四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

酷い店が多いのかもしれない。管理職の給料

酷い話だが、地方は、店長という名前の管理職も、時給か、
酷い金だ。
だから、売れないのだろう。
経営不振なのだろう。




「宇都宮市内の子供服販売店で、
時給八百五十円のアルバイトで働いていた二十二歳と二十一歳の女性二人が、
「管理職としての自覚が足りない」などとして解雇された上、
解雇予告手当などが支給されないとして、
経営者の男性(52)に計百十八万円の支払いを求める労働審判を七日、
宇都宮地裁に申し立てた。

 経営者側は取材に対し「二人は店長と責任者。信頼して任せていたが、
指示したことをやってくれなかった」などと説明。
アルバイト女性側は「『名ばかり管理職』そのもの」などと反発している。

 申立書などによると、二人は今年二-三月に採用された。九月下旬、売り上げ低迷により二店舗のうち一店舗が閉鎖され、その責任を取る形で突然解雇されたという。

 経営者によると店員は常時四、五人おり、店長を含め全員時給制のアルバイト。解雇した「管理職」の二人に対しては「時給を高くし、通勤手当を出すなどして優遇していた」という。「法的に払わなければならないものは払う」としている。

 二人は「アルバイト歴が一番、長かったから店長にさせられた」「解雇された後に責任者と呼ばれるようになった」と戸惑っている。 」


酷い店、経営者もある。
いい人材は、多く労働時間をするのではなく、繁盛させる能力があるから、
収入が多くだす。

「時給八百五十円のアルバイト」みたいな管理職では、
酷いことだ。

別の所で、働くのがいいが、
また、騙される人もいるのかもしれない。
仕事は、すべて、収入で、選ぶが、安すぎるのは、無駄労働が多いのかもしれない。

地方は、不景気ではなく、経営者の能力が、ないのかもしれない。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-10-18 19:47 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2