四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

2015年 02月 21日 ( 1 )

明日は、解らないが、

名言、珍言。

「明日の事は明日案じよ」
 

相場格言

過ぎてしまったことは悔やんでも始まらない。行詰って方針が出ないなら、
明日になって考えればよい。心の迷いを引きずるなという格言。


勝手な解釈
今の失敗は、解るが、過去の失敗は、教訓。
だが、明日は、明日、考える、出来事。
だた、何もしないで、明日は、来ない。
居場所、いる場所で、天変地異が起きる。
人生は、どうするか前に、生きているのは、偶然に、生きている。
だから、明日は、火葬場かもしれない、爆弾で、死ぬかもしれない。
だが、今日の行動一つで、変わっていく。
悪いことしていば、明日は、処罰か、それは、処刑される。


==================

名言、珍言。

「人のやったことは、まだ人のやれることの百分の一にすぎない」

豊田佐吉

勝手な解釈
人は、人の歴史で、人は、生かされる。
人の過ちも、知らないから、同じ、過ち。
成功と、没落。
そして、最期は、またまた、先を考えることが、大切かもしれない。


別の解釈
言葉て、勘違いする。
意味で、人に遣ったことは、期待するな。
恩義がましくするな。
自分の遣れるは、まだ、利だすことができ
るものだ。
支援が必要、そして、自分のできる利は、其れ以上に、得られることかもしれない。
税金を払わないもの、払えないでも、寄付するもの、違いはない。
だが、その寄付で、ビンハネして、生活しているものは、ピンハネの一生。
寄付したものは、其れ以上、何か、稼げること、あるか、考える今の仕事ぶりではないか。
税金の原点は、ピンハネではなく、税金の払った分、また、別のことで、利を出す努力。
運用とは、そこである。
[PR]
by 2nnn2 | 2015-02-21 03:18 | 名言、珍言

暇な時の言葉


by 2nnn2