで、居座ると、津波に命をさらわれる。
心である、心がけで、人生が、生き延びるか、死ぬか。
==============
名言、珍言。


「新しい目標を持ったり、
新しい夢を見るのに、歳をとりすぎたということはない。」


 C・S・ルイス(イギリスの作家、英文学者、神学者)

勝手な解釈
人生の過ちには、2つある。
一つは、自惚れと、もう一つ、怠慢。
すべては、満足と、維持で、先は、見ない。
投資とは、博打でない、将来、成功するのではないかと、
思うから、企業に投資。
企業は、株式公開で、株主に配当出さないと、資金か、経営者処分、問われる。
夢がないのは、成功しないものだ。
現状維持、私腹を肥やすものが、食い潰す経営である。

よくよく、考えると、投資は、金のかかる、軽率な人に投資しない。
豊洲市場は、酷いものだ、あれが、投資する企業ならば、どうに、責任者は、
監獄にはいり、死刑と、賠償の請求。
歴代の都知事に、負債求めるものだろう。

普通の投資していれば、今頃、豊洲市場は、反映して、
ことによると、新しい産業が出来たものだ。
軽率な投資と、経費の誤魔化しが、一番の不正かもしれない。
豊洲市場の作った企業は、ボロ儲けだろう。
普通の建築でなく、不正と、誤魔化しの建築。
今に、耐震も、酷いかもしれない。
だって、空間の空いた地下に、水のたまり、
土台の酷い、よく、害がないものだ。




[PR]
by 2nnn2 | 2016-09-25 02:14 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2