四事の瓦版

nnn2.exblog.jp
ブログトップ

経費は、節減は大変だ。大阪で相撲は、止めた方がいいかも

大阪府の大変な節約だ。
賞も廃止がいい。
大阪でやるからするのではなく。別のところで、してもらうのがいいのではないか。
副賞の額の減らすならば。
大阪以外で、地方場所するのかいい。
名古屋場所2回するとか。


「大阪府の橋下徹知事は18日、府議会教育文化委員会で、
大相撲春場所の優勝力士に知事杯とともに贈る副賞の米や牛肉(約50万円相当)を半額にする意向を明らかにした。 
橋下知事は、暫定予算案の質疑で「大相撲の知事賞の副賞も半額にする」と述べた。副賞は、大阪産の米480キロと牛肉30キロ。
生涯スポーツ振興課が財政難を理由に見直しを進めてきたが、
橋下知事の就任で量を半分にすることが決まった。」

大阪府の経費の節減もいいが、相撲の懸賞を減らして、
相撲の観客の税収、儲けは、何を還元するだろうか。
相撲の興行は、大阪ではしないのがいいのではないか。

力士の支援の意味の懸賞ではないか。
部屋の力士の支援。
解らないことだ。


「報道陣の取材に応じる。経費節減の一環で、府庁内でのカラーコピーの使用を原則禁止としたことを明らかにし、「1枚いくらというシールを作って(コピー機に)張らせています。民間では考えられない使い方をしていたので」。」



経費の節減は、コピーは、必要なのか、入らないのではないか。
今の時代。
パソコンですべてするだろうから。
余ほど、コピーが経費をかかるのだろう。
凄い経費になっているのだろう。
[PR]
by 2nnn2 | 2008-03-20 17:26 | 暇つぶし批判

暇な時の言葉


by 2nnn2